芸能

    image
    1: 2020/09/25(金) 23:22:05.83 ID:CAP_USER9
     ロックバンド・BUMP OF CHICKENのベース・直井由文(40)が不倫報道を受け活動を休止することが25日、バンドの公式サイトで発表された。当面は藤原基央(Vo./Gt.)、 増川弘明(Gt.)、升秀夫(Dr.)3人で活動していくとしている。

     サイトでは藤原、 増川、升3人からのメッセージとしてコメントを発表。「これまで支えてくださったリスナーの皆様と関係各所の皆様」とし、「この度、我々BUMP OF CHICKENのベーシスト直井由文にまつわる報道につきまして、多大なるご心配、ご迷惑をおかけし、お騒がせしてしまった皆様に対して、大変申し訳なく思います」と謝罪した。

     続けて「直井本人は現在、遅まきながら自分のしてしまった事と真摯に向き合い、家族と、相手の女性、それから傷付けてしまった沢山の方々に対して、深い反省を日々繰り返しています」と伝えた。

     また、「報道にありましたような行動を彼がしてしまっていた当時、我々メンバーから、彼の日常の言動について厳しく注意した事もあり、その時のそういった叱責を彼は素直に聞き入れてくれてはいたのですが、結局のところ、我々は直井のプライベートのほとんどを把握できておらず、また、本質的な解決に至らなかったという事だと思います。その結果として、このような事態に及んでしまった事を、大変悔しく残念に思います」と心境を語り、「この事が、ここまで応援してきてくださった方々の信頼を大きく裏切り、失望させる結果になってしまった事を、直井一人ではなく、バンド四人全員で重く受け止めております」と記した。

     その上で「我々メンバーとスタッフからは、直井へ活動休止を提示し、これを彼は、誤りに対して償い、自身の生き方を見つめ直し、日々助けてくださっていた人達の大切さを改めて学び更生するための機会として自ら捉え、受け入れました」と発表。

     バンドの今後については「何度も話し合い、BUMP OF CHICKENとしての一切の活動を止めるべきなのではないかというところにまで及びましたが、応援してくださっている方々に対して、我々が担っていくべき責任は、今我々に出来る活動の全てを全力で続けていく事なのではないか、という考えから、当面の間、BUMP OF CHICKENは直井を除いたメンバー三人で活動していく、という結論に至りました」と方針を伝えている。

     最後は「我々の音楽を大切にしてきてくださったリスナーの皆様の存在に、今も変わらず、強く支えて頂いております。これからの音楽制作に対し、より一層精進して取り組んで参りたいと思いますので、何卒宜しくお願い申し上げます」とファンに向け呼びかけた。

     直井をめぐっては『文春オンライン』が18日、直井が結婚していたことを隠して過去に一般女性と不倫していたことを報道。記事では、所属事務所幹部が同編集部を訪れ、直井は現在も妻子がおり、他にも不倫関係にあった女性がいたことなどを認めたという。同日、直井は自身のツイッターで「この度報道されました私の記事に関しまして、当時親しくさせて頂いていた女性に対して誠実な対応が出来ていなかった事を心よりお詫び申し上げます」と謝罪している。

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5dc8476472403c8becb345afb4faf9df9f7fe256

    【【不倫騒動】BUMP OF CHICKEN、直井由文の活動休止発表 不倫報道受け 当面は3人で活動】の続きを読む

    1: 2020/09/25(金) 03:03:31.40 ID:2lpMQPGy9
    異例の展開!山口達也が容疑を一転否認か 警察は〝怒り〟の家宅捜索
    2020年09月24日 23時08分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2216370/

    〝事件〟はまだ終わらない!?

     24日夜に釈放されたはずの元TOKIO山口達也(48)が不穏だ。

     同容疑者は22日午前9時半ごろ、酒を飲んでバイクを運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。東京・練馬区でバイクを運転中、信号待ちの乗用車に追突。駆け付けた警察官が呼気検査をしたところ、基準値を大幅に超える0.7ミリグラムのアルコールが検出された。追突した車には警視庁の警察官が乗っていた。

     山口容疑者は調べに容疑を認め「自宅で朝まで飲んでいた。飲んだ量はわからない」などと供述していたが、その後の検察の取り調べに対し、否認に転じたという情報がある。

     これを受け、警視庁は在宅のまま捜査を継続。山口の自宅マンションを本人立ち合いのもと、家宅捜索を行うことを決めた。

    「酒気帯びで自宅にガサをかけるのは異例と言っていい。それが否認によるものなのか、別の理由があってのことなのかは不明だが…」(警察関係者)

     山口は無謀な賭けに出たのか、それとも何らかの事情があるのか。捜査の動向が注目される。


    【【ガサ入れ】異例の展開!山口達也が容疑を"一転否認"か 警察は家宅捜索へ】の続きを読む

    1: 2020/09/23(水) 22:44:33.20 ID:CAP_USER9
    TOKIOの元メンバー・山口達也容疑者(48)が9月22日、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。

    各メディアによると、山口容疑者はバイクの運転中に信号待ちをしている乗用車に追突。けが人は出ていないが、基準値を超えるアルコールが検出された。調べに対して「酒を飲んでバイクを運転し、事故を起こしたことに間違いありません」と認めているという。

    山口容疑者は18年4月、未成年への強制わいせつ容疑が発覚。のちに書類送検となり、同年5月にはジャニーズ事務所を契約解除となっている。

    「山口容疑者は離婚問題などで環境が変化したことから、精神的に弱ってしまったそうです。その治療をするため、カウンセリングに通っていました。離婚は16年8月に成立。その後は回復しましたが、飲酒量を調整するために通院はしていたそうです。そんななか事件を起こしてしまって……」(スポーツ紙記者)

    当時、山口容疑者は会見を開き「私の身勝手な件で彼らがどれほどつらい思いをしているのかを考えると、どうしていいか分からない」とTOKIOの他メンバーへの謝罪の言葉を口にしている。

    いっぽうで、メンバーのショックは相当なものだったようだ。リーダーの城島茂(49)と松岡昌宏(43)は山口容疑者と特に縁が深かったため、我がことのように彼の過ちを受け止めていたという。

    「城島さんは『俺のせいだね。(山口の状態を)わかっていたのに、俺がちゃんと見ていなかった……』と悔しさをあらわにしたそうです。松岡さんは山口容疑者の精神状態を気にして、『何をしでかすかわからないから、必ずご家族がついてケアしてもらうようにしてほしい』と事務所関係者に頼んだといいます」(テレビ局関係者)

    また山口容疑者は、仕事の関係者たちに“謝罪メール“を送っていた。

    「そこには事件の被害者に対して『一生をかけて償っていきたい』と書かれていました。さらに自分の子供たちのためにも“これから何ができるのか”を日々考えているとつづられていました。昨年は週刊誌の取材にも応じていましたし、落ち着きを取り戻したのかなと思っていたのですが……」(別のテレビ局関係者)

    しかし、今回の逮捕――。彼の未来は、また曇ってしまった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2eafce785b911d90fa4eea44a528085e383a76e1
    no title

    【【元TOKIO】山口達也「一生をかけて償う」関係者に送っていた謝罪メール】の続きを読む

    image
    1: 2020/09/23(水) 19:20:30.55 ID:CAP_USER9
    埼玉県警朝霞署は23日、1990年代後半~2000年代初頭に活躍した人気ロックバンド「ヒステリックブルー」(解散)の元ギタリストの男性(41)を強制わいせつ致傷容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で判明した。

     捜査関係者によると、男性は7月上旬、埼玉県朝霞市の路上でわいせつな行為をしようとして帰宅途中の20代女性を押し倒し、軽傷を負わせた疑いが持たれている。女性が声を上げたため逃走した。

     ヒステリックブルーは男女3人組で、「春~spring~」などが大ヒット。99年のNHK紅白歌合戦にも出場したが、04年に男性が性的暴行などの容疑で警視庁に逮捕された後に解散した。

     男性は06年に懲役12年の実刑判決が確定。服役中の16年、刑務所内で性犯罪の再犯防止プログラムを受けているとの手記を雑誌で公表していた。【平本絢子、中川友希、成澤隼人】

    https://mainichi.jp/articles/20200923/k00/00m/040/114000c

    【【事件】「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕】の続きを読む

    1: 2020/09/22(火) 22:45:59.22 ID:CAP_USER9
    TOKIOの元メンバー・山口達也容疑者(48)が酒気を帯びた状態でバイクを運転して車に追突したとして逮捕された事件で、山口容疑者の呼気から基準値の5倍近くのアルコールが検出されていたことが分かりました。

     警視庁によりますと、山口容疑者は22日午前9時半ごろ、東京・練馬区桜台の交差点で酒気を帯びた状態でバイクを運転し、信号待ちをしていた車に追突した疑いが持たれています。この事故によるけが人はいませんでした。その後の捜査関係者への取材で、山口容疑者の呼気を調べたところ、基準値の5倍近くにあたる1リットルあたり約0.7ミリグラムのアルコールが検出されていたことが分かりました。山口容疑者は友人の家へ行く途中だったと話していて、「お酒を飲んでバイクを運転し、事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000193803.html
    no title

    【【山口騒動】山口達也容疑者から基準値の5倍近いアルコールが検出されていた】の続きを読む

    このページのトップヘ