音楽

    1: 2021/03/29(月) 23:10:41.71 ID:CAP_USER9
    http://news.yahoo.co.jp/articles/febeed8882405b73ae3095d1d2c22c3c7294693c


    フュージョンバンド「PRISM」のギタリスト・和田アキラさんが28日、敗血症による多臓器不全のため死去した。
    64歳。東京都出身。かねて病気療養中だった。
    バンドの公式サイトで発表された。

    18歳の時、日本初のフュージョンバンド「PRISM」を結成。一躍脚光を浴びる。
    PRISM、ソロ活動の傍ら、井上陽水、森高千里らのアルバムやツアーに参加した。

    発表は以下の通り。

    PRISMを応援していただき、ありがとうございます。

    皆様へお知らせです

    かねてより病気療養中でした和田アキラは2021年3月28日に敗血症による多臓器不全により永眠しました。

    葬儀は遺族と近親者のみで執り行いました。

    お別れ会は、感染症の状況が落ち着きましたら行います。詳細は改めてお知らせ致します。

    生前たくさん方々のご厚情に深く感謝し、謹んでお知らせ申し上げます。

    和田アキラのご冥福をお祈り申し上げます。

    PRISMメンバー一同

    【【訃報】フュージョンバンド「PRISM」ギタリストの和田アキラさん死去 64歳】の続きを読む

    1: 2021/03/08(月) 22:49:25.18 ID:CAP_USER9
    2021.3.4 木曜日 NME Japan
    メタリカ、『メタル・マスター』のリリースから35周年を記念して米TV番組で“Battery”を披露
    https://nme-jp.com/news/99366/


    メタリカは『メタル・マスター』のリリースから35周年を記念してアメリカのテレビ番組で“Battery”を披露している。

    メタリカの通算3作目となるアルバム『メタル・マスター』は1986年3月3日にリリースされており、昨日で35周年を迎えている。

    それを記念して『ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア』に出演したメタリカはアルバムの冒頭を飾る“Battery”を演奏している。

    パフォーマンス映像はこちらから。
    https://www.youtube.com/watch?v=-E1OhrLhKL8


    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【動画】メタリカ、『メタル・マスター』のリリースから35周年を記念して米TV番組で“Battery”を披露】の続きを読む

    image
    1: 2021/01/06(水) 19:48:51.53 ID:CAP_USER9
     2020年の紅白に特別枠で出場したX JAPANのYOSHIKIだが、米ロサンゼルスから「ENDLESS RAIN」を披露。

     YOSHIKIのピアノ演奏に、QUEENのブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、サラ・ブライトマンが海外から、日本からは紅組のBABYMETAL、milet、LiSA、白組sixTONESがコラボする豪華な演出となった。

     そんなYOSHIKIは、日本時間の2日、自身のSNSを更新。英語と日本語でメッセージを投稿し、「いつも応援ありがとう。実は去年、少し鬱(うつ)になっていて、LAで医師から治療を受けていた」と告白。「でも人前では、みんなのためにも“微笑む”、と決めていた。それが効いているみたい」とパフォーマンスをすることで、症状を抑え込んでいることをうかがわせた。

    「コロナ禍がYOSHIKIの鬱の一因になっていることは明らかだが、それ以上の要因として推測されるのがX JAPANの今後について。現状だと、ToshIとは“絶縁状態”で、 バンドでの活動のメドがまったく立っていない」(音楽業界関係者)

     X JAPANは紅白に15年から17年まで3年連続で出場。18年9月末に千葉県・幕張メッセでバンドとしての公演を行ったが、以後、バンドでの活動はなし。同年の紅白にはYOSHIKIがソロで出場し、昨年まで3年連続ソロ出場している。

    「ToshIは『龍玄とし』の名義でインスタグラムのアカウントを開設しているが、20年の夏ごろまでX JAPANに関する写真や、YOSHIKIとのツーショットなどをことごとく削除してしまった。さらに、公式サイトのプロフィールからもX JAPANに関連する情報が削除されており、まるでもともとソロアーティストだったかのよう。どうやら、ギャラの件でYOSHIKIと揉めたことから亀裂が深まり、修復不能な状態のようだ」(芸能記者)

     ファンのためにも歩み寄って同じステージに立ってほしいものだが……。
    https://www.cyzo.com/2021/01/post_264405_entry.html

    【【XJAPAN】Yoshikiうつ病で治療していた事が判明! ToshIとも絶縁状態でこのままだと修復不能か】の続きを読む

    image
    1: 2020/12/26(土) 21:31:24.58 ID:CAP_USER9
     ロックバンド「LUNA SEA」のメンバーでドラム担当の真矢さんが、新型コロナウイルス感染症に感染したことが2020年12月26日、明らかになった。

     これを受け、12月26日と27日に開催予定だった「LUNA SEA -RELOAD- さいたまスーパーアリーナ公演」が急遽、延期振替となることが公式サイトで発表された。

    ■「今は療養に専念して必ず再会を約束したいと思います」

     公式サイトでは、

    「ドラム担当の真矢が、公演当日の朝、急遽体調不良を訴え、会場入り前に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施した結果、陽性反応が確認されたため、本日と明日の2公演を、延期振替とさせていただくことになりました」

    などと説明。手持ちのチケットについては、各日の振替公演に有効となるため、保管しておくようアナウンスされている。振替公演日程や払い戻し等の詳細については、「決まり次第、近日中にLUNA SEAオフィシャルサイトにて発表させていただきます」としている。

    中略

     なお真矢さんは17時頃、公式ツイッターで

    「今日の日まで一緒に音を作り上げてきたメンバー。一緒に走ってきたスタッフ。 そしてこの日を心待ちににしてくれてた(原文ママ)ファンのみんなには、本当にご迷惑をお掛けしてます。 本当に本当にごめんなさい。 今は療養に専念して必ず再会を約束したいと思います! この度は本当にごめんなさい 真矢」

    とツイートしている。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きく、今回のように出演者の感染が確認されなくても開催中止となる事態も増えている。

     たとえば12月27日~31日に幕張メッセで開催予定だった国内最大の年越しフェス「COUNTDOWN JAPAN 20/21」は、21日になって中止が発表されている。

     また大晦日に大阪で開催予定だった倖田來未さんのカウントダウンライブ「KODA KUMI LIVE TOUR 2020-2021 MY NAME IS... COUNTDOWN EDITION」は新型コロナウイルス感染症の感染拡大が全国規模で想像を超えて加速していることなどを受け、開催中止が公式サイト上で発表されている。

    JCASTニュース

    https://news.yahoo.co.jp/articles/acaab26edbce4c90297418b194fd137149d1363d

    【【新型コロナ】LUNA SEA真矢「本当に本当にごめんなさい」コロナ感染でライブ延期をうけ謝罪】の続きを読む

    1: 2020/12/09(水) 22:33:35.90 ID:CAP_USER9
    小沢健二、“一人アリーナツアー”の開催を発表
    2020.12.9 21:30 BARKS
    no title

    https://www.barks.jp/news/?id=1000193557

    小沢健二のライブツアー<aルbイmイseルf 魔法的ひとりArena>の開催が発表された。

    同ツアーでは2021年3月5日(金)の大阪・丸善インテックアリーナ大阪を皮切りに、9日(火)東京・日本武道館、14日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナの3公演が行われる。“all by myself”を掲げたタイトルが示す通り、“新しい一人パフォーマンスのスタイル”で3つの会場を巡るアリーナツアーになるということだ。

    なお、各公演の観客数は会場の収容人数の半数未満を予定。換気、消毒、検温など、最新の医学的見地に基づいた万全の対策をとって開催されるという。

    チケットの1次先行予約受付は本日12月9日(水)よりスタートする。今ツアーでは小沢健二自身のたっての願いで、25歳以下の来場者向けに限定プライスの“U-25チケット”も販売されるそうだ。

       ◆   ◆   ◆

    ■小沢健二 メッセージ

    コロナ以前の2019年の時点で、2021年の3月に
    一人で武道館などをやることは決まっていました。

    コロナの中、僕の考えも、曲の書き方も、進化しました。

    ばっちり感染対策をとり、換気のよいアリーナで、
    大幅に収容人数を減らしての公演ですが、
    歌を届けたいと思っています。

    バンドはなく、僕一人です。今までの一人演奏を、ムダに豪華にしました。

    帰り道に口ずさむのは、きっと聞いたばかりの新曲たちになると思います。
    明るい曲。気持ちが強くなる曲。ベタですが、そういうライブです。
    おなじみの曲も、もちろんやります。

    新曲のタイトル予告、第一弾は『ウルトラマン・ゼンブ』(仮題*)です。
    笑、と思いきや、勇気と涙の一曲です。

    なお、延期されている『So kakkoii宇宙ツアー』はこれまでの告知通り2021年初夏の予定です。
    このアリーナは、それより前の、それとは別の、2021年春の公演です。ゼッタイコイ

    *注:新曲「ウルトラマン・ゼンブ」(仮):Twitter @iamOzawaKenjiでのツイートを基にした楽曲。


       ◆   ◆   ◆

    <小沢健二『aルbイmイseルf 魔法的ひとりArena』>
    2021年3月5日(金)大阪・丸善インテックアリーナ大阪
    開場 17:30 / 開演 19:00
    (※中略)

    2021年3月9日(火)東京・日本武道館
    開場 17:30 / 開演 19:00
    (※中略)

    2021年3月14日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
    開場 16:30 / 開演 18:00
    (※中略)

    チケット料金(税抜価格):
    アリーナ席 \12,000 / スタンドS席¥10,000 / スタンドA席¥8,000
    U-25スタンドS席¥5,000 / U-25スタンドA席¥4,000
    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【オザケン】小沢健二、“一人アリーナツアー”の開催を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ