食べ物

    1: 2019/12/06(金) 18:55:04.06 ID:E8ZDq07H9
    うどん店でお昼ご飯を食べることってよくある。早くて、安くて、美味しいのだから当然だ。うどんチェーンを利用する人も多いはずだが、みなさんはどこが一番好きだろうか。

    そこでJタウンネットでは、「うどんチェーン、どこが一番好き?」というテーマでアンケート調査を実施した(総得票数1659票、2019年9月18日~12月2日)。

    はたして、その結果は――。

    2位に「はなまる」、3位は埼玉の...

    こちらは全国の投票結果をランキングにまとめたものだ。

    用意した選択肢は、「丸亀製麺」、「はなまるうどん」、「杵屋」、「山田うどん食堂」、「味の民芸」、「讃岐製麺」、「どんどん庵」、「つるまる饂飩」、「金比羅製麺」、「その他」である。

    全1659票のうち、698票を獲得し1位に輝いたのは「丸亀製麺」だった。全体の約4割を占め、圧倒的な人気を誇っている。2018年3月時点、国内外で1000店舗達成。他のチェーン追随を許さない数である。

    2位についた「はなまるうどん」は283票で17.1%。店舗数は458店(2018年2月時点)と、亀丸製麺のおよそ半分である。票差が広がったのは、単純に店舗数の問題だろうか。

    3位以下は、「山田うどん食堂」(10.2%=170票)、「杵屋」(3%=50票)、「味の民芸」(3%=49票)、「金比羅製麺」(1.4%=24票)、「どんどん庵」(1.4%=23票)、「讃岐製?」(1.1%=18)、「つるまる饂飩」(0.8%=13票)、「その他」(20%=331票)となった。

    気になるのは、全体の約2割を占め、331票を獲得している「その他」の存在だ。まだ知られぬチェーン店があるのだろうか。こちらは、ある地域にだけ見られる現象だった。

    では都道府県別の結果をみていこう。

    こちらは都道府県別にトップを獲得した、うどんチェーン店を色分けしたものだ。

    ご覧の通り、日本列島のほとんどが緑色である。「丸亀製麺」は全国的に大人気のようだ。

    それでも関東圏では、埼玉県のみ異彩を放つ紫色に塗られた「山田うどん食堂」の存在が際立つ。埼玉・所沢発祥で、県民のソウルフードともいわれるチェーン店だ。流石というべきか、過半数を超える41票を獲得している。

    オレンジ色に塗られた「はなまるうどん」は、北海道、福井、和歌山、鳥取、愛媛から支持を得ている。

    そして注目すべきは、グレーに塗られた地域だろう。徳島、香川、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎は「その他」を選択している。その中でも、福岡県は75票(全59票)を獲得し、圧倒的な結果に。いったいなぜなのか。ツイッターには、こんな話があがっていた。

    「『資さんうどん』という北九州を中心としたチェーン店で北九州民には馴染み深いお店です。行かれたい方は福岡市内にもありますのでお立ち寄りください」「福岡のうどんチェーン店は資さんうどん、牧のうどん、ウエストの3つに分かれ混沌を極めていた...」

    なんと...。福岡県には、しのぎを削る人気チェーンが3つも混在していたのだ...。

    また「うどん県」として、馴染み深い香川県は、票が分散したものの26票(全68票)を獲得した「その他」が1位に。なお、香川県民と丸亀製麺のビミョウな関係は以前から有名だが、県内でも13票(約20%)を獲得していた。

    筆者は香川県に旅行した時に、個人店が提供する美味しいうどんがチェーン店並みの安さで驚いたものだ。県民は、チェーン以外で食べる人が多いのだろうか。

    いかがだったろう。丸亀製麺の強さが分かった結果であるが、地方からグイグイと、トップの座を狙うチェーン店の存在も垣間見えてきた。

    no title

    no title


    https://news.livedoor.com/article/detail/17486900/
    2019年12月6日 12時0分 Jタウンネット

    【【饂飩】「好きなうどんチェーン」ランキング 「丸亀VSはなまる」頂上決戦の結果は... 】の続きを読む

    1: 2019/12/05(木) 20:31:50.63 ID:eZGbizyH9
    タレントの山川恵里佳が5日に自身のアメブロを更新。家族に作った弁当を公開した。

    no title


    山川は4日のブログで「本日、絶賛体調不良」と述べ、「お弁当作るのも一苦労でしたが モンキッキーさんがご飯を炊くのを手伝ってくれたのでなんとかなりました」と、夫でお笑いタレント・書家のモンキッキーのヘルプもあって弁当作りをこなせたことを報告。続けて、「とは言ってもお肉焼くとか揚げるとかできない状況だったので 野菜と果物のみ」と写真とともに説明していた。

    一方この日、山川は「朝からステーキ」というタイトルでブログを更新。フライパンでステーキを焼く写真を公開し「焼くよねー朝からね笑笑」とコメント。「焼けたらすぐにつまみ食いしちゃったよ」と明かした。

    また、この日の弁当のメインは焼きそばだったといい、完成した弁当を紹介。野菜抜きで焼きそばと肉のみの息子の弁当について「見た目シンプルすぎるけどうちはコレが普通」と説明した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17483672/
    2019年12月5日 19時10分 AbemaTIMES

    【【画像】山川恵里佳、“シンプルすぎる”息子の弁当「うちはコレが普通」 】の続きを読む

    1: 2019/12/04(水) 21:41:23.44 ID:eR9HYUna9
    まるか食品は12月2日、麺とソースだけのシンプルなカップ焼きそば「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」をコンビニ先行発売する。
    価格はオープンで、一般発売は12月9日から。

    「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」は、かやくが入っていない、麺とソースだけの超シンプルなカップ焼きそば。
    同社は「そのまま食べても、具材を用意してアレンジしてもOK!」としている。
    内容量は225グラム(990kcal)で、これは「ペヤング ソースやきそば 超大盛」(237グラム/1081kcal)とほぼ同量だ。

    なお、今回の新商品は「ペヤング」ではなく「ヨシモリ」となっており、公式サイトの商品情報ページには「ペヤングではなくてヨシモリ…?」との記述も。
    実は「ヨシモリ」はYouTuber(?)の“ペヤング王子”、そしてまるか食品社長のご子息の名前でもある。

    no title

    https://www.narinari.com/Nd/20191257351.html

    【【カップ焼きそば】ペヤングのまるか食品、麺とソースだけのシンプルな「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」発売】の続きを読む

    1: 2019/12/02(月) 00:50:29.99 ID:r0fwvgiI9
    インスタントラーメンの中でも不動の人気を集めているのがカップ焼きそば。
    スーパーやコンビニエンスストアにはさまざまなメーカーが思考を凝らしたカップ焼きそばがずらり。
    そこで今回は、結局一番うまいカップ焼きそばについて探ってみました。

    1位 日清焼そばU.F.O.
    2位 ペヤング ソースやきそば
    3位 明星 一平ちゃん夜店の焼そば
    4位 やきそば弁当
    5位 焼そばバゴォーン
    6位 日清焼そばカップ
    7位 ごつ盛り ソース焼そば
    8位 俺の塩
    9位 昔ながらのソース焼そば
    10位 焼そばモッチッチ

    ■ 1位は「日清焼そばU.F.O.」!

    1976年に日清食品から発売された「日清焼そばU.F.O.」。
    U.F.O.をイメージさせるような丸い円盤型のカップが特徴的。
    うまさが凝縮されたオリジナルソースは、ガーリック・オニオンベースのオイルや、黒コショウ・シナモンなど18種のスパイス、さらにパイナップル・リンゴなどフルーツ7種を閉じ込めたコクのある濃厚ソースが魅力的で、麺によく絡み、その深い香りは食欲を刺激してくれます。
    シャキシャキとしたキャベツのかやくとの相性もよく、「やっぱりこれだな」と長年親しんだ味に愛着を持っている人が多数。1位となりました。

    ■ 2位は「ペヤング ソースやきそば」!

    1975年にまるか食品から発売された「ペヤング ソースやきそば」。
    現在カップ焼きそばで主流となっている四角い容器や液体ソースを業界で初めて採用した商品としておなじみ。
    ウスターベースのソースは麺に絡みやすく、まろやかでありながらしっかりうま味とコクが感じられます。
    また、発売当時60~65gが一般的だった麺のボリュームを90gとボリュームアップしたことでも知られており、その後も“超大盛”や、“超超超大盛 GIGAMAX”を発売するなど、ボリュームのバリエーション展開においても先駆者的ブランドとなっています。

    ■ 3位は「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」!

    食べ応え満点、こってり系のカップ焼きそばといえば「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」。
    明星食品から1995年に発売されたこの商品は、麺に絡みつく濃厚ソースと、なんといってもからしマヨネーズがついているところがポイント。
    マヨネーズを麺の上にかけることでさらにコクがアップ。
    がっつり食べたい人にはたまらない一品ということで、3位となりました。

    このように、長く愛されているカップ焼きそばが上位に選ばれる結果となりました。
    みなさんは、どのカップ焼きそばがお気に入りですか?

    https://ranking.goo.ne.jp/column/6231/

    【【栄えある1位は?】一番うまいカップ焼きそばランキング…日清焼そばU.F.O.、ペヤング ソースやきそば、明星 一平ちゃん夜店の焼そば など 】の続きを読む

    1: 2019/11/12(火) 23:26:47.05 ID:yV1JYYoQ9
     大手中華料理チェーン「大阪王将」などを運営するイートアンドは、冷凍ギョーザ「大阪王将羽根つき餃子」を始めとする「羽根つき餃子シリーズ」の販売数が、2019年10月に月間500万パックを突破したと発表した。

     14年8月に大阪王将羽根つき餃子を発売した後、濃厚チーズを使用した「大阪王将羽根つきチーズGYOZA」などを投入し、ラインアップを拡大してきた。同シリーズは、油も水も使わず、フタ無しで本格的な羽根つきギョーザが簡単に調理できるので、お客から支持を得ているという。

     イートアンドは冷凍ギョーザの裾野拡大を図るとともに、大阪王将ブランド全体の市場訴求力を高め、認知度向上に努めるとしている。

    no title

    no title


    2019年11月12日 16時30分 ITmedia
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/12/news101.html

    【【冷食】大阪王将の冷凍ギョーザ「羽根つき餃子」が好調 月間販売数500万パック突破】の続きを読む

    このページのトップヘ