群馬

    1: 2020/09/03(木) 02:23:37.20 ID:WpqBfuyb9
    今月、群馬県太田市の農園でぶどうが盗まれる被害が相次ぎ、犯行の様子が防犯カメラに記録されていました。

    群馬県太田市にある「ぶどう園なかざと」は、市内4か所にある合わせて2ヘクタールのぶどう畑で6種類のぶどうを栽培していますが、今月に入って収穫を前にしたぶどうが盗まれる被害が相次いでいます。

    この農園では、「藤稔」をひと房2000円ほどで販売していて、栽培している場所に設置した防犯カメラには今月7日、ぶどうを持ち去る男の姿が写っていました。

    ハウスにはられた網に空いた穴に手を入れてぶどうをつかみ、自転車に乗って走り去る様子が確認できます。

    男は3日後に再び、ぶどう園にあらわれ、農園の人が取り押さえたということです。

    また、別のぶどう畑に設置した防犯カメラには、今月18日、フードがついた服を着ているように見える不審な人物が畑に出入りする様子が写っています。

    6房か7房が盗まれたとみられるということです。

    さらに高級品種のシャインマスカットを栽培している畑では、今月24日およそ50房が枝からとられてなくなっているのが見つかったということです。

    枝にはハサミで切り取られたような跡が残されていました。

    その後、ぶどう園では、畑にテントをたてて泊まり込んで見張りをしたり、出入りする人に反応するライトを設置したりするなど対策を始めています。

    「ぶどう園なかざと」の中里陽介さんは「ブドウは1日2日でなるわけではなく、時間をかけてつくっている。簡単にたった1日で持っていかれて、怒りが込み上げる」と話していました。

    no title

    no title


    2020年8月28日 22時29分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200828/k10012589461000.html 
    【【事件】農家「怒りが込み上げる」シャインマスカットや藤稔…群馬でぶどう盗まれる被害相次ぐ 防犯カメラに犯行の様子 】の続きを読む

    1: 2020/08/27(木) 23:36:16.94 ID:QQjB5hyw9
    SNSで自殺志願者を募って金品を奪おうと計画し、群馬県中之条町で女性を殺害したとして男女2人が逮捕されました。

     強盗殺人の疑いで逮捕されたのは住所不定の会社員・小船治(34)容疑者と埼玉県久喜市の無職・山本結子(30)容疑者です。2人は1日、中之条町の駐車場で川崎市の無職・清野いつきさん(48)の頭をバットで殴るなどして意識を失わせ、
    キャッシュカードなどを奪って高さ30メートルの橋から落として殺害した疑いが持たれています。小船容疑者は容疑を認めていますが、山本容疑者は「殺していないし物も取っていない」と否認しています。
    警察は2人がSNSで自殺志願者を募り、これに応じた清野さんと別の20代の女性に対して「自殺する」と言って信用させたとみています。山本容疑者ら2人は7日、死体遺棄の疑いで逮捕されていました。
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/amp/000191721.html

    【【事件】男女2人逮捕 SNSで自殺志願者を募る→頭をバットで殴る→キャッシュカードを奪う→高さ30メートルの橋から落とし殺害】の続きを読む

    1: 2020/06/24(水) 20:51:28.26 ID:5YXwu74I9
    2020年6月24日 19時55分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18468817/

    群馬県明和町で今月発売されたご当地カレー「明和?哩(かりー)」をめぐり、町職員に役職ごとの購入ノルマが示され、140人が3300食分を
    購入していたことがわかった。
    正職員は131人で、臨時職員も購入したという。
    町は「強制ではない」と説明するが、ある職員は「ノルマを下回ればボーナスから天引きだと上司に言われ、逆らえなかった」と明かす。
    カレーは、町と民間が出資するまちづくり会社「邑楽館林まちづくり」(同町)が2万食を製造。
    1食ずつ箱入りで、町内のアンテナショップと、交流のある三重県明和町で半数ずつ販売する。
    2018年秋に三重側の町制60周年と群馬側の町制20周年の記念品として関係者に配って好評だったため、一般販売を始めた。
    両町の特産の松阪牛と梨果汁入りが特徴で、1食あたり税込み700円。
    町などによると、購入ノルマの発端は5月28日、町から出向中のまちづくり会社の室長が町の課長12人全員に送った一斉メールだった。
    「職員販売目標数」と題した添付資料に、課長の場合は「単品50箱3万5千円」か「5箱入り10セット(1セット3千円)3万円」などと示され、
    町長から係長まで役職ごとに目標数が印字されていた。
    主任・主事については「単品10箱7千円」か「5箱入り2セット6千円」と手書きだった。
    冨塚基輔町長が今月1日の庁議で「私は25セット(7万5千円)買うので、みなさんも買ってほしい」と課長らに呼びかけた。
    これを受け、課ごとに注文書を取りまとめ、役場で一括注文することになった。
    ただ、ある課は注文した12人の大半が購入ノルマに満たないとして突き返され、購入数と金額を2~8倍に書き換えて注文書を再提出すると
    認められたという。
    まちづくり会社によると、ノルマの対象外だった臨時職員を含む140人が660セット(3300箱、198万円分)を購入。
    「ほとんどの正職員にご購入いただいた」としている。
    職員の1人は「注文書にノルマを下回る購入数を書いたら『ボーナスから天引きだぞ。買わないと損だよ』と上司に言われた。拒めば査定に
     響くし、昇進できなくなると思い、従うしかなかった」と話す。
    購入ノルマを示したメールについて、まちづくり会社の室長は「会社として独断でやったこと」と説明。
    冨塚町長は「季節物以外に特産のない町に名産品をつくりたい一心で取り組んできた。職員が一丸となって盛り上げていこうと思っていた。
     強制したつもりは全くないが、それを圧力と受け取られたとしたら申し訳なかった」と話している。

    no title

    群馬県明和町職員が購入した明和?哩のギフトセット。5食分と福神漬け2袋が税込み3千円。

    【【1人約23食お買い上げ】ご当地カレー、町職員に購入ノルマ 「下回ればボーナスから天引き」】の続きを読む

    text_news
    1: 2020/04/15(水) 22:09:13.08 ID:+GzzdgDI9
    事故の聴取逃げはねられた男性、搬送の病院で感染判明…介抱の署員6人自宅待機

     交通事故の捜査で新型コロナウイルスの感染者と接触したとして、群馬県警伊勢崎署が、20~40歳代の男性署員6人を自宅待機としたことが分かった。
     感染者は外国人とみられる20歳代の男性で、事故について話を聞こうとした署員の前から立ち去ろうとして車にはねられ、搬送先の病院で感染が判明した。

     同署によると、14日午後3時45分頃、同県玉村町の町道で、パトロール中だった署員が縁石に乗り上げた事故車を発見。
     現場付近にいた男性2人に話を聞こうとしたところ、2人は突然、道路を横切って立ち去ろうとし、うち1人が乗用車にはねられた。
     救助中に、もう1人は行方が分からなくなった。

     はねられた男性は軽傷だったが、病院のコンピューター断層撮影装置(CT)検査で肺炎像が認められ、PCR検査で感染が確認された。
     署員6人は、この男性を介抱するなどしたが、症状はなく、保健所が濃厚接触者に当たるかどうかを調べている。
     6人は男性と接触後、署内には入らずに帰宅したといい、吉井仁副署長は「来署者には感染の心配はない」としている。

    読売新聞 2020/04/15 21:55
    https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20200415-567-OYT1T50224.html

    【【新型コロナ】事故を起こし事情聴取⇒犯人(外国人風)が逃走を図り車に轢かれる⇒搬送先の病院で感染陽性発覚⇒現場の署員も自宅待機に…】の続きを読む

    IMG_0491

    1: 2020/03/22(日) 07:42:41.70 ID:34prDz0G9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00010001-jomo-l10

    群馬県警高崎署は21日、公務執行妨害の疑いで、高崎市羅漢町の会社員の男(44)を現行犯逮捕した。

    ◎容疑を否認 救急搬送の病人の容体に影響なし

    逮捕容疑は同日午前0時25分ごろ、同市通町の市道横断歩道で、緊急走行してきた
    高崎市等広域消防局の救急車の前に立ち、「徐行しろ」とののしるなどして走行を妨害した疑い。

    同署によると、「横断歩道を渡っただけ」と容疑を否認している。男は酒を飲んでいたという。

    救急車は現場から200メートル余り離れた急病人宅に向かう途中で、男が追跡してきたため、
    救急隊員が110番通報した。消防局によると、病人は市内の病院に搬送され、容体に影響はないという。

    【【事件】44歳会社員、緊急走行中の救急車の前に立ち「徐行しろ」と罵って逮捕。「横断歩道を渡っただけ」と容疑否認】の続きを読む

    このページのトップヘ