音楽

    1: 2021/10/16(土) 17:30:20.45 ID:CAP_USER9
    モトリー・クルーのヴィンス・ニール ライヴ中にステージから落下 骨折したと報道 - amass:
    https://amass.jp/151882/

    2021/10/16 15:52掲載

    no title


    モトリー・クルー(Motley Crue)のヴォーカリストであるヴィンス・ニール(Vince Neil)がコンサートでのパフォーマンス中にステージから落下し、骨折の重傷を負ったと報じられています。

    ヴィンスは米テネシー州ピジョン・フォージで開催されたフェスティバル<Monsters On The Mountain>にソロ・バンドで出演していました。Metal Sludgeによると、事故があったのは、ライヴの序盤で「Don't Go Away Mad (Just Go Away)」を演奏している最中でした。ヴィンスは曲の終わりに観客に拍手を促しながら、ステージの左前方に向かって一歩二歩進んだ後、足を踏み外して落ちてしまったようです。

    しばらくして、バンドのベーシストであるダナ・ストラムが、ヴィンスの怪我の程度について観客に向かって「ヴィンスが転倒して肋骨を折ったのは事実だ。息ができないので、医学的に対処してもらうことになった」と言っています。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【事故】モトリー・クルーのヴィンス・ニール ライヴ中にステージから落下 骨折したと報道】の続きを読む

    1: 2021/06/18(金) 21:04:54.44 ID:CAP_USER9
    2021.06.17 11:00
    https://myjitsu.jp/archives/287585

    6月16日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、マンスリーMCの山之内すずがオススメのアーティストとして、『南無阿部陀仏』というバンドを紹介。しかし〝あるバンドのファン〟から、苦言が寄せられる事態に。

    この日、山之内が若者から人気を博すアーティストを紹介。そこで昨年の春に高校を卒業したばかりの4人組ロックバンド「南無阿部陀仏」が登場する。彼らは『若者よ、耳を貸せ』という〝青春ど真ん中〟な楽曲をスタジオで披露することに。

    ストレートな歌詞と魂のこもった歌声で、スタジオを熱狂の渦に巻き込み、パフォーマンス終了後のインタビューではメンバーの1人が『THE BLUE HEARTS』のファンであることを明かしていた。

    レジェンドバンドは超えられない?

    彼らのパフォーマンスに、山之内は泣きそうなほど感動した様子。一方で「ブルーハーツ」のファンも彼らの楽曲に反応を示しており、

    《ブルーハーツと宮本浩次に憧れた子どもの文化祭って感じ》
    《ダメだ、劣化したブルーハーツにしか聞こえん》
    《ブルーハーツの二番煎じ感。あと何年かしたら消えそう》
    《ブルーハーツとかに憧れて文化祭でやってる感じのバンドだね》
    《歌い方が、ブルーハーツかぶれだったね》
    《そうだわ、ブルーハーツもどきだ!》
    《ブルーハーツを知らない世代の子達にとったら新鮮なんやろなぁ。でもブルーハーツの絶頂期を知ってる私らは、ちょっとやそっとじゃ響かない》

    などと厳しい評価を下している。モロに「ブルーハーツ」の影響を受けているような楽曲やスタイルだったため、若者たちには新しく感じても青春系バンドの〝黄金時代〟を知る大人たちには受け入れられなかったようだ。

    実際に番組でも〝若者の注目を集めるバンド〟と紹介している。そのため大人たちから評価が集まらないのも無理はないのかもしれない。しかし、彼らはまだ高校を卒業したばかりの新人バンド。目くじら立てずに「ブルーハーツ」の意思を継ぐバンドとして、彼らの成長を温かい目で見守るべきではないだろうか。

    【【劣化ブルーハーツ?】『スッキリ』登場の若手バンド“南無阿部陀仏”に苦言!「ブルーハーツと宮本浩次に憧れた子どもの文化祭」】の続きを読む

    1: 2021/06/19(土) 17:09:05.21 ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a77c0204c3ca33f991d20a6a7f00e8d8dd53301

    「エレキの神様」として親しまれたギタリストの寺内タケシさんが18日午後8時37分、器質性肺炎のため横浜市内の病院で死去したことが19日分かった。82歳。茨城県出身。

    【【訃報】「エレキの神様」ギタリストの寺内タケシさん(82)死去…】の続きを読む

    1: 2021/06/06(日) 01:02:29.69 ID:CAP_USER9
    https://moviewalker.jp/news/article/1035894/image10326023/

    元オアシスのノエル・ギャラガー(54)が、ついに新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを明らかにした。「Radio Times」でノエルが明らかにしたもので、最初は予約を取り消したが、接種を決めたのだという。

    接種を拒否していた理由については「正直、髪の毛が減ることを心配していた。でも、かかりつけの医者に『そんな証拠はどこにもない』と言われたから、『それって俺に接種しろって言ってる?』って聞いたら『接種しないのは愚かだ』と言われて接種を決めた」と語った。

    突然の方針転換には、「イギリスではまた感染者が増え始めたけど、死者が少ないからワクチンを信じたのでは?」「意外と臆病で、ワクチンの副反応の様子を見て決めたのではないか」といったツイートが寄せられている。

    no title

    【【元オアシス】ノエル・ギャラガー、薄毛を心配してワクチン拒否も…医者に「そんな証拠ない」と言われついに接種】の続きを読む

    1: 2021/06/02(水) 23:33:49.63 ID:CAP_USER9
    モトリー・クルーのヴィンス・ニール、久々のライヴを開催するが「声が出ない」と告げて途中で終了
    2021/06/02 10:18掲載amass
    https://amass.jp/147644/
    no title



    モトリー・クルー(Motley Crue)のフロントマンであるヴィンス・ニール(Vince Neil)は先週末、新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから初めてのソロ・ライヴを行いましたが、うまくいきませんでした。14曲目の最中にギブアップ。観客に向かって「声が出ない」と伝えて曲の途中でステージを降りています。

    ヴィンス・ニールと彼のソロ・バンドは、5月29日に米アイオワ州で開催された<Boone River Valley Festival>にてヘッドライナーを務めました。

    パフォーマンスは「Looks That Kill」で幕を開けましたが、14曲目の「Girls, Girls, Girls 」を歌っている最中に、ヴィンスはギブアップしてしまいました。完全に声が枯れてしまったニールは、フェスティバルの観客に向かってこう言った後、曲の途中でステージを降りています。

    「やあ、みんな...ごめんよ。長い間、演奏していなかったんだ。声が出なくなってしまった......ああ......僕らは君たちを愛しているし、ああ......また次の機会に会いたいと思っているよ。ありがとう」

    ニールのバンドは、ニールがステージを去った後も、気まずい雰囲気で演奏を続けていました。

    以下はその映像
    (※動画は引用元サイトにてご確認ください。)


    モトリー・クルーは、パンデミックが彼らの計画に影響を与える前、デフ・レパード、ポイズンなどと一緒に2020年夏に大規模なスタジアム・ツアーを行う計画でした。そのスタジアム・ツアーはその後2022年に延期されましたが、このツアーに向けて懸念されていたのは、ニールの健康状態と音楽的能力の低下でした。2019年12月にそのことに関して、バンドの長年のマネージャーは、バンドの何人かのメンバーがツアーに向けて体調を戻すために栄養士やパーソナルトレーナーと協力していたことを明らかにしていました。

    セットリスト
    no title

    【【悲報】モトリー・クルーのヴィンス・ニール、久々のライヴを開催するが「声が出ない」と告げて途中で終了】の続きを読む

    このページのトップヘ