芸能

    1: 2021/04/07(水) 22:53:43.27 ID:CAP_USER9
    https://realsound.jp/2021/04/post-737299.html

    4月6日の『マツコの知らない世界』(TBS系)で、“ヴィジュアル系バンドの世界”が放送された。番組にはヴィジュアル系ライターの藤谷千明が出演し、“非日常”をキーワードに様々なバンドの魅力を紹介。90年代のレジェンドやSNS世代を担うバンドの姿がお茶の間を賑わせると、Twitter上では「ヴィジュアル系」「バンギャ」の他、「LUNA SEA」「MALICE MIZER」「PENICILLIN」「DIR EN GREY」「アリス九號.」など、様々な世代のバンドの名前がトレンド入りした。シーンを愛する人たちがその魅力を再確認したことはもちろん、ヴィジュアル系という言葉を忘れかけていた世間にも、その熱が届いたのではないだろうか。

    番組冒頭で藤谷が、今回どうしても伝えたいこととして掲げたのは、「等身大の時代はもう飽きた 非日常をもっと体験してほしい!」というメッセージ。これについてマツコ・デラックスは、「日本のエンターテインメントはどうしてこんなにも地味になってしまったんだろう。日常と全く違う何かに憧れて、その人たちに何か思いを託したいわけじゃん。でもあまりにも等身大の人が多くない? その時に思った。ヴィジュアル系ってすごかったよな」と返す。そう、エンタメをより魅力的にする“非日常”を過剰すぎるほどに備えているのが、ヴィジュアル系なのだ。

    ヴィジュアル系全盛期と呼ばれた1999年。日本はバブル崩壊の影響により不況が深刻化し、雇用が悪化。人々が不安の真っただ中にいた時代に、非日常を感じさせるヴィジュアル系が求められていたのだから、再びヴィジュアル系が盛り上がるチャンスは、まさに今なのではないか、という前置きのあと、まずは90年代を盛り上げた伝説のバンドたちが紹介される。

    ヴィジュアル系を語るに欠かせないX JAPAN、これまでにないストリートファッションでシーンの枠を広げた黒夢、後にヴィジュアル系の文化として根付く女形の先駆けとなったSHAZNA、耽美な衣装と演劇要素を取り入れたパフォーマンスで独自の世界観を追求するMALICE MIZERなど、まさにレジェンドたちのライブ映像やPVを見ながら、ヴィジュアル系の歴史を振り返る。中でも、ゴールデンボンバーに影響を与えたというMALICE MIZERが楽器を持たずに舞い踊るライブ映像を見たマツコ・デラックスは、「ヴィジュアル系って、無限ね」とポツリ。確かに、これまでの常識にとらわれずかっこよさや美しさを追求するというヴィジュアル系の精神こそが、当時沈みがちだった人々の心を照らす光となったのかもしれない。

    今もなお記憶に刻み込まれている、GLAYの20万人動員ライブや、LUNA SEAの倒壊したセットを背に演奏したライブなど、1999年の伝説的なエピソードの紹介では、当時の勢いやカリスマ性を再確認させられた。さらに、“人の痛み”をコンセプトに表現を追求するDIR EN GREYのライブ映像が流れ、鬼気迫るパフォーマンスと、彼らに感情をぶつけるオーディエンスという、まさに非日常的な光景が映し出されると、藤谷は「日常を戦うために非日常を愛している感じがしてすごくいい」とコメント。ライブでしか味わえない特別な感情を端的に表したこの言葉について、放送終了後のSNSでは、ヴィジュアル系ファンのみならず様々な界隈の趣味を持つ人々から共感の声が寄せられた。
    中略

    最近のバンドの特徴からもわかるように、ヴィジュアル系は約30年の歴史の中で、時代の流れやファンのニーズにより、大きな変化を遂げてきた。今回の番組では語られなかった2000年代や2010年代にも、シーンに大きな影響を与えるバンドがたくさん生まれていたし、ヴィジュアル系の中のさらにニッチな界隈にも面白いバンドがたくさんいた。同じヴィジュアル系のファンでも、通ってきたバンドや世代によって、このシーンに対する印象や解釈が異なることも大いにあるだろう。「あのバンドのエピソードを聞きたい」「このバンドの楽曲や功績を語りたい」。番組を観た後にそう思った人が多くいればいるほど、やはりヴィジュアル系は語りがいのある面白い文化なのだと言える。この番組をきっかけに各々が“自分から見たヴィジュアル系”について語り、「やっぱりヴィジュアル系ってかっこいいよね、楽しいよね」と言い合うことが、このシーンを再び熱くさせるための第一歩なのかもしれない。

    no title

    【【話題】『マツコの知らない世界』ヴィジュアル系特集に反響 LUNA SEAからMALICE MIZER、アリス九號.まで……非日常を追求する尊さ】の続きを読む

    1: 2021/03/29(月) 23:10:41.71 ID:CAP_USER9
    http://news.yahoo.co.jp/articles/febeed8882405b73ae3095d1d2c22c3c7294693c


    フュージョンバンド「PRISM」のギタリスト・和田アキラさんが28日、敗血症による多臓器不全のため死去した。
    64歳。東京都出身。かねて病気療養中だった。
    バンドの公式サイトで発表された。

    18歳の時、日本初のフュージョンバンド「PRISM」を結成。一躍脚光を浴びる。
    PRISM、ソロ活動の傍ら、井上陽水、森高千里らのアルバムやツアーに参加した。

    発表は以下の通り。

    PRISMを応援していただき、ありがとうございます。

    皆様へお知らせです

    かねてより病気療養中でした和田アキラは2021年3月28日に敗血症による多臓器不全により永眠しました。

    葬儀は遺族と近親者のみで執り行いました。

    お別れ会は、感染症の状況が落ち着きましたら行います。詳細は改めてお知らせ致します。

    生前たくさん方々のご厚情に深く感謝し、謹んでお知らせ申し上げます。

    和田アキラのご冥福をお祈り申し上げます。

    PRISMメンバー一同

    【【訃報】フュージョンバンド「PRISM」ギタリストの和田アキラさん死去 64歳】の続きを読む

    1: 2021/03/23(火) 00:38:25.82 ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d73a2c06cdc202a1f31a7dfa37f1410853385299

    お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(50)と「千原兄弟」の千原ジュニア(46)の2年ぶりの再会がユーチューブ上で実現した。

     宮迫とジュニアは21日にそれぞれのチャンネルで動画をアップ。

     2人がケンカした思い出について、ジュニアは「(うわさは聞いていたけど、お酒の席では)みんなが言ってる以上に宮迫さんは自慢している。それを周りのみんなは聞いている。オレはそういうタイプでもないし『長いなー』『もう2時間超えてるで、宮迫博之伝説』と。マジで4時間いった。これは不健康やでと」と経緯を明かす。

     フラストレーションがたまったジュニアはそこで「面白いことで勝負しましょうよ」と宮迫に、お笑い対決を吹っ掛けたのだという。

     だが、その時の宮迫の要領を得ない対応にジュニアは「これはえらいことになってるな」とますます怒りを覚えたそうだ。

     一方、宮迫にも言い分があるようで「楽しく飲んでるときに(ジュニアのようにストイックな)大喜利軍団に来られても」と言い返すと「自慢された」の部分に関しても「ジュニアのように笑いに昇華してくれるならいいけど(笑い話にしてくれない後輩には)結構怒ったことある」と返した。


     2年ぶりと言いながらも、会えば、丁々発止のお笑いトークを展開。

     宮迫はテレビ復帰について「テレビに戻りたいという感覚ではないのよ。相方と何か、イベントか何かできたらいいなと」と本音も漏らす。

     ジュニアは「一つだけ言いたいことがある」と真っすぐ宮迫を見つめ「あの時、一緒に闇営業に行ったやつをユーチューブに呼んでほしい。俺なんかより、くまだまさしを呼んでやってほしい。HG、スリムクラブを呼んでほしい。向こうが断るかもしれないけど」と訴える。

     宮迫も神妙な表情で「そうやね」と言葉を発した。

     宮迫は「ジュニアは俺がユーチューブやってること、どう思ってる?」と言うと、ジュニアは「向いていると思います」。
     
     さらに宮迫は「俺と絡んでて(吉本に)何か言われない?」と聞くと、ジュニアは「何も言われないですよ」と答えた。


    【【YouTube】宮迫博之、テレビ復帰について「テレビに戻りたいという感覚ではないのよ。相方と何かイベントか何かできたらいいなと」】の続きを読む

    1: 2021/03/23(火) 23:27:38.60 ID:CAP_USER9
    タレントの矢口真里さんが3月23日、YouTubeでメイク動画を公開。ブログでは「38歳のガチすっぴん公開!」と謳(うた)っており、ノーメイク状態から5分で仕上げる内容となっています。

    【画像】すっぴんの矢口さん(他1枚)

     冒頭から早速すっぴんを披露した矢口さん。カラコンも入れていないらしく、完全に素の状態をさらしたことで「これ結構恥ずかしいんですけど」と照れながらも、普段のメイクを披露していきます。

     動画は、共同でチャンネルを運営しているグラビアアイドルでタレントの手島優さんとともに進行。普段からメイクにあまり時間をかけないという矢口さんは「たぶんね、5分でいけると思います」と豪語。メイク道具についてコンシーラー、パウダー、ファンデーション、アイシャドウ……と紹介していくと、手島さんからは「すくな……」と思わずつぶやきがもれるシーンも。

     まつエクをしていることや昔からのこだわりだという目頭のハイライトについて紹介しつつ、時間ぴったりで完成させた矢口さん。以前はマスカラに時間を取られていたようですが、現在はそれも解消し「まつエクとカラコンは無敵ですね」と利用を勧めていました。

     動画のコメント欄には、「よく目が激変する方が多いけど、すっぴんでもかわいい」「え? これマジですっぴん?」「やぐ姐スッピンでも肌が綺麗すごいなぁ~」など、すっぴんの状態にも称賛の声が。また、「昔からファンだったので、嬉しかったです! 身近に感じます!」「目頭に白いメイクするのはミニモニ時代からですね」など、モー娘。時代からのファンのコメントも見られました。

    3/23(火) 22:58配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a30b5e962ce3757ece777ede2df76fba661197df
    no title

    【【画像】矢口真里、38歳の“ガチすっぴん”を披露 カラコンも外した素の姿に「これ結構恥ずかしい」】の続きを読む

    1: 2021/03/21(日) 23:20:38.19 ID:CAP_USER9
    指原莉乃に「誰?」「別人」
    最新動画が“田中みな実”化してる問題!!


    タレントの指原莉乃(28)が15日、女性ファッション誌『ar(アール)』(主婦と生活社)の公式インスタグラムに登場。華やかなメイクアップ姿を披露している。

    この日の投稿では、同日に発売された指原プロデュースのコスメ本『指原莉乃のさっしー美容』(主婦と生活社)を紹介し、
    「早速Amazonランキング1位ありがとうございます」と良好な売れ行きをPRした同公式。

    あわせて、指原本人の「私のコスメムック本が完成しました!発売します。やった~!これはピースじゃなくて、“開発に2年かかった”のピースで~す」という短いコメント動画がアップされたのだが、流行のシースルーバングや同誌ならではの“色素薄い系メイク”の効果もあってか、普段とは顔の印象が少々異なって見える。


    この動画は16日の朝10時時点ですでに5.2万回再生されており、世間の高い“指原人気”がうかがえるが、
    コメント欄を見てみると「さっしーかわい!」「めっちゃ楽しみ」という好意的なメッセージに交じって、「誰?」「また顔いじった?目が違う気が」「こんな顔やった??別人みたい」と違和感を訴える声も上がっている。



    ■顔面がどんどん“田中みな実化”する指原莉乃

    「3月13日に公式YouTubeチャンネル『さしはらちゃんねる』にアップされたメイク動画ですっぴんをさらしていますが、こちらは我々がイメージする彼女本来の顔に近いというか、HKT48時代とあまり変わっていないように見えます。見るたびに受ける印象が異なるのが不思議ですが、コスメ本を出すぐらいですから、技術や自己プロデュース力が相当高いんでしょう。
    指原は親交のあるフリーアナウンサーの田中みな実(34)に強い憧れを抱いていて、自身のインスタグラムで“田中みな実なれたらなんもいらん”と思いの丈をつづったこともある。田中自身も熱烈なコスメフリークとして女性から支持されていますし、タレント兼美容家といった芸能界における絶妙なポジションにも、憧れがあるのかもしれません。そのせいか、指原の顔や雰囲気がどんどん田中に寄っていっている気がしますね(笑)」(女性誌記者)


    貪欲に“美”を求め続ける指原。彼女の進化はこれからも続く!?


    https://taishu.jp/articles/-/93063?page=1
    no title

    【【画像】指原莉乃の最新動画に「誰?」「また顔いじった?」「目が違う気が」「別人」 最新動画が“田中みな実”化してる問題!!】の続きを読む

    このページのトップヘ