交通事故

    IMG_0195

    1: 2019/12/08(日) 06:26:31.23 ID:JwB23h6x9
    https://www.fnn.jp/posts/00428564CX/201912080614_KTV_CX


    信号待ちの車列に車突っ込む 5台からむ事故 7歳女児死亡
    カテゴリ:国内
    2019年12月8日 日曜 午前6:14


    大阪・枚方市で車5台がからむ玉突き事故があり、7歳の女の子が死亡し、9人が重軽傷を負った。

    警察は、追突した車の22歳の男を現行犯で逮捕した。


    7日午後7時すぎ、枚方市津田北町の交差点で、信号待ちをしていた車の列に乗用車が追突し、4台の車が巻き込まれた。

    警察などによると、この事故で、一番後ろの軽自動車に乗っていた早川千尋さん(7)が死亡し、9人が重軽傷を負った。

    警察は、追突した車の運転手・山本文吾容疑者(22)を、過失運転致傷の現行犯で逮捕した。

    山本容疑者は、「眠気があり、事故を起こしてしまった」と容疑を認めていて、警察は、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の状況をくわしく調べている。

    (関西テレビ)

    【【5台絡む事故】信号待ちの車列に車突っ込み7歳女児死亡9人重軽傷 22歳男を現行犯逮捕】の続きを読む

    1: 2019/12/02(月) 19:21:06.87 ID:FLl4avHz9
    群馬県の関越自動車道で車が逆走し、運転していた80歳の男性が死亡、2人が重軽傷を負った事故。

    映像は、事故直前に撮影されたもの。

    死亡した男性の妹が、事故前の兄の様子を語った。

    1日、渋川市の関越道で、津久井豊さん(80)が運転する軽自動車が逆走して、前から来た対向車と正面衝突し、津久井さんが死亡、対向車の男女が重軽傷を負った。

    津久井さんの妹が、FNNの取材に対し、兄について「兄はしっかりしていた」と語った。

    津久井さんの妹「朝、『灯油を買いに行く』って言うから。逆走したというから、考えられない。でも、頭の方はしっかりしていましたよ」

    また、津久井さんは、免許の返納を勧められていたが、断っていたという。

    地元の自治会長「(春に)免許返納したらどうかと言ったが、“人の世話になりたくない”という人だったから」

    目撃者の話などから、津久井さんは、少なくとも3km以上逆走していたとみられ、ハンドルにしがみつくような感じだったということで、警察は、逆走した状況をくわしく調べている。

    2019年12月2日 月曜 午後0:06
    https://www.fnn.jp/posts/00428211CX/201912021206_CX_CX

    ■【動画】関越道で逆走し衝突 80歳の運転手が死亡 2人けが ANN
    https://www.youtube.com/watch?v=kdXKbFC3HcI


    【【動画あり】関越道逆走、80歳男性「人の世話になりたくない」と免許返納せず…高速道路を3km以上逆走して死亡 2人重軽傷】の続きを読む

    1: 2019/09/22(日) 22:28:11.53 ID:WTKmVs7V9
    ▼池袋暴走「39万筆」署名も元院長は沈黙 代理人に改めて取材申し込むが...

    2019年4月に発生した池袋暴走事故で、松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(3)を失った遺族が9月20日、
    東京都千代田区の東京地検を訪れ、乗用車を運転していた飯塚幸三・元旧通産省工業技術院院長への厳罰を求める署名39万1136筆と、
    速やかな送検や起訴を求める要望書を東京地検に提出した。

    同日、都内で開かれた会見で、妻と娘を失った遺族の松永さん(33)は
    「つらい思いをする被害者と苦しい思いを一生抱えていかなければいけない遺族が出ないように、自分ができることをしていきたい」と訴えた。

    ▽検察官から「責任を持ってお預かりします」

    7月18日のブログ立ち上げとともに、署名活動を始めた。
    郵送での署名活動に加え、東京や沖縄でも署名を募ってきた。

    当初は送検のタイミングで署名を出す予定だったが、捜査が進まず送検も遅れる状況で、速やかに送検・起訴してもらおうと20日に提出。
    検察官からは、署名について「責任を持ってお預かりします」という言葉をもらったという。

    9月19日夜の時点で、39万1136筆の署名が集まった。
    会見で松永さんは、「皆さまの署名、思いが無駄にならないよう、速やかな起訴をお願いする要望書もともに提出させて頂きました。
    重要なご報告や発信は、ブログ更新でお知らせさせて頂きたいと思っています。
    約2カ月間、署名活動へのご協力、誠にありがとうございました。遺族を代表して、心よりお礼申し上げます」と述べた。

    20日は、真菜さんの父・上原義教(よしのり)さん(62)も沖縄から駆け付けた。
    上原さんは、「普通の罰を受けていただきたいと心から願います」と訴え、
    「私たち遺族もこれから前を向いていかなければいけない。
    私にとっては最愛の娘でした。最愛の孫でした。本当に悔しい気持ちでいっぱいです。
    全国の皆さまの励ましに支えられ、今日まで生きてくることができました」と声を震わせた。

    ▼飯塚元院長の代理人「マスコミなどの取材は一切応じない」

    J-CASTニュースでは署名提出を前にした2019年9月13日、飯塚元院長の代理人に電話で取材を申し込んだ。

    ――厳罰を求める署名活動について、ご見解など伺えないか。

    申し述べることは何も。
    取材に対して内心の考えていることを伝えるなどの意向は全くない。
    もちろん考えていることはあるとは思いますけれども。

    ――理由について。

    非常に慎重に対応している。
    一切応じてはいません。

    ――書面で取材の内容をお送りしたい。書面でのご回答を検討いただけないか。

    捜査も続けられている中で、何か事件に関連することをどうのこうのというのは、まったく一切ない。
    「マスコミなどの取材は一切応じていない」とされ、明確な回答は得られなかった。

    改めて代理人が所属する法律事務所にも、
    1)運転者に厳罰を求める署名活動自体へのお受け止めについて、お伺いしたく存じます。
    2)8月30日時点で、署名が29万筆以上集まりました。この数について、ご見解等お伺いしたく存じます。
    3)厳罰を求める署名活動に関しまして、飯塚元院長のコメントを頂きたく存じます。
    について、書面で13日に回答を求めたが、回答期限の9月18日までに回答はなかった。

    https://www.j-cast.com/2019/09/20368161.html?p=all

    ★1が立った日時:2019/09/22(日) 20:48:03.53
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1569152883/

    【【池袋暴走事故】飯塚幸三元院長、厳罰を求める40万筆の署名もシカト】の続きを読む

    IMG_1226

    1: 2019/07/23(火) 01:35:30.70 ID:QA/1YgUm9
    21日夜、仙台市青葉区で交差点を歩いて渡っていた89歳の女性がタクシーにはねられ死亡しました。

    事故があったのは、青葉区宮町2丁目の丁字路交差点です。

    21日午後9時ごろ、交差点を歩いて渡っていた近くに住む阿部千里さん(89)が、左から来たタクシーにはねられました。

    この事故で阿部さんは頭などを強く打ち、間もなく死亡が確認されました。

    タクシーに客は乗っておらず、運転していた65歳の男性にけがはありませんでした。

    警察がタクシーのドライブレコーダーの映像を確認したところ、事故当時、タクシー側の信号は青で、阿部さん側の信号は赤だったということです。

    また、阿部さんは横断歩道ではなく、交差点内を歩いて横断していて、警察が事故の原因を調べています。

    2019年7月22日 月曜 午後8:44
    https://www.fnn.jp/posts/2019072200000009OX/201907222044_OX_OX

    【【事故】タクシーにはねられ交差点横断の女性(89)死亡 ドラレコ映像では歩行者側が赤信号】の続きを読む

    1: 2019/07/19(金) 15:52:16.08 ID:iCNkBzag9
    https://news.livedoor.com/article/detail/16796909/

    東京・池袋で車が暴走し、母親と3歳の娘が死亡した事故から19日で3カ月です。
    車に同乗していた運転手の妻が事故について「覚えていない」と話していることが分かりました。

    4月19日、豊島区東池袋で乗用車が暴走して交差点に突っ込み、松永真菜さん(31)と
    娘の莉子ちゃんが死亡、10人が重軽傷を負いました。警視庁は、車を運転していた
    旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が運転操作を誤ったとみて任意で捜査を続けています。
    その後の捜査関係者への取材で、助手席に乗っていた飯塚元院長の妻が警視庁の任意の
    事情聴取に対し、「覚えていない」と話していることが新たに分かりました。

    飯塚元院長は「ブレーキを踏んだが、利かなかった」などと話す一方で、
    「アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性も考えられる」と話しています。

    【【池袋暴走事故】飯塚幸三元院長の妻「(事故のことは)覚えていない」】の続きを読む

    このページのトップヘ