千葉

    1: 2019/10/12(土) 18:45:25.07 ID:GaTUnfC/9
    no title



    千葉県南部で震度4 津波の心配なし
    2019年10月12日 18時29分
    シェアするhelptwitterfacebookline
    12日午後6時22分ごろ千葉県で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。

    震度4を観測したのは千葉県鴨川市で、震度3を千葉市美浜区や館山市など千葉県の広い範囲や、東京・千代田区、伊豆諸島の三宅島、横浜市中区、静岡県東伊豆町などで観測しました。

    また、震度2や1の揺れを関東甲信越や東北南部、それに静岡県の各地で観測しました。

    気象庁の観測によりますと、震源地は千葉県南東沖で震源の深さは80キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.7と推定されています


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191012/k10012126051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

    【【台風feat.地震】千葉県で最大震度4の地震。都内でも震度3】の続きを読む

    1: 2019/10/12(土) 13:10:55.19 ID:g5w1SN+99
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000026-mai-soci

    千葉県市原市消防局によると、12日午前、同市下野で竜巻とみられる強風が発生した。現場では軽トラックが横転して大破。
    運転していたとみられる男性(49)が心肺停止の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。強風で横転したとみている。

    また、現場では民家の屋根の瓦は吹き飛んで2階の壁が大きく破損しており、別の民家には樹木が倒れかかった状態だった。
    窓ガラスも割れ、近くに電柱も倒れていた。住民のうち、3~8歳の子ども3人を含む5人がけがをして救急搬送された。

    自宅の屋根が飛ばされた粟生(あわお)雅子さん(53)は「1階にいたら大きな揺れを感じた。雨漏りしたので、
    外から見てみたら屋根が飛んでいた。台風が来る前だったので驚いた。これから雨が強くなるのに」とうなだれた。


    竜巻とみられる被害で壊れた住宅=千葉県市原市で2019年10月12日午前11時ごろ
    no title
    【【台風19号】千葉県市原市の竜巻で軽トラックが横転し大破。運転していた男性が死亡。更に全壊した住宅も】の続きを読む

    IMG_2756

    1: 2019/10/12(土) 09:16:19.52 ID:g5w1SN+99
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191012/k10012124721000.html

    警察や消防によりますと、12日午前8時すぎ、千葉県市原市永吉で、竜巻とみられる強風で、
    住宅が数棟壊れたという通報があったということです。

    警察や消防が救助活動を行っていて、けが人がいないかなど確認を進めています。

    【【台風19号】"リンクに動画"千葉県市原市で竜巻か。住宅が数棟壊れたとの通報】の続きを読む

    1: 2019/10/01(火) 22:04:09.25 ID:Pc8HJGzn9
    3歳の次女を殺害したとして、千葉県警は1日、千葉県君津市杢師、警備会社員、羽山和宏(51)、無職の妻有布子(40)の両容疑者を殺人の疑いで逮捕した。県警によると、両容疑者は「借金で生活が困難になり殺害した。無理心中しようとしたが死にきれなかった」などと容疑を認めている。

    逮捕容疑は、共謀して1日午前1時ごろ、同県館山市正木の民家で次女の有依ちゃんの首を両手で絞めるなどして殺害したとしている。

     県警によると、和宏容疑者が首を絞め、有布子容疑者が有依ちゃんの両足を押さえつけたという。和宏容疑者は1日午前3時ごろ、近くの公衆電話から「娘の首を絞めて殺してしまった」と県警館山署に通報。駆け付けた警察官が和室であおむけに倒れて死亡している有依ちゃんを発見した。首に傷があり、顔から胸にかけてタオルが掛けられていた。

     一家は君津市で暮らし、現場の民家は和宏容疑者の実家で現在は空き家になっており、3人は電車と徒歩で訪れていた。両容疑者は「みんなで死のうと思ったが死にきれず、警察に言うしかないと思った」と自首したという。県警は司法解剖で死因などを調べる。

     同市によると、子育て支援事業の一環で、今年7月までに一家と4回面会しており、担当者は「両親とも面会しており問題はなく、順調な成育状況だと思っていた」と説明。現場の近くに住む高齢女性は「(和宏容疑者が)こんなことをするなんて信じられない」と驚いていた。

     現場はJR那古船形駅から東約2キロの田園地帯。【宮本翔平、加藤昌平】

    ソース 毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20191001/k00/00m/040/386000c

    【【事件】「借金苦で無理心中しようとした」3歳女児を殺害した両親を逮捕 】の続きを読む

    shizensaigai_typhoon
    1: 2019/09/25(水) 18:09:54.83 ID:B5jiRwon9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190925/k10012098801000.html

    倒壊したゴルフ練習場のポール 2週間以上経過も撤去始まらず
    2019年9月25日 17時55分台風 被害

    台風15号でゴルフ練習場のポールなどが倒れ住宅に被害が出た千葉県市原市の現場では、2週間以上がたった今もポールの撤去は始まっていません。元の暮らしに戻れる見通しが一向に立たない状況に、住民の不安は高まっています。

    今月9日の未明、市原市では、台風15号による強風でゴルフ練習場の金属製のポールやネットが倒れ、住宅に一時閉じ込められた20代の女性がけがをしたほか、近隣の住宅十数棟で屋根が壊れるなどの被害が出ました。

    現場では2週間余りがたった25日も撤去作業は始まっておらず、ポールは住宅に倒れかかったままです。

    住民によりますと、これまでにゴルフ練習場側の手配で撤去作業を行う業者が決まったということですが、元の生活にいつ戻れるのか具体的な見通しについての説明はないということです。

    住民の中には時間の経過に伴って倒れかかったポールによる被害が拡大していると話す人もいて、50代の男性は「2週間たって、ポールが少し沈み、屋根の割れ方が大きくなってきた。ゴルフ場側の弁護士からも補償について具体的な話しを聞けていないので不安です」と話していました。

    またポールが自宅に倒れ、賃貸アパートに避難している60代の男性は「2週間たって、家の中にカビが生えたりして被害が広がっている。ポールが撤去されず今、地震が来たら、ひとたまりもないと感じています」と話していました。

    どうなる? ポール倒壊による住宅被害への補償
    市原市によりますと、ポールの倒壊によって被害を受けた住宅の復旧への支援や補償については、倒壊が災害による被害と判断されるか、ポールの構造などに問題があり災害による被害ではないと判断されるかによって変わってきます。

    市によりますと、災害による被害と判断された場合は、災害救助法や被災者生活再建支援法などに基づいて、修理費用などの公的な支援を受けることになります。

    一方で、倒れたポールに構造上のかしがあった場合などは、災害による被害とはされず、公的な支援の対象とはなりませんが、ゴルフ練習場側に賠償の責任が生じる場合があるということです。

    市原市によりますと、災害による被害に当たるかどうかは国が調査結果などを基に判断するということです。

    このため現時点では、住民たちは災害救助法や被災者生活再建支援法の支援が受けられるかどうか決まっておらず、ゴルフ場側の賠償を受けられるかも不透明な状態だということです。

    こうした中、市原市では、独自の制度でゴルフ練習場周辺の住民も含めて一時的な避難先となる住宅を借り上げて提供する支援を行っています。

    【【台風で倒壊】市原市のゴルフ練習場のポール、2週間以上経過も撤去始まらず】の続きを読む

    このページのトップヘ