芸能

    image
    1: 2021/01/21(木) 22:00:16.12 ID:CAP_USER9
     お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(56)が前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞と診断され入院したことで21日、所属事務所「タイタン」の太田光代社長がツイートし、田中の病状を報告した。

     太田社長は「お騒がせしております。色々と、ありがとうございます。先程、田中と電話で話せました。痛み止めの点滴に血圧を下げる投薬を受けておりますが、滑舌も良く、いつもの田中です。奥さんの手料理が恋しいことを遠回しに言いました。心配性の田中の本質が垣間見れ、これは回復していると安堵しました」とつぶやいた。

    スポニチ

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/21/kiji/20210121s00041000435000c.html

    【【脳梗塞で入院中】爆問・田中の病状を太田光代社長が説明「滑舌も良く、いつもの田中です」】の続きを読む

    1: 2021/01/21(木) 22:51:08.39 ID:CAP_USER9 BE:891665811-2BP(0)

    1/21(木) 22:45
    デイリースポーツ

    石田純一が謝罪 都内焼き肉店で10人ほどで会食…「また不快な思いを」
     石田純一
     俳優の石田純一(67)が21日、自身のYouTubeチャンネルにて「【緊急生配信】週刊新潮の記事について包み隠さずお話します」と題し、生配信を行った。

     緊急事態宣言の対象地域が11の都府県に拡大した直後の今月14日に、都内の焼き肉店にて大人数での会食を行ったことが21日に発売された「週刊新潮」にて報じられていた。

     石田は、今月14日にYouTubeの初配信を終えた後、友人を含めた3人で会食に出かけたという。その後、店内で知人2組と合流し、一時は10人ほどでの食事となったことを認めた。石田は「自粛している世の中で、また不快な思いをさせてしまって、ほんとに申し訳ありませんでした」と謝罪。会食について、妻の東尾理子(45)からは了承を得ていたといい、「ほんとに気をつけてね」と声をかけられたという。

     生配信では、視聴者から「芸能人としての自覚が足りない」「医療従事者に謝るべき」など厳しいコメントが寄せられた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/650d16d427e3627b03aa8358e22e8080da21f808

    【【Youtube】「また不快な思いを…」石田純一が謝罪 都内焼き肉店で10人ほどで会食】の続きを読む

    1: 2021/01/12(火) 20:51:20.80 ID:CAP_USER9
    1/12(火) 20:45
    スポニチアネックス

    松村邦洋 、新型コロナの恐ろしさ語る「もうちょっとで危なかった」「コロナはただの風邪じゃないです」
    松村邦洋
     お笑いタレントの松村邦洋(53)が12日にYouTubeチャンネルを更新。新型コロナに感染して、自身に起きた症状を詳細に語る場面があった。

     松村は昨年12月26日に発熱し、病院で抗原検査を受けた。結果は陰性で熱も下がったが、28日にPCR検査を受けて29日夜に陽性が判明。30日に所属事務所が感染と自宅療養を発表した。年明けの8日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」に電話出演し、同日退院したことを報告していた。

     松村は体に異変が起こった日を「(先月の)26日の朝に熱が38.4度出まして、病院に着いたら36度で」と振り返る。「抗原検査をしたら陰性ということで、問題ないと言われました。27日には滋賀でお仕事があって、平熱で体調も良く、感染対策をしておりましたので問題なかったとは思うんですけど、多大なるご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

     その後、「28日に明治座の舞台の稽古で、唾液のPCR検査をしまして、29日には微熱があって病院に伺って鼻の粘膜のPCR検査をしました。その夜に明治座の方から陽性の連絡がありまして、30日にも病院の方から陽性だと連絡が来ました」と感染が判明。その頃から「咳と痰が増えまして呼吸が苦しくなりました」という。

     発症は「26日と言われております」といい、年内は自宅療養をしていた。しかし「年が明けて1日、体調の方が変わらず、夜は眠れなくて。私はマラソンで倒れたときのこともあるので、保健所の方が『入院しましょう』と。それで診察してもらったら肺炎になっておりました。『もうちょっとで遅かったです、危なかったです』ということでした」と危機的状況だったという。

     「咳と痰がどんどん出ていて、ステロイドとかの投与を受けておりました。2日もほとんど寝ていまして、3日もお薬とか注射を色々と打ちました。お医者さんから『発症から7日目、早くて6日目に発作のような症状が出ることがあります』と。『6~8日目くらいに症状が出ますので、それがなかったら大丈夫です。それがある人は重症になります』と」。

     「僕の場合はそういう症状はなかったのが幸いでした」と話し、その後徐々に回復。看護師への感謝も口にし、「皆さん休まず働かれていて。ご迷惑をおかけしまして、申し訳なかったです。優しくしていただいて、ナイチンゲールのようだなと思いました」と話した。

     治療中は様々な関係者から連絡が届いたという松村。「出川(哲朗)さんからは『大丈夫か松っちゃん?元気でやってるか!』と、水道橋博士も『熱は何度だ?異常はないか?』と1日に何回も連絡をくれました。和田アキ子さんからも『皆さんへの感謝を忘れるなよ』と言っていただきました。島崎和歌子ちゃんとか高田(文夫)先生からも連絡をいただきました。退院できたことが奇跡だと思っています。前に入院された片岡孝太郎さんも、コロナの先輩じゃないですけど、いろいろと連絡いただきました。本当にありがたかったです」と語った。

     最後に「コロナはただの風邪じゃございません。読めない部分もありますし、気を付けても気を付けてもなるときはあります。平和のときが来るまで今は辛抱だと思います。気を付けて気を付けて、僕も頑張っていこうと思います。お世話になった皆さん、ありがとうございました」と結んだ。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d1c160e20faa75026ee731aebe3ffe88ace00c42

    【【復帰】松村邦洋 、新型コロナの恐ろしさ語る「もうちょっとで危なかった」「コロナはただの風邪じゃないです」】の続きを読む

    1: 2021/01/11(月) 23:24:38.18 ID:CAP_USER9 BE:359743815-2BP(0)
    1/11(月) 23:05配信
    スポニチアネックス

    女優の菅野美穂

     女優の菅野美穂(43)が11日に放送される日本テレビのトークバラエティー「しゃべくり007」(月曜後10・00)に約10年ぶりに登場。2児のママとなった菅野が日常生活を語った。

     5歳の男の子と2歳の女の子の子育てで奮闘中。「なかなかスゴい。すぐ家が汚くなる。片づけ地獄」と実感を込めて説明した菅野。娘が一人で食事ができるようになったのは喜ばしいのだが、食べ終わると顔に残ったものをこすりつけ、壁に向かって食器を投げつけるとか。幼稚園に息子を送りに行く際は「先生に会うのにスッピンは失礼」と3分で化粧をする術を身に付けたという。

     幼稚園や買い物には自転車が必須で、5キロ圏内なら自転車で移動。買い物では「見切り品のコーナーを最初にチェックする」と女優らしからぬ一面をのぞかせた。値下げのシールが商品に貼られるのを「貼り始めたら待ちますよね。シールもってきているな、というときは(店内を)一周回って安くなっていたらうれしい」と笑顔を見せた。

     子どもと買い物の荷物を乗せて段差などをうまく通る“華麗なるママチャリテクニック”をスタジオで披露することになったが、何回も「くりぃむしちゅー」有田哲平(49)が座っているいすの台座に激突してスタジオは大混乱に。“暴走”が止まらない菅野に、同局「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(13日スタート、水曜後10・00)で共演する有田は「結婚してからおかしくなったぞ」とあきれた。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a0996704eb4f83a210767824c69774e3e1235c13

    【【しゃべくり】“暴走”止まらない菅野美穂 有田哲平「結婚してからおかしくなったぞ」】の続きを読む

    1: 2021/01/11(月) 22:15:01.35 ID:CAP_USER9
    「YouTubeの方が稼げる」と主張する芸能人がいる一方で、YouTubeでまったく稼げていない芸能人も多くいる。そこで今回は、YouTubeチャンネルがまったく伸びていない芸能人たちを紹介していこう。

    まずは、謎かけで一世を風靡したお笑い芸人のねづっち。もはや彼のYouTubeチャンネルは〝殿堂入り〟と言っていいほど伸びていない。2014年からYouTubeを開設している古参の彼だが、毎日のように更新している謎かけ動画の再生回数は数百回ほどしかなかった。

    最近では、再生回数があまりにも低いことで逆に注目されて数字を伸ばし出しているが、それでも1000回を超えればいい方で、かつて大ブレークした面影は全くない。

    ファン0人説の勝俣州和もやっぱり爆死

    続いては、ファン0人説でお馴染みのタレント・勝俣州和。昨年4月にYouTubeチャンネルを開設したものの、1万回を超えるような動画は少ない。また、再生回数が高いのは、『とんねるず』の裏話を明かした動画や、哀川翔や志村けんさん、『鬼越トマホーク』『ダウンタウン』など、話題の人やビッグネームを全面に押し出したものばかり。『SMAP』に関しては、5回も動画を投稿する便乗っぷりだ。

    さらに『アンジャッシュ』渡部建の不倫が発覚した際には、何と翌日にさっそく《【緊急トーク!】渡部建さんの件に勝俣が答える》との動画を投稿。サムネイルには渡部と自身の顔を並べ、まるで対談であるかのような〝釣り画像〟まで作ってヒンシュクを買うなど、なりふり構っていられない状態も垣間見える。

    最後はタレントの矢口真里と手島優がコンビを組んだYouTube。9月末にチャンネルを開設した2人だが、しょっぱなから「登録者数は伸びないと思ってる」「ここはプライベートに一番近い場所だと思って運営したい」「ホームビデオだと思ってみてほしい」と予防線を張りまくっていた。そして案の定、再生回数はまったく伸びておらず、初回投稿を除けば1万回に届いている動画は一つもない。

    テレビから消えた芸能人が行きがちなYouTubeだが、テレビから消えるような芸能人では、稼ぐことは難しいようだ。これからのバズりに期待したい。

    2021.01.11 11:01
    https://myjitsu.jp/archives/252312
    no title

    【【なぜ?】YouTubeが全く伸びない芸能人3選! 知名度バツグンなのにダメダメなワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ