KAT-TUN

    1: 2019/06/07(金) 19:32:36.42 ID:ZHUNSa049
    6/7(金) 19:29配信
    「ご信頼を取り戻せるように、必死に生きてまいります」と土下座…元KAT-TUN田口淳之介被告が保釈

     7日夕方、大麻取締法違反の罪で起訴されたKAT-TUNの元メンバー・田口淳之介被告(33)が警視庁東京湾岸署から保釈された。

     田口被告は玄関を出ると、報道陣に向け次のように語りかけ、土下座して「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

     この度は私が起こしました事件で、皆様にご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。そして、日頃より応援して下さっていますファンの皆様、関係者の皆様には、多大なるご迷惑をおかけしたことを、心より深くお詫び申し上げます。金輪際、大麻などの違法薬物、そして犯罪に手を染めないことを、ここに誓います。しばらくの間、私自身の芸能活動は休止とさせていただきますが、しっかり更生し、罪を償い、一日でも早くみなさまからのご信頼を取り戻せるように、必死に生きてまいります。どうかこれからも、みなさまからのご指導ご鞭撻のほどを何卒よろしくお願い申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

     田口被告は女優の小嶺麗奈被告(38)と東京・世田谷区の自宅マンションで乾燥大麻を所持したとして起訴されており、東京地裁が7日午前、保釈保証金300万円で保釈を認める決定をしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00010018-abema-soci
    no title

    【【土下座画像】田口淳之介被告「ご信頼を取り戻せるように、必死に生きてまいります」と土下座…保釈へ 】の続きを読む

    1: 2019/05/27(月) 06:56:40.51 ID:QZTQvO4+9
    【田口淳之介&小嶺麗奈 愛の逃避行 転落の人生<4>】

    大麻取締法違反(所持)容疑で22日に逮捕された元KAT―TUNの田口淳之介容疑者(33)と小嶺麗奈容疑者(38)。現場となった都内の小さなマンションは自宅兼個人事務所だった。最近はビジネスが先細りし、活動が立ち行かない状況になっていた。

    2016年3月にジャニーズ事務所を退社し、その3カ月後に設立した個人事務所。資本金は300万円で、田口容疑者が代表を兼ねた。翌年1月には、内縁関係だった小嶺容疑者が取締役に就任。関係者によると「2人とも積極的にあいさつ回りをして、歌手活動以外の展望を語ったり燃えていた」という。

    レコード会社「ユニバーサルミュージック」の敏腕女性スタッフとの結びつきを生かし、17年2月に契約をしたが、売り上げが約4000枚と伸び悩み、女性スタッフの奮闘も及ばず18年11月に契約解除となった。「マネジャー役でもある小嶺容疑者の“押しの強さ”が空回りした部分もある」と関係者は話す。田口容疑者を思うあまり、過剰な介入を見せることもあった。人柄の評判は決して悪くはないが、夜遊びが激しいことも災いし「距離を置く人が増えていった」(同関係者)という。

    ここ2年ほどは、当座の資金を稼ぐため2人でパチンコ店通い。負けが込み、店外で激しく口論をする姿も目撃されていた。

    関係者は「本業が低迷し、ほかのことにも手を広げた。駐車場ビジネスにも手を出していると聞いた。それもうまくいっていたかどうか。芸能人として生活できるレベルではなかった」という。

    KAT―TUNは田口容疑者を含め3人が脱退しているが、収益面では赤西仁(34)が成功。音楽関係者は「ファンクラブも含め、年間数億円は稼いでいるはず」と話す。

    赤西は黒木メイサ(30)と交際発覚からわずか2週間で結婚しファン離れが進まなかったが、田口容疑者は07年に小嶺容疑者との交際が発覚してから独立まで9年かかっており、別の芸能関係者は「その間に多くのファンが離れたのでは」と推測する。

    田口容疑者にとって現在最も収益が見込めるのは、ファンがじかにチケットやグッズを購入する生イベント。7月からは全国ツアーも予定していた。仕事の行き詰まりから大麻に溺れ、その金脈を自らつぶしたとすれば、あまりに皮肉な結果といえる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16522074/
    2019年5月27日 6時31分 スポニチアネックス

    【【パチンカス】田口容疑者、金欠で小嶺容疑者とパチンコ通い 負けて口論になる場面も】の続きを読む

    1: 2019/05/26(日) 07:34:49.01 ID:ljlHZbuf9
     【田口淳之介&小嶺麗奈 愛の逃避行 転落の人生<3>】

     22日に大麻取締法違反(所持)容疑で関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された元KAT―TUNの田口淳之介容疑者(33)。内縁関係にあるとみられ、ともに逮捕された女優の小嶺麗奈容疑者(38)の勧めるまま大麻の世界に足を踏み入れた田口容疑者には、実の母親さえ連絡の取れない時期があった。

     2007年に交際を始めた田口容疑者と小嶺容疑者は、16年9月に週刊誌に「結婚秒読み」と報じられた。このとき田口容疑者の母親は「小嶺さんを紹介されたことがない」「どんな女性か知らない」と近所に話していたという。

     田口容疑者は母子家庭で育ち、実家のあった場所に新しい豪邸を建てるほど母親思いだった。当時を知る知人は「小嶺容疑者に引き込まれ、違法薬物に接するようになったことで、母親に対して後ろめたさを感じていたようだ」と話す。

     田口容疑者は16年3月、KAT―TUNを脱退し事務所も退社。同じ知人は「脱退する節目の時期にも母親は田口と話ができていないようです」としており、脱退前から小嶺容疑者に私生活をリードされていた様子がうかがえる。

     一方で、小嶺容疑者の母親とは極めて近い関係だった。小嶺容疑者が母親と12年に都内で立ち上げたヒーリングサロンには、田口容疑者も頻繁に出入り。小嶺容疑者の母親が地元・熊本市内で経営していたケアハウスの手伝いにも何度となく訪れていた。その活動から「熊本ふれんず応援大使」(23日に解任)に任命されたほどだった。

     ヒーリングサロンは田口容疑者のファンが詰めかけるなどの理由で15年には移転し、完全予約制に。顧客の一人はサロンでの体験について「小嶺容疑者の母親が携わったスピリチュアルグッズを店頭で売ったり、“チャクラティー”というお茶を出したりして、スピリチュアルな世界観が深まっていった」と話す。

     田口容疑者も、その世界観に呼応するように変化。関係者が「当初感じていた周囲への後ろめたさが薄まっていった。知人や友人の意見にもほとんど耳を貸さなくなり、それまでの人間関係をほとんど清算したと聞く」と証言するように、小嶺容疑者にのめり込んでいく。

     男女の関係を超えた精神世界での結びつきを感じ、絆を深めていった2人。そしてともに芸能界での居場所が見えない中、2人でビジネスを始める。

    2019年5月26日 6時45分スポニチ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16517790/

    写真
    no title

    【【スピリチュアル】<田口淳之介>交際始まり音信不通…豪邸贈った実母から離れ小嶺家に傾倒し精神世界にのめり込み】の続きを読む

    1: 2019/05/26(日) 08:04:47.80 ID:XR7erk9+9
    KAT-TUN中丸雄一(35)が26日、レギュラーを務める日本テレビ系情報番組「シューイチ」(日曜午前7時30分)に出演し、
    大麻取締法違反容疑(所持)で逮捕された同グループの元メンバー田口淳之介容疑者(33)についてコメントした。

    中丸は「心底残念。ひっくり返りましたね。擁護する点は1つもない。(田口容疑者は)末っ子で人に依存する傾向がある」と話した。

    田口容疑者は16年にKAT-TUNを脱退。今月22日、女優の小嶺麗奈容疑者(38)とともに、
    同居する東京都世田谷区の自宅マンションで数グラムの乾燥大麻を所持していたところを、関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。両容疑者は24日に送検されている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16517948/
    2019年5月26日 7時38分 日刊スポーツ

    【【現KAT-TUNメンバー】中丸雄一「ひっくり返りました。擁護する点は一つもない」田口容疑者逮捕にコメント】の続きを読む

    1: 2019/05/25(土) 07:50:51.35 ID:p+oKVx069
    「ジャニーズの甘ちゃんアイドルが、素行不良の年上女に引っ掛かり、揃って転落していった」

     アイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー田口淳之介(33)と元女優小嶺麗奈(38)両容疑者の薬物事件は、業界でそんな見られ方をしている。

     東京都世田谷区にある田口容疑者が小嶺容疑者と同棲中のマンションの部屋からは乾燥大麻数グラムや「グラインダー」と呼ばれる大麻を砕く器具、巻き紙の束が押収されており、かなりの常習者だったようだ。

    「田口容疑者が小嶺容疑者との交際が報じられた2007年、『サパークラブ』という男性従業員が接客する六本木の店での大麻パーティーがあって、複数の芸能関係者が逮捕された。この六本木ルートを麻取が追って、店に出入りしていた小嶺容疑者の内偵も続けていた。それが今回の逮捕劇につながったという構図が見えてきました。ちょっと驚くのが、田口容疑者の周辺が『やっぱり』『そうか』と、逮捕を予見していたような声を上げていること。交際当初から、小嶺容疑者はいわゆる札付きで、夜の六本木界隈の顔だったらしく、ジャニーズは何度も小嶺容疑者と別れるよう田口容疑者に働きかけていた。その頃の悪い予感が的中してしまったということでしょう」(スポーツ紙のジャニーズ担当芸能記者)

    19/05/25 06:00 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/254627

    写真
    no title

    【【大麻で現実逃避】田口淳之介"甘ちゃん思考とジャニ後遺症"「素行不良の年上女に引っ掛かり、揃って転落していった」】の続きを読む

    このページのトップヘ