愛知

    1: 2020/01/14(火) 07:53:49.65 ID:7URs+DAb9
    13日午後、愛知県豊田市の産業廃棄物処理施設で、外壁の補修作業をしていた男性作業員の頭にショベルカーの先端部分があたり死亡しました。

     13日午後2時頃、豊田市八草町の「フジ建設」豊田リサイクルセンターで、外壁の補修作業中にショベルカーの先端部分に取り付けられていた鉄骨を切断する重機が落下し、作業員の中川秀生さん(73)の頭にあたりました。

     中川さんは病院に運ばれましたが、間もなく死亡しました。

     警察によりますと、現場では老朽化した外壁のフェンスを補強する作業をしていて、鉄板を支えていたショベルカーの先端部分が誤って落下したということです。

     事故当時、中川さんを含め、あわせて3人が作業をしていたということで、警察は作業方法などに問題がなかったか調べています。

    1/13(月) 21:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00026189-tokaiv-soci

    【【事故】ショベルカーの“先端部分”が落下し、作業員の頭に当たる 搬送も間もなく死亡】の続きを読む

    car_patocar_front
    1: 2020/01/12(日) 22:36:28.63 ID:mFUEpXir9
    愛知県警稲沢署は12日、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した稲沢市の男性(57)が、取り押さえられている間に意識不明の重体になったと発表した。

     署によると、男性は同日午後2時半ごろに「地域の会合でもめごとがあった」と110番通報。同署地域課の警察官らが駆けつけ、午後4時50分ごろに男性をパトカーで自宅へ送り届けたところ、パトカーのサイドミラーを壊したという。警察官3人で男性を地面に押さえつけておとなしくなるのを待っていたところ、意識を失っていることに気づき、救急車で病院に運んだという。

    1/12(日) 22:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000039-asahi-soci

    【【事件】警官が3人がかりで取り押さえた男が意識不明の重体に】の続きを読む

    1: 2020/01/11(土) 21:05:57.30 ID:hrHh59wr9
     カメの研究に魅了された高校生がいる。農業分野に力を入れる愛知県愛西市の県立佐屋高校二年生、石井日香留(ひかる)さん(17)。イネを食い荒らす外来種のミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)を捕獲、駆除する環境保全活動にとどまらず、その命を農業に生かそうと独自に甲羅の肥料化に成功した。あくなき探究心に第一線の専門家も一目置く存在だ。 (深世古峻一)

     幼少期からカメが大好きで、用水路で捕まえては飼育していた石井さん。中学二年の時、地元であった催しに行き、カメ研究の第一人者で、愛知学泉大の矢部隆教授(動物生態学)の講演を聴いた。

     自ら声を掛けて交流が始まり、その年、矢部教授が主導する、研究者や環境保護団体などが意見交換する「日本カメ会議」に参加。ミドリガメが三十年ほど前から全国各地で大繁殖し、農作物を食い荒らすなど生態系を脅かす実態を知った。早速、夏休みにミドリガメを捕獲する自由研究に取り組み、研究の道に進みたいとの思いを強くした。

     高校進学後は「駆除するだけでなく、命を農業に生かせないか」と考え、肥料化に挑戦。家畜の骨を砕いて作る肥料「骨粉」をヒントに、安楽死させたミドリガメの甲羅をハンマーで砕き、チップ状にした。それをニンジンを育てるプランターにまくと、散布しなかった場所よりも可食部が一センチほど大きく育った。

     成果が出た一方で、ハンマーで硬い甲羅を砕くため労力が要る。そこで甲羅を一日、蒸し焼きにして炭化させれば「より簡単に砕くことができ、作業が楽になるのでは」とひらめいた。完成させた肥料を県埋蔵文化財センターに持ち込み、エックス線分析を実施。リン酸やカルシウムが多く含まれ、有機肥料として有効なことを証明した。現状では製品化のハードルは高いが、現在、その「カメ炭」を使い、イチゴやランを育てている。

     石井さんは「捕獲して飼う手段もあるが、ぎゅうぎゅうの環境で生き続けることがカメの幸せではない。命を循環させることが大切だ」と言い切る。矢部教授は「地道な作業を続ける根気強さがあり、彼と話しているとその真っすぐさに、私自身が勇気づけられる」と、研究姿勢を評価する。

     石井さんの夢はもちろんカメの研究者。「大学で生物多様性の向上につなげられる研究がしたい」と目を輝かせている

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020010902000239.html
    no title

    【【夢はカメ研究家】「駆除のミドリガメを畑の栄養に」 愛知の高校生・石井日香留さん、甲羅の肥料化に成功】の続きを読む

    car_front
    1: 2019/12/27(金) 19:33:32.67 ID:8303Ie2O9
    https://this.kiji.is/583239374563853409?c=39546741839462401

    27日午後4時15分ごろ、愛知県尾張旭市新居の市道で、乗用車が歩道を歩いていた小学生の列に突っ込み、
    小学3年の9歳の男児2人をはねた。2人と、運転していた同県瀬戸市の女性(78)の計3人が病院に搬送され、
    男児2人のうち1人は脚を骨折する重傷。もう1人は頭を打っているという。

    守山署によると、小学生と保護者が歩道を歩いており、乗用車は縁石を乗り越えて列の最後尾に突っ込んだ。

    現場は片側1車線の見通しの良い直線。守山署が詳しい状況を調べている。

    【【事故】78歳女性の運転する車が歩道を歩いていた小学生の列に突っ込み小3男児2人を撥ねる】の続きを読む

    1: 2019/12/20(金) 23:53:26.84 ID:ub8Gzq7C9
     20日午後8時半ごろ、名古屋市中村区名駅3丁目の焼き肉店「炭火焼肉 一徳離宮」から「店内のロースターから煙が出た」と119番通報があった。名古屋市消防局によると、木造2階建ての店舗の上に伸びる排煙ダクトが燃えているという。けが人はいないというが、一帯は煙が充満し、忘年会の客らで騒然となった。

     消防局によると、テーブルについている肉を焼くロースターから出火したとみられ、煙を逃がすダクトに燃え移ったとみられる。店にいた客は全員避難させたという。現場はJR名古屋駅の東側の繁華街で、飲食店が並ぶ一角。現場から東に3キロほど離れた栄周辺までにおいが立ちこめた。

     焼き肉店の隣の飲食店で働くアルバイトの男子大学生(19)によると、午後8時半ごろに「隣の店でぼやがあった」と聞いた。しかし同9時半ごろになってみるみる煙が増え、付近の店でも消防から避難を求められたという。近くの飲食店で友人らと忘年会をしていたという男性会社員(26)は「店を出たらすごい騒ぎになっていて驚いた」と話した。

    朝日新聞デジタル 2019年12月20日23時29分
    https://www.asahi.com/articles/ASMDN7DNSMDNOIPE02H.html

    【【火災】名古屋駅近くの焼き肉店、「炭火焼肉 一徳離宮」で火災発生 】の続きを読む

    このページのトップヘ