動物

    1: 2020/02/03(月) 20:31:08.78 ID:qQmXgDM19
    調査期間:2019年9月14日~2019年9月28日
    投票数合計:1,995票
    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです

    いつの時代も多くの人を魅了する猫たち。
    必要以上に人にこびず、ツンデレな性格も猫の魅力の一つ。
    そこで今回は、数多く存在する猫種の中でも特にかわいいと思う種類について探ってみました。

    1位 日本猫
    2位 アメリカンショートヘア
    3位 マンチカン
    4位 スコティッシュフォールド
    5位 ロシアンブルー
    6位 メインクーン
    7位 ノルウェージャンフォレストキャット
    8位 ペルシャ/ペルシャ猫
    9位 チンチラ
    10位 ベンガル

    1位は「日本猫」!

    日本猫とは古くから日本で暮らす短毛の猫の総称であり、特に「この柄のこの猫」と特定の種類を指すわけではありません。
    黒・白・茶の三色が配色された三毛猫や、しま模様が特徴的なトラ猫、ブチ猫などが日本猫に含まれます。

    猫のキャラクターは日本猫がモデルになっているものが多く、どれも身近に感じられる猫たちばかり。
    雑種ならではの毛色・柄の豊富さも人気が高い理由の一つと言えそうですね。
    そんな親近感あふれる日本猫が一番かわいいと思っている人が多数。1位となりました。

    2位は「アメリカンショートヘア」!

    アメリカ原産の改良された短毛種で、日本では珍しい「クラシックタビー」と呼ばれる渦巻き状のしま模様を持つタイプが有名です。
    グレーベースに黒いしま模様の組み合わせが代表的ですが、ベースが茶色やクリーム色の組み合わせなどもあるそうです。

    ぱっちりとした大きな瞳を持つ美人な顔立ちで、環境への順応性が高く飼いやすいのも特徴の一つ。
    活発で人懐こく、いたずら好きといった楽しい性格の持ち主。
    そんなルックスよし、性格よしのアメリカンショートヘアが2位となりました。

    3位は「マンチカン」!

    近年爆発的な人気を集めているのがマンチカン。
    1980年代にアメリカで突然変異的に誕生した個体をルーツに持つ猫種で、最大の特徴は小ぶりなサイズと短い四肢です。

    ちょこちょこ歩く姿がかわいく、胸をわしづかみにされる人が多数。
    非常に穏やかで人懐こい性格の持ち主で飼いやすく、さらに甘えん坊なところも見逃せないポイントです。

    このように、ペットとしても人気が高い猫種が上位に選ばれる結果となりました。
    みなさんは、どの猫種が一番かわいいと思いますか?

    no title

    https://news.livedoor.com/article/detail/17759830/

    【【画像多数】一番かわいい猫種ランキング 1位は三毛猫やトラ猫などの「日本猫」】の続きを読む

    1: 2019/11/06(水) 22:00:00.58 ID:GEVa8p8d9
     大分県警大分中央署で交番勤務だった2002年に通報を受けて捕獲を試みたフェレットに手をかまれ、感染症の治療を続けていた県警の男性警部補が今年1月に41歳で死亡していたことが、県警への取材で判明した。地方公務員災害補償基金県支部は7月、警部補の死亡を公務災害と認定した。

     県警によると、警部補は大分市の大分駅前交番で勤務していた02年6月26日早朝、「近くの公園にフェレットがいる」と110番を受けて出動。捕獲作業中に手をかまれ、3カ月後に感染症の蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症した。警部補は入退院を繰り返して治療を続けたが、今年1月18日に同県別府市の病院で死亡した。

     警部補の遺族から公務災害の申請を受けた地方公務員災害補償基金県支部は、かまれたことと警部補の死亡に因果関係があるとして7月26日付で公務災害と認定した。

     獣医師の佐伯久・おおいた動物愛護センター所長(61)は「フェレットも野生化すれば、野良猫などと同様、かまれた傷口から雑菌が体内に入って広がる可能性がある」と指摘する。

     県警によると、当時の記録が残っていないため、フェレットがペットだったか野生かは不明。捕獲されたかどうかも分からないという。【尾形有菜】


    11/6(水) 19:46配信毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000076-mai-soci

    フェレット=井上和也撮影
    no title

    【【2002年から治療】フェレットに噛まれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 】の続きを読む

    1: 2019/08/27(火) 07:20:08.97 ID:m8MOzB9n9
     サイに襲われて飼育員が死亡か――。多摩動物公園(東京・日野市)の事故にビックリした人もいるだろう。

     25日午前10時50分ごろ、同園のインドサイのおり付近で飼育員の浅見準一さん(54)が倒れているのが発見され、病院に搬送されたが、まもなく死亡。浅見さんは左脇腹や背中などに複数の傷があった。

    「近くにサイ用の皮膚病の塗り薬があったため、治療しているときに襲われたのではないかとみられています。診断した医師は『(浅見さんが)大量に出血した』といった発言もしています」(捜査事情通)

     同園によると、おりで飼育されていたサイはオス2頭、メス1頭の計3頭で、いずれも推定20歳前後という。

    「(浅見さんは)飼育歴20年以上のベテラン。2年前からサイを担当し、いつも1人で世話をしていました。現時点ではサイが原因なのか、どの個体が関係しているのかも分かりません。サイは皮膚が強くないので皮膚炎だった可能性もあります。暑さが続くと人間同様に、動物もしんどくなるとは考えられますが」(広報担当者)

     動物園などでライオンやクマが飼育員を襲った事故はあったが、サイによる死亡事故はあまり聞かない。

    「ニュースを聞いて『本当か?』と思いました」とは大型動物園の飼育員だ。

    「サイはいかつい体形をしていますが、気性はおとなしく、人間を恐れるような繊細さを持ち合わせています。草食だから人間を捕食することはない。詳しいことは分かりませんが、今回の事故は体にクスリを塗られて痛みを感じたサイが嫌がって首を動かし、ツノが飼育員の体に触れてしまったのかもしれません。サイにとってはささいな動きですが、人間には大きな打撃です。アフリカと違って湿度が高い日本の暑さにイライラしていたとも考えられます」

     浅見さんが1人で飼育を担当していたことも気になる。

    「インドサイの体重は2トン前後。ゾウより軽いとはいえ、万一のことを考えて、普通、おりの中では飼育員2人で世話をするものです。1人だったことが死亡事故につながったのかもしれません」(前出の飼育員)

     何が起きたのか判然としないが、サイに罪はないと信じたい。

    8/26(月) 15:00
    日刊ゲンダイDIGITAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000018-nkgendai-life
    no title

     
    【【事故】多摩動物公園で飼育員が死亡…薬を塗ろうとした?「おとなしい」はずのサイに何が起きたのか】の続きを読む

    このページのトップヘ