音楽

    1: 2019/07/16(火) 22:41:57.26 ID:2Cr2T1lD9
    ZYYGが再結成ライブを行い、再始動を宣言した

    ZYYGが7月14日、東京・下北沢ReGで再結成ライブ「ZYYG LIVE ROCKIN' HIGH 2019 ~Dreamers~」を開催。令和の時代に再始動を宣言した。


    ■ 平成音楽史に確かな足跡を残した正統派ビートロックバンド

    ZYYGは1993年、デビューシングル「君が欲しくてたまらない」がサントリービール「ダイナミック」のCMソングに起用され、初登場でオリコンウイークリーシングルランキング3位に。

    翌月にはZYYG, REV, ZARD & WANDS featuring 長嶋茂雄として「果てしない夢を」を発表し、同・初登場2位となった。

    その後、メンバーの入れ替えを経て、1994年から高山征輝(Vo.)、後藤康二(Gt.)、加藤直樹(Ba.)、藤本健一(Dr.)の体制で活動し、アニメ「スラムダンク(SLAM DUNK)」(1993年~1996年、テレビ朝日系)のオープニングテーマ「ぜったいに 誰も」が大ヒットを記録。

    1996年からはライブを精力的に行い、全国を駆け巡っていたが、1999年に解散。当時行われなかったラストライブは2006年に実現し、大阪にファンが集結した。

    そんな正統派ビートロックバンドとして平成音楽史に確かな足跡を残したZYYGが、令和元年に再始動することになった。

    ■ ZYYG、13年ぶりのステージ

    ロック・ヒーローの登場を待つ、そわそわとした空気を切り裂くノイジーなサウンドが響くと、会場が暗転。

    ZYYGのミュージックビデオを映していたスクリーンが上がり、ZYYGのメンバーは歓声と拍手に迎えられて13年ぶりのステージに姿を現した。

    オープニングナンバーは「君が欲しくてたまらない」。時間の経過を感じさせない高山のパワーボーカルと、後藤、加藤、藤本が創る圧倒的なサウンドに、会場のボルテージは早くも最高潮に。

    会場中から上がる「サイコー!」の声に応え、高山が13年ぶりに「ZYYGのLIVE ROCKIN' HIGHへようこそ!」と、その言葉を発した。

    2曲目の「Noizy Beat」で完全に会場が温まると、ファンからの「おかえり!」の声が響く。高山の「ただいま」「最後までいこうぜ!」の言葉通り、ZYYGもファンも、1曲目からアンコールまで勢いを止めることはなかった。

    会場が一体となったヒットシングル「ぜったいに 誰も」「JULIA」に加え、CD化されていない「Only Only You」など、ライブだからこそ聞けるレアナンバーを含めた全17曲を駆け抜け、高山は「ZYYG、始まるぞ」と宣言。再結成ライブを締めくくった。

    ZYYGは7月21日(日)、2006年のラストライブを行った大阪・北堀江のヒルズパン工場で追加公演を行う。(ザテレビジョン)

    7/16(火) 21:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190716-00197789-the_tv-ent
    no title

    【【90年代】ZYYGが再始動宣言! 高山征輝「ただいま」「ZYYG、始まるぞ」 】の続きを読む

    1: 2019/07/12(金) 17:39:07.91 ID:DIF32GWi9
    7月9日発売の「週刊女性」が元JUDY AND MARYのメンバーの近況を報じた。ボーカルのYUKIをのぞく3人が再結成したがっているものの、
    YUKIの反対によって再結成はおろか、CDのリマスターもできない状態だという。「週刊女性」はバンドの鍵をにぎるYUKIを直撃。写真とあわせてその様子を伝えた。

    「このYUKIの写真にファンから悲鳴が上がっています。YUKIはボサボサの金髪にふっくらとした顔つきで、キュートな歌姫のイメージはまったくありません。
    直撃の不意を突かれたという点は十分に考慮すべき点ではありますが、往年のファンにとってはショックでしょう」(芸能ライター)

    ネットでは「ハリセンボンの春菜かと思った」「誰なのこのおばさん」「超絶劣化している」と、彼女の容姿を疑問視する声が上がっている。

    「YUKIは現在47歳。年齢を考えれば、この容姿は決してひどくはないと思います。むしろ若いぐらいでしょう。
    ただ、すっぴんで髪をセットしていないので、ステージ上での彼女と比べると別人に見えてしまいます。
    この写真が使われるのは少しかわいそうだったかもしれません」(前出・芸能ライター)

    10日にはギタリストのTAKUYAが、ツイッターで自身は再結成を望んでいるという報道を否定。
    さらに「根本的にwww全部くだらないです」とツイートしたことで、騒ぎはより大きくなっている。
    YUKIひとりに非難が集中するのを散らす狙いがあるとの見方も出ているが、
    JUDY AND MARYの再結成問題はYUKIの変化した容姿と合わせてまだまだ世間を騒がしそうな勢いだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1919746/
    2019.07.12 10:14 アサジョ

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=SwL1vh0AD-o


    JAM classic

    https://www.youtube.com/watch?v=GpzJ6RY216s


    JUDY AND MARY - そばかす

    https://www.youtube.com/watch?v=h5znccJl0BQ


    LOVER SOUL

    【【画像多数】"ハリセンボン春菜じゃねーよ!"元ジュディマリYUKIの“超絶劣化”に悲鳴】の続きを読む

    1: 2019/07/12(金) 12:45:44.16 ID:49Bh103C9
    ホワイトスネイク、来日公演が延期に
    2019.7.12 12:00
    https://www.barks.jp/news/?id=1000169444

    no title



    ホワイトスネイクが10月に予定していた来日公演<The Flesh & Blood World Tour Japan 2019>の延期が発表された。

    招聘元のクリエイティブマンプロダクションの発表によると、公演の延期はバンドのやむを得ないスケジュールの都合によるものだという。現在、2020年の振替公演開催に向けて調整が進められているそうだ。

    この発表に際して、デイヴィッド・カヴァデールは次のようにメッセージを寄せている。

       ◆   ◆   ◆

    “Due to unavoidable scheduling conflicts, it is with great regret and a heavy heart that Whitesnake are going to have to reschedule the planned Japanese tour dates in October 2019. We apologise to all of our loyal fans for any inconvenience caused and look forward to seeing you all in 2020.” - David Coverdale, Whitesnake

    「2019年10月に予定されていたWhitesnakeのジャパン・ツアーは、やむを得ない日程の都合により、大変申し訳ありませんが延期させて頂きます。 公演を楽しみにしてくださっていたファンの皆様に多大なるご迷惑をおかけ致します事を深くお詫び申し上げると同時に、2020年にお会いできることを楽しみにしております」──デイヴィッド・カヴァデール(ホワイトスネイク)

       ◆   ◆   ◆

    なお、チケットの払い戻し等に関する詳細は、振替公演日程の発表に合わせて後日アナウンス予定とのことだ。

    ■延期公演
    <WHITESNAKE The Flesh & Blood World Tour Japan 2019>
    2019年
    10月21日(月)福岡・Zepp Fukuoka
    10月22日(火・祝)岡山・岡山市民会館
    10月24日(木)大阪・大阪国際会議場メインホール
    10月26日(土)愛知・豊田市民文化会館
    10月28日(月)北海道・札幌市民ホール
    10月31日(木)東京・東京国際フォーラム ホールA
    詳細:https://www.creativeman.co.jp/artist/2019/10whitesnake/

    (おわり)

    【【白蛇】ホワイトスネイク、来日公演が延期に】の続きを読む

    yamashitatatsuro_Art201903_fixw_640_hq
    1: 2019/07/11(木) 20:27:58.41 ID:ae5KJpON9
    7月12、13日に予定されていた山下達郎のコンサートツアー「山下達郎 PERFORMANCE 2019」東京・中野サンプラザホール公演の開催が中止となった。

    公演の中止理由は山下達郎が気管支炎を患い、一定期間の休養が必要であると判断されたため。振替公演は、バンドメンバーと会場のスケジュールを確認し調整に努めたが、実施の可能性がなくなってしまったため行われない。チケットの払い戻しは明日7月12日10:00から7月31日23:59まで実施される。

    2019年7月11日 18:12
    https://natalie.mu/music/news/339383

    【【公演中止】山下達郎、気管支炎のため中野サンプラザホール公演中止 】の続きを読む

    2139541_201907080243522001562587215c
    1: 2019/07/08(月) 21:10:37.79 ID:dcOMXtq19
    2019-07-08 21:00

     1980年代に人気を博し、92年1月に電撃解散した男女ツインボーカルバンド「BARBEE BOYS」(バービーボーイズ)が、10年ぶりとなるワンマンライブ『突然こんなところは嫌いかい?』を行うことが決定した。来年1月13日に東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催する。

     バービーボーイズはKONTA(Vo/Sax)、杏子(Vo)、いまみちともたか(G)、エンリケ(B)、小沼俊昭(Dr)からなる5人組。シングル「目を閉じておいでよ」、アルバム『LISTEN!』(87年)、『Black List』(88年)、『√5』(89年)などのヒットを連発し、92年1月に解散。2009年からはデビュー25周年を記念してライブ活動を再開していたが、10年3月の日本武道館公演が最後となっていた。

     昨年9月にはNHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』の公開収録で一夜復活を遂げ、今月13日には野外フェス『JOIN ALIVE』(北海道・いわみざわ公園)の出演も決まっているが、満を持して10年ぶりとなるワンマンライブ開催を発表。毎月8日を「蜂の日」とし、今後もさまざまな発表を行うとしている。
    https://www.oricon.co.jp/news/2139541/full/
    (最終更新:2019-07-08 21:00)

    【【突然こんなところは嫌いかい?】バービーボーイズ、10年ぶりワンマン決定 2020年1月に代々木第一体育館】の続きを読む

    このページのトップヘ