外食

    1: 2019/12/11(水) 23:37:01.69 ID:z2oEqVPx9
    『ガイアの夜明け』(テレビ東京 12月10日放送回)が、定食チェーン「大戸屋」に密着し、ネット上で話題となった。残業時間の削減に取り組む様子を紹介したが、「密着に見せかけた告発回」「むしろブラックイメージを植え付けた」といった感想が相次いだ。

    大戸屋の山本匡哉社長は全国の店長が集まる「店主会」で、100時間近くに及ぶ残業時間をとがめ、

    「(残業削減に)本気になってる?いや目が死んでるんだけど」

    などと店長ひとり一人を問い詰めていた。飲食業は人手不足を店長が補うことが多く、長時間残業が常態化。今年4月から始まった大企業の残業規制で残業時間は原則45時間以内に規制され、業界では大きな課題となっている。(文:okei)

    ■「空回りなんだって努力が。このままじゃお店なくなるよ?」と詰められる店主

    番組で紹介されたのは東京都内の3店舗で、40代の店長たち。1人目は仕事が好きでむしろ残業したいモーレツ店主。2人目の店長はマンションのローンと私立に通う子ども2人の学費を抱え、「残業代がなくなると生活費が回らない」と心配する。

    ツイッターで特に注目を集めたのが3人目の43歳の店長だ。もともと「残業で自分が倒れては意味がない」という残業否定派で、人手不足は単発バイトを雇えるサービス「タイミー」を利用し解消できると考えていた。ところが、単発バイトは店長が1から毎回同じことを教えなくてはならず、却って余計な仕事やコストが増えてしまうという落とし穴があった。

    その結果、残業が80時間を超えてしまい、山本社長に呼び出され説教されるはめに。

    「店に活気があると自信持てる?」
    「空回りなんだって努力が。このままじゃお店なくなるよ?」
    「今まで頑張っていようが店主を降ろすしかないよ」

    ガンガン指摘された店長は、神妙な表情で説教を聞き「それは嫌です」と決意表明していた。

    そこで山本社長指揮のもと取り組んだのが、朝2時間かけていた「仕込み時間の短縮」だ。「さつまいもを揚げている間に豚汁を終わらせる」など、山本社長は極限まで作業を効率化する指示を出し、結果、半分の1時間に短縮できた。

    これにネット上では、「怖いよ…作業の時短強要は気持ちを追い詰める結果になりやすい」など、心配や批判的な声が多数上がっている。正直、家庭で毎日料理をしている筆者も揚げ物をしながら急ピッチで他の作業をすることに危うさを感じた。これで残業時間が短縮できたとして、得をするのは人件費を削減できる企業のみで、労働者は疲弊し収入が減るのでは……という心配がよぎってしまう。

    ■残業時間が削減できた、めでたしめでたしのように終わったが…

    それでも様々な努力の結果、残業は削減され、山本社長は「社員たちも苦しんでいますが、それをみんなで乗り越えた時に人という部分で成長できて、企業として強くなっていける」と語った。

    これに対してネット上では、バイトから叩き上げでのぼり詰めた社長が、まだ社員の熱意に甘えて精神論や根性論を説いていると捉えた人が多かった。「そうじゃないでしょ。本部主導で統一して変えないと」といった批判が続出している。

    とはいえ、すべて現場まかせというわけではなく、時給アップに応えたり、店舗で切っていた肉をカット肉にしたり、支援員を派遣するなど、本部も何もしていないわけではない。店主たちは、残業削減によって本屋に立ち寄る余裕や、子どもと遊ぶ時間、犬の散歩をする時間ができるなど、それぞれ良い結果もあり、めでたしめでたしの様相で番組は終わっている。

    ただ、山本社長は「頑張ったら給料が減ったという仕組みには絶対ならない。そこは安心してください」と語っていたものの、具体的にどうするか明言はなかった。確実な昇給や賞与アップなどを聞いて安心したかった、と考えたのは、筆者だけではないだろう。

    okei2019.12.11
    https://news.careerconnection.jp/?p=83920
    no title

    https://youtu.be/203HcPRh02Q


    【【ブラック現場を公開?】”ガイアの夜明け”「大戸屋」特集で社長の説教シーンが放送され「密着に見せかけた告発回」と話題に 】の続きを読む

    1: 2019/12/10(火) 21:13:31.32 ID:zUlVR8Fk9
    https://www.j-cast.com/2019/12/10374778.html?p=all

    「お客様のご来店が減少しております」――。ステーキレストランチェーン「いきなり!ステーキ」の店舗で、
    客の来店を願う言葉がつづられた張り紙がされている。運営するペッパーフードサービス(本社・東京都墨田区)社長の
    一瀬邦夫氏が語りかける内容で、文字は手書きのようだ。

    同チェーンは足元の業績が芳しくなく、この張り紙を見たインターネットユーザーからは「本当に客足が遠のいているんですね」
    といった声も漏れる。取材に応じた同社によると、張り紙は一瀬社長が直筆したメッセージだという。


    「いきなり!ステーキ」店舗に掲出された張り紙
    no title


    ■「このままではお近くの店を閉めることになります」

    いきなりステーキ・渋谷センター街店を訪れたというツイッターユーザーが2019年12月8日、張り紙の写真を投稿。ネット上で話題を呼んだ。

    張り紙は「社長からのお願いでございます 従業員、皆元気よく笑顔でお迎えいたします」と大きな字で書かれ、
    「いきなりステーキは日本初の格安高級牛肉の厚切りステーキを気軽に召しあがれる食文化を発明、大繁盛させて頂きました。
    今では店舗の急拡大により、いつでも、どこでもいきなりステーキを食べることができるようになりました」とチェーンの成長を振り返る。

    ところがこれに続くのは、

    「しかし、お客様のご来店が減少しております。このままではお近くの店を閉めることになります。従業員一同は明るく元気に頑張っております」

    と客足が遠のいている苦境の吐露。「お店も皆様のご希望にお答えしてほぼ全店を着席できるようにしました。
    メニューも定量化150g、200gからでも注文できオーダーカットも選べます」とし、

    「創業者一瀬邦夫からのお願いです。ぜひ皆様のご来店を心よりお待ちしております」

    とストレートに来店を呼びかけた。

    さらに「はじめてのご来店のお客様へ」とも続ける。「日本では厚切りステーキを食する文化はなかったですね。
    いきなりステーキが発進しました」とし、「勇気を出してドアを開けて下さい。オーダーは簡単です。感動の初体験がやみつきになります」
    とサービスへの自信を見せている。

    ■張り紙は「創業者・一瀬の想いを御客様へ御伝えする為に」

    13年末の1号店開業以来、急成長を続けてきたいきなりステーキだが、勢いには陰りが見えている。
    既存店売上高は18年4月から前年同月比マイナスを続け、19年10月には41.4%減にまで拡大。
    ペッパーフードサービスは11月、自社ブランド同士の競合が発生しているとして、いきなりステーキの出店計画を
    210店舗から115店舗に縮小し、さらに既存44店舗を退店すると発表した。

    芳しくない業績の表れともいえる「社長からのお願い」の張り紙。ツイッター上では、

    「本当に客足が遠のいているんですね。お近くの店舗を閉める。ん~、経営は難しい」
    「客に自ら入客数減ってますって言うか?普通?これちょっとでも不満持ってる客がみたらああ、やっぱりな。
    俺もちがう店に行くか...ってなるんじゃね?」
    「普通に行ってます。この数ヶ月で客激減しましたが混んで無くて良い」

    と、同チェーンの今後を憂える声などがあがっている。

    ペッパーフードサービス広報は12月11日、J-CASTニュースの取材に、この張り紙は12月3日から出しはじめたと明かす。
    今回目撃されたのは渋谷センター街店だが、いきなりステーキは11月末現在で国内に488店舗。広報は「順次全店に掲出予定です」とした。
    また、文字は手書きのようだが、

    「創業者・一瀬の想いを御客様へ御伝えする為に、一瀬が直筆で書いたものです」

    と説明した。


    【【画像】いきなり!ステーキ、社長直筆の「お願い」を全店舗で掲出へ「お客様のご来店が減少しております。このままでは閉店に」】の続きを読む

    1: 2019/12/06(金) 18:55:04.06 ID:E8ZDq07H9
    うどん店でお昼ご飯を食べることってよくある。早くて、安くて、美味しいのだから当然だ。うどんチェーンを利用する人も多いはずだが、みなさんはどこが一番好きだろうか。

    そこでJタウンネットでは、「うどんチェーン、どこが一番好き?」というテーマでアンケート調査を実施した(総得票数1659票、2019年9月18日~12月2日)。

    はたして、その結果は――。

    2位に「はなまる」、3位は埼玉の...

    こちらは全国の投票結果をランキングにまとめたものだ。

    用意した選択肢は、「丸亀製麺」、「はなまるうどん」、「杵屋」、「山田うどん食堂」、「味の民芸」、「讃岐製麺」、「どんどん庵」、「つるまる饂飩」、「金比羅製麺」、「その他」である。

    全1659票のうち、698票を獲得し1位に輝いたのは「丸亀製麺」だった。全体の約4割を占め、圧倒的な人気を誇っている。2018年3月時点、国内外で1000店舗達成。他のチェーン追随を許さない数である。

    2位についた「はなまるうどん」は283票で17.1%。店舗数は458店(2018年2月時点)と、亀丸製麺のおよそ半分である。票差が広がったのは、単純に店舗数の問題だろうか。

    3位以下は、「山田うどん食堂」(10.2%=170票)、「杵屋」(3%=50票)、「味の民芸」(3%=49票)、「金比羅製麺」(1.4%=24票)、「どんどん庵」(1.4%=23票)、「讃岐製?」(1.1%=18)、「つるまる饂飩」(0.8%=13票)、「その他」(20%=331票)となった。

    気になるのは、全体の約2割を占め、331票を獲得している「その他」の存在だ。まだ知られぬチェーン店があるのだろうか。こちらは、ある地域にだけ見られる現象だった。

    では都道府県別の結果をみていこう。

    こちらは都道府県別にトップを獲得した、うどんチェーン店を色分けしたものだ。

    ご覧の通り、日本列島のほとんどが緑色である。「丸亀製麺」は全国的に大人気のようだ。

    それでも関東圏では、埼玉県のみ異彩を放つ紫色に塗られた「山田うどん食堂」の存在が際立つ。埼玉・所沢発祥で、県民のソウルフードともいわれるチェーン店だ。流石というべきか、過半数を超える41票を獲得している。

    オレンジ色に塗られた「はなまるうどん」は、北海道、福井、和歌山、鳥取、愛媛から支持を得ている。

    そして注目すべきは、グレーに塗られた地域だろう。徳島、香川、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎は「その他」を選択している。その中でも、福岡県は75票(全59票)を獲得し、圧倒的な結果に。いったいなぜなのか。ツイッターには、こんな話があがっていた。

    「『資さんうどん』という北九州を中心としたチェーン店で北九州民には馴染み深いお店です。行かれたい方は福岡市内にもありますのでお立ち寄りください」「福岡のうどんチェーン店は資さんうどん、牧のうどん、ウエストの3つに分かれ混沌を極めていた...」

    なんと...。福岡県には、しのぎを削る人気チェーンが3つも混在していたのだ...。

    また「うどん県」として、馴染み深い香川県は、票が分散したものの26票(全68票)を獲得した「その他」が1位に。なお、香川県民と丸亀製麺のビミョウな関係は以前から有名だが、県内でも13票(約20%)を獲得していた。

    筆者は香川県に旅行した時に、個人店が提供する美味しいうどんがチェーン店並みの安さで驚いたものだ。県民は、チェーン以外で食べる人が多いのだろうか。

    いかがだったろう。丸亀製麺の強さが分かった結果であるが、地方からグイグイと、トップの座を狙うチェーン店の存在も垣間見えてきた。

    no title

    no title


    https://news.livedoor.com/article/detail/17486900/
    2019年12月6日 12時0分 Jタウンネット

    【【饂飩】「好きなうどんチェーン」ランキング 「丸亀VSはなまる」頂上決戦の結果は... 】の続きを読む

    1: 2019/12/02(月) 22:55:17.10 ID:BOjhzTeh9
    KFC(以下、ケンタッキー)が、調理済みの『オリジナルチキン』と『骨なしケンタッキー』を、NPO法人『フードバンク横浜』を通じて、横浜市内の子ども食堂などに寄贈する取り組みを開始しました。

    子ども食堂とは、地域住民などが主体となって、子供に対し無料または低価格帯で食事を提供する活動のことです。

    「閉店時にどうしても残ってしまう、まだおいしく食べられるチキンを食のニーズがある場所に届けたい」と考えていたケンタッキー。

    海外のケンタッキーで行われた事例を参考に、日本の法令や環境に適した形で、調理済み商品を提供できる仕組みを構築することに成功しました。

    流れとしては、ケンタッキーの各店舗が閉店時に店内にある調理済み『オリジナルチキン』と『骨なしケンタッキー』を、ルールに則り凍結・保管します。

    その後、フードバンク横浜からの要請に基づき、物流ステーションに配送された商品が、子ども食堂などに届けられる仕組みです。

    届けられた商品は、それぞれの責任で冷凍管理などをする必要があります。また、子ども食堂などの引き取り先では、安全への配慮のため『オリジナルチキン』は骨を外し、加熱調理をした上で提供する必要も。

    関わりのあるすべての人々がルールをしっかりと守り行うことで、販売可能な商品のロス削減や、廃棄物の総量削減、貧困家庭などが抱える問題を解決しようとする取り組みです。

    まずは横浜市内にある子ども食堂への寄贈を実現するため、『ケンタッキー伊勢佐木町店』から取り組みを開始するとのこと。

    大手外食チェーンとしては初となる今回の取り組みに、ネット上では「素晴らしい」「こういった活動が企業間で広まってほしい」といった声が続出しています。

    ケンタッキーが始めた挑戦に、多くの人々が注目しているようです。
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1202/grp_191202_0421718526.html
    no title

    【【KFC】ケンタッキーが”売れ残ったチキン”を子ども食堂に無償提供 】の続きを読む

    1: 2019/11/17(日) 04:06:37.74 ID:d+/m6T5g9
    「跡継ぎはいないから、この屋台は私の代でおしまい。その私も、頑張ってあと1年だと思っているよ。最後に東京五輪のにぎわいを見てから、屋台を畳もうと思っています」

    少し寂しげにそう呟くのは、東京駅からほど近い八重洲の街角で、屋台のラーメン店「ラーメン廣瀬」を営む店主(72)。この道45年の大ベテランだ。

    「1980年代に上野で営業していたときは、上野界隈だけで約50店舗、都内全体で300近い屋台があった。今はうちを入れて4店舗だけかな。
    『一度は廃業したけれど、生活が苦しくて再開した人が、まだ何人かいる』という噂もあるけど……。

    うちは屋台を10台用意して、人を雇って営業していたこともある。私は屋台ラーメンをやるために生まれてきたようなものです」

    まさに、屋台ラーメン消滅の危機である。ラーメン評論家の大崎裕史氏は語る。

    「路上での屋台営業は、2015年以降、都条例で路上販売の規制が強化され、現状は『ほぼ禁止』に近い状態です。
    さらに商売としても、衛生面を心配する消費者が多くなり、客離れが進んでいます」

    虎ノ門で「幸っちゃん」を営む店主(76)も、屋台への風当たりの強さを嘆く。

    「廃業までは要求されないけど、時折お役人がやってきて、『移動しなさい』と指導をしてくる。

    私は保健所から『移動飲食許可証』を取得しているけど、『道路使用許可証』は取っていない。
    だから理屈上では、道路で営業できないんです。でも、道路の使用許可なんて、ほとんど下りませんよ。

    バブル全盛期は、ひと晩で300杯。適当に稼いで、適当に遊んで、あのころは最高だった。今になって焦ってるよ(苦笑)」

    屋台ラーメンは「貴重な食文化だ」と、前出の大崎氏は指摘する。

    「東京で成功を収めた『ホープ軒』や、目黒の人気店『勝丸』も、最初は屋台から始まりました。
    いまや、ラーメン店がミシュランで星を獲得する時代。その原点のひとつが、屋台ラーメンであることを忘れてはいけません」

    最後に、水道橋「ゆきとら」の店主(67)に話を聞いた。

    「屋台は、満タンの水が入ったタンクを載せると150kg。そのリヤカーを、毎晩1km引っ張って歩くんです。あと何年やれることやら……」

    東京からまたひとつ、懐かしい昭和の面影が消えようとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00010001-flash-peo
    11/16(土) 6:32配信

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ●ゆきとら

    ・場所:水道橋駅周辺
    ・営業時間:21:00~25:00
    ・定休日:週1日(天候次第)


    【SHOP DATA】

    ●ラーメン廣瀬

    ・場所:千代田区八重洲1丁目8周辺
    ・営業時間:21:30~25:00
    ・定休日:不定休

    ●幸っちゃん

    ・場所:港区虎ノ門1丁目外堀通り沿い
    ・営業時間:20:30~25:30
    ・定休日:不定休

    ●ゆきとら

    ・場所:水道橋駅周辺
    ・営業時間:21:00~25:00
    ・定休日:週1日(天候次第)

    【【画像多数】条例でほぼ禁止に!東京から「屋台ラーメン」が消える】の続きを読む

    このページのトップヘ