山梨

    image
    1: 2020/09/19(土) 14:44:06.92 ID:8F4LuXr/9
     甲府市の知人宅にガソリンをまいて放火しようとしたとして山梨県笛吹市職員が逮捕された事件で、甲府地検は18日、同市春日居町鎮目、市観光商工課主査馬場渉容疑者(32)を殺人予備罪や現住建造物等放火予備罪、窃盗罪などで甲府地裁に起訴した。

     起訴状によると、馬場容疑者は先月26日から27日にかけて市役所の倉庫からガソリン8・6リットルを盗み、同28日午前1時15~20分頃、知人男性が住む甲府市の木造2階建て住宅に、火を付けて男性を殺害する目的で侵入し、1階勝手口ドアの網戸に穴をあけ、台所の床にガソリン1・6リットルをまいたとされる。

     捜査関係者によると、男性は馬場容疑者の上司。ガソリンをまいているところを上司に見つかり逃走したが、28日に現住建造物等放火未遂と住居侵入の疑いで逮捕された。起訴段階で殺人予備罪を適用したことについて、甲府地検の石塚隆雄・次席検事は「状況や供述などを全体的に考慮し、殺人の目的が判明したため」と説明した。

     笛吹市の担当者は「起訴状を確認した上で、説明する場を設けたい」としている。

    2020年9月19日 13時41分 読売新聞オンライン
    https://news.livedoor.com/article/detail/18923988/

    【【事件】午前1時 上司宅に侵入、台所にガソリンまく現場を見つかり逃走…殺人予備罪で笛吹市職員(32)起訴】の続きを読む

    image
    1: 2020/09/12(土) 22:03:15.17 ID:qDd7hscO9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c80565b6aa125bfd2448ded1ff6055621695a10

    山梨県内で練炭自殺をしようとした疑いで、静岡市の21歳の女ら3人が逮捕されました。

    自殺ほう助未遂の疑いで逮捕されたのは、静岡市清水区大内の無職の女(21)と都内の会社員の男(47)、
    埼玉県内の専門学生の少女(18)ら3人です。

    3人は11日午後9時半ごろ、山梨県南都留郡内の駐車場に止めた車の中で、練炭自殺を図った疑いが持たれています。
    3人の命に別状はありません。

    警察によりますと、3人はインターネットを通じて出会ったということです。
    12日午前6時半ごろ、御殿場市内で捜索届けのあった車を警察官が見つけ、職務質問をしたところ
    車内に燃えた練炭と七輪があり、犯行が発覚したということです。

    警察は3人が容疑を認めているかどうか、明らかにしていません。

    【【事件】18歳少女、21歳女、47歳男がネットで知り合い練炭自殺未遂。自殺幇助未遂で3人とも逮捕】の続きを読む

    IMG_0491

    1: 2020/02/28(金) 05:58:35.52 ID:01IyKx529
    「母が切られカッと…」めいを殴り死なせたか
    [2020/02/28 01:06]

    「母親が切り付けられているのを見て、カッとなった」と話しています。

    山梨県南部町の大工・望月克敏容疑者(60)は26日、
    自宅でめいで無職の香那さん(30)の顔を殴って押さえ付け、死亡させた疑いが持たれています。

    警察によりますと、望月容疑者は香那さんが包丁で89歳の母親を切り付けていたと説明しているということです。
    母親は頭などを切られましたが、軽傷です。取り調べに対し、望月容疑者は
    「母親が切り付けられているのを見て、止めようと思った。カッとなった」
    と容疑を認めているということです。

    テレ朝news
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000177410.html

    「母親が包丁で切りつけられ、止めようと殴った」姪を死亡させた疑いで男逮捕 山梨
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000004-utyv-l19

    【【事件】60歳男「母親(89)が包丁で切り付けられているのを見て、カッとなった」 姪(30)を殴り死亡させた容疑で逮捕】の続きを読む

    1: 2019/11/17(日) 19:15:10.13 ID:zedRA+bE9
    https://news.livedoor.com/article/detail/17394069/

    山梨県道志村のキャンプ場で9月21日、千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)が
    行方不明になってから2カ月になるのを前に、父の雅(まさし)さん(37)と母のとも子さん(36)が
    17日、現場を再訪した。

    キャンプ場は台風19号で土砂や岩が流入したり路肩が崩れたりするなど大きな被害を受けたが、
    仮復旧工事が終わり、営業が再開されたため状況を確認した。

    雅さんは「台風で様子は一変した。美咲がここにいてほしくないという思いは妻と同じ」、
    とも子さんは「現場が流れたのと同時に、それによって靴などの遺留品が浮かび上がった可能性もある」
    と話し、近くボランティアとともに再捜索を行う意向を示した。

    美咲さんは9月21日、とも子さんや姉、友人家族らとキャンプに訪れた。同日午後3時40分ごろ、
    先に遊びに行った子供たちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなった。
    山梨県警は10月6日に捜索を打ち切り、行方不明者として全国に手配する一方、
    事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査している。

    美咲さんは身長約125センチ、やせ形。不明になったときは黒の長袖シャツにジーパン姿で、
    緑のスニーカーを履いていた。


    小倉美咲さんが最後に目撃された丁字路で当時の状況を説明する母のとも子さん=17日午後、山梨県道志村椿
    no title


    小倉美咲さんが行方不明になった現場周辺で当時の状況を説明する母のとも子さん=17日午後、山梨県道志村椿
    no title

    【【7歳女児行方不明】女児の両親、台風被害の現場を再訪 】の続きを読む

    1: 2019/11/10(日) 11:39:15.55 ID:X9tkWQ1T9
    11/10(日) 11:32配信読売新聞オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00050114-yom-soci
     山梨県山梨市内の中学校で2016年に女子生徒が教諭に髪を切られて不登校となった問題で、生徒の両親は8日、市に770万円の損害賠償を求め、甲府地裁に提訴した。生徒がいじめを受けたとして当時の同級生1人と保護者にも慰謝料を求めて提訴した。

     訴状によると、女子生徒は16年6月、同級生から「におう」などと言われて学校に相談、学年主任だった教諭に工作用はさみで髪を切られ、不登校になったとしている。女子生徒は現在、県内の高校に通っているという。

     この日、両親は弁護士らと記者会見を開き、母親は「娘は適応障害で通院を続けている。市から娘への具体的な救済はなかった」と話した。市は「訴状が届いたら内容を精査し、対応したい」とコメントした。

     問題を受け、市教育委員会が設置した第三者委員会は今年2月、生徒の髪を切ったことについて「配慮に欠け、不適切だった」とする調査結果を公表している。

    【【裁判】中学女子、教諭に工作用はさみで髪切られ不登校…両親が市を提訴 】の続きを読む

    このページのトップヘ