洋楽

    1: 2020/10/07(水) 04:51:35.44 ID:CAP_USER9
    JUST IN: Musician Eddie Van Halen has died at the age of 65 after a battle with cancer

    ジャストイン:ミュージシャンのエディ・ヴァン・ヘイレンは、ガンとの戦いの後、65歳で亡くなりました

    https://twitter.com/spectatorindex/status/1313566387290341376 

    【【RIP】ギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンさん(65)死去】の続きを読む

    1: 2020/10/03(土) 22:31:35.77 ID:CAP_USER9
    The 100 Greatest Mariah Carey Songs: Staff Picks | Billboard
    https://www.billboard.com/articles/columns/pop/9457661/mariah-carey-best-songs-top-100

    Thirty years ago,

    A YOUNG SINGER BORN IN NEW YORK AND NAMED AFTER

    AN OLD SHOW TUNE STEPPED INTO THE MUSICAL

    SPOTLIGHT, AND MADE IT IMMEDIATELY CLEAR SHE

    WOULDN’T BE RETURNING TO THE SHADOWS ANYTIME SOON.

    Mariah Carey’s first five singles all went to No. 1 on the Billboard Hot 100, establishing her as the biggest new pop star of the ‘90s, and she’d score at least one more chart-topper every year through the rest of the 20th century ? eventually racking up 19 No. 1s, more than any other solo artist in chart history. Meanwhile, she bested the Billboard 200 albums chart six times, twice with LPs that would be certified Diamond by the RIAA, won 15 Billboard Music Awards (including artist of the decade for the ‘90s) and five Grammys, and was inducted into the Songwriters Hall of Fame.

    Of course, all of these stats and achievements only scratch the surface on the full Mariah Carey story ? one that also includes several moments of game-changing collaboration, multiple generations of enduring artistic influence, more dramatic turns than one of her action-packed videos and a wider scope of highs and lows than even her five-octave vocal range. Much of that 30-plus-year history will be more fully explained by two much-anticipated projects Carey is releasing this week: The Meaning of Mariah Carey, her revealing memoir co-written with Michaela Angela Davis that dropped on Tuesday (Sept. 29), and The Rarities, a career-spanning compilation of B-sides and unreleased material to be unveiled on Friday (Oct. 2).


    ■The 100 Greatest Mariah Carey Songs


    1. “Always Be My Baby”  DAYDREAM, 1995 https://www.youtube.com/watch?v=LfRNRymrv9k



    2. “We Belong Together”  THE EMANCIPATION OF MIMI, 2004 https://www.youtube.com/watch?v=0habxsuXW4g



    3. “Emotions”  EMOTIONS, 1991 https://www.youtube.com/watch?v=NrJEFrth27Q




    4. “Fantasy (Bad Boy Remix)”  feat. Puff Daddy & Ol’ Dirty Bastard “FANTASY” SINGLE, 1995 https://www.youtube.com/watch?v=-tCTm5M3Cp8


    5. “All I Want For Christmas Is You”  MERRY CHRISTMAS, 1994 https://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY


    6. “One Sweet Day”  w/ Boyz II Men DAYDREAM, 1995 https://www.youtube.com/watch?v=UXxRyNvTPr8


    7. “Vanishing”  MARIAH CAREY, 1990 https://www.youtube.com/watch?v=-0WvD9CF72s


    8. “Dreamlover”  MUSIC BOX, 1993 https://www.youtube.com/watch?v=CqBtS6BIP1E


    9. “Honey”  BUTTERFLY, 1997 https://www.youtube.com/watch?v=w3KOowB4k_k


    10. “#Beautiful”  feat. Miguel ME. I AM MARIAH… THE ELUSIVE CHANTEUSE, 2013 https://www.youtube.com/watch?v=oe1wtkkt9-E



    11. “Touch My Body”  E=MC2, 2008 https://www.youtube.com/watch?v=9b8erWuBA44


    12. “Heartbreaker”  feat. Jay-Z RAINBOW, 1999  https://www.youtube.com/watch?v=kMCGvtlL4fw


    13. “Vision of Love”  MARIAH CAREY, 1990 https://www.youtube.com/watch?v=tov22NtCMC4


    14. “The Roof (Back in Time) (Mobb Deep Extended Version)”  “THE ROOF” SINGLE, 1998 https://www.youtube.com/watch?v=OGX7cfVQlY0


    15. “Shake It Off”  THE EMANCIPATION OF MIMI, 2005 https://www.youtube.com/watch?v=jZVdDl_asYY


    16. “Anytime You Need a Friend (C&C Club Version)”  “ANYTIME YOU NEED A FRIEND” SINGLE, 1994 https://www.youtube.com/watch?v=JvSwp5PGCl0


    17. “Migrate” feat. T-Pain  E=MC2, 2008 https://www.youtube.com/watch?v=s0RT_rm-FFs


    18. “Breakdown”  feat. Bone Thugs n Harmony BUTTERFLY, 1997 https://www.youtube.com/watch?v=bC7V9dn1rC8


    19. “Obsessed”  MEMOIRS OF AN IMPERFECT ANGEL, 2009 https://www.youtube.com/watch?v=H1Yt0xJKDY8


    20. “Hero”  MUSIC BOX, 1993 https://www.youtube.com/watch?v=0IA3ZvCkRkQ




    21位以下及び各曲コメントは引用元サイトをご覧ください。

    【【名曲ランキング】「マライア・キャリーの最高の100曲」を米Billboardが発表】の続きを読む

    1: 2020/06/13(土) 23:12:03.92 ID:ZRcfbu369
    レッド・ツェッペリン究極の名曲トップ40
    Rolling Stone |2020/06/13 10:00

    Translated by Smokva Tokyo
    https://rollingstonejapan.com/articles/detail/34012
    https://www.rollingstone.com/music/music-lists/the-40-greatest-led-zeppelin-songs-of-all-time-154694/good-times-bad-times-1969-169350/


    1.「胸いっぱいの愛を」(1969年 原題:Whole Lotta Love)
    2.「天国への階段」(1971年 原題:Stairway to Heaven)
    3.「ブラック・ドッグ」(1971年 原題:Black Dog)
    4.「カシミール」(1975年 原題:Kashmir)
    5.「ランブル・オン」(1969年 原題:Ramble On)
    6.「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」(1969年 原題:Good Times Bad Times)
    7.「移民の歌」(1970年 原題:Immigrant Song)
    8.「レヴィー・ブレイク」(1971年 原題:When the Levee Breaks)
    9.「ロックン・ロール」(1971年 原題:Rock and Roll)
    10.「ミスティ・マウンテン・ホップ」(1971年 原題:Misty Mountain Hop)

    11.「カリフォルニア」(1971年 原題:Going to California)
    12.「コミュニケイション・ブレイクダウン」(1969年 原題:Communication Breakdown)
    13.「幻惑されて」(1969年 原題:Dazed and Confused)
    14.「オーシャン」(1973年 原題:The Ocean)
    15.「強き二人の愛」(1969年 原題:What Is and What Should Never Be)
    16.「丘のむこうに」(1973年 原題:Over the Hills and Far Away)
    17.「限りなき戦い」(1971年 原題:The Battle of Evermore)
    18. 永遠の詩(1973年 原題:The Song Remains the Same)
    19.「ギャロウズ・ポウル」(1970年 原題:Gallows Pole)
    20.「デジャ・メイク・ハー」(1973年 原題:D’yer Mak’er)

    21.「ダンシング・デイズ」(1973年 原題:Dancing Days)
    22.「ハートブレイカー」(1969年 原題:Heartbreaker)
    23.「俺の罪」(1976年 原題:Nobody’s Fault But Mine)
    24.「フール・イン・ザ・レイン」(1979年 原題:Fool in the Rain)
    25.「ゴナ・リーヴ・ユー」(1969年 原題:Babe I’m Gonna Leave You)
    26.「トランプルド・アンダーフット」(1975年 原題:Trampled Under Foot)
    27.「聖なる館」(1975年 原題:Houses of the Holy)
    28.「ノー・クォーター」(1973年 原題:No Quarter)
    29.「サンキュー」(1969年 原題:Thank You)
    30.「死にかけて」(1975年 原題:In My Time of Dying)


    (以下略、31位以下及び解説は引用元サイトをご覧ください。)

    【【Zep】「レッド・ツェッペリン究極の名曲トップ40」をローリングストーン誌が発表】の続きを読む

    1: 2020/05/09(土) 23:43:06.33 ID:Or4F8T8d9
    「トゥッティ・フルッティ」「ロング・トール・サリー」「グッド・ゴリー・ミス・モリー」などのヒット曲で知られるロックンロールの創始者の一人、リトル・リチャードが87歳で亡くなった。死因は明らかになっていない。

    ロックンロールの創始者であるリトル・リチャード(本名:リチャード・ウェイン・ペニマン)が土曜日に亡くなった。享年87。その熱烈な叫び声、派手な衣装、陽気な性格と性別を超えた価値観は、
    新しい芸術のスピリットとサウンドを体現していた。ローリングストーン誌は彼の息子、ダニー・ペニマンからパイオニアの死を確認したが、死因は不明だと述べている。

    リトル・リチャードは1956年の「トゥッティ・フルッティ」を皮切りに、同年の「ロング・トール・サリー」「リップ・イット・アップ 」、1957年の「ルシール」、
    そして1958年の「グッド・ゴリー・ミス・モリー」などのヒット曲を連発した。それらの楽曲は、彼のシンプルなポンピング・ピアノと、ゴスペルの影響を受けたヴォーカル、色気に満ちた(しばしば意味不明な)歌詞によって駆動していた。

    エルトン・ジョンは1973年に、「リトル・リチャードとジェリー・リー・ルイスを聴いていた、それだけだった」とローリングストーン誌に語っている。「他の誰かになりたいとは思わなかった。
    僕はジェリー・リー・ルイスよりもリトル・リチャードのスタイルに影響を受けていると思う。ジェリー・リーは手の込んだピアノ弾きでとても技巧的だけど、リトル・リチャードはどちらかというとパウンダー(鍵盤を叩きつけるように弾く人)だよ」と語っている。

    1958年以降、彼がトップ10入りを果たすことはなかったが、リトル・リチャードの影響力は絶大だった。ビートルズは「ロング・トール・サリー」を含む彼の曲を録音し、
    これらの曲でのポール・マッカートニーの歌唱や、ビートルズの楽曲「I’m Down」はリトル・リチャードへのオマージュとなった。彼の曲はロックンロールにおける「規範」の一部となり、
    エヴァリー・ブラザーズ、キンクス、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、エルヴィス・コステロ、スコーピオンズまで、何十年にもわたってカバーされてきた。

    5/9(土) 23:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200509-00033825-rolling-musi

    写真
    no title

    【【訃報】”ロックンロールの創始者”リトル・リチャードが87歳で死去】の続きを読む

    1: 2020/02/18(火) 22:33:32.87 ID:2s8aqO5b9
    ニルヴァーナのベスト・ソングス20曲:短いキャリアながらグランジを代表した世代の代弁者
    Published on 2月 16, 2020 uDiscoverMusic
    Written By Tim Peacock
    https://www.udiscovermusic.jp/stories/best-nirvana-songs


    ニルヴァーナが残した代表曲群は一つの時代を作り、カート・コバーンはその世代の代弁者になった。それらの楽曲には、言葉にはできないほどの魔法が、時を超え、現在もなお宿っている。

    グランジというジャンルの不変の代表でありながら、ニルヴァーナの音楽には時間の残酷さを生き抜く不思議な魔法がある。シアトル出身の3人組のキャリアは短いながらも並外れたものだった。
    驚くべきセカンド・アルバム『Nevermind』でスーパースターの地位を手に入れながら、1994年のカート・コバーンの悲劇的な死によって、ロック界でも稀有な個性をもったバンドの物語は終焉を迎えた。
    しかし確かに彼らは存在し、我々を楽しませ、愛すべき作品を残した。ニルヴァーナのベスト20曲を聴けば、そのことが痛いほどわかる。

    (中略)



    1位「Smells Like Teen Spirit」
    https://www.youtube.com/watch?v=hTWKbfoikeg


    2位「Lithium」
    https://www.youtube.com/watch?v=pkcJEvMcnEg


    3位「Heart-Shaped Box」
    https://www.youtube.com/watch?v=n6P0SitRwy8


    4位「Come As You Are」
    https://www.youtube.com/watch?v=vabnZ9-ex7o


    5位「In Bloom」
    https://www.youtube.com/watch?v=PbgKEjNBHqM



    6位「Drain You」
    7位「Frances Farmer Will Have Her Revenge On Seattle」
    8位「On A Plain」
    9位「Serve The Servants」
    10位「All Apologies」
    11位「About A Girl」
    12位「Polly」
    13位「Dumb」
    14位「Pennyroyal Tea」
    15位「Sliver」
    16位「Aneursym」
    17位「Where Did You Sleep Last Night?」
    18位「Been A Son」
    19位「School」
    20位「Love Buzz」

    ※各曲コメントは省略。

    (おわり)

    【【Nirvana】「ニルヴァーナのベスト・ソングス20曲」 短いキャリアながらグランジを代表した世代の代弁者】の続きを読む

    このページのトップヘ