静岡

    IMG_1525

    1: 2019/08/09(金) 04:39:07.16 ID:41PRREx79
    「昇進の解放感」で露出。下半身を露出した県の職員を懲戒免職処分です。

    免職となったのは県西部健康福祉センターの42歳の男性主任で、今年3月、下半身を路上で露出し、通りかかった女性に見せたとして逮捕され、罰金30万円の略式命令を受けました。

    9年前にも同様の事件で逮捕され、復職し4月1日付けで昇進の内示が出ていましたが、「昇進の解放感が露出につながった」と話しているということです。

    2019年8月8日 木曜 午後7:30
    https://www.fnn.jp/posts/2019080800000004SUT/201908081930_SUT_SUT

    【【9年ぶり2度目】42歳県職員「昇進の開放感で…」路上で下半身露出→懲戒免職処分 】の続きを読む

    kenka_friends
    1: 2019/07/19(金) 03:35:50.21 ID:I73Hibwm9
    弟に馬乗りになって暴行し、死亡させたとして33歳の兄が逮捕・送検されました。

    逮捕・送検された浜松市南区の鍼灸師、齋藤二八九容疑者は17日未明、同居する弟の見先さんに馬乗りになるなど暴行を加え、死亡させた疑いが持たれています。

    斉藤容疑者は「弟が息をしていない」と、消防に通報していました。

    警察は兄弟間で何らかのトラブルがあったと見て詳しく調べています。

    テレビ静岡
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000008-sut-l22

    【【兄弟喧嘩で死亡】弟に馬乗りになって暴行、死亡させる 兄の齋藤二八九容疑者(33)を逮捕 】の続きを読む

    IMG_1087

    1: 2019/07/10(水) 15:28:38.87 ID:RFDFmv249
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190710-00000025-jnn-soci

    9日夜、医療機器メーカー、国内最大手・テルモの静岡県内にある工場で、
    作業中の従業員3人をアイスピックで突き刺したとして、この工場で働いていた男が逮捕されました。

    殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、住所不詳で自称・会社員の川俣浩容疑者(38)です。
    警察によりますと、川俣容疑者は9日午後10時40分ごろ、静岡県富士宮市にあるテルモ愛鷹工場で、
    作業中だった派遣社員の男女3人を後ろからアイスピックで相次いで突き刺した疑いが持たれています。
    3人は後頭部や首の後ろを刺されましたが、いずれも軽傷です。

    これまでの取り調べに対し、川俣容疑者は「殺意はなかった」などと容疑を一部否認しています。
    テルモによりますと、川俣容疑者は請負会社の社員で、これまでに3人との間でトラブルなどは
    確認されていないということです。

    【【大手医療機器メーカー】「テルモ」の工場内で作業中の派遣社員3人がアイスピックで刺される。工場で働いていた男を逮捕】の続きを読む

    1: 2019/05/12(日) 18:41:32.76 ID:vs21Bzh19
    Gaccom 安全ナビ 2019年05月12日 16:30
    https://www.gaccom.jp/safety/detail-355439

    「変なおじさんだよ」と言う男!(藤枝市立青島小学校 他)
    [件名]声かけ事案発生
    [日時]5/7(火)16:30頃
    [場所]藤枝市青葉町一丁目 道路上
    [学区]青島小学校
    [状況]歩いて下校途中、婦人用自転車に乗った男に「わぁ」と脅かされ「ぼくは変なおじさんだよ」等と声をかけられた。
    [遭遇者]中学生・女子数人
    [行為者]60代 160cm位 やせ型 縁なし眼鏡 黒っぽい野球帽 緑色長袖シャツ 黒っぽいズボン

    【【事案】女子中学生達を「わぁ」と脅し、「僕は変なおじさんだよ」等と婦人用自転車に乗った男が声掛け…】の続きを読む

    1: 2019/04/30(火) 00:19:34.83 ID:IP5ltuSn9
    「体力的に難しい」GW楽しいはずの登山が 鋸岳で親子が救助要請 静岡・裾野市

    29日午後、裾野市で登山をしていた親子2人が警察へ救助を要請しました。

    2人は下山ルートに困り、警察に来た道を戻るようすすめられましたが、「体力的に難しい」と救助を呼んだということです。

    救助されたのは千葉県に住む会社員の父親(40)と、中学生の息子(14)です。

    2人は午前6時頃、裾野市と富士市にまたがる標高1296メートルの鋸岳に向け富士市側の登山道から登り始めました。

    午後2時45分ごろ、標高約1200メートル付近で登山道が途中で崩落していることに気づき、別の道を探そうとしましたがルートに困り、父親が警察に通報しました。

    2人は警察から「登ってきたコースを通って下山するよう」すすめられましたが、父親は「体力的に難しい」と救助要請をしました。

    警察によりますと通報時、山は小雨だったということです。

    2人は救助に向かった警察の山岳遭難救助隊とともに無事下山中で、ケガもないということです。

    警察は「山の天気は変わりやすいので、温かい格好をして計画的に登山してほしい」と注意を呼びかけています。

    2019年04月29日(月)
    http://www.sut-tv.com/news/indiv/1129/
    no title

    【【入山禁止区域?】親子で楽しいはずの登山が…鋸岳(1296M)登山道が途中で崩落、引き返すのは「体力的に難しい」と救助要請 】の続きを読む

    このページのトップヘ