京浜急行

    car_truck
    1: 2019/09/08(日) 20:41:37.73 ID:x6uhrdxV9
    京急衝突のトラック運転手勤める運送業者がコメント 「被害者におわびのしようもない」
    2019年9月5日 20:54


    京急衝突事故で、トラックはオレンジなどを千葉県成田市に運ぶ途中だった。
    運転手は別の運送会社で20年ほど働いた後、昨年10月に金子流通サービスに入社。
    金子流通サービスは「被害者におわびのしようもない」とのコメントを出した。



    5日午前、横浜市神奈川区の京急電鉄神奈川新町―仲木戸駅間の踏切で起きた、快特電車とトラックの衝突事故。トラックを運転していた本橋道雄さん(67)が勤める千葉県香取市佐原の運送業者「金子流通サービス」の関連会社の男性(52)によると、本橋さんは5日午前4時ごろに会社を出て、横浜市内でオレンジなどを積み込み、千葉県成田市に運ぶ途中だった。本橋さんは別の運送会社で20年ほど運転手として働いた後、昨年10月に入社。入社後に事故を起こしたことはなく、今年6月に受けた健康診断でも問題は見当たらなかったという。

    横浜市から荷物を運ぶ業務は4回目で、男性は「1回目に会社が別の運転手を同乗させて教えたルートではなく、なぜあの踏切を通ろうとしたのかわからない」と説明した。

    金子流通サービスは5日、「被害者におわびのしようもない」とのコメントを出した。【中村宰和】
    https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20190905k0000m040267000c/

    【【京急事故】トラック運転手は67歳 勤務歴20年のベテランだった 】の続きを読む

    1: 2019/09/08(日) 06:25:34.94 ID:Awlihq5O9
    大型トラックとの衝突・脱線事故から2日ぶりに、京急本線が7日午後、全線で運転を再開した。踏切内で車が立ち往生するトラブルは、各地でしばしば起きている。今回の現場でも、立ち往生を想定した安全システムは整備されていた。それなのになぜ、ぶつかるまで列車は止まれなかったのか。

     5日昼前、横浜市神奈川区の神奈川新町駅に隣り合う踏切で、事故は起きた。

     京急の説明によると、トラックは警報機が鳴り始める前に踏切内に入り、立ち往生していた。現場の踏切には人や車などの障害物を検知する装置がある。

     装置は、警報機が鳴り出した時…残り:1232文字/全文:1475文字

    no title


    2019年9月7日19時05分  朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM967WK4M96UTIL064.html

    【【京急事故はなぜ起きた?】異常時に踏切前で止まれる設計も】の続きを読む

    1: 2019/09/07(土) 21:42:46.56 ID:mFynWrf79
    神奈川県横浜市で、5日、京急電鉄の列車とトラックが衝突し、一人が死亡し、35人がケガをした事故。一部区間の運休が続いていたが、運転再開は7日昼頃になるという。

    7日午前0時43分頃には、線路に最後まで残っていた先頭車両が台車に載せられ撤去された。現在は、破損した線路の枕木や架線などの復旧作業が続いていて、京急電鉄は、7日昼頃からの運転再開を目指すとしている。

    一方、捜査関係者への取材で、トラックが踏切の手前で立ち往生した際、京急の運転士2人がたまたま通りかかり、トラックの運転手に「誘導してほしい」と頼まれ、右折して踏切に入る際の誘導もしていたことが分かった。

    トラックが踏切に進入後、遮断機が下がったため、運転士は非常ボタンを押したが、トラックと列車は衝突した。

    また、トラックは通常の走行ルートとは異なり、もと来た方向に引き返すような形で、線路沿いの細い路地に入り、事故現場に向かったことも分かった。

    ソース/YAHOO!ニュース(NNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190907-00000098-nnn-soci



    【【防げる事故だった?】”京急踏切事故”「(トラックドライバーに)頼まれて」京急運転士2人がトラックの踏切内への誘導も行っていたと判明】の続きを読む

    1: 2019/09/06(金) 06:59:52.46 ID:Qnzp16c79
    京急 あす始発の再開目指す 車両撤去に時間かかり
    NHK 2019年9月6日 4時49分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190906/k10012066051000.html

    no title


    5日、横浜市の京急線の踏切で電車が大型トラックと衝突して脱線した事故で、脱線した列車の撤去に向けた作業は夜通し行われました。京急によりますと、脱線していなかった4両目から8両目は午前4時半までに車庫に戻されたということです。

    脱線した1両目から3両目についてはクレーンでつり上げるなどしていったんレールに戻し、撤去することにしていますが、傾いている1両目を転倒させないための安全対策や、トラックの撤去作業などに時間がかかっているということです。

    このため、運転再開は当初6日夕方のラッシュ時までを目指すとしていましたが、7日始発からを目指すことになりました。


    ---------------------


    京急線運行情報【公式】
    @keikyu_official
    4:44 【運行情報】神奈川新町駅?仲木戸駅間で発生した踏切事故の影響で京急川崎駅?横浜駅間の上下線の運転を見合わせています。

    次の路線にて振替輸送実施中です。
    JR線、東急線、相鉄線、横浜市営地下鉄... #京急 #keikyu http://unkou.keikyu.co.jp/index.html
    午前4:44 ・ 2019年9月6日・京急運行情報
    https://twitter.com/keikyu_official/status/1169697714352689152
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【9月7日の始発に再開か】京急脱線事故で車両撤去に時間かかり通勤ラッシュに影響】の続きを読む

    1: 2019/09/05(木) 19:49:03.41 ID:97J4s0LI9
    5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京浜急行線神奈川新町-仲木戸間の踏切で、8両編成の電車がトラックと衝突し、脱線した。神奈川県警神奈川署によると、乗客ら32人が負傷し、うち1人が意識不明という。トラック運転手とみられる男性も重傷を負い、同署などが当時の詳しい状況を調べている。

    同署によると、衝突したのはレモン660ケースを積んだ12トンの大型トラックで、男性(67)が運転していた。
     
    京浜急行電鉄などによると、衝突したのは青砥発三崎口行きの快特列車。先頭から3両目までの車両が脱線した。現場付近で煙が上がり、「火が出ている」と119番があったという。
     
    現場は神奈川新町駅近くにある「神奈川新町第1踏切」で、遮断機や警報機が設置されていた。乗客の避難誘導は完了しており、同社が乗車人数などを確認している。
     
    事故の影響で、同線京急川崎-上大岡間の上下線で運転を見合わせている。

    2019年09月05日13時51分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090500629&g=soc

    メイヤーレモン散乱
    no title


    【【京急事故】衝突した12トントラックはレモン660ケースを積んでいた】の続きを読む

    このページのトップヘ