食べ物

    1: 2019/08/18(日) 07:10:46.52 ID:/MLtOsXg9
    「頑張れザリガニ君!」という食べ物を知っていますか?

    名前はもちろん、見た目もかな~り個性的ですが、実はこれ、スウェーデン発の家具専門店「IKEA(イケア)」各店のレストラン&カフェの新商品なんです。

    しかも、公式発表では、商品化するまでに2年もかかったといいます。(2年も!?)

    独特なネーミングと憎めない可愛さの同商品、一体どんなメニューなのか。気になった東京バーゲンマニア編集部は、イケアにその真相を聞いてみました。

    「ザリガニ フェスティバル」は、スウェーデンの夏の風物詩である「ザリガニ」を存分に楽しめるイケアファンおなじみの毎年恒例のフェアです。

    今年は、「ザリガニプレート」(1ピース149円、3ピース399円)や「ザリガニ ジャンバラヤ」(通常価格799円)、「ザリガニ ケイジャンスタイル」(通常価格1200円)など、食欲をそそるメニューが展開されています。その中のひとつが「頑張れザリガニ君!」という商品。価格は199円です。

    イケアの広報担当者に聞いてみると、正体はパン。味わいは、シナモンロールの生地をベースにしたパンとのこと。赤色はクチナシ(天然素材)で着色しているそうです。

    商品化までに2年かかった理由
    また「商品化までに2年かかった新メニュー」についても聞いてみました。

    実は最初、もっとスタイリッシュな形、もしくはもう少しリアルなザリガニの形に近づけようと考え、形状以外でも試行錯誤を繰り返したそうです。

    たとえば、パンの上に色々なチョコレートをコーティングしたり、中にカスタードクリーム入れられるかなど。ただ残念ながらその案は、さまざまな事情で見送りになってしまいました。

    しかし、料理教室で小さい子どもが楽しそうにパンを作っている様子を見たことをきっかけに、長い間眠っていた企画が復活したそうです。

    「再現性の高いザリガニパンではなく、子どもが頑張って一生懸命作った思いが伝わる『ブサ可愛い』ザリガニパンを再現するため試行錯誤を重ねました。結果、完成までに2年以上の年月がかかってしまいました」(イケア広報担当者)

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16931002/
    no title

    【【衝撃画像】IKEA「商品化まで2年かかりました」IKEA各店で「頑張れザリガニ君!」販売中(199円)】の続きを読む

    1: 2019/08/12(月) 21:43:50.68 ID:tAffvx1j9
    本日8月12日(月・振休)放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ・関西テレビ系)にバイきんぐがゲスト出演し、「通ぶれるチャーハン」をテーマに石橋貴明とトークを展開する。

    彼らはチャーハンの具材や名店の調理法、「パラパラ派かしっとり派か」などについて徹底討論。さらに“パラパラチャーハン”の名店「赤坂璃宮」の総料理長・譚澤明氏がスタジオでチャーハンを調理する。総料理長直伝の「自宅でも簡単にできるおいしいチャーハンの作り方」とその味とは。

    ソース ナタリー
    https://natalie.mu/owarai/news/343115
    no title

    【【議論】チャーハンはパラパラ派か?しっとり派か? 石橋貴明、バイきんぐが徹底討論 】の続きを読む

    1: 2019/08/11(日) 20:51:52.33 ID:BjYw5mvH9
    ラッパを吹きながら町を練り歩く、昔懐かしい豆腐の引き売り販売。見かけることも少なくなった印象だが、実は東京都内では今もリヤカーをひいて豆腐を売り歩く姿が目撃されている。

    今でもそのスタイルを続けていること自体が希少だが、驚くべきことに、それがビルの立ち並ぶオフィス街で行われているのだ。

    「豆腐屋あこ」こと菅谷晃子(38)さんは23歳の時から豆腐を売り始め、今年で16年目。
    週3で足立区綾瀬、木曜日は千代田区麹町、金曜日は港区西麻布を訪れている。

    麹町と西麻布と聞いて、少し不思議に思う人もいるだろう。

    Jタウンネット編集部は麹町にあるが、オフィスビル・飲食店が多く、六本木にほど近い西麻布は高級店やおしゃれな店の多いイメージだ。
    もっと住宅が集まった地域もあるだろうに、「なぜこんなところに豆腐屋が...」と思わずにはいられない。

    どうしてこの場所なのか。なぜリヤカーでの販売を続けるのか。菅谷さんに聞いた。

    ズバリ売り上げは?
    実際にどのように販売しているのか。2019年7月31日13時ごろ、麹町に
    やってきた菅谷さんに、少し様子を見させてもらった。

    人も車も多く行き交うJR四ツ谷駅付近で待っていると、突然「プープー」というラッパの音が聞こえてきた。
    30度を超える暑さの中、ラッパ片手にリヤカーを引きながら菅谷さんが現れた。この日は「応援」として男性1人が同行していた。

    ラッパを吹きながら、常連のお客さんの家を回っていく。
    基本的に訪問販売はしないが、常連のお客さんに限っては、インターホンを押して家を訪れることもあるとのことだ。

    この日も訪問したマンションの女性が買っていった。
    少し疲れてしまったというお客さんには、2階まで運んであげるなど、できる範囲で対応している。

    販売しているのは豆腐だけではない。
    豆乳、惣菜、漬物... 50種類くらいを販売しており、時には買い物代行を頼まれることもある。
    最近は子どものために豆乳を買う母親が増えており、豆腐や豆乳への関心の高まりを感じているという。

    1日の販売数を聞いてみると、豆腐だけで20個ほど。金額でいうと1日3、4万くらいだという。
    冬場はがんも、厚揚げ、白滝など、夏場はところてんや刺身こんにゃくなどが売れるという。
    年間を通して売り上げはさほど変わらないが、猛暑が続いたりすると食欲が落ちて売り上げが減ることもあるようだ。

    せっかくなので筆者もリヤカーを引かせてもらった。
    意外と重さは感じないが、バランスを崩さないよう気を付けなければいけない。
    曲がり角は特に注意が必要で、背後からの誘導を受けてなんとか曲がることができた。

    ラッパにも挑戦してみる。息は吐く、吸うを繰り返すだけだが、吸うのが少し難しく、なぜか吐くを2回繰り返してしまった。吸うと吐くとでは音が違うので、タイミングを間違えるとかなり違和感がある。

    しかも、ラッパの音は結構響くので間違えてしまうととても恥ずかしい。ラッパを吹きながら片手でリヤカーを引くのは、慣れるまで時間がかかりそうだ。


    https://news.nifty.com/article/item/neta/12150-368917/
    2019年08月11日 08時00分 Jタウンネット

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【昔ながら】”誰が買うの?”東京都心の豆腐屋リヤカー、直撃取材で分かった「意外な需要」とは 】の続きを読む

    1: 2019/08/11(日) 21:23:23.86 ID:jy6r/okI9
    洋菓子製造・販売のユーハイム(神戸市)は看板商品のバウムクーヘンを今秋からパリやロンドンで販売する。フランスの菓子会社に製造機を提供。洋菓子の本場である欧州へは16年ぶりの再挑戦だ。これを足がかりに創業者の母国ドイツでの再出店も目指す。

    同社の技術を評価するコンティチーニ氏から「バウムクーヘンを焼きたい」との提案があり、提携につながった。ユーハイムも欧州での展開を狙っていたことから共同で事業を進める。まず、10月に開かれる世界最大級の菓子の祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ」に出展する。コンティチーニ氏が、新たなバウムクーヘンをデザインする。

    河本英雄社長は「バウムクーヘンはドイツの地方菓子でフランス人には知られていない。著名な職人とのコラボによって、アピールできるのではないか」と期待する。会期中に数百個の販売を見込む。

    ユーハイムにとって欧州挑戦は大きくいえば2度目となる。1976年、ドイツに1号店を出店。フランクフルトなどに4店出したが、業績が落ち込み99年に全店を閉めた。フランスでは菓子ブランド「ペルティエ」を94年に買収したが2003年に撤退した。

    当時は売上高で約3割を占める看板商品バウムクーヘンを展開していなかった。今回は著名な菓子職人とのコラボでマーケティングの戦略を深めていく。

    さらに門外不出の製造機器をコンティチーニ氏に提供する。同氏はパリに続いて10月にもロンドンに店を構え、双方でバウムクーヘンを売り出す。ユーハイムの機械を使う見込みだ。

    ユーハイムは創業時から受け継ぐレシピに加え、焼成機にこだわりがある。「機械に合うレシピにするのではなく、レシピに合わせた機械が必要」(河本社長)との考えからだ。

    バウムクーヘンは一般に回転する心棒に生地を何層も重ねて焼き上げる。焼き釜など機器の全ては自社チームで開発し、鋼材の購入から修理までを担う。内製化による製造体制と熟練職人の技を組み合わせ、伝統の味や品質を守ってきた。

    河本社長は「まず欧州で人気を高めたい」と話す。現在、海外はシンガポールやベトナムなどアジア4カ国で事業を営んでいるが、海外の売上高比率は2%程度にとどまっている。

    19年は創業者のカール・ユーハイムが日本で初めてバウムクーヘンを焼いて100周年。欧州など新市場開拓への新たな節目となる。

    会社概要 1909年、ドイツ人のカール・ユーハイムが中国・青島で菓子店を創業。15年に捕虜として来日し、22年に日本1号店を開く。2019年3月期の売上高は306億円。11年にアジア初の店舗をシンガポールに開いた。

    2019/8/11 18:00 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48409390Z00C19A8FFR000/
    no title

    【【海外へ】”ユーハイム”バウムクーヘンで欧州に再挑戦 】の続きを読む

    1: 2019/08/11(日) 22:22:21.93 ID:e1Ey6I7n9
    夏を代表する食べ物といえば、なんといっても冷やし中華! ラーメン屋さんなどの店頭に「冷やし中華はじめました」という文字が並ぶと、夏が来たな~!とワクワクしますよねぇ。

    ところでみなさんは、冷やし中華にマヨネーズを「かける派」でしょうか。それとも「かけない派」でしょうか。え、そもそも冷やし中華にマヨネーズかけるなんて考えたことも聞いたこともない、ですって?

    HOT PEPPERが全国の20~50代の男女3095名を対象に実施した「グルメの定番にまつわる地域差」アンケートによると、「マヨかける派」がある地域に集中していることがわかるんです。

    ■「マヨかける派」は中部地方に多い

    「かける派」が集中していたのは、中部。岐阜県が70.9%ともっとも多く、福井県が54.5%、愛知県が54.4%と続きます。

    これらの地域では、コンビニで冷やし中華を買うと必ずマヨネーズのミニパックがついてくるんだそう。

    HOT PEPPERによると、岐阜や愛知で「冷やし中華+マヨネーズ」が愛されているのは、名古屋に本社を置くラーメンチェーンがマヨネーズを添えて提供を始めたことがきっかけと言われているんですって!

    ■「マヨかけない派」が多いのは関東

    全国的に見ると、「かける派」の割合は全体の約1/4にあたる24.3%。かけない派の75.7%を大きく下回る結果となっています。

    こうして「かけない派」が圧倒的優勢な中、かけないことに特にこだわっているのが関東地方でした。

    「かけない」と答えた人の割合がもっとも多かったのは群馬県で、その数はなんと97.1%! 

    次点の栃木県は95.1%。そのほか神奈川・千葉・埼玉でも約9割の人が「かけない」と答えており、「マヨネーズなんてかけてたまるか!」という強い気持ちが伝わってくるようです。あるいは、マヨネーズをかけるという発想自体がないのかも。

    ■九州も「マヨかけない派」が多い!

    ちなみに「かけない派」の3位は熊本県で、割合はこれまた高めの94.7%。その後は福岡県(93.3%)、長崎県(93.3%)、鹿児島県(92.0%)と九州勢が上位に食い込んでいることがわかります。

    ■実際に聞いてみました

    じゃあ「マヨかける派」トップの岐阜の人はどう考えているんでしょう。知人に聞いてみました。

    「東京の大学に入って初めての夏、コンビニで冷やし中華を買ったら店員さんがマヨネーズつけてくれなかった。田舎モンだから馬鹿にされたと思って3日ぐらいイライラしてた! でも周りの子にこの話したら『え? 冷やし中華にマヨネーズ? なんで?』とか聞かれて、なんか違う星に来たのかと思った」

    続けて彼女の旦那さん(北海道出身)に聞いてみました。

    「冷やし中華にマヨネーズとか、最初意味わかんなくてびっくりした。ラーメンにマヨネーズ入れないでしょ? それと同じ。考えたことすらなかったよね。妻に勧められてやってみたとき、うっわ汁が汚れる! やだー! って思ったけど、食べてみたらこれ意外と悪くないなって。でも別になくても困らない」

    地域によって食文化が異なるのは、日本の面白いところ。冷やし中華&マヨが中部地方メインの文化であるなら、行ったときに試してみるのもよさそうですね!

    2019年8月11日 9時45分 Pouch
    https://news.livedoor.com/article/detail/16912833/

    画像
    no title

    【【どっち派?】冷やし中華に「マヨネーズ」 かける? かけない? マヨかける派は「ある地域」に猛烈に集中 】の続きを読む

    このページのトップヘ