京都

    1: 2019/07/18(木) 21:41:59.01 ID:GgOMCj7n9
    https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190718/2000017807.html

    消防“33人の死亡確認”
    07月18日 21時23分

    京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件で、消防は現場で説明を行い、これまでに33人の死亡が確認されたと明らかにしました。



    【【増える死者】”京アニ放火事件”消防から33人の死亡が明らかにされる  7/18 21時の時点 】の続きを読む

    IMG_1065

    1: 2019/07/09(火) 22:34:00.48 ID:oXLARiJy9
    性風俗に女性4700人あっせん、容疑でスカウト集団の男逮捕
    7/9(火) 21:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00000023-kyt-l26

     繁華街で声を掛けた女性を性風俗店にあっせんしたとして、京都府警生活保安課と中京署は9日、職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで、大阪市東成区中本5丁目、スカウト集団トップの男(39)ら男3人を逮捕した。
     逮捕容疑は共謀し、昨年9月、京都市下京区の四条通河原町交差点周辺で、当時大学生の女性(22)ら2人に声を掛け、市内の性風俗店にあっせんした疑い。
     府警によると、トップの男らはスカウト集団「フューチャーグループ」を自称し、京都、大阪、奈良の3府県で活動。繁華街や大学周辺で「楽して稼げる」などと女性を勧誘していた。
     2017年2月以降に計約4700人の女性を性風俗店にあっせんし、1年間に約5億円の収益があったとみられる。トップの男は「自分は関係ない」と容疑を否認しているという。

    【【2017年2月〜現在まで】"年間5億の利益"性風俗に女性4700人あっせんした容疑でスカウト集団の男を逮捕】の続きを読む

    1: 2019/06/12(水) 21:35:34.04 ID:kaBvkQr99
    https://www.ktv.jp/news/articles/0d09f5b9bf544d0abd8b4bf288d9eb46.html

    逮捕されたハードロック騒音男 ”釈放後”も大音量

    06/12 18:17

    現場を取材すると、釈放後も大音量でハードロックが流し続けられていた。

    近隣住民は本当に迷惑しています。

    【坂元龍斗リポ】
    「京都市西京区の一軒家が立ち並びます普段は大変静かであろう住宅街で大音量の音楽が響き渡っています」

    住民によるとこの大音量に、5年以上前から悩まされ続けてきました。

    京都市西京区のこの家に住む53歳の無職の男は去年8月から10回に渡り、警察官の制止を聞かず、1階の窓をあけて大音量でハードロックなどを鳴らし続けた疑いで10日に逮捕され、11日釈放されました。逮捕容疑は静穏妨害の疑いです。

    【坂元龍斗リポ】
    「音は1階の奥から聞こえてきます」
    「窓は開いてますんで、家の中から聞こえる大きな音楽が完全に漏れています。
    かなり大きな音。これは近所の方、とても迷惑だと思います。釈放された翌日にこれですからね…」

    釈放後も大音量でハードロックを流し続ける男。

    【近所住民】
    「今はすごい抑えめなんですけど」
    Q:これで抑えめ??
    「これすっごい抑えめです」
    「ちょっと前はビートルズ。ラジオが最近は流れてて…」
    Q:何の目的で?
    「常識が違いすぎて、どういっていいかわからない」

    警察によると2年ほど前から騒音について近隣から通報や相談が23件あり、警察官が訪ねると「趣味でやっている。帰れ」と話し、自治会からの注意にも「この音楽が好きだ」と、門前払いが続いていました。

    男は警察の調べに対し、「大きい音を出していた事に間違いないが趣味で聴いていた」と容疑を認めていて、警察は任意で事情を聴き書類送検する方針です。 

    【【暴虐のハードロッカー】逮捕された騒音男(53)、釈放後もハードロックを流し続ける 】の続きを読む

    IMG_0846

    1: 2019/06/11(火) 00:56:31.22 ID:U4Wujpnx9
     自宅の窓を開けて大音量でハードロックなどを聴き続けたとして、京都府警は10日、京都市西京区の無職の男(53)を軽犯罪法違反(静穏妨害)の疑いで逮捕し、発表した。周辺住民の110番通報などで駆けつけた警察官が10回、音を小さくするよう求めたが、聞き入れず窓も閉めなかったという。男は「趣味で聴いていた。大きい音を流したのは間違いない」と話しているという。

     西京署によると、逮捕容疑は昨年8月~今年3月の10回、戸建ての自宅でCDラジカセなどで大音量で音楽を聴き続け、近所に迷惑をかけたというもの。朝の7時半や夜の9時過ぎの時間帯もあった。駆けつけた署員に、「趣味でやっているんだ」「帰れ」などと言い返したという。

     府警には2017年3月から、周辺住民から騒音をめぐる計23件の通報や相談が寄せられていたという。

    https://www.asahi.com/articles/ASM6B5757M6BPLZB00Q.html
    【【HR】窓開け大音量でハードロック、静穏妨害容疑で無職の男(53)逮捕】の続きを読む

    1: 2019/06/04(火) 23:24:45.63 ID:C1+QaVDT9
     ★京都で新たにオープンした和食店で、いきなり「予約バックレ」被害があったと店舗ツイッターが報告し、同情と応援の声が相次いだ。

     J-CASTニュースが話を聞くと、店長の男性は22歳の青年。念願の自分の店を開いたその日に起きた理不尽な出来事に心を痛めている。

    ■「本気で頑張ったから心の底から悔しいです」

     きっかけは2019年6月3日夜19時過ぎ、和食店「東寺こまどり」(京都市)によるツイッターでの次の投稿だ。4万回以上リツイートされ、大きく拡散された。

      「今日グランドオープンした当店に10人7000円の予約をしてくださいましたお客様がいましたが 時間をすぎても現れず お伺いした電話番号も偽の電話番号でした」

     投稿によると、予約の電話は「非通知」でかかってきた。「非通知電話で信じた当店も馬鹿でしたがとても悲しいです。ウキウキで必死に魚捌いてました」という同店。
    10人分の席が整然と用意された写真をアップしたが、そこに客は1人もいない。

     同店は投稿の理由を「他のお店の方々にも注意してもらえればと思い書き綴りました。非通知電話は通知してかけ直してもらうもしくは直ぐに教えて貰った電話に
    かけ直すなどの対応を摂ることをおすすめします」(原文ママ)としている。それでも、「丹精込めて作ったもの全てが無駄になる屈辱はとても辛いです。
    しかもオープンの日に」「本気で頑張ったから心の底から悔しいです。お客さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら頑張ったのが初日にして踏みにじられる屈辱と悲しみは
    とても大きなものですね。勉強になりました」と悔しさが収まらない。

     予約してきた電話の相手は「50代ぐらいの男性」。「もしこのツイートを見てるのなら二度としないでください。これ以上悲しい思いをする人を増やさないように。
    あなたの行動は人を不幸にします」と怒りを募らせた。

    18歳からの修業を経て、念願の独立を果たしたその日に

     開店前の3日昼には「本日グランドオープンです!! 」として、この日仕入れた新鮮な魚介類の写真をアップ。「すっっごいのきましたよ」と開店祝いの花が
    届いたことを喜んだ。そんな矢先にいきなり襲った「バックレ」被害には、他のユーザーから

      「おんなじ飲食業として、すごく心がつらいです...ちょっと泣きそうになるくらい...」
      「晴れの日になんて非道いことを...心中お察し申し上げます」
      「これ見た近くの10人食べに行ってくれーーー!」
      「京都にはよく行くので絶対にいつか寄らせて頂きます!」

    などエールが殺到した。

     「東寺こまどり」の店長・岡田凌さんは4日午後、J-CASTニュースの取材に応じ、状況を詳しく明かした。予約の電話が入ったのは当日の3日。7000円のコース料理が
    10人分で、金額にして7万円。店内に入るのは20人程度のため店全体の約半分の席を確保していたことになるが、その甲斐虚しく客は来なかった。

      「用意していたのは、伊勢直送のお魚をメインに使ったコースです。フォアグラを使った一品や茶そばなどの他、デザートは日本酒を使ったイチゴリキュールをかける
    アイスでした。自分の作りたい料理にこだわって完成させたコースですね」

     実家が飲食店をやっていたという岡田さんは、幼いころから料理に親しみがあった。「中学卒業後に実家の手伝いをして、勉強させてもらいました。18歳からは
    色々なお店で修業させてもらいました」といい、22歳にして念願の自分の店を持つに至った。しかし「オープン当日にやられましたね...」。他にオーナーはいるが
    従業員はおらず、店は当面1人で回す。朝7時から準備、昼営業後2時間ほど休憩を挟み、夜は24時ごろまで開く。片付けなどを終えるのは午前2時ごろという。

     今後同様の被害を受けないように、「飲食店予約サイトなどを通じて予約を受けるようにするとか、非通知でかかってきた場合はリダイヤルさせていただいてから
    お受けするとか、予約の前日くらいに確認のお電話をさせていただくとか、イタズラで予約されるようなことがないようにしたいです」と話す。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000009-jct-soci
    ツイッターで公開された「予約バックレ」写真(提供:東寺こまどり)
    no title

    予約の電話を受けた時に走り書きしたというメモ。上から名前、人数、時間、コース料金、電話番号が記録されれている
    (提供:東寺こまどり。編集部で一部加工)
    no title

    【【東寺こまどり】22歳店長「丹精込めて作ったもの全てが無駄に...」オープン初日に”10人予約バックレ”被害に遭う】の続きを読む

    このページのトップヘ