漫画

    1: 2020/08/01(土) 22:52:39.29 ID:CAP_USER9
    東京駅の地下にある土産物店や飲食店などが並ぶ「東京駅一番街」では、4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」のポップアップショップが営業している。「100ワニSHOP in東京駅一番街 B1いちばんプラザ」で、2020年7月24日~8月6日の期間限定だ。

    ただ、店がオープンした直後からツイッターには「東京駅の100ワニショップの過疎っぷりよ」、「ドン引きする程客が居ない」などの書き込みが続出。これは、本当だろうか。J-CASTトレンド記者が実際に足を運ぶと、店内は――。

    客が8人店にいた時間も

    まず、平日の夕方に店へ向かった。店の目の前はエスカレーターで、比較的人目につきやすい場所だ。Tシャツやバスマット、座布団、ステッカーに文房具、スリッパまで、店内はあらゆるワニグッズであふれていた。

    ショップの入り口では、大きな主人公のワニが出迎えてくれる。遠くからでも存在感があった。ポスターやワニの写真を撮る人は結構いる。しかし、入店する人はなかなかいない。

    観察を続けていくと、1分程度ではあるが店内に客が8人いた時間帯も。就活スーツを着た女性、若い男女のグループなどだ。Tシャツを熱心に眺める女性の姿もあった。しかし、記者が30分ほどの滞在していた間、グッズを購入する人は確認できなかった。

    2020年8月1日 18時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18667694/


    https://twitter.com/kombudashi/status/1286556930861723653
    4連休2日目の東京駅、そこそこ人がいるけど、100ワニショップだけソーシャルディスタンスが保たれている。
    no title

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【コロナの影響?】東京駅の「100日後に死ぬワニ」ショップ、店内ガラガラ】の続きを読む

    5005

    1: 2020/07/25(土) 18:58:56.36 ID:tvnyKVzb9
    ウエディング情報誌『ゼクシィ』とコラボを実施中の少女漫画誌『りぼん』(集英社)では、8月号の付録として婚姻届がついている。小・中学生がメイン読者の同誌でなぜ婚姻届?とまず疑問だが、ネット上でも「少女誌で婚姻届はヤバイw」「私が小学生の時にこれがあったら…多分好きな人の名前を鉛筆でうすーく書いて、すぐ消す笑」などとやはり話題になっている。そこでORICON NEWSは、『りぼん』連載作家と企画担当者らに付録の意図を聞いてみた。

    ■『りぼん』結婚題材の漫画連載 大人は驚き、小・中学生読者は「抵抗感がない」

     現在『りぼん』では、結婚をテーマにした人気漫画『初×婚』(ういこん)が連載中で、『りぼん』8月号では、『ゼクシィ』も含めたコラボレーション企画を展開。『ゼクシィ』監修の【『初×婚』オリジナル!ミニ婚姻届 SUPPORTED BY 『ゼクシィ』】を付録にした。

     これは、作者・黒崎みのり氏の描き下ろしイラストを使ったデザインで、好きな相手や、理想の結婚式プラン、ドレスについて書き込めるオリジナルの“妄想”婚姻届(※実際の使用は不可)。結婚式のスタイルや、婚約指輪の種類、ブーケやケーキのデザインを選べる仕様で、各項目の選択肢は『ゼクシィ』編集部が監修した最新の結婚式情報が反映されている。なお、『りぼん』において“婚姻届”をテーマにした付録は、担当者によると「異例」だという。

    後半省略以下ソース
    https://www.google.com/amp/s/www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2166030/amp

    【【晩婚化対策?】『りぼん』異例の付録 “婚姻届” にネット騒然】の続きを読む

    1: 2020/05/18(月) 01:15:59.80 ID:gejN9cK79
    <鬼滅の刃>人気絶頂でも完結 4年3カ月の連載に幕

     吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」が、5月18日発売の連載誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)24号に掲載された第205話で完結し、約4年3カ月の連載に幕を下ろした。コミックス最新20巻の特装版を含む初版の発行部数は約280万部で、電子版を含むコミックスのシリーズ累計発行部数が6000万部を突破するなど人気絶頂の中ではあるが、最終回を迎えた。

     「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、凶暴な鬼に変異した妹を元に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ……というストーリー。2016年2月に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった。

    ※続きはソースからご覧ください

    「鬼滅の刃」が最終回を迎えた「週刊少年ジャンプ」24号
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-00000016-mantan-ent
    5/18(月) 0:00配信MANTANWEB

    【【ラストに賛否】鬼滅の刃、人気絶頂の中で完結 4年3カ月の連載に幕】の続きを読む

    20200501_main3
    1: 2020/05/16(土) 00:21:07.48 ID:5PHOOn2f9
    50年以上の歴史を持つ『週刊少年ジャンプ』。これまで同誌に掲載されてきた作品には、熱血型やクール型など、実にさまざまなタイプの主人公が登場しましたよね。
    そこで今回は、歴代ジャンプ作品の主人公で特に「性格が優しい!」と感じるキャラクターについて調べてみました。

    1位 沢田綱吉(ツナ)
    2位 竈門炭治郎
    3位 アレン・ウォーカー
    ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「沢田綱吉(ツナ)」!

    あまたのライバルを押しのけ、1位には『家庭教師ヒットマンREBORN!』の主人公「沢田綱吉(ツナ)」が選ばれました。
    勉強も運動もダメな中学生のツナは、ある日イタリアのマフィア「ボンゴレファミリー」の10代目ボス候補に選ばれ、組織のヒットマン・リボーンと共にボスとしての修行を始めることになります。
    強敵との戦いを経て、ツナは次第にボスとして成長していきますが、最後の最後まで決して本来持っている人としての優しさを失わないのが魅力でしたね。

    2位は「竈門炭治郎」!

    2位には、2019年にアニメ化され、社会現象と評されるほどの大ヒットを記録した『鬼滅の刃』の「竈門炭治郎」が続きました。
    家族思いの優しい少年である炭治郎は家族を鬼に殺され、唯一生き残ったものの鬼と化してしまった妹・禰豆子と共に旅立ちます。
    鬼を狩る組織の一員となった炭治郎は、その後もさまざまな鬼と戦うことになりますが、敵である鬼に対してすら思いやりを見せてしまう彼の優しさには、感動した人も多いのではないでしょうか。

    3位は「アレン・ウォーカー」!

    3位にランク・インした「アレン・ウォーカー」は、世界の終焉(しゅうえん)をもくろむ異能のノア一族と対抗するエクソシストたちの戦いを描いた『D.Gray-man』の主人公です。
    エクソシストとして一族の悪性兵器・AKUMA(アクマ)と戦うアレンは正義感が強く心優しい少年。その優しさゆえに、人間だけでなく、人間の魂を糧に生み出されるAKUMAをも等しく守ろうとします。
    作品自体はハードなダークファンタジーとなっていますが、彼の優しいほほ笑みに癒やしを得ていたという読者も少なくなさそうですね。

    強いのはもちろんですが、その強さを支える優しさも兼ね備えた魅力的な主人公がそろった今回のランキング。気になる4位~53位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんが「この子、優しすぎる!」と思った主人公は、何位にランク・インしていましたか?

    2020年05月16日 00:00
    https://ranking.goo.ne.jp/column/6543/

    【【1位は誰?】ジャンプ史上最も優しい主人公ランキング】の続きを読む

    1: 2020/03/25(水) 01:12:42.05 ID:uRoyLclk9
    https://www.j-cast.com/2020/03/24382905.html
    2020/3/24

    「やっぱり電通案件だった」「ランサーズも絡んでたんですね」「やってることは直球のステマ(ステルスマーケティング)なんで本当に嫌いになったわ」――。きくちゆうきさんの4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』をめぐり、インターネット上で憶測にもとづく心ない書き込みが広がっている。

    きくちさんのマネジメント会社「ベイシカ」(東京都港区)は、拡散している内容は事実無根だとして「デマはたくさんありすぎて、もはや全てを把握し切れていません」と肩を落とす。

    ・本人「電通さんは絡んでない」と否定も...
    中略
    ・電通の関連会社と打ち合わせ?→直撃すると...
    中略
    ・ランサーズの「ステマ」憶測は...?
    中略

    ベイシカの中尾恭太社長に、あらためて前述の3つの点を問うと、いずれも「デマです」と否定。そのほか、きくちさんを装ったツイッターアカウントのダイレクトメール(DM)も広まっているといい、「たくさんありすぎて、もはや全てを把握し切れていません」と困惑する。

    こうした不正確な情報に対しては、特に対応は考えておらず、「先日、いきものがかりの水野さんとの動画で語ったことが全てで、それが真実です。信じていただける方には伝わっていると思いますので、攻撃をしてくる方々に対して向き合うのではなく、応援してくれる方々に感謝し、僕たちは前を向いて今を大切に、愛で生きていきます。そして、これからも新しいエンターテイメントを提供していきます」とコメントした。

    なお、ビジネス展開の発表時期については、「100話目の後の余韻が欲しかったという意見に関しては、僕も一読者として、とてもその通りだなと思います。情報出しのタイミングが7日後であれば良かったのか、49日後であれば良かったのか、正解がなんなのかは分からないなというのが率直な感想です」と葛藤もあったと明かす。

    「たくさんの人達に関わっていただき、あのタイミングで計画していた解禁タイミングを変更する決断をすることは今の僕の力では叶いませんでした」「いきなり変な炎上をして、いろんな感情が自分の中でぐちゃぐちゃになりました」と漏らすも、「僕は今できることを全て出し切ってやりきりました。一つの後悔もありません」(中尾氏)

    「きくちゆうきは本当にさいっこうの男です。かんっぺきにやりきりました。ほんと痛快です。あっぱれです。 きくちゆうきにこれ以上心無い言葉が届きませんように。ワニを読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。ワニがこの先も皆様の心の中で生き続けてくれることを信じています。優しいハッピーな世の中にしていきましょう」(中尾氏)

    【【100日後に死ぬワニ】きくち氏のマネジメント会社社長がデマ否定「きくちゆうきにこれ以上心無い言葉が届きませんように」】の続きを読む

    このページのトップヘ