映画

    1: 2020/03/19(木) 06:25:43.61 ID:fAG74Di+9
     佐藤健が主演を務める実写映画『るろうに剣心』シリーズの最終章で、有村架純が主人公・緋村剣心の妻だった女性・雪代巴(ゆきしろ・ともえ)を演じることが発表され、ビジュアルが公開された。

     最終章は先日、新田真剣佑が演じることが発表されたシリーズ最恐の敵・雪代縁(えにし)との戦いを描く『るろうに剣心 最終章 The Final』(7月3日公開)と、剣心の頬に刻まれた十字傷の謎に迫る『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(8月7日公開)の2作。原作の最終章にあたる「人誅(じんちゅう)編」と、OVA(オリジナルビデオアニメーション)化され、高く評価された人誅編の一部である「追憶編」を実写化する。

     雪代巴は、十字傷の謎の鍵を握る、かつて剣心の妻であった人物。幕末、剣心が血も涙もない“人斬り抜刀斎”と呼ばれた時代に、唯一心を許したにもかかわらず、その手で斬殺した相手だ。『The Final』で縁が剣心に復讐を仕掛けてくる理由とも深く関係しており、早くからそのキャスティングが注目されていた。

     有村は「プロデューサーの方から『このエピソードは巴がいないと成り立たない作品だ』と言って頂きました。1作目から原作ファンの方や映画ファンの方からすごく大切にされている作品ですし、健さんやキャストの方、監督やスタッフの皆さんが大切に作られている作品ですので、嬉しい思いもありましたが、同時に大きなプレッシャーも感じました」と吐露。

     撮影現場では佐藤から「本当に大切に思っている作品で、7年前の『るろうに剣心』の始まりの役づくりは巴からスタートしている」と話があったそうで、「7年間ずっと巴がベースにあって、今の剣心が出来ているという、その言葉の重みを深く受け止めました。どれだけ『るろうに剣心』を愛しているのかというのはひしひしと隣にいて感じました」と振り返った。

     一方の佐藤もシリーズを通して「僕の中には、雪代巴という一人の女性が内包されていました」といい、「The Beginning の撮影初日、僕の中に7年間内包されていたものが、突如実体を持って目の前に現れました。巴として初めてお会いするはずの有村さんに、どうしようもない懐かしさを感じました。それからの撮影の日々は、辛く悲しくありながらも夢のようで、今思い返しても、あんなにも美しく、そして儚い時間を過ごした経験はありません」と述懐した。

     ファンの間でも高い人気を誇るキャラクターである巴。大友啓史監督は「このヒロインは、演じるのに決して簡単な役ではありません」と認める中、「思い浮かんだのが、『3月のライオン』でご一緒した有村架純さんでした」という。「彼女なら、真っ白い心で、この役を、孤独な二つの魂の、燃えるような邂逅(かいこう)の物語を一緒に走ってくれるのではないか」と感じたことを明かし、「魂を込めて演じ切った有村架純さんの『巴』像を、一刻も早く皆さんにお披露目したい気持ちでいっぱいです」と自信をのぞかせた。(編集部・中山雄一朗)


    2020年3月19日 6時00分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0114801
    no title

    【【賛否】有村架純『るろうに剣心』で雪代巴役!ビジュアルが公開】の続きを読む

    1: 2020/02/18(火) 20:11:50.30 ID:U8bF8VHx9
    https://natalie.mu/eiga/news/367634
    2020年2月18日 11:00

    「るろうに剣心 最終章 The Final」「るろうに剣心 最終章 The Beginning」で斎藤一役の江口洋介が続投することがわかった。

    斎藤は元新選組三番隊組長として幕末の動乱を生き抜き、その後警官となった男。「悪・即・斬」という信念を持っている。江口は「今回は撮影に半年以上掛かり、その間はずっと緊張感を維持しなければいけないので苦労しましたが、撮影したこの画が全て繋がっていくと思うと、これはとんでもない映画になるなと確信しました(笑)」とコメント。「『The Final』と『The Beginning』はストーリーや時代が全く違うので、セリフの言い回しやトーンも変わってきます。幕末から明治という新時代になり、剣心や斎藤も世の中の流れとともに変化する様は見所です。その振り幅は、2作品を続けて観ると相当な見応えがあると思います」とアピールした。

    佐藤健が主演し、大友啓史が監督を務める「るろうに剣心 最終章 The Final」は7月3日、「るろうに剣心 最終章 The Beginning」は8月7日に公開。

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【牙突再び…?】”るろうに剣心”斎藤一役の江口洋介が続投「とんでもない映画になると確信した」】の続きを読む

    1: 2020/02/13(木) 12:13:54.89 ID:zCrmODur9
    https://news.yahoo.co.jp/byline/iidaichishi/20200212-00162468/
    2/12(水) 13:00 飯田一史 | ライター

    ふじたによる大ヒットマンガ『ヲタクに恋は難しい』を福田雄一監督が実写映画化した作品が2020年2月7日から公開中だ。
    ところがTwitterなどSNSを見るかぎり、原作ファンの多くからは好評とは言いがたい状態だ。なぜだろうか?

    これまでも福田雄一監督はマンガを原作とした実写ドラマや映画を多数手がけてきた。
    『アオイホノオ』『今日から俺は!!』『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』等々。
    もともと福田監督は佐藤二朗やムロツヨシといったメンツを必ず登場させて若干内輪ノリなパートを挿入したり、原作の設定やストーリーから逸脱するものもなかったわけではない。ところがそのなかでも今回の『ヲタ恋』は特別反発が強いように見受けられる。

    たとえばオタクたちを登場人物にした作品でも『アオイホノオ』のときは原作ファンからも歓迎され、『ヲタ恋』はそうではなく、「監督はオタクをバカにしている」という感想が散見されるのはなぜだろうか?

    福田監督の演出が生きるのは熱血バカを主人公にしたときである。ウラオモテのないハイテンションバカと言ってもいい。
    こういう人間を視聴者側が観て笑ってしまうのは、キャラ側が突き抜けていておもしろいからである。
    『アオイホノオ』に登場するホノオも庵野秀明もどうかしているが、彼らを観ていて「オタクをバカにしている」感じはしない。もともとそういうキャラ(人物)だったろうなと思うだけで、不自然な誇張が感じられないからだ。

    ところが『ヲタ恋』は隠れオタOLの成海にしろ、クールメガネの宏嵩にしろ熱血バカではない。にもかかわらず、根本的には監督が撮るスタイルを変えていないがゆえに、齟齬が起きてしまっている。

    全文はソースをご覧ください

    no title

    no title

    no title

    no title


    no title

    【【批判殺到?】実写版『ヲタクに恋は難しい』原作ファンの多くから「監督はオタクをバカにしている」という感想】の続きを読む

    1: 2020/01/03(金) 08:21:40.36 ID:3RrYxCHX9
    【【完成度高】"動画あり"『超電磁マシーン ボルテスV』(1977)がフィリピンで実写化】の続きを読む

    1: 2019/12/27(金) 18:12:33.77 ID:uRZGeMCg9
    http://amass.jp/129704/
    2019/12/27

    米国のエンタテインメント系メディアPasteが「ゴジラ映画全32作品」をランク付け。

    32. Godzilla (1998, American remake) GODZILLA
    31. Godzilla’s Revenge (1969, alternatively All Monsters Attack) ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃
    30. Godzilla Raids Again (1955, alternatively Gigantis, the Fire Monster) ゴジラの逆襲
    29. Ebirah, Horror of the Deep (1966, alternatively Godzilla vs. the Sea Monster) ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
    28. Son of Godzilla (1967) 怪獣島の決戦 ゴジラの息子
    27. Godzilla vs. Gigan (1972) 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
    26. Godzilla vs. SpaceGodzilla (1994) ゴジラvsスペースゴジラ
    25. Godzilla vs. Megalon (1973) ゴジラ対ヘドラ
    24. Godzilla vs. Hedorah (1971, alternatively Godzilla vs. the Smog Monster)
    23. The Return of Godzilla (1985, alternatively Godzilla 1985) ゴジラ
    22. Godzilla vs. Megaguirus (2000) ゴジラ×メガギラス G消滅作戦
    21. Ghidorah, the Three-Headed Monster (1964) 三大怪獣 地球最大の決戦
    20. Godzilla vs. Mothra: The Battle for Earth (1992) ゴジラvsモスラ
    19. King Kong vs. Godzilla (1962) キングコング対ゴジラ
    18. Godzilla: King of the Monsters (2019) ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    17. Godzilla: Tokyo S.O.S. (2003) ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
    16. Godzilla (2014) GODZILLA ゴジラ
    15. Godzilla vs. Mechagodzilla 2 (1993) ゴジラvsメカゴジラ
    14. Godzilla Against Mechagodzilla (2002) ゴジラ×メカゴジラ
    13. Terror of Mechagodzilla (1975) メカゴジラの逆襲
    12. Godzilla 2000 (1999) ゴジラ2000 ミレニアム
    11. Godzilla: Final Wars (2004) ゴジラ FINAL WARS
    10. Shin Godzilla, aka Godzilla Resurgence (2016) シン・ゴジラ
    9. Gojira (1954, alternatively Godzilla, King of the Monsters) ゴジラ
    8. Godzilla vs. Monster Zero (1965, alternatively Invasion of Astro-Monster) 怪獣大戦争
    7. Destroy all Monsters (1968) 怪獣総進撃
    6. Mothra vs. Godzilla (1964, alternatively Godzilla vs. The Thing) モスラ対ゴジラ
    5. Godzilla vs. Biollante (1989) ゴジラVSビオランテ
    4. Godzilla vs. Mechagodzilla (1974) ゴジラ対メカゴジラ
    3. Godzilla vs. Destoroyah (1995) ゴジラvsデストロイア
    2. Godzilla, Mothra & King Ghidorah: Giant Monsters All-Out Attack (2001) ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
    1. Godzilla vs. King Ghidorah (1991) ゴジラvsキングギドラ
    no title


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.pastemagazine.com/articles/2019/12/every-godzilla-movie-ranked-monsters-kaiju.html

    【【あの作品は何位?】米Paste 「ゴジラ映画全32作品」をランク付け 1位はゴジラvsキングギドラ (1991)】の続きを読む

    このページのトップヘ