滋賀

    image
    1: 2020/09/17(木) 10:38:47.17 ID:VWutUl5q9
     SNSで「金髪碧眼(へきがん)の中学3年の男子」と身元を偽って女子高生を誘い出し、けがを負わせたなどとして、わいせつ目的誘拐、傷害、詐欺などの罪に問われた住所不定、無職の男(39)に対し、大津地裁は16日、求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。

     判決によると、男は昨年8月、LINEで交流していた当時高校生の滋賀県内の少女(18)を名古屋市内のホテルに誘い込み、9月には愛知県稲沢市内のホテルで両手やタオルで首を複数回絞め、けがを負わせるなどした。これらの犯行前には、虚偽の理由で13回にわたり少女から計約90万円をだまし取った。

     大西直樹裁判長は判決理由で「未成年である被害者の未熟さにつけ込んだ卑劣な犯行だ」と指摘した。

    09/17 08:06 読売新聞
    https://article.auone.jp/detail/1/2/2/162_2_r_20200917_1600297801629290

    【【裁判】39歳無職「自分は金髪碧眼の中3男子だ」身元を偽り女子高生を誘い出し、ホテルで暴行⇒懲役5年の実刑判決】の続きを読む

    5005

    1: 2020/08/14(金) 21:30:12.14 ID:XtdRSoLx9
     14日午後5時30分ごろ、滋賀県守山市木浜町で、「男児が車にひかれた」と近隣住民から110番があった。男児(4)は、軽トラックの下敷きになっており、近くの住民らが車前部をジャッキで持ち上げて助け出し、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

     滋賀県警守山署によると、男児がキックスクーターで家の敷地から道路に出たところ、軽トラックにぶつかり下敷きになったという。

    2020年8月14日 20:52 京都新聞
    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/329735

    【【事故】4歳男児、キックスクーターに乗って軽トラの下敷きになり死亡】の続きを読む

    1: 2020/08/04(火) 01:00:42.83 ID:BICD5PYE9
     滋賀県東近江市で、88歳の母親を背負って橋から川に飛び込み母親を死亡させたとして、59歳の息子が逮捕されました。

     殺人の疑いで逮捕されたのは、三重県いなべ市の会社員・太田高之容疑者(59)です。太田容疑者は7月3日の午前9時すぎ、滋賀県東近江市萱尾町の橋の上から、同居する母親のはるゑさん(88)を背負った状態で、約14mの下の川に飛び込み、はるゑさんを殺害した疑いが持たれています。

     2人は川に飛び込んだ約4時間後に消防に救助されましたが、はるゑさんは低体温症になっていて搬送先の病院で死亡が確認されました。太田容疑者も腰の骨を折る重傷です。

     警察は太田容疑者の認否を明らかにしていませんが、無理心中の可能性も視野にいれて詳しい動機を調べることにしています。

    8/3(月) 17:18 MBSニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d04868bd7b40adc8307cce6a9556ef0cf5d250d6
    no title


    【【事件】同居の母親(88)を背負い、橋から川に飛び込む…母親は死亡 息子(59)は重症 殺人容疑で逮捕】の続きを読む

    1: 2020/06/23(火) 00:21:08.99 ID:VX2eX5wn9
     滋賀県は22日、近江八幡市安土町香庄の焼き肉店「焼肉吉挑」で、ユッケなどを食べた5組計6人が下痢や腹痛を訴え、うち4人から腸管出血性大腸菌O157を検出したと発表した。東近江保健所は食中毒と断定し、同店を同日から23日まで営業停止処分とした。

     県によると、発症した6人は8~24歳の男女で、13、14日、焼き肉などを食べた。4人は快方に向かっているが2人は入院している。
     県はO157の感染症が相次いでいるとして、本年度初の腸管出血性大腸菌感染症多発警報を20日に発令し、注意を呼び掛けている。

    6/22(月) 20:00配信 京都新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9d0f32592c89abbe13ca6d79fd967e389faa517

    【【焼き肉店で食中毒】8~24歳男女6人が下痢や腹痛 4人からO157検出、ユッケなど食べる】の続きを読む

    1: 2020/06/16(火) 21:30:24.42 ID:FqfqZisR9
    16日朝早く、草津市の県道で2台のオートバイが正面衝突する事故があり、
    一方のバイクを運転していた21歳の男子大学生が死亡しました。

    16日午前5時半ごろ、草津市北山田町の県道で、大型と中型の2台のオートバイが正面衝突しました。
    この事故で中型のオートバイを運転していた、草津市南笠東の大学生金奎吾さん(21)が、
    胸を強く打って病院に運ばれましたが、およそ3時間後に死亡しました。
    また、大型のオートバイを運転していた58歳の男性も骨盤を骨折する大けがをしました。

    現場は、緩やかなカーブが連続するびわ湖沿いの県道で、警察は、現場の状況などから、
    金さんが前を走る車を追い越そうとして中央線をはみ出した可能性もあるとみて、さらに詳しく調べています。

    以下ソース:NHK 06月16日 21時07分
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20200616/2060005120.html

    【【事故】バイク2台が正面衝突 中型バイクに乗っていた男子大学生(21)が死亡,】の続きを読む

    このページのトップヘ