大阪

    image
    1: 2020/11/20(金) 21:30:22.49 ID:Zz6YynrH9
    子ども被害情報など(豊中市刀根山1丁目)

    11月20日午後4時30分頃、豊中市刀根山1丁目1番付近において、帰宅途中の女子児童が後方からきた軽四自動車に乗車した2人組の男から追い越しざまに「おっぱっぴー」と声をかけられました。
     不審者は、年齢30歳から40歳位、黒色の短髪の男です。
     登下校はできる限り一人にはならず、人通りの多い道を通りましょう。
     不審者を発見すればすぐに110番通報してください。

    2020年11月20日 19:28
    https://www.gaccom.jp/safety/detail-601323

    【【不審者】「おっぱっぴー」 黒色短髪で40歳くらいの男が帰宅途中の女子児童に謎の声かけをする事案が発生】の続きを読む

    1: 2020/11/20(金) 21:06:02.12 ID:y5YutXgP9
    大阪市立小学校5年の女児(当時11歳)が昨年9月、いじめを受けていることを示唆するメモを残して自殺した問題で、大阪市は事実関係を調べる第三者委員会を設置する方針を固めた。弁護士や臨床心理士、教育研究者らに委員を委嘱する。

    市教委などによると、女児は昨年9月24日に学校を欠席し、午後に自宅マンションから飛び降り、死亡した。女児は「自分死んだってだいぢょうぶでしょ だれも悲しまない」などと記したメモを残していた。

    市教委は、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」と認定。児童へのアンケートを実施し、「いじめの可能性を否定できないが、具体的な事案は確認できていない」と判断した。今年1月、保護者に伝え、第三者委による調査を提案していた。保護者から10月、「客観的、中立的な視点で真相を知りたい」と申し出があったという。

    2020/11/20 05:00 読売
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20201120-OYT1T50112/

    【【いじめ?】「死んだってだいぢょうぶでしょ」とメモ残し小5女児が飛び降り自殺、第三者委設置へ】の続きを読む

    image
    1: 2020/10/15(木) 00:11:39.61 ID:SkWwTRYq9
     13日午後4時10分ごろ、大阪市城東区放出西2丁目の市道交差点で、自転車と乗用車がぶつかり、自転車に乗っていた同区放出西3丁目の小学6年生、徳田直大さん(12)が14日に搬送先の病院で死亡した。

    城東署は乗用車を運転していた同区永田1丁目の北村邦啓容疑者(78)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べている。

     署によると、北村容疑者の車のドライブレコーダーに、容疑者側が赤信号で交差点に進入する状況が記録されており、同容疑者は「ぼうっとしていた」と話しているという。

     交差点近くの工場に勤める男性(31)は「工場内にいたら大きな音がした。男の子が倒れ、(乗用車の)運転手はパニック状態で電話をしていた」と話した。(国方萌乃、浅沼愛)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6e6275cd099c5a465de876e84dea5c1ca4a21da8

    【【事故】78歳男性「ぼうっとしていた」運転中に赤信号で交差点に進入→小6を撥ねて死亡させる】の続きを読む

    5005
    1: 2020/08/19(水) 23:59:41.61 9
    8/19(水) 12:56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/339ab717847345cc83bc23d42d28f8fe66ee666a

     19日午前7時45分頃、大阪府和泉市のJR阪和線の踏切で、女性が京橋発和歌山行き快速電車(8両編成)にはねられ、現場で死亡が確認された。女性は学校の制服姿で、大阪府警和泉署は自殺の可能性が高いとみて身元などを調べている。

     署やJR西日本によると、女性が遮断機をくぐって踏切に入るのを通行人が目撃。電車の運転士も踏切内に立つ女性に150メートル手前で気づき、非常ブレーキをかけたが、間に合わなかった。

     この事故で阪和線などに運休や遅れが生じ、約2万1000人に影響が出た。

    【【事故】JR阪和線の踏切で女性が電車にはねられ死亡 遮断機くぐり踏切へ】の続きを読む

    5005

    1: 2020/08/12(水) 03:30:30.31 ID:MktyYyXk9
    ■コロナ患者の無断外出相次ぐ 大阪府、対応に苦慮

    大阪府は11日、新型コロナウイルス陽性の50代男性が、滞在中の宿泊療養施設「大阪アカデミア」(大阪市)から職員の説得を無視して外出したと発表した。同施設では、患者が無断で外出するケースが今月に入って相次いでおり、府は警備員を増やすなど対策に追われている。

    府によると、男性は「カップ麺が欲しい。用意しないと脱走する」などと要求。職員が断ると施設から無断で外出しようとした。職員や警備員ら7人がかりで男性を説得したが、無視してピザ店やコンビニに立ち寄り、約1時間後施設に戻った。
     
    同施設では、3日に療養中の20代男性が買い物で無断外出したほか、7日にも別の男性が無断で帰宅。府は警備員を2人に増員し、滞在中の患者に外出禁止を呼び掛けているが、禁止する法的根拠はなく対応に苦慮している。

    2020年08月11日21時48分 時事
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081101129
    ----
    ■説得無視してコロナ宿泊療養者が外出 宅配ピザ注文などのトラブルも 大阪

    大阪府は11日、新型コロナウイルスの軽症患者らの宿泊療養施設となっている大阪市住之江区のホテルで療養中の50代の男性患者が、警備員らの説得を無視して同日朝に外出したと発表した。このホテルでは8月3日と7日にも別の患者がそれぞれ無断外出していたが、説得に応じず外出を強行したのは初めてという。

    府によると、男性は8日に入所。翌9日に「家を探すから外出させろ」などと要望し、10日には禁止されている宅配ピザを注文。他の療養者にも絡むなど、度々トラブルを起こしていたという。

    11日はフロントに「もう出る」と一方的に連絡し、午前9時半ごろ荷物を持って外出したところを警備員が発見。ホテルにいた市職員や看護師らも加わって計7人で外出禁止の理由などを男性に説明したが、男性は無視してホテルの敷地外に出た。市職員が追跡したが見失ったという。

    男性はタクシーでピザ店や郵便局、コンビニエンスストアに立ち寄った後、自ら「どうすればいいか」と電話で連絡をしてきて、市職員の説得に応じて同11時ごろにホテルに戻った。外出中はマスクを着用し、府は濃厚接触者はいないとしている。

    このホテルでは無断外出が連続したことを受け、当初は夜間に1人しかいなかった警備員を24時間体制で2人配置するなど警戒を強化していた。ただ、府の担当者は「接触すると感染するリスクのある患者を引き留めるのは難しい。療養の意味を理解してもらえるよう粘り強く説明していきたい」としている。【近藤諭】

    8/11(火) 21:35配信 毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d833413439493012d2dabffe33ef9d027bf38aca 
    【【新型コロナ】また患者が外出…「カップ麺が欲しい。用意しないと脱走する」と要求するも拒否される】の続きを読む

    このページのトップヘ