外食

    1: 2019/08/22(木) 21:15:32.99 ID:DRgVLhII9
    帝国データバンク大宮支店によると、みそだれを使った豚肉の「やきとり」で知られる飲食店「ひびき庵」などを運営する「ひびき」(埼玉県川越市、日疋好春社長)が20日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は約77億円。

     ひびきは1990年に創業。埼玉県を中心に焼き鳥店を展開し、2018年6月期には年間約20億7400万円を売り上げたが、製造工場の開設や出店数の増加などで借入金が膨らみ収益を圧迫。19年6月期に13億円の赤字を計上し、自主再建を断念した。 
    毎日新聞
    https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20190821k0000m040089000c/
    no title

    【【負債77億】やきとんの有名店「ひびき」民事再生法申請】の続きを読む

    1: 2019/08/14(水) 19:54:37.55 ID:UW7dBcLB9
     大手牛丼チェーン「吉野家」が14日、この日から販売された「特撰 すきやき重」が多くの店舗で品切れを起こし、公式サイトでお詫びした。

     この日から販売された牛肉のサーロインの部位を使用した新商品「特撰 すきやき重」は、約50万食の数量限定で全国約1200店舗で販売すると発表され話題となっていた。

     あまりの人気ぶりに品切れする店舗が続出し、公式サイトで「8月14日(水)より販売を開始いたしました『特撰 すきやき重』について、多くの店舗で品切れが発生しご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。楽しみにご来店いただいたにもかかわらず、誠に申し訳ございません」とお詫びをする文書を掲載。

     15日以降の販売方法については「各店、昼11:00より本日ご準備させていただいている食材がなくなり次第終了」と明記し、「調理工程の都合上、牛丼関連商品と比べ、ご提供までにお時間をいただいております」とした。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16927872/
    no title

    【【数量限定】吉野家、サーロイン使用の「特撰 すきやき重」(860円)品切れ続出でお詫び 】の続きを読む

    1: 2019/08/11(日) 21:36:41.70 ID:ncNsXhue9
    日本マクドナルドでは、「ワイルド スパイシービーフ」のパティが倍になった「ワイルド 倍スパイシービーフ」(単品490円)を、8月14日(水)より期間限定で販売する。

    「食欲を刺激するスパイシーなおいしさで夏を元気に満喫してほしい」という想いから開発されたマクドナルドの「スパイシーヒーロー」。「辛さで、夏バテから救いたい!」をテーマに、7月末より「ワイルド スパイシービーフ」と「マイルド カレーチキン」が展開されている。

    そして今回、さらにボリューム満点な一品「ワイルド 倍スパイシービーフ」も登場!ハバネロのワイルドな辛さを味わえるスパイシーソースと、厚みのあるビーフパティ、コクのあるチェダーチーズをサンドした、辛いもの好きにはたまらない「ワイルド スパイシービーフ」のジューシーなビーフパティが倍になった、辛さもボリュームもワイルドなメニューがお目見えするのだ。

    また、同メニューの登場に伴い、12日(祝・月)からユニークな新テレビCM「スパイシーヒーロー 倍スパイシービーフ」篇(15秒)も展開。辛さで夏バテ気味な主人公を「“おいしい辛さ”で夏バテから救いたい」と、倍になった(2人になった)武田隊長率いるスパイシーヒーローたちが元気づけていく内容となっている。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)


    8/9(金) 18:42配信 ウォーカープラス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00200864-tkwalk-life
    画像 ボリューム満点。パティが倍になった「ワイルド 倍スパイシービーフ」
    no title

    【【期間限定】マクドナルド、肉の量が2倍の「ワイルド 倍スパイシービーフ」を発売へ】の続きを読む

    1: 2019/08/08(木) 19:20:43.00 ID:HYJDj8q+9
    丸亀製麺「ぶっかけうどん1杯頼むともう1杯無料」再び

    丸亀製麺は、「ぶっかけうどん(冷)」を注文すると「ぶっかけうどん(冷)」(並)をその場でもう1杯無料で提供する「丸亀製麺 うどん納涼祭」キャンベーンを、
    8月20日から23日の4日間限定で開催します。17時から閉店までの時間帯に実施。
    “多くのお客様にうどんを楽しんでいただきたい”という思いから、昨夏から開催した「丸亀製麺 うどん納涼祭」。
    「うどんの日」を記念して開催した今年7月のうどん納涼祭では、4日間で50万杯以上を売り上げたとのこと。
    対象は「ぶっかけうどん(冷)」並、大、得いずれか。ひとりで満腹になるのも、誰かを誘ってシェアするのも自由とのこと。

    「丸亀製麺うどん納涼祭」
    開催日:8月20日~8月23日
    時間帯:17時~閉店
    内容:「ぶっかけうどん(冷)」(並・大・得)を注文すると、その場で「ぶっかけうどん(冷)」(並)を無料で提供。

    https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/432/432455/
    no title

    【【 大食いに朗報 】丸亀製麺でぶっかけうどんを頼むとその場でもう一杯ぶっかけうどんが貰えるキャンペーン開始!】の続きを読む

    1: 2019/08/07(水) 05:28:23.36 ID:cHofsvSe9
    https://toyokeizai.net/articles/-/296232?display=b

    ココイチ社長が激白!「聖地」インド進出の勝算
    日本式カレーはインド人に通用するのか
    2019/08/07 5:20
    佐々木 亮祐 : 東洋経済 記者

    「カレーハウスCoCo壱番屋」を国内外で1444店舗(6月末時点、以下同)展開する壱番屋が7月、インドに出店する意向を明らかにした。三井物産の海外拠点であるアジア・大洋州三井物産と合弁会社を設立し、現地のマネジメントや店舗の物件取得を三井物産が、店舗オペレーションは壱番屋が担う。

    壱番屋は1994年、ハワイに海外1号店を出店。2004年には葛原守・現社長が事業責任者となって中国・上海に進出。中国の店舗数は現在48店にのぼる。そして、2018年8月にはベトナム、同12月にイギリスに初出店。現在、12の国と地域で合計180の海外店舗を展開している。
    そして今回、カレーの発祥国であるインドで2020年内に1号店を出店する。首都デリー近郊が候補地で、直営店として5年以内に10店を目指す。その後はフランチャイズでさらに店舗数を拡大していく構えだ。
    日本発のカレー・CoCo壱番屋(ココイチ)が本場インドで通用するのか。葛原社長を直撃した。
    きっかけは三井物産のインド人社員の提案

    ――インドに出店する構想は、いつからあったのでしょうか。

    10年ほど前に、浜島俊哉・前社長(現会長)が「私たちはカレーを売っているので、将来はカレーの聖地であるインドに出店したい」と言い始めた。私は当時、海外事業部長をしていて、その思いを実現するために7~8年前からインドに定点観測に行っていた。

    8年前は、道路などのインフラが整備されていないうえに出店候補地となるショッピングセンターもなく、外国料理の専門店が出店する余地はまだなかった。ところが、3年ほど前からインフラもずいぶん整ってきて、私どもが出店できそうなショッピングセンターがデリー近郊を中心に増えてきた。

    それに合わせて、イタリアンやアメリカ料理といった外国料理の店も出てきた。ショッピングセンター内のフードコートを見ても、おしゃれな店が増えてきた。「そろそろ出店する土壌ができたのではないか、どうやって出店しようか」とパートナーを模索している中で、現地で長くビジネスをしている三井物産から今回の提案があった。

    ――三井物産から声がかかったとはいえ、「カレー発祥国」への進出は思い切った決断ですね。
    (リンク先に続きあり)

    【【逆輸入?】ココイチ社長が激白!「聖地」インド進出の勝算 日本式カレーはインド人に通用するのか】の続きを読む

    このページのトップヘ