俳優

    1: 2019/12/15(日) 01:35:21.56 ID:5LLJftIq9
    芸能界が憧れの世界ではなくなった

    そして、4月中旬のこと。平成も残り数日という時だった。「芸能界のご意見番」として、芸能界に対しての梅宮さんの一刀両断、意見を聞きたいと思った。すると開口一番。

    「それね、昭和から平成になった途端に芸能界はつまらなくなったんだよ。憧れなんてものもなくなったね」

    「僕は昭和の半ばから、この芸能界という世界を見続けてきたんだけど、平成になった途端に芸能界が遠のいてしまった感じがするんだよ。芸能界というのは本来、特別な世界なわけさ。だから大衆から憧れを抱かれていたわけだ。石原裕次郎や高倉健、菅原文太、それに松方弘樹…、どいつもこいつもみんな素敵な…魅力的な奴らばかりだったよ、カッコよかった。

    だから大衆は、そういったスターのいる芸能界に憧れていたわけさ。どんな世界なのか見てみたいと思ったわけだ。それが、平成になったら一般の世界と…普通の世界と何も変わらなくなってしまった。芸能界が特別な、憧れの世界でも何でもなくなってしまったわけだよ。魅力も何もなくなっちまった。俺のような昭和のスターからすると、この平成の芸能界というのは、どんどん意識というか距離が離れてしまうんだな」

    携帯電話を通しての会話ではあったが、梅宮さんは一気に斬りまくった。

    梅宮さんは1958年に東映ニューフェイスとしてデビュー。以来、映画やテレビドラマなど数百本に出演してきた。中でも「夜の青春シリーズ」や「不良番長シリーズ」「帝王シリーズ」「仁義なき戦いシリーズ」などは代表作の一つで、60年から70年代にかけて東映の黄金期を担ってきた。

    しかし、5年前の2014年に高倉健さんや菅原文太さんらが逝き、2年前の17年には〝昭和の2大スター〟と言われ続けてきた〝相棒〟の松方弘樹さん、さらには渡瀬恒彦さんらも帰らぬ人となった。

    特に松方さんとは、映画「仁義なき戦い」(1973年)などでの共演もあるが、釣り仲間でもあり「遊び」も共にしてきた盟友だっただけにショックも大きかった。「弘樹も含め、仲間が一人づつ自分から去っていくのは、これは仕方がないことだよ。だけど精神的には辛いことだった」

    つづく

    2019年12月12日 14:38
    https://lite.blogos.com/article/423239/

    写真no title

    【【芸能界について】梅宮辰夫「残念だけど消滅していくね!」「素人ばかりになって、憧れの世界ではなくなってしまった」 】の続きを読む

    1: 2019/12/12(木) 09:05:06.28 ID:Y5o590wy9
    梅宮辰夫さん死去 81歳「仁義なき戦い」「スクール☆ウォーズ」親分肌の役柄で人気

    映画、テレビドラマ、バラエティー番組など幅広く活躍した俳優の梅宮辰夫(うめみや・たつお)さんが12日朝、神奈川県内の病院で死去した。81歳だった。中国・ハルビン市出身。

    梅宮さんは昨年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受け、週3回透析治療を受けていた。この日朝、クラウディア夫人が異変に気付き119番、救急搬送されたが、帰らぬ人となった。

    1938年(昭13)生まれ。医師だった父らとともに太平洋戦争終了後、中国から日本に引き揚げ茨城県水戸市で暮らし、日大在学中にスカウトされ58年に東映ニューフェイス5期生に合格。翌年に映画「少年探偵団 敵は原子潜航艇」で主演としてデビューした。

    68年から映画「不良番長シリーズ」の主役として人気を博し、73年には映画「仁義なき戦い」で存在感をみせた。75年にはテレビドラマ「前略おふくろ様」(日本テレビ系)で、板前を演じ役者としての幅を広げ、その後も「スクール☆ウォーズ」(TBS系)、「はぐれ刑事純情派」「特命係長 只野仁」(いずれもテレビ朝日系)などに出演。公私ともに親分肌の役柄で人気を博した。

    実業家、料理家としても知られ、「くいしん坊!万才」(フジテレビ系)では2年間リポーターを務め、「梅宮辰夫の漬物本舗」は観光地を中心に全国展開し、話題となった。

    2016年に、娘でタレントの梅宮アンナが十二指腸がんであることを会見で発表。今年4月にはブログで、キッチンに立つ様子などを紹介していた。

    12/12(木) 8:50
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000128-spnannex-ent
    no title


    ★1が立った時間 2019/12/12(木) 08:21:02.06
    前スレ
    【速報】俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 慢性腎不全のため
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576106462/

    【【訃報】俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 慢性腎不全「くいしん坊!万才」「仁義なき戦い」】の続きを読む

    1: 2019/12/09(月) 05:03:39.43 ID:BSaVz7E99
    降谷凪:降谷建志とMEGUMIの息子が俳優デビュー 映画「ラストレター」で松たか子と庵野秀明の“息子”に
    2019年12月09日
    https://mantan-web.jp/article/20191208dog00m200049000c.html

    人気バンド「Dragon Ash」の降谷建志さんと女優のMEGUMIさんの長男・降谷凪くん(C)2020「ラストレター」製作委員会
    no title

    no title



     人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」の降谷建志さんと女優でタレントのMEGUMIさんの長男・降谷凪君が、映像作家の岩井俊二さんのオリジナル恋愛映画「Last Letter(ラストレター)」(2020年1月17日公開)で俳優デビューすることが、12月9日、分かった。凪君は、松たか子さん演じる主人公の岸辺野裕里と、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどで知られ、本作に役者として出演する庵野秀明さんが演じるその夫、宗次郎の息子、瑛斗役で出演する。

     凪君は「映画の撮影現場に行くのは初めてだったから緊張したけど、スタッフの皆さんに優しくしてもらったので楽しかったです。休み時間には、岩井監督にオモチャでいたずらをしたりしました。触ったら変形するオモチャで、監督に渡したら『わー!』と、とても大きな声で驚いていました」と無邪気な一面を見せつつ撮影を振り返り、「『ラストレター』で経験したことや気持ちを大切に、面白い表現ができる役者になりたいです」と語っている。

     映画は宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まった二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。裕里(松さん)は姉の未咲の葬儀で、未咲の娘の鮎美(広瀬すずさん)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。
    未咲の死を知らせるため同窓会に行くと、姉と勘違いされてしまう裕里。そして初恋の相手・乙坂鏡史郎(福山雅治さん)と再会し、勘違いから不思議な文通が始まる……という展開。

    (おわり)

    【【どっち似?】降谷建志とMEGUMIの息子・降谷凪が俳優デビュー 映画「ラストレター」で松たか子と庵野秀明の“息子”に】の続きを読む

    1: 2019/12/08(日) 18:22:05.96 ID:SuD4LglO9
    https://www.oricon.co.jp/news/2150499/full/
    2019-12-08

    俳優・木村拓哉が出演する動画配信サービス「GYAO!」の番組『木村さ~~ん!』第71回が8日、TOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(毎週日曜 前11:30~11:55)放送終了後の正午から配信された。

    今回は、木村が主演するフジテレビ開局60周年特別企画・スペシャルドラマ『教場』で共演している俳優の三浦翔平、女優の大島優子が登場。ロケバスの中で行き先が「餃子の王将」であることが告げられると、大島と三浦は「大好きです」と満面の笑みを浮かべ、木村も「行ったことなかったけど、行きたかったんだよね」と声を弾ませる。

    三浦が「まさか、木村さんと『餃子の王将』に来るとは」と感慨に浸る中、3人で餃子とビールを堪能。木村は「うまい。みんなが来るのがわかる。必要な場所にあるもんね。『教場』で王将に来る時は、風間(自身の役名)が払います」と笑顔で呼びかけていた。

    no title




    【【画像】木村拓哉「うまい。みんなが来るのがわかる」”餃子の王将”初体験 】の続きを読む

    5005

    1: 2019/12/04(水) 00:05:09.52 ID:0xofXWCE9
    https://www.sanspo.com/geino/news/20191203/geo19120323420029-n1.html
    2019.12.3

     俳優、勝新太郎さん(享年65)と女優、中村玉緒(80)の長男で俳優、鴈龍(がんりゅう)さんが急性心不全のため11月1日に名古屋市内で死去していたことが3日、分かった。55歳だった。

     玉緒の所属事務所などによると、鴈龍さんは同市で働いており、連絡の取れない知人が不審に思って訪ねたところ、亡くなっていたという。一人暮らしだったこともあり、発見されるまで数日間がたっていた。

     葬儀は玉緒の仕事のスケジュールを調整し、11月29日に近親者だけで行い、納骨も済ませた。息子に旅立たれた玉緒は憔悴しきっており、長女が付き添っているようだ。

     鴈龍さんは、勝さんが製作・監督・主演を務めた1989年公開の映画「座頭市」でデビュー。だが、撮影中の88年に真剣を使用し、殺陣師の俳優を死亡させる事故を起こした。同作は皮肉にも大ヒットしたが、90年には追い打ちをかけるように勝さんがハワイにコカインを持ち込み逮捕された。

     鴈龍さんは謹慎生活を経て、端役で復帰し、その後は玉緒とドラマで親子初共演も。勝さんが97年に他界した際には、葬儀で司会を務め、「父の名を辱めないように精いっぱいやる」などとあいさつをしていたが、2017年の舞台出演以降は姿を見せなくなっており、今年5月には「女性自身」が鴈龍さんと玉緒の絶縁などを報じていた。 
    【【2世俳優】勝新太郎、中村玉緒の長男・鴈龍さんが55歳で急死していた 】の続きを読む

    このページのトップヘ