covid-19

    image
    1: 2020/09/20(日) 00:11:25.62 ID:AbfYihaZ9
    栃木県は19日、5日に佐野市で開かれたホームパーティーに関連する新型コロナウイルスの感染者がさらに5人増え、44人になったと発表しました。

     栃木県は19日、10代未満から50代までの男女9人の新型コロナウイルスへの感染を確認しました。いずれも症状は軽症だということです。このうち5人は佐野市で5日に開催されたホームパーティーに参加して感染した人の家族や同僚などでした。佐野市のホームパーティーを巡っては参加した人やその家族、同僚らへの感染が相次いで確認されていて、19日までに関係する感染者は44人に上っています。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000193634.html

    【【新型コロナ】佐野市のホームパーティー関連の感染者が新たに5人…合計44人に】の続きを読む

    1: 2020/08/10(月) 03:20:54.95 ID:Mzc4oyJJ9
    https://this.kiji.is/665211639021651041?c=39550187727945729

    島根県と松江市によると、9日に新型コロナ感染が確認された92人のうち、
    88人が私立立正大淞南高の関係者。86人が生徒で2人が教職員。
    サッカー部でクラスターが発生したとみている。


    【【新型コロナ】"サッカー部でクラスター発生"島根県松江市の私立高校で教職員2人と生徒86人が感染】の続きを読む

    1: 2020/07/26(日) 21:29:52.85 ID:afx19Ee/9
    栃木県日光市で集団感染が確認されているラーメン店について、栃木県は新たに関係者4人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにしました。

     栃木県日光市のラーメン店「ラーメン居酒屋 八海山」では、25日までに従業員の50代から80代までの男女6人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されています。

     栃木県は26日、新たに従業員の家族4人の感染が確認されたことを明らかにしました。4人のうち3人は小学生と中学生で、いずれも現在までに症状はないということです。

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4038069.html

    【【新型コロナ】日光市のラーメン店でクラスター…25日までに6人、26日に新たに4人】の続きを読む

    5005
    1: 2020/07/24(金) 22:06:20.17 ID:X8jCnzts9
    【福岡県 きょうの新規感染者は52人に】

    21:05時点で前日比+766人

    福岡県+33(合計1285人)
    ※福岡市の31人と久留米市の20代男女

    詳細は下記URLより:

    https://twitter.com/NewsDigestWeb/status/1286634026992840704 
    【【新型コロナ】7月24日は全国で新たに766人の感染が判明】の続きを読む

    5005
    1: 2020/07/23(木) 01:44:52.18 ID:ckpDwbWs9
    世界中で新型コロナウイルスのワクチン開発が進んでいる。しかし、新型ウイルスがワクチンで消える可能性は低く、
    イギリスはこの先何年にもわたってこのウイルスと共存していくことになると、複数の専門家が警告している。

    保健慈善団体ウェルカム・トラスト会長のサー・ジェレミー・ファーラー教授は21日、英下院の保健委員会で「クリスマスまでに事態は収束しない」と述べた。
    続けて、人類は「数十年」にわたって新型ウイルスと共存していくことになると述べた。

    ボリス・ジョンソン英首相は先週、クリスマスまでに平常の生活に戻るよう期待していると発言していた。
    この時、ジョンソン首相は新型ウイルス対策の制限緩和拡大を発表。レジャーセンターや屋内スイミングプールを今月下旬に再開するほか、
    今秋から大規模集会を認める見通しだとした。

    しかし専門家たちは、下院議員の超党派グループに証拠を示し、新型ウイルスが依然として存在していると、現実的に捉えるのが重要だと主張した。

    英政府の新型ウイルス対策を策定している非常時科学諮問委員会(SAGE)メンバーのファーラー教授は、
    世界はCOVID-19(新型ウイルスによる感染症)と「この先何年も、何年にもわたって」共存していくことになると述べた。

    「クリスマスまでに事態は収束しない。この感染症は消えてなくなったりしない。今では人間に特有の感染症だ」
    「実際に、ワクチンや非常に優れた治療法があったとしても、人類はこの先も、何年も、何年にもわたって新型ウイルスと共存していくことになる。(中略)何十年間も」

    教授はさらに、今夏が感染の第2波を防ぐための「重要なフェーズ」になるとして、現状に満足して気を緩めないよう求めた。

    また、新型ウイルスの危機的状況を「『乗り越えた』と気を緩めたりすれば、間違いなく感染の第2波に直面する。
    いとも簡単に再び同じ状況に陥るだろう」と述べた。

    ファーラー教授は、治療やワクチンへの投資だけでなく、検査能力をさらに構築するのが重要だとした。

    英オックスフォード大学は20日、新型ウイルスのワクチンの臨床試験で免疫反応を誘発する効果と安全性が確認されたと発表した。
    しかし同大学教授のサー・ジョン・ベルは、COVID-19が消滅する可能性は低いと考えていると述べた。

    「この病原体はこの世界に永遠に存在し続ける。どこかへいったりはしない。それが現実だ」と、ベル教授は下院議員たちに述べた。

    「こうした病原体を消滅させるのがどれほど大変なことか考えてください。例えばポリオの根絶計画は15年間続いているのに、ポリオはいまだに存在している」

    「そのためこのウイルスの感染は今後も、増えたり減ったりする。このウイルスがまた活発になる冬が、たびたび訪れるようになる」

    「このワクチンで長期的な効果が得られる可能性は低いので、継続的なサイクルでワクチンを接種しなくてはならない。
    そうするうちにまた感染者が出て、またワクチンを接種して、また感染者が出ることになる」

    「新型ウイルスを撲滅するという考えは、現実的ではないと思う」
    https://www.bbc.com/japanese/53497638

    【【新型コロナ】 ウイルスとの共存、「この先何十年も続く」 英専門家が警告】の続きを読む

    このページのトップヘ