闇営業

    1: 2019/08/09(金) 20:50:22.10 ID:vMHsvKxL9
    吉本興業は9日、反社会的勢カの宴会に出席して金銭を受け取るなどした、いわゆる「闇営業」問題で、謹慎処分などになっている所属芸人11人について、8月19日をもって謹慎処分を解き、復帰することを正式に発表した。

    復帰することが発表されたのは、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、

    ストロベビー・ディエゴ(41)、パンチ浜崎(38)、スリムクラブ・(真栄田賢/43・内間政成/43)、2700(八十島宏行/35、常道裕史/36)。

    書面では「弊社所属のレイザーラモン・HG、ガリットチュウ・福島善成、くまだまさし、ザ・パンチ・パンチ浜崎、天津・木村卓寛、ムーディ勝山、スリムクラブ、ストロベビー・ディエゴ、2700の11名は
    6月24日付で謹慎処分としておりましたが、8月19日をもって謹慎処分を解き、順次、弊社運営の劇場にて仕事へ復帰することと致しました」と報告。

    「11名は謹慎処分以降、それぞれが今回の件を重大な問題として捉え猛省し、7月末からは、自らの意思により社会貢献活動を行ってまいりました」とし
    「11名は活動再開後も被害防止の為の啓蒙活動等の社会貢献活動を行っていく所存です」と伝えた。

    最後は「弊社としましては、こうした状況を勘案し、活動再開時期に関して関係各所と相談の上で上記判断を致しました」といい
    「関係各位、ファンのみなさまには多大なるご迷惑をおかけしましたことを改めてお詫びすると共に、二度とこのような事態が起こらないよう全社一丸となってコンプライアンス遵守の一層の強化、徹底を図ってまいります」と誓った。

    吉本は6月24日、反社会的勢力の宴会に出席したと『FRIDAY』で報じられた所属芸人の謹慎処分を発表。6月27日には、スリムクラプ・2700の反社会的勢カとの接触が判明。同日中に無期限謹憶処分としていた。
    吉本はきのう8日、一連の騒動を受けて設置した『経営アドバイザリー委員会』の第1回会合を行い、マネジメントやスケジュール管理、ギャラ交渉などをタレントが自ら行う「専属エージェント契約」を導入することを発表した。

    8/9(金) 20:31配信 オリコンスタイル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000378-oric-ent

    写真
    no title

    【【茶番でした】吉本興業、謹慎芸人11人の処分19日に解除 順次劇場にて仕事復帰 活動再開後も「社会貢献活動を」 】の続きを読む

    1: 2019/08/05(月) 21:20:34.18 ID:feCXZvYS9
     特殊詐欺グループの忘年会への闇営業問題で、吉本興業を契約解消となった「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が5日、自身のツイッターを更新し、
    「今日は岡山に行って来ました。帰り肩にお土産が付いていました。生きてらっしゃいました。クマゼミさんですかね」と右肩にセミを乗せている写真とともに
    つづった。

     宮迫のツイッター更新はロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに謝罪会見を行った7月20日以来16日ぶり。
    その後、さらに「これを撮られた後、写メを見せられてもちろんパニック」とさらにツイートしていた。

     宮迫は4日にはボランティアで神奈川県茅ケ崎市で振り込め詐欺防止を呼びかけるチラシ配りを行った。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00000188-spnannex-ent
    no title


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564996125/

    【【SNS解禁】宮迫博之「今日は岡山に行って来ました」謝罪会見後初のツイッター更新】の続きを読む

    1: 2019/08/04(日) 18:59:23.45 ID:PceYVApa9
    『FRIDAY』報道に端を発する「闇営業」問題は、8月を迎えても収束の兆しは見えず。吉本興業の“分裂”までもが囁かれる今、事態を招いた張本人は、
    何を思うのか。8月4日、吉本を契約解除された宮迫博之(49)の姿は神奈川県・茅ヶ崎にあった。

     ***

     宮迫、田村亮(47)を除いた11人の“謹慎芸人”たちが、繁華街の空き缶拾いに従事したのは先月末のこと。田村も、老人介護の勉強を始めたと、
    『女性自身』が伝えている。

     それぞれが贖罪の日々を過ごすなか、宮迫は茅ヶ崎に現れた。この日「茅ヶ崎市民文化会館」で行われた「Hawai'i 湘南フラフェスティバル」で、
    振り込め詐欺防止を促す啓発チラシを配るためだ。

    「え、あれ宮迫さんじゃない?」
    「写真撮ってもらおう」

     来場者はすぐに宮迫に気付き、こんな声があちこちから上がる。記念撮影にも気さくに応じ、かけられる温かい言葉に感極まったのか、宮迫は少し
    目を潤ませているようにも見えた。

     来場者の波が途切れたのを見計らい、宮迫を直撃すると―――

    「ごめんなさい、(来場者に)迷惑がかかるので」

     場所を移し、改めて話を聞くと、こう語りはじめた。

    「このイベントのお話は、友人が探してきてくれました。茅ヶ崎は振り込め詐欺の被害者の方が多いそうで、このイベントも、以前から啓発活動に
    取り組んできたそうです。そういう場所に、少しでも顔が知られている僕が出れば、お役に立てるのではと思って、出させてもらいました……」

     このほか、“明石家興業”入りが囁かれる自身の今後、そして相方・蛍原徹への思いについても語った。8月7日発売の週刊新潮で、詳しく報じる。

    週刊新潮WEB取材班

    2019年8月4日 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190804-00575644-shincho-ent
    来場者にチラシを配る
    no title

    アロハシャツの宮迫博之
    no title




    【【公の場に登場】宮迫博之がフラダンスイベントに登場 本人が語った”現在の心境”とは】の続きを読む

    IMG_1145
    1: 2019/07/29(月) 19:33:09.06 ID:aefnRmaN9
    [2019年7月29日19時4分]

    金塊強奪犯からの金銭受領疑惑報道について、金銭受け取りを完全否定した宮迫博之(49)が、法的措置も検討していることに、月亭方正(51)は29日、MBSテレビ「ミント!」(月~金曜、午後3時49分)に生出演し、身の潔白の証明には「裁判しかないでしょう」と見解を語った。

    方正は「問題がずっと続いてしまう」と指摘。宮迫の心境を思い「家族のために頑張らなあかんていうのがあるでしょ。今は正直、おおかみ少年みたいになってるとこあるから。法で明白にするってことが一番なんでしょう」と話した。

    宮迫は6月7日発売の「FRIDAY」で、田村亮らと、特殊詐欺グループの会合に出席したと報じられ、当初は金銭の授受を否定したいたが、後に報酬を受け取っていたことが判明した経緯がある。金塊強奪犯からの金銭授受は、一貫して否定しているが、一部でその疑惑が報じられていた。

    この流れをふまえ、方正は「法的措置をとっていったら、家族も周りも安心する。今、いくら泣いて訴えてもちょっと違うかな。第三者が入った方がいいんじゃないか」と、法的措置へ進むべきだと繰り返した。

    また、将来的に、宮迫は復帰するのかを問われると「戻ってきてほしいんですよ。ファミリーは会社と芸人じゃない。今回いろんな人が声をあげてくれましたよね。さんまさん、加藤、松本さん…。そのときに芸人の中でもファミリーやと」と復帰を願っていた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907290000757.html

    【【吉本興業騒動】月亭方正「宮迫はおおかみ少年みたいになってる」】の続きを読む

    1: 2019/07/29(月) 14:20:47.82 ID:ryyrJy1j9
    闇営業問題渦中の宮迫博之(49)が27日深夜、日刊スポーツの直撃取材に応じ、これ以上うそをついていることはないと強く訴えた。20日の会見以来、
    初の肉声。金塊強奪事件の主犯格らからの金銭受領疑惑に関する続報をうけ、吉本興業は26日、契約解消撤回を再検討する可能性を表明したばかり。
    しかし宮迫は金銭受け取りを改めて完全否定し、一部メディアなどに対し法的措置をとる検討を始めたことを初めて明かした。

      ◇    ◇    ◇

    台風6号が熱帯低気圧に変わった夜遅く、都内の路上で宮迫を直撃した。キャップをかぶった宮迫は立ち止まり、神妙な表情で対応した。

    -金塊強奪犯の報道をめぐりもう本当にうそをついていないのか

    宮迫 本当に、もううそをついていないです。本当に。

    宮迫をめぐっては、19日発売の写真週刊誌「FRIDAY」で、16年に福岡で起きた金塊強奪事件の主犯格とされる男らのグループと、飲食店で
    一緒に写った写真が掲載され、金銭を受領した疑惑も報じられた。宮迫は翌20日、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)と都内で会見し、
    「トイレから出てきたところを囲まれて撮った写真」とし、彼らとの交遊や金銭受領疑惑を完全否定した。

    しかし、26日発売の同誌は、主犯格とされる男と福岡拘置所で接見し「(宮迫と)一緒に乾杯してシャンパンを飲んだ記憶がある」などの証言を続報した。
    宮迫にこの件も聞いた。

    -男らと一緒にシャンパンを飲んだのか

    宮迫 飲んでないです。(20日の)会見で話したことが、すべて事実です。亮と2人で「うそ偽りなくしゃべろう」と、本当に人生をかけてやらせていただいた
    会見ですので。

    吉本は22日、岡本昭彦社長が会見し、19日に発表していた宮迫との契約解消を撤回すると表明。しかし、26日発売の「FRIDAY」の報道などをうけ、
    吉本は同日、同社とのヒアリング時に宮迫が話した「(金銭を)2000%受け取ってない」とのコメントを紹介しつつも、「どちらを信じていいのか、
    困惑しております」との文書を発表。さらに吉本は、金銭を受け取ったなどの一部報道が万が一事実なら「契約解消の撤回についても、再度検討せざるを
    得ない状況」とした。

    -吉本の「契約解消撤回を再度検討も」という発表をどう思ったのか

    宮迫 ニュースで知り、ただただ、ビックリしました。吉本には「(金銭受領していないことの)僕の証人になってくれる人の連絡先もあります」と
    伝えているんですが、電話番号も聞かれていません。吉本を責めるつもりはないですが、その証人にも話を聞くなど、先にそちらを確認してほしかったという
    思いはあります。 

    吉本の「再度検討も」の発表などをうけ、一部メディアから「宮迫はまだほかにも、うそをついている可能性がある」という趣旨の報道がなされた。
    その件を聞くと、語気を強めて否定。20日の会見では明言していなかった法的措置の検討を、弁護士と相談して始めたことを明かした。

    宮迫 最近、まるっきりないことを、「創作」のように報じているメディアもありました。僕には家族もいます。すでに弁護士さんと相談してまして、
    こういう報道に対しては法的な手続きをとる検討をしています。

    一連の闇営業問題は、6月7日発売の「FRIDAY」で宮迫や亮ら吉本芸人らが、特殊詐欺グループの会合に出席したと報じられたのが発端だった。
    当初、宮迫が「ギャラはもらっていない」とうそをついたことで、騒動が拡大した側面があると指摘される。このことを聞くと宮迫は改めて謝罪した。

    宮迫 もともとはボクが(当初うそをついたことが)きっかけなので、そこは本当に心から、申し訳ないと思っています。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201907280000794_m.html?mode=all
    日刊スポーツの直撃取材に現在の心境を語った宮迫博之
    no title


    【【吉本興業騒動】宮迫「本当に、もううそをついていないです。本当に。」渦中宮迫を単独直撃!一部メディアに法的措置検討 】の続きを読む

    このページのトップヘ