裁判

    saiban_syougendai_simple
    1: 2019/10/04(金) 20:16:50.07 ID:ZYgXKVNo9
    虐待死した船戸結愛ちゃんの父親の裁判。

    10月4日の被告人質問で父親は「私が親になろうとしてごめんなさい。」と涙ながらに後悔を語り、結愛ちゃんが残したメモについても胸の内を明かした。

    弁護側:
    船戸さんの理想の家族はどんな家族でしたか?

    雄大被告:
    明るく笑顔が多い家族です

    弁護側:
    子供の理想はどのようなものでしたか?

    雄大被告:
    友達が多くて明るく、女の子なので、かわいい子でした

    船戸結愛ちゃんの虐待死をめぐる裁判の被告人質問で、家族の理想像を語った父親の雄大被告。結婚当初に抱いていた不安についても明かした。

    弁護側:
    プレッシャーはありましたか?

    雄大被告:
    ものすごく大きかったです。いろいろな面から親としての責任を感じていました。将来、結愛が大丈夫かという不安です。自分も父親代わりになれるか不安でした。
    大きな不安があって、結婚前から周りから“血がつながっていないことが悪い”と思われるんじゃないかという不安が強かったです

    結愛ちゃんにとって両親がそろっていた方がいいとし、優里被告との結婚を考えたという雄大被告。暮らし始めた当初は、勉強や食事など父親として、
    結愛ちゃんへのしつけにも力を注いでいたといいう。

    しつけの一環として最初は「鬼に食べられる」、「お化けが出る」などと言葉をかけていたものの、しつけがうまくいかない苛立ちから手を上げるようになったと話した。

    そして結愛ちゃんが死亡する直前の2019年2月下旬の暴行について、雄大被告は「勉強を1人でやらせていて、子供部屋を見に行ったら布団を広げて寝ていました。
    『なぜ寝ているんだと』厳しい口調で言った。最終的には殴っていくことになりました。両手を使って結愛の顔のどこかを複数回手加減したとも言えない力で
    殴りました」と語った。

    そして、衰弱の末、結愛ちゃんの意識が薄れつつある中での最後のやり取りについて語った。

    雄大被告:
    意識を確認するために大きな声で話しました。「グーパーできるか」と大きな声で聞いたところ、ゆっくりですが一度目は聞き取って、ゆっくりグーパーしていました

    裁判官:
    結果的に病院に連れて行かなかったのはなぜですか?

    雄大被告:
    保身という自分個人に対する意味です

    裁判官:
    保身とは?

    雄大被告:
    事件が発覚して、私が虐待した事実にもとづき逮捕され、家族がバラバラになってしまうことです

    法廷では、雄大被告が泣き崩れる場面も…それは、結愛ちゃんに対する気持ちを問われたときのこと。

    雄大被告:
    私が親になろうとしてごめんなさい…そういう気持ちです

    そして、女性検察官から、結愛ちゃんがつづったあの許しをこうメモについて問われると…

    検察側:
    結愛ちゃんが書いたメモを読んでいますよね?どう思いましたか?

    雄大被告:
    あの子の悲しみとか心の痛みがあれじゃ語り尽くせないというか、私の意向で書かせたことが申し訳ないです

    検察側:
    どのくだりに悲しみを感じましたか?

    雄大被告:
    無理やり書かされて、私の機嫌を取るためだけ。そこが一番申し訳ない。情けないです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00010011-fnnprimev-soci

    【【結愛ちゃん虐待死】船戸雄大被告「私が親になろうとしてごめんなさい」涙ながらに語った後悔とは】の続きを読む

    saiban_syougendai_simple
    1: 2019/10/03(木) 21:10:20.48 ID:Hf85UaPV9
     東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親雄大被告(34)の
    裁判員裁判が3日、東京地裁であった。出廷した元妻優里被告(27)=一審判決で懲役8年、控訴=は「おなかをサッカーボールのように思い切り蹴ったり、
    勉強している時に頭を厚紙でたたいたりしているのを見た」と雄大被告の虐待の様子を証言した。

     証言によると、雄大被告は2016年4月に結婚した当初、結愛ちゃんとの関係は良好だったが、次第にしつけに厳しくなり、長いときは1時間にわたって
    説教するようになった。

    共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000151-kyodonews-soci

    【【目黒虐待死】母親・優里被告「ボールのように蹴るの見た」と証言 】の続きを読む

    auction_hammer
    1: 2019/09/09(月) 15:38:58.20 ID:W442XNMN9
    https://twitter.com/jijicom/status/1170948996484853761

    【速報】
    東京都目黒区の船戸結愛ちゃん虐待死事件で、検察側は母親に懲役11年を求刑した
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【目黒虐待死】結愛ちゃんの母親・優里被告に懲役11年を求刑 】の続きを読む

    1: 2019/08/19(月) 21:26:20.20 ID:LWyYP/tq9
    「高松地裁に出廷した被告はショートカットの黒髪、ほとんどスッピンなのに美人。普通にしていれば、いい男がいくらでも寄ってくるだろうし、幸せになれるのにと思った」

     と証言するのは、大手新聞の地方記者だ。

    大人になったら結婚する
     今年1月、香川県警高松西署は、同県高松市に住むパート従業員・長尾里佳被告(23)を、福岡県から呼び寄せた小学6年の男児(当時12)と自宅で強制性交した疑いで逮捕した。

     被告は当時、5歳の長女と3歳の長男を持つシングルマザー。長女は被告が高校生のときに3歳年下の男性との間にできた子どもで、高校を中退して親元を離れ、県営住宅で暮らしていた。

     被告の裁判は3月から始まり、冒頭は6月5日の第3回公判で被告人尋問があったときの心象である。

    しかし、犯行はとんでもない内容だった。

    「昨年、スマホのサバイバルゲーム『荒野行動』で知り合った2人ですが、まず被告が男児の住む福岡を訪ねて、すぐホテルに行ったのです。昨年末から今年の正月にかけては、今度は被告が旅費を出して、男児を高松に呼んだ。そして、わずか2週間後の1月下旬にも同じようにして呼び寄せ、犯行が発覚したわけです。男児には“大人になったら結婚するから”などと言っていたようです」(同記者)

     ほかに同男児にキスを強要し、それを写真に撮るなどした児童福祉法違反容疑と、児童ポルノ法違反容疑(製造)でも追起訴されている。

     2度にわたって家を出た男児の親から捜索願は出ていなかった。親は心配していなかったのか─。

    「当然、母親は心配するメールを男児に送っていましたが、被告が“こうやって送ったらいいよ”と巧妙に指示していたことがわかりました。被告も子を持つ母親ですから、母親を安心させるツボはわかっているんです」(同)

     さて、被告は根っからのショタコン(少年性愛)だったのだろうか?

    「裁判で被告は“男運が悪く、DVや浮気を何度もされてきた。アザができ、大ケガをしたこともある。自分を大事にしてくれる人はいなかった。12歳の男児は誰よりも大事にしてくれたので大人に見えた”などと犯行理由を述べていました」(同)

     しかし、被告の同級生は「狙ったのは12歳の男児だけではないはず」と話す。

    「事件の少し前は荒野行動で知り合った中学生とも付き合っていたようです」 と、この同級生。

     被告は犯行当時、子どもの保育園への送り迎えは実家の両親に任せ、子どもたちを外へ遊びに行かせることもなかった。しかし現在、被告は実家に戻って子どもたちと遊んだり、食事を作ったり、風呂に入れたりして、母親らしく過ごしているという。

    「男児の親とは示談が成立していて、もう会わないと約束しています。ところが、男児は精神的に参っていて“会いたい”とゴネているようです。

     被告は初犯なので、おそらく執行猶予付きの有罪判決になると思われますが、裁判が終わったら、関西の専門医療施設に入る見込みです。薬物投与とカウンセリングでショタコン治療を行う方向です」(前出の記者)

    全文
    https://www.jprime.jp/articles/-/15792
    no title

    no title


    【【闇深】”画像あり”『荒野行動』で出会った小学生男児と強制性交、逮捕されたシンママ (23)“ショタコン治療” へ】の続きを読む

    1: 2019/07/25(木) 20:55:17.81 ID:G1Pt43W99
    NHKがビジネスホテル大手「東横イン」とグループ会社に未払い分の受信料の支払いを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は25日までに同社側の上告を退ける決定をした。同社側に計約19億円3千万円の支払いを命じた二審・東京高裁判決が確定した。24日付。

    一、二審判決などによると、NHKは東横イン側のホテル約230カ所について、受信料が未払いの計約3万4千台を対象に受信料の支払いを求めていた。

    日本経済新聞 2019年7月25日 17:22
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47782280V20C19A7CR8000/

    【【判決】”NHK受信料”東横インへの19億3000万円支払い命令、最高裁で確定】の続きを読む

    このページのトップヘ