鉄道

    1: 2019/09/13(金) 18:21:53.94 ID:0wGfbhOJ9
    台風15号が2019年9月8日夜から9日朝にかけて関東地方を通過した影響で、首都圏の鉄道には大きな混乱が生じた。

    大幅なダイヤの乱れに通勤・通学客からは悲鳴が相次いでいたが、計画運休から運転を再開したJR南武線のとある列車に乗車していた客からは、また違った悲鳴があがった。

    車内から異臭がする、排泄している人がいる――そんな絶望的ともいえる報告が噴出したのだ。9日朝9時頃の投稿である。

    こうした報告や悲鳴は大きく拡散され、ツイッターには「南武線ヤバイ」「川崎駅で処理された」「デマなのでは」といった声がこだました。なかには、ただでさえ台風でダイヤが大幅に乱れていただけに、今回の騒動を「泣きっ面に糞」とのつぶやきも。

    はたして、南武線の脱糞騒ぎは事実だったのか。JタウンネットがJR東日本横浜支社に取材した。

    「踏んで滑った人」も
    9日朝9時3分。ツイッターに、

    「南武線で超満員のなか脱糞してるやつがいて最悪だわ」

    という一文が投稿された。これとほぼ同じタイミングで他のユーザーが、

    「しぬ)ーーーーーーー!ー!ーーーーーー!ーーー」
    「いま、なう、南武線、脱糞電車のってるーーー!)ー」
    「くさいーー)しぬーー」
    「誰やこんか大変なときにうんこしたん」(いずれも原文ママ)

    と連投。文章は崩れていて、焦燥感が伝わってくる。

    こうした立て続けのツイート後、同じユーザーは「踏んで滑った人かわいそすぎーー)!!!!」とも報告。満員電車の中で「脱糞」そして、「踏んで滑った人」...。これらの言葉だけで被害の甚だしさがうかがえる。

    また、一連の報告ツイートによれば、脱糞騒ぎがあったのは終点・川崎へと向かう電車だったらしい。

    こうした報告ツイートについて取材したところ、JR東日本横浜支社広報室から10日に回答があった。広報室が川崎駅に確認したところ、

    「確かに排泄物はありました。なので、排泄物の清掃を行いました」

    という報告を当該駅員から受け取ったという。

    しかし、その排泄物がいつ、どこからきたのかといった詳細は不明だと話す。駅側が記録を取っていなかったこともあり、具体的にどのような被害があったのかもわからないという。

    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/294357.html?p=all
    2019年9月10日 17:28

    no title

    no title


    【【超絶悲報】「最悪」「くさいしぬ」「泣きっ面に糞」... 台風当日のJR南武線でまさかの脱糞騒ぎ】の続きを読む

    1: 2019/09/08(日) 06:25:34.94 ID:Awlihq5O9
    大型トラックとの衝突・脱線事故から2日ぶりに、京急本線が7日午後、全線で運転を再開した。踏切内で車が立ち往生するトラブルは、各地でしばしば起きている。今回の現場でも、立ち往生を想定した安全システムは整備されていた。それなのになぜ、ぶつかるまで列車は止まれなかったのか。

     5日昼前、横浜市神奈川区の神奈川新町駅に隣り合う踏切で、事故は起きた。

     京急の説明によると、トラックは警報機が鳴り始める前に踏切内に入り、立ち往生していた。現場の踏切には人や車などの障害物を検知する装置がある。

     装置は、警報機が鳴り出した時…残り:1232文字/全文:1475文字

    no title


    2019年9月7日19時05分  朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM967WK4M96UTIL064.html

    【【京急事故はなぜ起きた?】異常時に踏切前で止まれる設計も】の続きを読む

    1: 2019/09/07(土) 21:42:46.56 ID:mFynWrf79
    神奈川県横浜市で、5日、京急電鉄の列車とトラックが衝突し、一人が死亡し、35人がケガをした事故。一部区間の運休が続いていたが、運転再開は7日昼頃になるという。

    7日午前0時43分頃には、線路に最後まで残っていた先頭車両が台車に載せられ撤去された。現在は、破損した線路の枕木や架線などの復旧作業が続いていて、京急電鉄は、7日昼頃からの運転再開を目指すとしている。

    一方、捜査関係者への取材で、トラックが踏切の手前で立ち往生した際、京急の運転士2人がたまたま通りかかり、トラックの運転手に「誘導してほしい」と頼まれ、右折して踏切に入る際の誘導もしていたことが分かった。

    トラックが踏切に進入後、遮断機が下がったため、運転士は非常ボタンを押したが、トラックと列車は衝突した。

    また、トラックは通常の走行ルートとは異なり、もと来た方向に引き返すような形で、線路沿いの細い路地に入り、事故現場に向かったことも分かった。

    ソース/YAHOO!ニュース(NNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190907-00000098-nnn-soci



    【【防げる事故だった?】”京急踏切事故”「(トラックドライバーに)頼まれて」京急運転士2人がトラックの踏切内への誘導も行っていたと判明】の続きを読む

    1: 2019/09/06(金) 06:59:52.46 ID:Qnzp16c79
    京急 あす始発の再開目指す 車両撤去に時間かかり
    NHK 2019年9月6日 4時49分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190906/k10012066051000.html

    no title


    5日、横浜市の京急線の踏切で電車が大型トラックと衝突して脱線した事故で、脱線した列車の撤去に向けた作業は夜通し行われました。京急によりますと、脱線していなかった4両目から8両目は午前4時半までに車庫に戻されたということです。

    脱線した1両目から3両目についてはクレーンでつり上げるなどしていったんレールに戻し、撤去することにしていますが、傾いている1両目を転倒させないための安全対策や、トラックの撤去作業などに時間がかかっているということです。

    このため、運転再開は当初6日夕方のラッシュ時までを目指すとしていましたが、7日始発からを目指すことになりました。


    ---------------------


    京急線運行情報【公式】
    @keikyu_official
    4:44 【運行情報】神奈川新町駅?仲木戸駅間で発生した踏切事故の影響で京急川崎駅?横浜駅間の上下線の運転を見合わせています。

    次の路線にて振替輸送実施中です。
    JR線、東急線、相鉄線、横浜市営地下鉄... #京急 #keikyu http://unkou.keikyu.co.jp/index.html
    午前4:44 ・ 2019年9月6日・京急運行情報
    https://twitter.com/keikyu_official/status/1169697714352689152
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【9月7日の始発に再開か】京急脱線事故で車両撤去に時間かかり通勤ラッシュに影響】の続きを読む

    1: 2019/08/17(土) 07:55:21.96 ID:fJNpLfn/9
    https://news.livedoor.com/article/detail/16928002/

    JR運転士が走行中に居眠り…乗客が撮影

    2019年8月14日 19時28分 写真:日テレNEWS24

    電車の走行中に居眠りをした運転士を乗客が撮影していた。JR東日本千葉支社は居眠りをした事を認めた上で謝罪した。

    千葉県内を走行する電車の運転席を映した映像。運転士が左手でレバーを握り、電車を走らせている。しかしよく見ると、頭がフラフラと力なく揺れているのが分かる。さらに、数秒もの間、目をつぶった運転士。そして、小さく顔を上げた瞬間、レバーを手前に引いた。動画の撮影者は、運転士の様子について――

    動画の撮影者「うつらうつらしてて、ちょっとたまに長めに下向いて寝てる感じ。それが繰り返されてました。見たら寝そうだなと『あっ寝てるな』とすごく分かりやすくて」

    運転士は居眠り運転をしていたと話す。撮影者によると、先月25日の午後、JR外房線の蘇我駅から永田駅へ向かう車内で撮影。当時、車内には全ての席が埋まるほどの乗客がいたという。

    動画の撮影者「たくさんの人を毎日人を乗せているものなので、事故とか起きたら大変だし、怖いなと思いました」

    運転士は居眠り運転をしていたのか。外房線を管轄するJR東日本千葉支社が調査したところ、運転士は「うとうとしてしまった」と居眠りを認めたという。JR東日本千葉支社は「お客様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしました事を深くおわびいたします」と謝罪している。

    no title



    【【電車】JR運転士が走行中に居眠り…乗客が撮影 】の続きを読む

    このページのトップヘ