企業

    1: 2020/09/28(月) 22:29:03.57 ID:lbPH84Qm9
     共同購入型クーポンサイト「GROUPON(グルーポン)」(本社・米シカゴ)は28日、日本市場から撤退すると「マーチャントブログ(企業向けブログ)」で発表した。この日をもってクーポンの販売を終了。有効期限内の未使用購入済みクーポンは今年12月27日まで使える。

    2010年に日本進出。翌11年には「スカスカおせち事件」で騒動となった。

     「誠に残念ながら、弊社は日本市場からの撤退を決定いたしました。2020年9月28日をもちまして、クーポンの販売を終了いたします」と報告。「このたびの決定は私どもにとりましても大変に重く、つらいものですが、弊社グルーポンは、グローバル企業として、すべての支払義務を履行いたします。また、できる限り円滑かつ効果的に、皆様と協働してこの度の手続きを進めてまいります」とした。

     発表は以下の通り。

     取引先店舗各位

     平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。誠に残念ながら、弊社は日本市場からの撤退を決定いたしました。2020年9月28日をもちまして、クーポンの販売を終了いたします。

     皆様と弊社のお客様であるグルーポンユーザーに向けて、有効期限内の未使用の購入済みクーポンは2020年12月27日まで店舗でお使いいただける旨を、弊社よりメールにてお知らせいたします。12月27日より前に有効期限を迎えるクーポンについては、元の有効期限をもって失効いたします。貴店舗の現在有効のクーポンにつきましては、12月27日まで引き続き、これまでと同様に弊社の対応を行います。12月28日以降は、店舗様によるクーポンの消込はできなくなります。

     12月28日以降、有効期限内の未使用クーポンをお持ちのお客様につきまして、購入時の決済手段を介した返金を行います。お客様からのお問い合わせは弊社カスタマーサービス https://www.groupon.jp/customer_support にて対応いたします。

     現在、弊社とお取り引きいただいている店舗様におかれましては、マーチャントセンターを2021年1月31日まで引き続きご利用いただけます。ご不明な点がございましたら、マーチャントセンターhttps://www.groupon.jp/merchant/center/loginより弊社までご連絡ください。2020年10月27日をもってすべての営業担当者は退職いたしますが、引き続き、別担当部署が店舗サポートを行ってまいります。

     このたびの決定は私どもにとりましても大変に重く、辛いものですが、弊社グルーポンは、グローバル企業として、すべての支払義務を履行いたします。また、できる限り円滑かつ効果的に、皆様と協働してこの度の手続きを進めてまいります。

     長年にわたる皆様のご信頼とご協力に改めて感謝申し上げ、皆様の益々のご発展を祈念いたします。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d349c4b4200c54606179d3936f950eaea5a735aa

    【【おせち騒動から9年】「グルーポン」日本市場から撤退 クーポン販売終了「大変に重く、つらい決定」】の続きを読む

    5005

    1: 2020/08/18(火) 01:17:10.40 ID:M0lfZjJD9
    佐藤昌司 | 店舗経営コンサルタント
    8/17(月) 11:00

    不二家が赤字に

     「ペコちゃん」でおなじみの不二家が赤字に転落した。2020年1~6月期連結決算は、最終損益が1億7100万円の赤字(前年同期は1億5100万円の黒字)だった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収益が悪化した。売上高は前年同期比6.7%減の469億円だった。新型コロナという特殊要因が大きく影響したため、赤字転落は仕方がない面がある。だが、同社は別に抱える大きな問題により業績は新型コロナ前から芳しくない。その問題が解決できなければコロナ収束後も厳しいままだ。

     不二家は店舗で洋菓子を販売する洋菓子事業とクッキー菓子「カントリーマアム」などの菓子を量販店に販売する菓子事業の2つの事業を軸に経営を進めている。同社が抱える問題というのは、大きな軸の一つである洋菓子事業で不振が続いていることだ。同事業は10年以上も赤字が続き、今もなお採算改善の兆しが見えない。

     不二家における洋菓子の歴史は古い。1910年11月に創業者が横浜に洋菓子店を開いたのが始まりだ。翌12月にはクリスマスケーキの販売を始め、22年にはショートケーキを発売した。100年以上もの歴史があり、誕生日やクリスマスなど特別な日に不二家の洋菓子を食べて過ごした人は少なくないだろう。

     不二家の洋菓子は長らく人々に愛されてきた。だが、ここ十数年は赤字が続くなど苦戦が目立っている。背景にあるのは「コンビニスイーツ」の台頭だ。

     コンビニスイーツはローソンが09年に発売した「プレミアムロールケーキ」がヒットしブームが巻き起こった。その後、コンビニで続々とヒット商品や話題を呼んだ商品が生まれ、コンビニスイーツは存在感を高めていった。最近では、ローソンが19年3月に発売したバスク風チーズケーキ「バスチー」が20年1月時点で累計4000万個を販売する大ヒット商品となりコンビニスイーツの強さを見せつけている。

     コンビニスイーツは洋菓子店で話題になった商品に似せて売り出されることがよくある。例えば前述したローソンのプレミアムロールケーキはロールケーキブームの火付け役となった「堂島ロール」に似ている。堂島ロールは中堅企業のモンシェールが販売する商品だ。またバスチーは、中小の洋菓子店で売り出されるようになって18年ごろにブームになったバスク風チーズケーキを後追いするかのように発売されている。このようにコンビニスイーツは洋菓子店のお株を奪うような形で続々と誕生しヒット商品が生まれているのだ。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/satomasashi/20200817-00193701/

    【【コロナ不況】 「ペコちゃん」の不二家が赤字に 大量閉店とのWパンチで苦境】の続きを読む

    5005
    1: 2020/07/23(木) 21:24:04.47 ID:DaZOGB0l9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d198682c6f72a14e374c8e8a1d3e4fcf74b1e7b3

    サーティワン アイスクリームが、 2020年7月21日より、 アイスクリームの定額サービス
    「サーティワン サブスク」をスタートしました。

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、花火大会や夏祭り、音楽フェスの中止が相次ぎ、
    さらに連日雨が続く2020年の夏…毎日アイスを食べることで、夏気分を味わうのはいかがでしょうか。

    定額で一定期間商品やサービスを購入できる「サブスクリプション」。
    日本でも人気が高いアイスクリームショップの「サーティワン」が、定額制のサービスを始めました。

    7月21日からは、第1弾として「31日間毎日サーティワンチャレンジ」がスタート。
    31日間、 毎日1枚ギフト券がもらえて、アイスクリーム1個と交換ができます。
    価格は月5980円。毎日使うと最大約6000円お得になるといいます。

    また、8月からは第2弾として、月359円で好きなアイスクリーム1個と交換できるプランも始まります。

    第1弾、 第2弾ともに、サーティーワンのサイトで購入が可能。プラン購入には会員登録が必要です。

    【【新たなるサブスク】”月額5980円”サーティワンで31日間、毎日アイスが食べられる】の続きを読む

    5005
    1: 2020/06/13(土) 21:56:20.86 ID:f42k7L1t9
    WORLD
    2020年06月13日 15時44分 JST

    多様な肌の色にあうバンドエイドが販売へ。「遅すぎる」と訴える声も
    「多様な肌の美しさを包含するため」と声明文を発表。ジョンソン・エンド・ジョンソンは1921年にバンドエイドを販売してから今に至るまで、一色のみを展開してきた。
    若田悠希

    アメリカのヘルスケア関連商品を扱う大手ジョンソン・エンド・ジョンソンの「バンドエイド」が、Instagramで、今後、様々な肌の色にあう新商品を発表すると声明を出した。

    https://www.instagram.com/p/CBQdOqOBBve/?igshid=tzlvyrqr4ucp

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ee457fec5b6fc0a22e3022a

    【【カットバン・サビオ】多様な肌の色にあうバンドエイドが販売へ。「遅すぎる」と訴える声も】の続きを読む

    5005
    1: 2020/06/08(月) 16:14:11.62 ID:zHftDHoX9
     料理検索サイトの大手「クックパッド」が今、苦境に立たされている。ユーザー数の多いサービスという印象が強いクックパッドだが、今年の2月7日に発表した2019年12月期の連結決算では、なんと9億6800万円の最終赤字を計上している。最終利益4億700万円という前年の黒字決算から、上場以来初の赤字決算となってしまった。

     また、月間の利用者数平均も、2016年に比べると約1000万人近く減少してしまっているようだ。

    全文
    https://biz-journal.jp/2020/06/post_161220.html

    【【衰退の理由は?】クックパッド「助けて!上場以来初の赤字なの!!」利用者は4年前と比較して1000万人減】の続きを読む

    このページのトップヘ