洋楽

    1: 2020/02/18(火) 22:33:32.87 ID:2s8aqO5b9
    ニルヴァーナのベスト・ソングス20曲:短いキャリアながらグランジを代表した世代の代弁者
    Published on 2月 16, 2020 uDiscoverMusic
    Written By Tim Peacock
    https://www.udiscovermusic.jp/stories/best-nirvana-songs


    ニルヴァーナが残した代表曲群は一つの時代を作り、カート・コバーンはその世代の代弁者になった。それらの楽曲には、言葉にはできないほどの魔法が、時を超え、現在もなお宿っている。

    グランジというジャンルの不変の代表でありながら、ニルヴァーナの音楽には時間の残酷さを生き抜く不思議な魔法がある。シアトル出身の3人組のキャリアは短いながらも並外れたものだった。
    驚くべきセカンド・アルバム『Nevermind』でスーパースターの地位を手に入れながら、1994年のカート・コバーンの悲劇的な死によって、ロック界でも稀有な個性をもったバンドの物語は終焉を迎えた。
    しかし確かに彼らは存在し、我々を楽しませ、愛すべき作品を残した。ニルヴァーナのベスト20曲を聴けば、そのことが痛いほどわかる。

    (中略)



    1位「Smells Like Teen Spirit」
    https://www.youtube.com/watch?v=hTWKbfoikeg


    2位「Lithium」
    https://www.youtube.com/watch?v=pkcJEvMcnEg


    3位「Heart-Shaped Box」
    https://www.youtube.com/watch?v=n6P0SitRwy8


    4位「Come As You Are」
    https://www.youtube.com/watch?v=vabnZ9-ex7o


    5位「In Bloom」
    https://www.youtube.com/watch?v=PbgKEjNBHqM



    6位「Drain You」
    7位「Frances Farmer Will Have Her Revenge On Seattle」
    8位「On A Plain」
    9位「Serve The Servants」
    10位「All Apologies」
    11位「About A Girl」
    12位「Polly」
    13位「Dumb」
    14位「Pennyroyal Tea」
    15位「Sliver」
    16位「Aneursym」
    17位「Where Did You Sleep Last Night?」
    18位「Been A Son」
    19位「School」
    20位「Love Buzz」

    ※各曲コメントは省略。

    (おわり)

    【【Nirvana】「ニルヴァーナのベスト・ソングス20曲」 短いキャリアながらグランジを代表した世代の代弁者】の続きを読む

    1: 2020/02/14(金) 22:56:51.79 ID:lzYrCQUd9
    ブラック・サバスのデビューアルバム、アルバム・カヴァーに登場する女性の正体が判明
    2020/02/14 18:36
    http://amass.jp/131286/

    Black Sabbath / Black Sabbath
    no title

    https://www.rollingstone.com/music/music-features/black-sabbath-debut-album-heavy-metal-origin-interview-949070/


    ブラック・サバス(Black Sabbath)が1970年2月13日にリリースしたデビュー・アルバム『Black Sabbath(邦題;黒い安息日)』。アルバム・カヴァーに登場する女性の正体が判明。
    名前はルイーザ・リヴィングストン(Louisa Livingstone)で、現在は“Indreba”という名義で電子音楽を作っています。以下で聴けます
    https://indreba.bandcamp.com/track/harps-dreams

    米ローリングストーン誌は、発売50周年を迎えた同作を特集。その中で、リヴィングストンについても紹介しています。

    『Black Sabbath』のアルバム・カヴァーは、キース・マクミランという若い写真家によって撮影されました。彼はライナーノートでは「Keef」してクレジットされています。
    マクミランは「実を言うと、あのようなヘヴィロックを本当に楽しんだのは初めてでした。でも、生涯のファンになった」と米ローリングストーン誌に話しています。

    リヴィングストンは撮影当時18歳か19歳。現在は68歳または69歳ぐらい。

    彼女は米ローリングストーン誌に「朝4時頃に起きなければならなかった。キースはドライアイスを持って走り回り、水の中に投げ込んでいた。
    うまくいかなかったようで、最終的にはスモークマシンを使った。彼はこれがブラック・サバスのためだと言っていたが、当時の私にとってそれが何を意味するのかはわからなかった」と話し、
    また彼女が後にブラック・サバスを聴いたとき、自分の音楽ではないと思ったとも話しています。

    以下のファンはルイーザの写真をツイッターに投稿しています。


    @blwcksabbath
    the legendary mysterious girl of the black sabbath debut album cover, louisa livingston

    exactly 50 years ago
    no title

    no title


    (おわり)

    【【黒い安息日】ブラック・サバスのデビューアルバム、アルバム・カヴァーに登場する女性の正体が判明】の続きを読む

    1: 2020/02/13(木) 20:20:46.44 ID:ZNImfQ+49
    2020/02/13 14:28掲載
    http://amass.jp/131228/

    ボン・ジョヴィ(Bon Jovi)は、「Livin' on a Prayer」のミュージックビデオの4Kリマスター・ヴァージョンをバンドのYouTubeチャンネルにて公開中。バンドのSNSでは、これまでのヴァージョンとの比較映像が投稿されています


    Bon Jovi
    @BonJovi

    Have you watched #LivinOnAPrayer in HD yet??
    http://youtu.be/lDK9QqIzhwk �� @YouTube

    5:33 - 2020年2月13日
    https://twitter.com/BonJovi/status/1227692322965442560?s=20

    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1227692288836427781/pu/vid/720x720/47zxSD8HvKn6BtSX.mp4


    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【名曲再び】ボン・ジョヴィ、「Livin' on a Prayer」ミュージックビデオの4Kリマスター版公開中、比較映像も】の続きを読む

    43418
    1: 2020/02/11(火) 16:12:15.03 ID:XxrTUOUP9
    2020/02/11 14:18掲載
    http://amass.jp/131157/

    NFLの優勝決定戦「スーパーボウル」のハーフタイムショーでAC/DCに演奏して欲しいと願う請願キャンペーンが、請願サイトchange.orgでスタート。これにトゥイステッド・シスター(Twisted Sister)のフロントマンであるディー・スナイダー(Dee Snider)が賛同。自身のSNSで支援を求めています。

    スナイダーは請願サイトに

    「スーパーボウルのハーフタイムショーで本物のメタルがプレイされてからしばらく経った。誤解しないでほしいのだが、すべての音楽アーティストは素晴らしい仕事をしてきたし、ショーもやるべきだが、すべてに順番が必要だ。ロックンロールの時間だ。AC/DCCの他に誰がいる?!彼らは一緒に戻ってきて、新しいアルバムを作成し、おそらくまたツアーをする。トゥイステッド・シスターのディー・スナイダーは君たちと一緒だ!」

    と投稿しています

    ●change.org内 該当ページ
    https://www.change.org/p/ac-dc-ac-dc-to-play-super-bowl

    【【HR/HM】「スーパーボウル」のハーフタイムショーでAC/DCの演奏を求む請願キャンペーン開始、トゥイステッド・シスターも賛同】の続きを読む

    1: 2020/02/07(金) 22:35:26.39 ID:49tSv30l9
    2020.2.7 金曜日
    ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ、ついにタバコを止める
    https://nme-jp.com/news/85462/
    GETTY
    no title



    ザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズは1年前にニコチンを止めるのは「ヘロインを止めるよりも難しい」と語っていたものの、ついにタバコを止めたことを明かしている。

    ラジオ局「Q104.3」のジム・カーとのインタヴューの中でキース・リチャーズは昨年10月以来、タバコに触っていないと語っている。

    キース・リチャーズはタバコをやめた決断について「そうなったんだ。そういうことにね」と語っている。

    「俺もミックも両方がこの間やっていた最後のツアーでそう思ったんだよ」

    「これを続けなくちゃならないからね」

    キース・リチャーズは2019年にタバコを止めることについて次のように語っていた。

    「ヘロインを止める時は地獄だけど、短い地獄という感じなんだ。タバコというのは常にそこにあって、いつも手を出してしまうんだよ。ただ手に取って、火を点けてしまうんだ。考えもせずにね」

    「実のところ最近は、このニュースを広めてほしいんだけど、日々の量をかなり減らすことができているんだ」

    「強めのはやめているんだよね。食事中はワインを1杯だけ飲んで、ギネスかビールを1?2杯飲んでいるんだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【禁煙】ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ、ついにタバコを止める】の続きを読む

    このページのトップヘ