自民党

    1: 2019/12/19(木) 23:10:42.31 ID:frdpyTvH9
    ※夜の政治

     今年の「桜を見る会」前夜に、安倍晋三首相の後援会が主催した夕食会を巡り、山口県下関市の田辺よし子市議は19日、国会であった野党追及本部の会合で、参加者の中に「会費を支払わなかった人がいる」と証言した。田辺市議自身は参加していないが、地元市民の複数の参加者に聞き取りをした結果、判明したとしている。

     田辺市議は、聞き取りをした参加者の中に領収書をもらった人がいなかったとも証言し「発行をしていなかったのではないか」と指摘した。安倍首相はこれまで「受付で事務所職員が1人5千円を集め、ホテル側が発行した領収書を手渡した」と説明していた。

    2019/12/19 22:26
    https://this.kiji.is/580371895419143265

    【【速報】桜を見る会、ニューオータニ前夜祭「会費の5000円支払わなかった人がいる」参加者が証言 】の続きを読む

    1: 2019/11/15(金) 12:43:15.52 ID:XvODHMd99
    TV番組、とくダネ!の桜を見る会についての発言

    別所哲也さん
    「民主党政権時代に呼ばれて出たことがある。どうやって選定されたのか聞いてみたい。笑」
    「今の政権だけじゃなくて、代々やってきた政権を公平に検証すべきことではないかと思う」
    「もし過去のことを全部言うのであれば、と思います」

    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=CXJyQFQ2Lmc#t=69m25s

    【【桜を見る会にコメント】別所哲也さん「過去を言うなら、今の政権だけでなく歴代政権を公平に検証すべきではないかと」】の続きを読む

    1: 2019/09/24(火) 20:41:07.27 ID:pw6FgetC9
    国連の温暖化対策サミットに出席するためニューヨークを訪れている小泉環境大臣は記者会見で「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールでセクシーでなければならない」などと述べました。

    この発言は現地で主に海外メディア向けに英語で会見した際のもので「政治には非常に多くの課題があり、時には退屈だ」と話したあと、同席していた国連気候変動枠組条約の事務局長を務めた女性のこれまでの発言を引用する形で述べました。

    小泉大臣のこの発言については、ロイター通信が「日本の新しい環境大臣が気候変動との戦いを『セクシーに』と発言」などと大きく報じています。

    小泉大臣はその後、発言について報道陣に問われると「それを説明すること自体がセクシーではない。あの場で私と一緒に同席してくれた人の会合の中での言葉の一つであり、やぼな説明はいらない」などと話しました。

    2019年9月24日 11時23分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190924/k10012096171000.html
    no title

    【【政治】小泉進次郎環境相「(セクシー発言について)それを説明すること自体がセクシーではない。やぼな説明はいらない」】の続きを読む

    1: 2019/09/23(月) 19:15:55.68 ID:HWnxqkUw9
    ニューヨークを訪れている小泉進次郎環境大臣は国連の環境関連のイベントで演説しました。

    小泉環境大臣:「日本は1997年に京都議定書を採択したが、リーダーシップを発揮してこなかった。きょうから我々は変わります」
     
    一方、この演説の前の記者会見での小泉大臣の発言が海外メディアで報道されました。
     
    小泉環境大臣:「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべきだ」
     
    ロイター通信はこの発言を取り上げ、「日本の新しい環境大臣が『気候変動との戦いをセクシーに』と発言した」と大きく報じました。ロイター通信はまた、日本が23日の気候行動サミットで発言しないことや火力発電を増やしていることを指摘し、日本政府の地球温暖化問題への取り組みに懐疑的な見方を示しています。

    2019/09/23 12:01 テレ朝ニュース
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000165029.html
    no title


    【【画像・動画あり】小泉進次郎環境大臣「気候変動問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべき」 国連で演説】の続きを読む

    1: 2019/09/18(水) 19:55:21.56 ID:X6ICJY6w9
    第4次安倍再改造内閣で内閣府政務官に起用されたSPEEDの元メンバーで自民党の今井絵理子参院議員が、災害時の“司令塔”に当たる職務に就いたことを不安視する声が18日までにSNSで広がっている。台風15号の影響による大規模停電などライフラインが遮断され、依然として大きな被害に直面している千葉県など被災地に対し、経験や実績が問われる職務が務まるかが懸念されている。

    千葉県選挙区の小西洋之参院議員は18日に更新したツイッターで「今井絵理子氏を千葉などの災害対応の政府全体の司令塔(=防災担当政務官)に任命した安倍内閣の目的は何か?全く分からない」と疑問を呈した。同氏は「あるとすれば、安倍内閣はこの度の大災害をよくある通常の災害にする、すなわち、大災害があったことをなかったことにするつもりなのだろう。まさに現代の棄民だ」と糾弾。「棄民」とは、災害や戦争時に政府に見捨てられた人たちを意味する言葉で、現在の千葉の窮状に重ねた。

    小西氏は17日のツイートでも「唖然とした。内閣府の防災担当政務官は今井絵理子氏だった。12日発令だそうだが、HPには未だ記載すらない」とし、「今井氏どうこうではなく、内閣府の防災三役は大震災の救命・復興経験など百戦錬磨の政治家を充てるべきポスト」と提言した。

    今井氏の起用について、菅義偉官房長官は「適材適所と思っている」としたが、「千葉の現状を見てこの起用は適材適所なのか」「これこそ本当の非常事態」「悲報」などと危惧する声が続いた。

    当の今井氏は15日に「今日と明日は政務官になって初めての『在京当番』。政府の危機管理として非常時の緊急参集に対応するため、大臣が都内不在の場合は副大臣と政務官のいずれかが23区内で待機しています。これを『在京当番』と呼び、24時間365日、万が一の事態に備えています」と役割を説明するツイートをしたが、それに対して「今が万が一の事態ですよ」と指摘するリプライも。

    今井氏は16日に南房総市広報や陸上自衛隊東部方面隊などによる情報をリツイートしていたが、17日は更新されなかった。

    9/18(水) 17:06
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000085-dal-ent
    no title

    【【衝撃の抜擢】首相、今井絵理子議員を災害対応“司令塔”の防災担当政務官に任命…SNSで不安視する声「これこそ本当の非常事態」】の続きを読む

    このページのトップヘ