姫路

    image
    1: 2021/09/29(水) 20:45:19.22 ID:+W3Kq4tu9
     勤務中の女性車掌の体を触ったとして、兵庫県警姫路署などは29日、同県迷惑防止条例違反の疑いで、同県姫路市の会社員の男(30)を逮捕した。同署によると、男は女性を触った際にスマートフォンで動画撮影もしており、「自分は『撮り鉄』ではなく『撮りケツ』だ」などと説明しているという。

     逮捕容疑は8月18日、姫路市のJR姫路駅構内の階段で、女性車掌(27)の下半身を触った疑い。同署の調べに容疑を認め、「ストレスがたまっていた。鉄道会社の制服が好きだった」とも話しているという。

    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202109/sp/0014719269.shtml
    【【事件】「私は撮り鉄ではない!〝撮りケツ〟だ!」駅で女性車掌のおしりを動画撮影しながら触った会社員の男(30)を逮捕】の続きを読む

    1: 2020/07/21(火) 22:58:17.11 ID:jVjhGsGv9
     21日午前10時ごろ、美作市滝宮の岡山国際サーキットでオートバイの練習走行をしていた兵庫県姫路市、職業不詳男性(55)が転倒し、後続のオートバイにひかれた。岡山市の消防ヘリコプターで同市内の病院に搬送されたが、約3時間後に死亡した。

     美作署によると、転倒したのはカーブ地点。約10台のオートバイと走行していた。原因を調べている。


    yahooニュース(山陽新聞) 7/21(火) 21:39配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e7bc243498339344c1e11c5fcf9a7c3c4cf2d67

    【【事故】岡山国際サーキットで男性死亡 練習走行中に転倒 】の続きを読む

    IMG_0402

    1: 2019/12/21(土) 07:27:53.36 ID:8MLzそKj2E9
    兵庫県警姫路署は20日、窃盗の疑いで姫路市の無職の男(55)を最終送致し、捜査を終結した。起訴済みの1件を含む53件、計約23万円の被害を裏付けた。調べに容疑を認めているという。

     同署によると、男は今年3~10月、姫路市を中心に東・西播地域の自販機から現金などを盗んだ疑い。男は針金状の物を付けた千円札を自販機に入れて商品を購入した後、釣り銭を取ってから千円札を引き抜く手口で犯行を重ねていたという。

    12/21(土) 6:30配信
    神戸新聞next
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191221-00000001-kobenext-l28

    【【事件】無職の男、千円札に針金を付け自販機で商品購入→つり銭受けて札を引き抜く】の続きを読む

    jiko_tanbo_car
    1: 2019/09/16(月) 19:53:32.02 ID:vJ/d3nBU9
    高校生がコンビニの車盗み3キロ逃走 田んぼに落ちて大破
    2019/9/16 12:27

    コンビニに止めてあった車を盗んだとして、兵庫県警姫路署は16日、窃盗の疑いで、
    いずれも姫路市に住む高校1年の少年(16)と専門学校1年の少年(15)を逮捕した。
     
    2人の逮捕容疑は共謀して15日午後4時20分ごろ、同市内のコンビニで、
    市内の男性(24)がエンジンをかけたまま止めていた軽乗用車を盗んだ疑い。
    高校生は容疑を認め、専門学校生は否認しているという。
     
    約3時間半後、市内をパトロール中の同署員が男性の車を発見。
    停止を求めたが、車は約3キロにわたって逃走した後、田んぼに落ちて大破した。
    運転していた高校生が打撲などの軽傷。高校生は無免許だったといい、道交法違反容疑でも調べる方針。

    神戸新聞NEXT
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201909/0012705004.shtml

    【【事故】コンビニに停めてあった車を盗み3キロ逃走、田んぼに落ちて大破 高校生(16)と専門学校生を(15)逮捕】の続きを読む

    job_kyuujinshi_man_happy
    1: 2019/08/30(金) 21:31:06.09 ID:h9aHQr4X9
    「就職氷河期世代」とされる30代半ば~40代半ばの人を正規職員として採用する方針を明らかにしていた兵庫県宝塚市は30日、募集締め切りとなる同日までに計1816人の応募があったと発表した。募集人数の3人に対し、倍率は600倍強となった。

     市によると、今月19日の受け付け開始後、北海道から沖縄まで全国から応募があったという。市は応募を500人程度と想定し、市役所など3カ所を試験会場として確保していたが、市外の大学施設なども含めて計10カ所に会場を増やした。中川智子市長は取材に「予想を超える応募状況。それだけ多くの方が支援を必要としていると実感した」。さらに「宝塚市だけでは砂漠に一滴の水を落とすようなもの」と述べ、他の自治体や民間企業に就職氷河期世代の人々を安定的に雇うよう訴えた。

     今回の職員採用は、社会に出る際に不景気の影響を受けた氷河期世代の人たちに対し、正規職員としての勤め先を提供するのが狙いだった。市が設けた募集要件は1974年4月2日~84年4月1日生まれで、学歴が高卒以上の人。職務経験などは問わなかった。市は9月22日に、1次試験を実施する予定という。(太田康夫)

    2019年8月30日20時32分 朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM8Z3W9QM8ZPIHB00C.html

    【【狭き門…】氷河期世代支援の職員3人募集、1800人殺到 倍率600倍】の続きを読む

    このページのトップヘ