埼玉

    1: 2021/03/28(日) 23:57:06.19 ID:8l31clxf9
    緊急事態宣言解除後初の週末を迎えた27日は桜の見頃に重なり、埼玉県内の名所には多くの花見客が訪れた。

    宴会自粛や通行規制など新型コロナウイルス感染防止のルールを守りながら楽しみ、約2カ月半の自粛生活からの解放を実感。
    ただ、宣言解除による感染者の増加が懸念されており、喜びと不安の入り交じった春本番となった。

    さいたま市大宮区の県営大宮公園には、満開の桜をめでようと多くの花見客が訪れた。
    園内は密集を避けるため一方通行にし、看板を立てて飲食を伴う宴会の自粛を呼び掛けた。

    毎年来園するという同市北区の会社員宮崎裕史さん(44)は宣言の解除を受けて、妻と8歳の娘の3人で今年初めての花見を満喫した。
    「宣言中は我慢していたけれど、桜は例年と同じようにきれい」と立ったまま辺りを見渡した。

    仕事仲間ら15人で来ていた大宮区の英国人女性(26)は、密を避けるため腰を下ろさず、
    マスクを着けて「スタンディングパーティー」形式で楽しんだ。「1年ぐらい直接会えなかった友人と久しぶりに再会できた。
    花見は大事だし、宣言が解除されたことでリラックスできる」

    娘と2人でベンチに座って桜を観賞した吉川市の主婦(50)も「(緊急事態宣言下では)どこにも出掛けず自粛していたので、
    今日はとてもリフレッシュできた」と満足そうに語った。

    多くの人が通行規制に従って歩きながら花見を楽しんだ一方、シートを広げて飲食するグループも。

    10人体制で園内を見回った警備員男性は「先週は天気が悪かったこともあり、今日は今年一番の人出。
    シートを広げての飲食自粛はあくまでお願いなので、中には注意しても宴会をやめてくれない客もいる」と困惑した様子だった。
    埼玉新聞 3/28(日) 12:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6982ba2bd6215ef80f240813680b7730b2be6e0f

    【【コロナ禍】 シート広げ飲食する花見グループも・・・大宮公園で警備員困惑 「注意しても宴会やめない客も」】の続きを読む

    image
    1: 2021/02/27(土) 22:37:26.02 ID:uvhdV3jI9
     27日午後4時頃、埼玉県狭山市笹井の圏央道外回りで、覆面パトカーに追跡されていた大型オートバイの男性がトラックに追突し、搬送先の病院で死亡した。
     県警高速隊の発表によると、男性が別の乗用車を左側から追い抜く違反行為をしたため、パトカーが緊急走行で約1・2キロ追走していたという。男性は50~60歳代とみられ、高速隊が身元を調べている。

    読売新聞

    https://news.yahoo.co.jp/articles/12da84e6df6fcb3e29d005a6038961536d43cb56

    【【事故】覆面パトが1.2キロ追跡、大型オートバイがトラックに追突し男性死亡】の続きを読む

    1: 2021/01/12(火) 22:13:01.03 ID:zGBuvtUY9
    https://mainichi.jp/articles/20210112/k00/00m/040/214000c

    池の氷割れ転落、15歳高校生死亡 写真撮ろうと乗る 埼玉・飯能
    毎日新聞 2021年1月12日 21時25分(最終更新 1月12日 21時35分)

    no title

    【【事故】池の氷割れ転落、15歳高校生死亡 写真撮ろうと乗る】の続きを読む

    image
    1: 2020/12/21(月) 00:37:23.96 ID:MP96zX6J9
     12月16日(水)午後4時50分ころ、川口市大字安行領家地内で、女子中学生等が
    ピンク色の軽乗用車に乗った男に「クリスマスツリーを見に行かない?」等と声をかけられたとの情報が寄せられました。

     男の特徴は、年齢70代、灰色のニット帽を着用し、鼻に酸素チューブのような物を装着していました。

    https://www.gaccom.jp/safety/detail-612147

    【【事案】「クリスマスツリーを見に行かない?」 鼻に酸素チューブを装着した高齢男性が、女子中学生をナンパする事案が発生】の続きを読む

    image
    1: 2020/12/18(金) 09:05:48.43 ID:ew0dhpS+9
    ※朝日新聞

    他人の飼い犬を蹴って殺したとして、埼玉県警は同県川口市の男(47)を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。調べに対して男は容疑を否認し、「犬がぶつかってきただけ」などと述べているという。罰則を強化した6月施行の改正法を適用しての逮捕は県内初という。捜査関係者への取材でわかった。

    捜査関係者によると、男は12日午前11時55分ごろ、同市鳩ケ谷緑町1丁目の芝川河川敷で、市内の70代男性が飼っていた散歩中のパピヨン1匹(12歳、メス)を複数回蹴るなどして殺した疑いがある。パピヨンは頭の骨が折れるなどしていたという。

    男は当時ランニング中で現場から立ち去ったが、目撃情報などから浮上した。パピヨンはリードが付いていない状態で、飼い主の手から離れていたという。

    12/18(金) 5:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/35878ad2837007a8e2c60f55e7df5db6a782e999

    【【事件】47歳男性「犬がぶつかってきただけ」…他人の飼い犬(パピヨン)を蹴り殺した疑いで逮捕 犬はリードなし状態】の続きを読む

    このページのトップヘ