東京

    IMG_0192

    1: 2020/01/16(木) 13:02:08.19 ID:fHQdIh6f9
    “体液入り避妊具”近隣投げ込み71歳逮捕
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200116-00000128-nnn-soci
    日本テレビ系(NNN)1/16(木) 12:17

    自分の体液が入った避妊具を、数年間にわたり近所の家の敷地などに投げ捨てていたとみられる71歳の男が逮捕された。

    警視庁によると、逮捕された長谷川正春容疑者は去年10月、東京・練馬区で自分の体液が入った避妊具2個を近所の家の敷地などに投げ捨てた疑いがもたれている。

    周辺の防犯カメラの映像などから、関与が浮上したということで、調べに対し、
    「奥さんたちが拾って捨てるところを想像して性的欲求を満たしたかった」と容疑を認めているという。

    周辺では、数年前から同様の被害が十数件あり、警視庁は長谷川容疑者との関連を調べている。

    【【事件】自分の体液入り避妊具を数年間にわたり近隣投げ込み…71歳の男逮捕】の続きを読む

    1: 2020/01/13(月) 06:30:11.90 ID:oeHhxQ2m9
    2020年、東京では広域で再開発ラッシュが起こっている。超高層ビルが立ち並び、クリーンな街づくりが進む一方、都会の街は夜になると顔を変え、大麻や殺傷事件など物騒な話題が世間を騒がせた。そんなヤバいニュースのさらなる裏側や、ニッチだが知っておきたい闇情報を、夜の街のプロフェッショナルから総ざらいする!

    ◆ナンパ目的の若者は消え、真の富裕層が派手な夜を過ごす「六本木」

     金持ちの街というイメージがある六本木だが、最近はその色がより濃くなっている。「総じて一見さんが遊びにくくなった」と語るのは、パパ活やギャラ飲みで生計を立てる港区女子のナツミさん(仮名)。

    「六本木のラウンジやバーなどは会員制が多い。それらのツテがない大学生などはクラブや路上でナンパするのをよく見る街でしたが、最近は全くです。クラブは外国人ばかりでナンパスポットからはほど遠く、若者は渋谷のクラブに流れてしまっているようです」

     数年前まではナンパや若い男女のイチャイチャスポットとなっていたミッドタウン近くの公ぎゃらのま園も、いまは閑散としているという。

     ギャラ飲みやパパ活がアプリなどで一般化したことも、金持ちとそうでない人を分断する要因に。

    「普通のOLまでもギャラ飲みをしていますが、本当のお金持ちや芸能関係者は依頼しない。一部の“古参港区女子”の需要は高まり、年収も上がっています」

     一部では違法薬物も横行しているようだ。

    「より刺激を求め、大麻やコカインを会員制のお店で使用する富裕層も。それらの影響もあり、閉鎖的な街になってしまいました」

     ショークラブ「バーレスク東京」のディレクター、内藤良太氏は“六本木バブル”を実体験。

    「仮想通貨で億り人になった人がチップを一晩で300万円分くださることもあり、夜の景気は上々です。僕がホリエモン氏の誕生日会で『和牛マフィア』に行ったときは、上場企業の社長らが1人前15万円の肉を頼み、さらに僕が4万円のウニをのせて作った“牛肉うにのせ”を他の関係ないお客さんにまで振る舞うなど、日々派手に遊んでいますよ」

     大人の金持ちが勢いを増す街。バブルは続くのか?

    ◆<夜の六本木ニュースランキング>

    1位 富裕層に浸透する違法薬物
    今、富裕層の間に浸透してきているのが大麻、MDMA、コカインなどの違法薬物だ。外部に漏れないように馴染みの会員制バーの中で薬物を使用し、身内で楽しむという危ない火遊びが金持ちの流行。

    2位 韓国発クラブが早くも衰退
    今年2月にオープンしたばかりの韓国発の注目クラブ「オクタゴン」。しかし、当初の話題性だけで実際に遊んでいる若者の姿はめっきり見かけなくなった。客が流れているのは圧倒的に渋谷だとか。

    3位 ナンパスポットが激減
    かつてはクラブやストリートナンパが横行していたが、最近ではそのスポットが減少しているうえ、女性も相手をしない。ノリと勢いだけでカネがない大学生は遊ぶ場所もなく、六本木を去る傾向に。

    4位 パパ活、ギャラ飲みの一般化
    手当をもらって遊ぶことが主流に。しかし“港区女子”は厳選された。

    5位 芸能人が集う会員制バー
    一見では入れない会員制バーで芸能関係者は夜な夜な密会を行う。

    6位 ロアビルの解体で景観の悪化
    六本木の象徴、ロアビルが解体工事中で華やかさのかけらもない。

    7位 年々進む閉鎖的環境
    バーレスクやパーティオンが唯一のスポットとなり閉鎖的な街に。

    【熟練港区女子・ナツミさん(仮名)】
    六本木界隈でのギャラ飲み歴7年の港区女子。最近では自分は現場に顔を出さず仲介やパパ活で年収約800万円を得ている

    【「バーレスク東京」ディレクター・内藤良太氏】
    六本木の人気スポット「バーレスク東京」「パーティオン東京」を束ねる。所属ダンサーは外部のイベントにも出演するほどの人気

    no title

    https://news.livedoor.com/article/detail/17653965/

    【【ギャラ飲み女子が語る】六本木からナンパ目的の若者が消えた実情とは】の続きを読む

    1: 2020/01/11(土) 09:21:26.77 ID:8LJ0PtGq9
    「飯塚さん、少しお話を伺ってもよろしいでしょうか」

    本誌記者がそう声をかけると、歩行器にもたれかかりながら覚束ない足取りで歩いていた老人は、弱々しく視線を上げ、驚いたような表情を見せた――。

    12月下旬の朝9時半、一人の老人が自宅マンションを出て、妻と共にタクシーに乗車した。向かった先は都内にある病院。彼は’19年4月、池袋(豊島区)で暴走事故を起こした、旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三氏(88)である。

    ’19年4月、フレンチレストランを予約していた飯塚氏は妻を助手席に乗せ、車を運転していた。東池袋の交差点に差し掛かると、飯塚氏の車は突然、150mにわたって暴走。親子用自転車に乗っていた松永真菜さん(享年31)と娘の莉子ちゃん(享年3)を撥(は)ねて死亡させ、8人に重軽傷を負わせた。

    「自転車に乗った母と娘がグレーのプリウスに衝突され、6mほど吹っ飛ばされていました。プリウスはそのまま猛スピードでゴミ収集車に激突し、スピンしながら横断歩道の人の列に突っ込みました」(事故を目撃した20代の男性)

    事故から8ヵ月以上が経った今でも、飯塚氏は逮捕も起訴もされていない。妻と娘を失った遺族の松永氏は7月、飯塚氏への厳罰を求める署名活動を始め、その数は2ヵ月で39万筆を超えた。

    飯塚氏はこうした自身の状況をどう捉えているのか、そして遺族に対してどのように罪を償(つぐな)っていくつもりなのか。冒頭の日、脚の持病を治療するために都内の病院を訪れた飯塚氏を本誌は直撃した。

    ――事故を起こしたことについて今の気持ちを聞かせてください。

    「申し訳ないと思っています。被害者の方には毎日、手を合わせています」

    ――飯塚さんを厳罰に処してほしいとする署名が39万筆集まりました。

    「事故に関するさまざまな報道があったので、当然の結果だと思っています」
    ――警察の調べに対し、「アクセルが戻らなくなった」と説明されていましたが。

    「お答えできません」

    病院の玄関外から受付近くまで取材に応じた飯塚氏。最後は隣に付き添っていた妻が、「予約時間がありますので……」「病院内ですので……」と夫を庇(かば)うように止めに入り、取材は終了した。

    二人の命を奪った飯塚氏は今後どのような処分を受けるのか。交通事故を多く扱う弁護士の藤原寿人氏はこう語る。

    「現時点で飯塚氏が起訴されていない理由として、被害者の人数が多く事情聴取に時間がかかったことや、在宅のまま捜査が進んでいるため時間制限が設けられていないことなどが考えられます。今後、捜査が進めば起訴も考えられ、実刑判決になる可能性も十分にあるでしょう」

    飯塚氏が逮捕を免れたのは、元キャリア官僚の「上級国民」だからではないかという怒りの声がネットで支持された。公平な裁判を一刻も早く始めるべきだろう。

    2020年01月11日
    https://friday.kodansha.co.jp/article/88995

    【【池袋暴走事故】飯塚幸三元院長「被害者の方には毎日、手を合わせています」】の続きを読む

    5005

    1: 2020/01/07(火) 08:28:47.90 ID:uKGlIdG69
    東京五輪イヤーで日本中が沸いているが、東京・永田町はもう1つの闘いで大きく揺れている。五輪直前の7月5日に投開票が行われる東京都知事選挙だ。

     出馬が確実とみられる現職の小池百合子知事(67才)に対し、「反小池」の自民党東京都連の候補者選びは難航していた。丸川珠代参議院議員(48才)、鈴木大地スポーツ庁長官(52才)といった名前は挙がるが、小池一強の牙城を揺るがすまでにはいたらないとされる。

     そこで白羽の矢が立ったのが、「日本一アツい男」といわれる松岡修造(52才)だという。

    「熱血漢でクリーンなことから好感度が高く、阪急電鉄、宝塚歌劇団、東宝などを創業した小林一三氏のひ孫と血筋もいい。舛添要一元都知事の政治資金問題が出た際、藤田ニコルさんが“次の都知事は松岡さんがなったらいい”というなど若者人気も高く、幅広い層からの得票が期待できます」(政治部記者)

    「修造出馬」のプランは着々と練られているという。

    「自民党の二階俊博幹事長は小池支持ですが、自民党都連は松岡推薦の声が強まっています。元アスリートで、東京五輪の日本選手団の応援団長を務める松岡さんが東京の顔になれば、五輪がさらに盛り上がることは間違いない。自民党のカラーを出さず推薦という形で、無所属で出馬させて小池さんを打ち負かし、そのまま五輪になだれ込むことを目論んでいます。老若男女に人気の高い松岡さんが対抗馬となれば、小池さんも安泰とはいえない。小池さん側としては、笑えない状態です」(前出・政治部記者)

     肝心の松岡の反応はどうか。

    「内々に打診があったようですが、結論は出ていないそう。収入面や仕事への影響などもありますが、最大の悩みはタカラジェンヌの長女・恵さん(20才)のことのようです」(自民党関係者)

     現在、星組に所属する恵さんは、宝塚音楽学校の卒業公演で主演を務めた逸材。初舞台となった昨年4月の『オーシャンズ11』も大盛況で、次代のスターと評される。

    「娘さんが一人前のタカラジェンヌになり、うれしくて仕方のない松岡さんは娘さんの活動を陰ながら支えるつもりです。でも都知事になったら警備の問題などで簡単に公演を見に行けなくなり、恵さんの活動にも影響が出る恐れがある。それで松岡さんは思い悩んでいるようです」(前出・自民党関係者)

     熱血都知事の誕生なるか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00000004-pseven-soci

    【【さらなる温暖化へ?】松岡修造、東京都知事選へ】の続きを読む

    1: 2020/01/07(火) 08:10:23.74 ID:qi9mQ8Ir9
    【他人の自殺をスマホに残したいのか?】新宿駅、真昼の路上自殺に無数のスマホ撮影が群がりショック!

    2020/01/07

    https://twitter.com/ban_p_wa_ka/status/1214042607166189568?s=21

    仕事始め早々、新宿の南口で首吊り自殺があったらしく、昼食後たまたまそこを通りかかった後輩が目撃したらしい。もちろんその現場事態も衝撃だったらしいが、その様子を撮影する無数のスマホにショックを受けたらしい。他人の自殺シーンを自分のスマホに残したいか?僕は嫌だ。 
    【【閲覧注意】新宿駅、真昼の路上自殺に無数のスマホ撮影が群がる】の続きを読む

    このページのトップヘ