滋賀

    IMG_2614
    1: 2021/01/31(日) 04:00:32.85 ID:RbM0bY/j9
     JA東びわこ(滋賀県彦根市)が2016年に開いたおにぎりの早食い競争で、参加した滋賀県甲良町の男性=当時
    (28)=が喉を詰まらせ死亡したのは、主催者側の注意義務違反が原因だとして、男性の両親が損害賠償約8300万円
    を同JAに求めた訴訟の第1回口頭弁論が30日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)で開かれた。JA側は請求棄却を求めた。

     訴状によると、男性は16年11月、同JAが同市で開いた農産物PRイベント「ふれあいフェスティバル」に花の販売
    で訪れた際、おにぎり5個の早食い競争に参加した。最後の1個を口に入れ、手を上げて完食を訴えたが、司会に「まだ口
    に入っているので飲み込んでください」と促された後、喉に詰まらせ、呼吸不全などで3日後に亡くなった。

    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/148943

    【【事故】おにぎり「飲み込んで」促され、のど詰まり男性(28)死亡 おにぎり早食い競争のJAを両親が提訴 】の続きを読む

    1: 2021/01/04(月) 22:44:50.99 ID:TEMFrje+9
    4日午後、滋賀県守山市の中古車販売店の駐車場で、父親が運転するフォークリフトに小学生の姉妹2人がひかれ、6歳の妹が死亡しました。父親は「フォークリフトの荷物を載せる部分に娘を乗せて遊ばせていたら2人が落ちてしまった」と話しているということで、警察が当時の状況をさらに詳しく調べています。

    4日午後3時すぎ、守山市荒見町の中古車販売店の駐車場で、市内に住みこの店を経営する田家靖之さん(42)が運転するフォークリフトに、いずれも田家さんの娘で小学5年生の姉(10)と1年生の妹、梨名さん(6)がひかれました。

    2人は病院に搬送されましたが、梨名さんはおよそ1時間後に死亡が確認されました。

    姉も大けがをして手当てを受けていますが、意識はあり、命に別状はないということです。

    警察によりますと、田家さんは4日は休みだったということで「娘たちをフォークリフトの荷物を載せる部分に乗せて走行して遊ばせていたら2人が落ちてしまった」と話しているということです。

    警察が、当時の状況をさらに詳しく調べています。

    2021年1月4日 21時04分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210104/k10012796721000.html
    no title


    【【事故】父親運転のフォークリフトにひかれ姉(10)大けが妹(6)死亡…父「荷物を載せる部分に娘を乗せて遊ばせていた」】の続きを読む

    1: 2020/12/11(金) 20:07:50.27 ID:Y6v6KPkf9
    京都新聞

    11日午前10時半ごろ、滋賀県甲賀市甲賀町の住宅用建築資材会社「住江テクノ」の滋賀工場で、従業員男性(57)が住宅用の遮熱シートを巻き取るローラーに全身を巻き込まれているのを同僚が見つけ、119番した。男性は病院に運ばれたが、約2時間後に死亡した。

     県警甲賀署や同社によると、男性はローラーの機械操作を担当していたという。同署は会社関係者から事情を聞き、原因を調べている。

    https://this.kiji.is/710076603313684480

    【【事故】工場でローラーに巻き込まれ、従業員死亡】の続きを読む

    image
    1: 2020/09/26(土) 21:14:52.13 ID:Oil7zuHp9
     26日午前7時半ごろ、滋賀県米原市磯で、彦根市の女子高校生(17)のオートバイが車道と歩道を区切る石柱に衝突して転倒し、高校生は腹などを強く打って死亡した。

     滋賀県警米原署によると、現場は右カーブで、オートバイは単独で転倒したという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1049eeec70923214cd03efb6b439cfd38dfe3b34

    【【事故】17歳女子高生がオートバイで石柱に衝突、転倒して死亡】の続きを読む

    image
    1: 2020/09/17(木) 10:38:47.17 ID:VWutUl5q9
     SNSで「金髪碧眼(へきがん)の中学3年の男子」と身元を偽って女子高生を誘い出し、けがを負わせたなどとして、わいせつ目的誘拐、傷害、詐欺などの罪に問われた住所不定、無職の男(39)に対し、大津地裁は16日、求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。

     判決によると、男は昨年8月、LINEで交流していた当時高校生の滋賀県内の少女(18)を名古屋市内のホテルに誘い込み、9月には愛知県稲沢市内のホテルで両手やタオルで首を複数回絞め、けがを負わせるなどした。これらの犯行前には、虚偽の理由で13回にわたり少女から計約90万円をだまし取った。

     大西直樹裁判長は判決理由で「未成年である被害者の未熟さにつけ込んだ卑劣な犯行だ」と指摘した。

    09/17 08:06 読売新聞
    https://article.auone.jp/detail/1/2/2/162_2_r_20200917_1600297801629290

    【【裁判】39歳無職「自分は金髪碧眼の中3男子だ」身元を偽り女子高生を誘い出し、ホテルで暴行⇒懲役5年の実刑判決】の続きを読む

    このページのトップヘ