俳優

    1: 2019/08/08(木) 15:06:09.54 ID:igxiT9XG9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/08/kiji/20190808s00041000190000c.html
    2019年8月8日

     俳優の速水もこみち(34)と女優の平山あや(35)が結婚したことを8日、所属事務所が発表した。この日都内区役所に婚姻届を提出。2人はすでに同居している。挙式・披露宴については未定。平山は妊娠していないという。

     SNS上には、早くもファンらの“もこみちロス”投稿が相次いだ。「これは、おめでとうすぎる」「結婚まじか!おめでとう!」という祝福の声とともに「もこみち結婚は今世紀最大のショック」、「ロスで明日休みます女子が多そうな予感」というショックを隠し切れない投稿も。また、前日7日に結婚を発表した自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)に続く“衝撃”に「小泉進次郎結婚で衝撃受けてたら、もこみちも結婚でそれ以上の衝撃とショックを受けた」とつづる人もいた。

    no title

    【【SNS上で話題に】“もこみちロス”続々「今世紀最大のショック」「進次郎結婚以上の衝撃」 】の続きを読む

    1: 2019/08/07(水) 18:00:03.84 ID:sAc8VWev9
     自民党の小泉進次郎衆院議員(38)と、フリーアナウンサーの滝川クリステル(41)の結婚発表を受け、進次郎氏の兄で俳優・小泉孝太郎(41)が7日、
    都内で会見を行った。大勢の報道陣を見渡し「僕の結婚でもないのに…」と笑い、リポーターから「おめでとうと言って良いんですよね?」と言葉を掛けられると
    「そうですね。弟の結婚ですし」と白い歯をみせた。

     孝太郎が、2人の交際を知ったのは「6月頭」だという。ふと誘われた飲みの席で「進次郎が『実は俺、結婚するから』と。それにまずビックリしました」
    と語り、「『相手の方はどなた?』と(聞いた)。そうしたら『お兄(にい)も会った事がある人』と言って、携帯で写真を見せられた。時が止まりましたよ。
    本当に驚きました」と振り返った。

     すでに滝川との対面も果たしており「自分の義妹になるのか…」とこぼすほど、今回のゴールインに衝撃を受けている様子だった。

     昨年から交際をスタートさせたという進次郎氏と滝川。進次郎氏はブログで「彼女といる時は、政治という戦場から離れ、鎧を脱いで、戦うことから解放され、
    ふっと力を抜いて、無防備な自分でいることができ、救われる思いがします」とつづり、滝川もインスタグラムで妊娠を発表するとともに「愛する人と時を重ねる中で、
    自然と妊娠し結婚という流れになったことを本当に嬉しく思っています」と報告している。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000366-oric-ent
    no title

    【【弟・進次郎の結婚にコメント】小泉孝太郎「(滝川クリステルが)義妹になるのか…」結婚報告に「時が止まりましたよ」との発言も】の続きを読む

    1: 2019/08/05(月) 18:54:18.30 ID:GHLYl1VJ9
    俳優の木村拓哉が8月4日、「木村さ~~ん!」(GYAO!)に出演し、独自のフィジカルトレーニング術を披露。46歳とは思えないアクティブな一面を見せるも、その“風貌”に不評が集まっている。

    「木村さ~~ん!」とその姉妹番組であるラジオ番組「Flow」(TOKYO FM)のオリジナルTシャツを作成すべく、新宿の著名なデザイン専門学校のビルへ訪れた木村は、はじめにフィジカル部門に特化したスポーツ医学を学ぶことのできる「アスレティックトレーナー」学科に立ち寄り、「これ、(やり方が)合ってるか聞きたいな」と自身が取り入れている独自のプッシュアップ(腕立て伏せ)のスタイルを披露した。

    主に体幹に負荷がかかるように意識しているという木村の腕立て伏せメソッドを目にした専門の講師からも「難易度が非常に高い。素晴らしいですね」とのお墨付きを頂戴し、それ以外に伸縮性のチューブを利用した独自のトレーニング法なども紹介。46歳にして衰えの見られないスリムな体型をキープすべく、私生活でも不断の努力を続けていることが十分に窺える一幕となったが、明るい金髪に染められたヘアーカラーや青の色付きサングラスという出で立ちには、“年不相応”との厳しい声が上がってしまったようだ。

    「シンプルな黒髪でも十分に存在感を発揮できる木村ですが、同番組における焼けた肌に金髪&サングラスというやや“チャラめ”な風貌に対し、ネットでは『髪色どうしちゃったの?』『おっさんの金髪はきつい』『髪の色似合ってないよ。大丈夫?』『チャラい黒い金髪の痛いオッサン』『顔は悪くないんだから年相応に落ち着いた感じにできないのかな』との指摘が続出。また髪色を染めるのは白髪を隠すためではないか、との推察まで散見されるほどです。木村はドラマや映画、バラエティ番組などに出演するたびに髪型や雰囲気を頻繁に変えている印象ですが、今回の“チャラ男”版はあまり受けが良くないようですね」(テレビ誌ライター)

    一斉を風靡したかつての“美少年・木村拓哉”はもはや存在しないのかもしれない?

    http://dailynewsonline.jp/article/1952160/
    2019.08.05 18:15 アサジョ

    【【キムタクの近影】焼けた肌に金髪&サングラス…木村拓哉の“チャラ男姿”が「痛い」と大不評! 】の続きを読む

    1: 2019/08/04(日) 05:06:02.45 ID:mBlQR2ff9
    反町隆史:琵琶湖の別荘テレビ初公開 「アオハルTV」ヒロミとバス釣りに挑戦
    2019年08月04日
    https://mantan-web.jp/article/20190803dog00m200034000c.html

    8月4日に放送される「アオハルTV」に出演する反町隆史さん(左)とヒロミさん(C)フジテレビ
    no title



     俳優の反町隆史さんが、8月4日放送のバラエティー番組「アオハルTV」(フジテレビ系、日曜午後9時)に出演し、番組MCのヒロミさんとバス釣りに挑む。釣ったブラックバスの重量を競う大会で入賞するほどの腕前を持ち、バス釣りに“アオハル”している反町さんが琵琶湖付近に購入した別荘が、テレビ初公開される。

     別荘には、多数の釣りざおやルアーがあり、壁には反町さんの最高記録となる69センチ、重さ6キロ超のブラックバスをはじめ、これまで反町さんが釣った10ポンド(約4500グラム)以上のブラックバスの剥製が飾られている。さらに、ガレージには、ボート用スロープが取り付けられていて、ヒロミさんも「こんなのあるんだ」と驚くほど。反町さんがアメリカから取り寄せたマイボート、30年以上前のルアーなども披露する。

     今回反町さんは、ヒロミさんが自己最高の49センチを超えるブラックバスを釣るために協力する。これを2泊3日で達成させるため、反町さんは、ロケの3日前から現地入り。ボート4艇を用意し、釣り仲間や地元の人々の協力のもと「チーム反町」を結成。万全の体制を整えて行う。

     夜に行われた湖畔でのバーベキューでは、ヒロミさんが反町さんに家族のことを質問。反町さんは「仲良くやっています」と回答しながらも、年ごろの娘2人に対しては「ちょっとさみしいかな」と本音を漏らす一幕も。俳優としての苦悩など、反町さんの意外な一面が見られるという。

    (おわり)

    【【アオハルTV】反町隆史:琵琶湖の別荘テレビ初公開 ヒロミとバス釣りに挑戦】の続きを読む

    IMG_1145

    1: 2019/07/16(火) 21:17:58.63 ID:weu8o/Fa9
    ジャニーズファンの間に存在する「シンメ」という概念。これは「シンメトリー」の略で、左右対称で踊る2人のことを指す用語として用いられている。

    「厳密に言うと似て非なるものなのですが、まぁ分かりやすく言うと〝コンビ〟のようなもの。例を挙げると、『V6』の森田剛と三宅健、『Hey!Say!JUMP』の山田涼介と知念侑李、『Kis-My-Ft2』の北山宏光と藤ヶ谷太輔といった組み合わせが『シンメ』です」(ジャニーズライター)

    しかし、もともと別グループだったにもかかわらず、まるで〝シンメ〟のような扱いを受ける稀有な存在もいる。『KAT-TUN』の亀梨和也と、ソロで活躍する山下智久だ。

    2人が名コンビのように扱われるきっかけとなったのは、2005年に結成した『修二と彰』。同ユニットは2人が主演するドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)のために結成され、当時の中高生を中心に大ブームを巻き起こした。

    しかし、翌年に亀梨が『KAT-TUN』でデビューして以降、役者としての2人は差が開いていくことに。山下が連ドラ単独初主演を果たした『クロサギ』(TBS系)が後に映画化されるヒット作となった一方、亀梨が伊東美咲とダブル主演を務めた『サプリ』(フジテレビ系)は〝月9〟の看板を背負いながらもパッとしない数字に終わった。

    あくまで数字と評価は別モノ?
    そして、09年の『1ポンドの福音』(日本テレビ系)第4話にて、亀梨はついに自身初の〝ヒトケタ視聴率〟を記録。翌年の『神の雫』(同系)は平均視聴率6.2%、10年の『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系)は平均視聴率8.3%をたたき出し、当時は「低視聴率王」とメディアから非難を受けた。

    一方、この間の山下はというと、07年の〝月9〟初主演作『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)が平均視聴率17.3%を記録。翌年に放送開始した『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)は、18年までに3シリーズと映画が公開される最大の代表作にまで成長した。

    「確かに、俳優として2人を比べたとき、数字や作品の知名度で言うと山下の圧勝でしょう。山下は今でもたびたびヒット作を生み出しますが、亀梨はいまだに『ごくせん』や『野ブタ』のイメージで語られますからね。映画化までした『妖怪人間ベム』は平均15%越えで最大のヒット作ですが、あくまでイロモノの作品ですし…」(テレビ雑誌編集者)

    しかし、〝実力〟での評価は亀梨に軍配が上がるようだ。

    「純粋な演技の評価でいえば亀梨が圧勝しています。亀梨はクールな役が多いものの、『サプリ』や『怪盗山猫』のようにチャラ男や陽気なキャラもこなせるマルチプレイヤー。一方、山下はどの作品も単調な低いテンションで代わり映えせず、セリフが鼻声で聞き取りづらいという致命的な欠点もあります」(同・編集者)

    今年4月期のドラマでも、山下主演の『インハンド』(TBS系)は亀梨・二階堂ふみダブル主演の『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)に数字面では勝っている。数字と評価がウラハラな2人だが、今後も同じような状況が続いていきそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1926132/
    2019.07.16 19:00 まいじつ

    【【何が原因なのか】なぜ差がついた!? 山下智久と亀梨和也“俳優”としての明暗が…】の続きを読む

    このページのトップヘ