警察

    1: 2019/12/10(火) 16:43:18.44 ID:LuhTrlCB9
    今年4月、神奈川県海老名市の交番で酒に酔って暴れた男性が数人の警察官に取り押さえられた後、死亡した。神奈川県警は10日、警察官2人を業務上過失致死の疑いで書類送検した。

    県警によると今年4月、海老名市の「さがみ野駅前」交番で、酒に酔ったブラジル国籍の男性が暴れだし、警察官の顔を殴るなどしたため、警察官数人が床に押さえつけたが、男性はその後、容体が急変して死亡した。窒息死だった。

    その後の捜査で、22歳の巡査が男性の胸を押さえたことが死亡につながった疑いがあるほか、容体急変後に41歳の巡査部長が適切な対応を怠っていたことが分かり、10日、2人を業務上過失致死の疑いで書類送検したという。

    県警は「亡くなられた方のご冥福をお祈りします」とコメントしている。

    2019年12月10日 15:38 日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2019/12/10/07559423.html
    no title

    【【事故?】神奈川県警「ご冥福をお祈りします」交番で暴れたブラジル人男性が死亡、死因は窒息死 警官2人を書類送検 】の続きを読む

    1: 2019/12/10(火) 22:18:11.24 ID:yz7f9+Gp9
     10日午後、広島市の国道で、警察の白バイが車に追突する事故がありました。

     事故があったのは、広島市西区三篠町の国道183号です。

     警察によりますと、午後0時40分ごろ県警・交通機動隊の白バイが、前を走っていた乗用車に追突しました。車の運転手と白バイの隊員にけがはありませんでした。

     隊員は、取り締まり中で、「違反しそうになっている車に気を取られ、減速している前の車に気付くのが遅れた」と話しているということです。

     県警・交通機動隊の松原啓文副隊長は、「安全運転を徹底し、このようなことが起こらないように再発防止を徹底する」とコメントしています

    12/10(火) 19:03配信  中国放送
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00410100-rccv-l34

    【【事故】取り締まり中の白バイが車に追突「違反しそうになっている車に気を取られ」】の続きを読む

    police_tejou
    1: 2019/11/01(金) 00:18:07.47 ID:Jnmaekhe9
    キャッシュカードの保全措置をすると偽って高齢者からカード2枚を盗んだとして、神奈川県警は31日、県警第1交通機動隊巡査、蕪木(かぶらき)紀哉容疑者(24)=横浜市南区=を窃盗の疑いで逮捕した。

    特殊詐欺事件の「受け子」の役割を果たしていたとみられ、背後関係を調べる。容疑を認めているという。

    逮捕容疑は10月7日午後、同県横須賀市の80代男性の家を訪れ、男性からキャッシュカード2枚を盗んだとしている。

    男性の家には警察官を名乗る男の声で「振り込め詐欺の犯人を捕まえた。

    あなたの口座から金を引き出したと言っている。カードの保全措置を行うので、これから警察官を行かせる」とうその電話があったという。

    電話の最中に蕪木容疑者が来て、男性に封筒へカードを入れるよう指示。

    男性が目を離したすきに、あらかじめ用意していたプラスチックカード入りの封筒とすり替えたとみられる。

    県警監察官室によると、男性のカードを使って少なくとも50万円を引き出していた疑いもある。

    蕪木容疑者は2013年から県警で勤務。事件当日は休みだった。

    監察官室は「警察官として言語道断で誠に遺憾。深くおわびする」としている。

    (全文)
    https://mainichi.jp/articles/20191031/k00/00m/040/510000c

    【【事件】神奈川県警交通機動隊巡査が特殊詐欺の「受け子」を行なう⇒窃盗疑いで逮捕 】の続きを読む

    IMG_1169

    1: 2019/07/17(水) 12:35:21.69 ID:t9Zo4wW39
    ▼ 警察学校教官が巡査刺す、岡山 訓練中、誤ってナイフで

    岡山県警察学校の教官の男性警部補が昨年12月、県警に昨春入り当時巡査だった男性の胸を訓練中にサバイバルナイフで誤って刺したとして、業務上過失傷害罪で罰金50万円の略式命令を受けていたことが17日、県警への取材で分かった。
    既に罰金は納付済みで、今年2月に所属長訓戒処分を受けた。男性は1月に依願退職した。

    県警によると、訓練は模造の日本刀を持った犯人に対応するもの。
    犯人役の警部補は、説得に応じて模造刀を捨てたが、その後に所持していたサバイバルナイフで胸を誤って2回刺した。
    1カ所は肺に達しており、男性は数日間入院した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16785009/

    ▼ 岡山県警察学校教官が初任科生刺す 犯人対峙の訓練中、簡裁が罰金命令

    岡山県警察学校(岡山市北区玉柏)で昨年12月、刃物を持った犯人と対峙(たいじ)する実践訓練の際、犯人役をしていた教官の男性警部補が、昨春県警入りした初任科生の男性の胸を本物のサバイバルナイフで誤って刺してけがをさせたとして、業務上過失傷害罪で岡山簡裁から罰金50万円の略式命令を受けていたことが16日、関係者への取材で分かった。
    罰金刑は既に確定。警部補は現在も県警に在籍し、初任科生は退職している。

    関係者によると、訓練では模造の日本刀を持った警部補を初任科生が説得に当たった。
    警部補は説得に応じる形で模造刀を捨てたが、その後に所持していたサバイバルナイフを持ち出した。

    初任科生は岡山市内の病院に救急搬送され、数日間入院した。
    警部補は「けがをさせるつもりはなかった」との趣旨の説明をしたという。

    初任科生はその後、岡山西署に被害届を提出。岡山区検が3月に警部補を略式起訴し、岡山簡裁が4月に略式命令を出した。
    警部補は今春の定期異動で県警本部内の部署に移っている。

    県警はこの事実を公表していない。
    県警監察課は「当事者については厳正に対処しているが、発表の対象となる事案ではないと判断した」としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00010000-sanyo-soci

    【【事故?】警察学校教官、訓練中に本物のナイフで初任科生を2回さす 被害者→依願退職 教官→現在も在籍中】の続きを読む

    vegetable_corn
    1: 2019/07/11(木) 18:09:15.76 ID:zzhe0ZvV9
    トウモロコシ盗警視を書類送検 奈良県警鑑識課長、依願退職

     奈良県警は11日、酒に酔って畑のトウモロコシ1本を盗んだとして、
    窃盗容疑で鑑識課長を務める50代の男性警視を書類送検し、
    戒告の懲戒処分にした。警視は同日依願退職した。

     県警監察課によると、6月21日の勤務後、同県橿原市の飲食店で
    酒を飲み市内の自宅へ帰宅。その後外出し、自身の畑を見に行く途中の
    午後9時20分ごろ、近くの畑に生えていたトウモロコシ1本を盗んだ疑い。
    「トウモロコシの実が大きくなっていて盗んでしまった」と話している。

     県警の丸山正吾首席監察官は「幹部による県民の信頼を損なう行為で
    誠に遺憾」とコメントした。


    一般社団法人共同通信社(2019/7/11 17:49)
    https://this.kiji.is/521971919173993569?c=39546741839462401



    【【書類送検⇒依願退職】奈良県警鑑識課長「大きくなっていて盗んでしまった」トウモロコシを1本盗んで懲戒処分され、同日中に依願退職】の続きを読む

    このページのトップヘ