滋賀

    2019081818324006KTV
    1: 2019/08/18(日) 18:49:34.24 ID:0ANqc2I29
    18日未明、滋賀県大津市で大型バイクを運転していた48歳の男性がシカとぶつかり、意識不明の重体です。

    午前3時半ごろ、大津市八屋戸の県道で、「バイクが倒れています」と近くを通りかかった男性から119番通報がありました。消防と警察が駆け付けると、大津市の会社員・津田勝さん(48)が頭から血を流して倒れていて、病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。

    近くには、全長150センチほどのシカも倒れていたということで、津田さんはバイクで北に向かっていたところ、シカと衝突したとみられます。シカはその後、死にました。警察によると、付近は街灯が少なく夜中になると暗いということです。警察は事故の詳しい原因を調べています。

    2019年8月18日 日曜 午後6:34
    https://www.fnn.jp/posts/2019081818324006KTV/201908181834_KTV_KTV

    【【事故】大型バイクがシカと衝突 鹿→死亡 男性→意識不明の重体 】の続きを読む

    1: 2019/07/28(日) 19:32:18.89 ID:YM8bB/2w9
     大津市のトンネルでツーリング中の自転車9台の列に車が突っ込み、7人が重軽傷を負いました。

     28日午前11時ごろ、大津市のトンネルで「車と自転車、何台かが事故を起こしている」と警察に通報がありました。警察によりますと、トンネルの中を走っていた自転車9台の列に対向してきた車が突っ込んだということです。この事故で、自転車に乗っていたツーリング仲間の30代の男女4人が重軽傷を負いました。また、自転車に突っ込んだ車に後ろから来た車が追突し、追突した車に乗っていた2カ月の乳児が重傷、女性(27)と60代の男性が軽傷です。現場のトンネルは片側1車線で、警察は事故の原因を調べています。

    2019年7月28日 16時55分 テレ朝ニュース
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16843926/
    no title


    ★1fが立った時間 2019/07/28(日) 17:38:50.66
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564303130/

    【【原因は居眠り?】大津市のトンネルで対向車線からはみ出して乗用車とツーリング中の自転車9台の列に突っ込む 8人重軽傷】の続きを読む

    1: 2019/05/14(火) 22:22:05.95 ID:X7o9U2Wh9
    大津市大萱6丁目で散歩中の保育園児らの列に車が突っ込み16人が死傷した事故から15日で1週間になる。14日時点で、園児6人が入院し、うち1人は重体となっており、大津署がドライブレコーダーの解析など捜査を進めている。事故現場ではなお、多くの市民が訪れ、献花をしている。

    同署によると、事故で搬送された16人のうち、10人が入院し、14日午後4時までに、重傷の園児3人、軽傷の保育士1人が退院した。重体の園児(2)は意識不明の状態が続いている、という。
     
    事故は8日午前10時15分ごろ、丁字路を右折した乗用車と直進した軽乗用車が互いに右前方で衝突、軽乗用車が「レイモンド淡海保育園」の園児らの列に突っ込み、伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)と原田優衣(ゆい)ちゃん(2)=ともに同市=が死亡した。
     
    関係者によると、右折時の乗用車に急発進などはなかったことがドライブレコーダーの記録から分かっている。同署によると、事故当時は取り乱し、供述が難しかった乗用車の新立文子容疑者(52)=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で送検=も、徐々に調べに応じられるようになっているといい、同署は事故の全容解明を進めている。
     
    事故現場では、花束や菓子でいっぱいとなった献花台が、歩行者の妨げにならないよう近くの空き地に移され、14日も絶えず市民が訪れて手を合わせていた。

    5/14(火) 21:58
    京都新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00010002-kyt-soci
    no title

    【【大津事故】重体の園児(2)、意識不明の状態続く…大津死傷事故から1週間、市民の献花絶えず 】の続きを読む

    1: 2019/05/13(月) 23:52:15.27 ID:2N9kJj/k9
    大津園児死傷事故に関して右折時の危険性、また右折車の過失などに議論が集中している中、20年以上の運転歴があるというお笑いタレント・千原ジュニアの持論は異なっていた。

    「(運転歴の)ベテランであることを過信するということはあるだろうが、ベテランになればなるほど、そういう人もいるだろうと考える余地もできる。(自分が運転する車が交差点内を直進する場合)今、一台の車が右折したな。でも、次の車も『俺も行けるだろうな』と何も考えずに右折してくるかもしれない。(そのような交差点では)直進車もスピードを落とすべきだ。実際、あぁ大丈夫だったということもあれば、ほら見ろ、危ないところやったでということもある。直進車だって、それくらいの予想ができないのであれば、乗るなよという話だ」

     直進車の問題も指摘した千原ジュニアは、自身の経験を踏まえて道路交通法に関するドライバーの理解の乏しさについても続けた。

    「右折時、右折準備のため手前に設けられているゼブラゾーンを走ってはいけないと勘違いしているドライバーはかなり多く、ゼブラゾーンを走ったまま右折レーンに侵入すると、突然割り込んでくる車がいる。ゼブラゾーンの走行は道路交通法で許可されており、そのことをタクシーのドライバーであっても知らないことが多い。そんなことなら、ゼブラゾーンなど無くしてしまった方がいい」

     「書き換えのドライバーは右折が苦手だ」と異なる視点、極端な例を挙げて意見を述べたのは、東大大学院卒で元日経新聞記者の作家である鈴木涼美氏(35)だ。自身がアメリカ留学時に運転免許証を取得し、帰国後に書き換えた経験のある鈴木氏は「アメリカの運転免許は日本と比べると取得するのが容易。そのような人が帰国後に免許を書き換えたとしても、(アメリカと走行車線が左右異なる日本では)右折できない、または苦手な人は周囲に多い。そのため、極力右折を必要としないルートを選んで運転している」

     この話に言葉を失った千原ジュニアに代わって口を開いた文筆家の古谷経衡氏(36)は「アメリカでもフランスでも関係ない。国際免許を取得して海外で運転する場合は逆に緊張感があって事故は起こりにくい」と話し、あくまでも運転に対する慎重さ、“かもしれない”運転の重要性を主張した。すると納得した様子の千原ジュニアは、「今回、事故が起こった道路はとても見晴らしのいい直線だった」と話し、油断が招いた悲劇であると話した。(AbemaTV『Abema的ニュースショー』より)

    ソース AbemaTV 記事の一部抜粋
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00010015-abema-soci&p=2

    2019/05/13(月) 22:05:54.37
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557752754/

    【【大津園児死傷事故】千原ジュニア「直進車も予測ができないなら乗るな」右折責任に偏った議論に苦言 】の続きを読む

    1: 2019/05/10(金) 16:17:09.57 ID:hrdUFV+C9
    大津市の交差点で車2台が衝突した弾みで1台が保育園児の列に突っ込み、園児2人が死亡した事故で、右折しようとした乗用車の無職新立文子容疑者(52)=大津市、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕=が「ガシャンという衝突音で初めて相手の車に気付いた」と供述していることが9日、大津署への取材で分かった。

    新立容疑者は「前をよく見ずに運転していた」とも供述。軽乗用車で交差点を直進し、衝突した無職下山真子さん(62)は「右折車が止まってくれなかった」と説明しており、署は新立容疑者の前方不注意が事故につながった可能性が高いとみている。2人とも「被害者に申し訳ない」と話している。

    下山さんも逮捕されたが、署は8日夜に釈放した。過失の度合いが低いと判断したとみられる。「とっさにハンドルを左に切ったが衝突した」とも話しており、署は下山さんの車に搭載されたドライブレコーダーの解析を急ぐ。

    [2019年5月9日20時1分]
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/news/201905090000814.html
    no title

    【【大津事故】新立文子容疑者(52)「ガシャンという衝突音で初めて相手の車に気付いた」と供述 】の続きを読む

    このページのトップヘ