埼玉

    IMG_2359
    1: 2019/10/06(日) 20:50:48.76 ID:ZoQwxewp9
    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20191006/1000037378.html

    48歳娘殺害か 72歳の母逮捕
    10月06日 20時25分

    埼玉県朝霞市のマンションで6日未明、48歳の娘の首を絞めて殺害したとして、72歳の母親が殺人の疑いで逮捕されました。

    警察の調べに対して、「私が娘より先に死ぬので、娘は一人にさせられないと思った」と供述し、容疑を認めているということです。

    逮捕されたのは、埼玉県朝霞市栄町の無職、勝間田妙子容疑者(72)で、警察によりますと6日未明、自宅で一緒に暮らしていた長女の智子さん(48)の首をひものようなもので絞めて殺害した疑いがもたれています。
    6日午前9時すぎ、「娘を殺した」と自分で110番通報したということで、寝室であおむけで倒れていた智子さんは病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

    警察の調べに対して、「私が娘より先に死ぬので、娘は一人にさせられないと思った」と供述しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

    【【事件】72歳の母親「私が娘より先に死ぬので、娘は一人にさせられないと思った」48歳の娘を殺害した疑いで逮捕】の続きを読む

    money_satsutaba2
    1: 2019/09/28(土) 20:49:16.06 ID:gvWCg6yg9
     埼玉県三郷市内の警備会社から現金3億6000万円が盗まれた事件で、窃盗容疑で逮捕された元社員の伊東拓輝容疑者(28)が運搬に使ったとみられる
    スーツケース2個とリュックサック1個が28日までに見つかり、県警は中に現金3億5743万円があるのを確認した。
     
     同容疑者は27日に逮捕された際、約108万円を所持しており、これで盗まれた現金のほぼ全てが見つかったことになる。

     県警によると、伊東容疑者は「現金を入れたスーツケースなどを東京都内と千葉県船橋市内のコインロッカーに入れた」などと供述。これに基づき
    ロッカーや管理会社を調べたところ、スーツケースなどを発見した。 

    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000116-jij-soci

    【【警備会社から盗難】3.6億円、ほぼ全て発見=窃盗容疑の伊東拓輝容疑者(28)供述通り】の続きを読む

    ukiwa
    1: 2019/09/26(木) 23:28:02.77 ID:3TbmV3Pm9
    埼玉県戸田市の自宅で生後11カ月の次女に「首浮き輪」を着けて浴槽内に放置し死亡させたとして、重過失致死の罪に問われた、会社員の父親(33)=伊奈町=と、パート従業員で元妻の母親(36)=川越市=の初公判が25日、さいたま地裁(伊藤吾朗裁判官)で開かれ、いずれも起訴内容を大筋で認めたものの、一部否認した。

    罪状認否で父親は、「共同してやっていない。主な責任は私にある」と述べ、母親は「次女の入浴は父親の担当だった。私は長時間の入浴には反対していた」と答えた。母親の弁護側は次女が脱水症状になることは予見できなかったとして、重過失致死罪ではなく過失致死罪に当たると主張した。

    冒頭陳述で検察側は、父親が「次女を太っていると思い、発育が遅いことなどを疎ましく感じていた。首浮き輪を着けて入浴させれば体重が減ると考えた」と指摘。死亡した当日は入浴の間、「ゲームをしながら10分間隔で次女を確認していたが、水分を摂取させなかった」と述べた。母親も水分を与えず、入浴をやめさせなかったとした。

    起訴状などによると、両被告は2017年1月28日、当時の自宅で、首に浮き輪を着けた状態の次女を浴槽内に約1時間40分放置。脱水によるショック状態に陥らせ、蘇生後脳症で死亡させたとされる。

    9/26(木) 12:29
    埼玉新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00010002-saitama-l11
    no title


    【【事件】父「体重減るかと考えた」生後11カ月の次女の首に浮き輪着け浴槽に放置、脱水で死亡  】の続きを読む

    no title
    1: 2019/09/21(土) 23:13:39.65 ID:7IkjczMF9
     21日放送の「めざましどようび」(土曜・前6時)では、埼玉県さいたま市見沼区の集合住宅に小学4年進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった殺人事件を特集した。

     埼玉県警は死体遺棄の疑いで、義父でさいたま市見沼区の無職・進藤悠介容疑者(32)を逮捕した。番組では、進藤容疑者の高校時代の同級生を取材。「男子校でどんなタイプの人ともある程度仲良くできる感じの人。けっこうおしゃれに気を使っていて、芸能事務所みたいなところに入りたいっていう夢を語っていたこともありました」と証言した。

     また番組では、進藤容疑者は昨年12月に教員をしている母親と遼佑君が生活している3LDKの教職員宿舎で同棲を開始し、3月に結婚。無職の進藤容疑者は母親の収入で生活をしていたと報じていた。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17116089/

    【【埼玉小4殺害】逮捕された進藤悠介容疑者(32)の同級生「芸能事務所みたいなところに入りたいっていう夢を語っていた」 】の続きを読む

    no title
    1: 2019/09/20(金) 23:41:11.40 ID:G9Va3bIo9
    18日にさいたま市の集合住宅で9歳の男の子が殺害され遺体で発見された事件で、逮捕された義理の父親が「息子がものをなくしたため注意したら、『本当の親じゃない』と言われて腹が立った」という趣旨の供述をしていることが新たに分かった。

    ◆20日朝に送検…様子は?

    死体遺棄の疑いで逮捕された進藤遼佑くんの義理の父親・進藤悠介容疑者は、20日朝、検察庁に身柄を送られた。大宮東警察署からの送検時は、前かがみになり、服で顔を隠していて、表情などをうかがうことはできなかった。

    ◆供述した動機は…凶器の“ひも”

    その後の捜査関係者への取材で、悠介容疑者が「息子がものをなくしたため注意したら、『本当の親じゃない』と言われて腹が立った」という趣旨の供述をしていることが新たに分かった。遼佑くんがこの日、学校で使う紅白の帽子をなくして帰宅し、悠介容疑者がそのことを注意したところ、口論になったとみられている。

    また、殺害現場とみられる自宅からは、遼佑くんが普段はいていた靴が袋の中に入れてあるのが見つかり、その袋の中から、凶器とみられるひも状のものが発見されたことも新たに分かった。

    悠介容疑者は警察に対し、「このひも状のもので首を絞めた」「靴と同じ袋に入れた」という趣旨の話をしているということで、警察は、凶器などを隠したとみて調べている。

    ◆19日夜に逮捕された容疑者、様子は?

    悠介容疑者は、調べに対し、雑談には応じていたが、職業についてうそをつくなどしていたそうだ。

    事件について聞かれると、関与していないという趣旨の話を続けていたものの、19日の昼ごろから関与を認める話をし始め、その後は淡々と警察の調べに応じていたという。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17112562/

    【【埼玉小4男児殺害】進藤悠介容疑者、警察の取り調べで「職業」について嘘をついてしまう 】の続きを読む

    このページのトップヘ