ユーチューバー

    1: 2019/10/16(水) 22:58:12.62 ID:qOCE4nwf9
    10/16(水) 16:00配信
    NEWS ポストセブン
    HIKAKIN 自宅マンションから「SNS・YouTube投稿禁止」警告

    年収10億円を超えるといわれているヒカキン

     人気YouTuber・ヒカキン(HIKAKIN・30才)が、自宅で撮影した動画を投稿できなくなるかもしれない――。そんな情報が舞い込んできた。都心の一等地にある超高級マンションの住民が、困惑気味にこう話す。


    「6月頃、マンションの掲示板に、SNSとYouTubeの投稿について注意する紙が貼り出されました。“マンションの外観・共用部分のみならず、専用部分であっても、画像・動画を安易に投稿・掲載しないように”という内容でした。ただ、なぜなのか4か月経った今もその貼り紙は掲示されたままで…」

     そのマンションには、テレビやCMなどにも出演するヒカキンが住んでおり、幾度となくマンション内から話題の動画を配信してきた。

    「ヒカキンさんは住居用と動画編集用に隣り合った3LDKの部屋を2つ借りているので、合わせて6LLDDKK。家賃は前に住んでいたマンションの3倍だそうで、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃などを合わせた初期費用だけで“ランボルギーニが買える”と本人がレポートしていました。毎月家賃を300万円も払っているとか」(ITジャーナリスト)

     本人が「50m走ができるくらい長い」と明かす廊下や、マンションからの眺望、17個にも及ぶエアコンのリモコンなどが「すごい」と視聴者の間で話題になった。

    「その動画を見た視聴者の中に、マンションを特定しようという動きがあった。それを知ったほかの住民が動いたようです。超高級億ションですし、資産家の住民も多い。それだけに“こんなに部屋の細部までさらされたら、セキュリティーが心配だ”という声が上がった。ヒカキンさんの動画チャンネルは約800万人が登録していますから、不安を訴える気持ちもわかります。かといって直接注意するのも難しく、貼り紙という形になったようです」(マンション関係者)

     しかし、今もヒカキンはマンション内の動画をアップしたり、インスタグラムで写真をアップし続けている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000012-pseven-ent
    no title

    【【窮地?】YouTuber・HIKAKIN 自宅マンションから「SNS・YouTube投稿禁止」警告 家賃300万円の自宅で撮影した動画を投稿できなくなるかも】の続きを読む

    1: 2019/09/23(月) 22:32:51.50 ID:3tat5vGx9
    https://www.gamespark.jp/article/2019/09/23/93264.html

    日本にもいたゲーマーおばあちゃん!御年89歳の「ゲーマーグランマ」に訊く―年を取ってもゲームは楽しいですか?

    『Days Gone』や『GTAオンライン』などの実況動画を公開し、最近、にわかに注目をあつめる日本のゲーマーおばあちゃん「ゲーマーグランマ」。YouTubeチャンネルの登録者数が2万人を超える彼女は何者なのでしょうか……。

    連載・特集 インタビュー 2019.9.23 Mon 14:00


    未曾有の高齢化社会に突入する日本。我々ハードコアゲーマーも遠くない未来、その“高齢者”の仲間入りを果たすことになります。Game*Spark読者の平均年齢は年々下がっているのですが、実は40~50代の読者も少なくありません。加齢による体力・動体視力の衰えなど、これまでと同じ感覚でゲーマーとしての生活ができるのか少し不安になることもありますよね。

    海外では「ゲーマーおばあちゃん」として老後も楽しくゲームをプレイし、しかも配信までしてしまう我々の先達も多数いらっしゃいます。例えば先日弊誌でもご紹介したShirley Curryさんは御年83歳。彼女は『The Elder Scrolls V: Skyrim』の配信で注目を集め、なんと最新作『The Elder Scrolls VI』にNPC出演することも決定しています。

    そして日本にも「ゲーマーおばあちゃん」として密かに注目を集める御年89歳の女性がいるのをご存知でしょうか?彼女の名前は森浜子さん。Gamer GrandmaというYouTubeチャンネルをもち、最近では『Days Gone』や『GTAオンライン』など日本においてはコアゲーマー好みともいえるタイトルのプレイ動画を投稿しています。チャンネルの開設は4年前ですが、ここ最近は投稿頻度も増えており、インタビュー時点では2万人以上のチャンネル登録があるYouTuberです。

    動画
    https://youtu.be/L6Q_kJlXTP8


    【【Youtuber】ゲーマーグランマ(89)「おすすめはGTA5ね」『邪聖剣ネクロマンサー』も懐かしい 】の続きを読む

    1: 2019/09/09(月) 20:42:27.61 ID:mPA5IkNt9
     東京・渋谷のハチ公前広場で高校生ユーチューバー(16)を脅したということです。

     指定暴力団山口組弘道会系の元組員・桜井基隆容疑者(48)は6月、渋谷のハチ公前広場でスマートフォンで動画撮影していた高校生のユーチューバーから現金を脅し取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、桜井容疑者は当時、酒に酔っていて、高校生が使っていた三脚にわざと足を引っ掛けて転び、「5万出せ、病院行ったら30万じゃ済まないぞ」と脅したということです。取り調べに対して「私は被害者。金の要求はしてない」と容疑を否認しています。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17056083/
    no title

    【【犯人画像あり】元暴力団の桜井容疑者(48)「5万出せ」ハチ公前で高校生YouTuber(16)を恐喝して逮捕⇒逮捕後は「私は被害者」と容疑を否認】の続きを読む

    video_frame_169
    1: 2019/09/03(火) 19:23:14.98 ID:NZ387tx39
     小学生ユーチューバーのゆたぼんの父で心理カウンセラーの中村幸也氏のツイッターが、物議を醸している。

    「不登校は不幸じゃない」などの主張で有名となり、“少年革命家”を名乗っているゆたぼん。知名度が伸びるに従い、多くのバッシングが集まり、多くのアンチファンを抱えていた。

     そんな中、8月には「ゆたぼんチャンネル登録解除祭り」として、一部ネットユーザーが、8月31日から9月1日になる瞬間にゆたぼんのチャンネル登録を解除しようと呼びかけ。呼びかけ前は8万人弱だったゆたぼんのチャンネル登録者数は8月27日には10万人超えとなっていたが、「登録解除祭り」直前にチャンネル登録者数は非公開に。現在では再公開しているが、登録者数は約8万3000人となっている。

     しかし、この「登録解除祭り」に、中村氏はツイッターで「こんな事をしながら『学校に行かないと常識が身につかない』」「これが日本の学校教育を受けた人たちの成れの果てならマジで学校なんて行く必要ないと思うわ」と苦言。その後、アンチファンから届いたバッシングツイートに反応し、ツイッターで「お前みたいに匿名でしか書き込めないカスが子どもだったら、こっちが死にたいわ」「消えろ、カス」「お前みたいなゴミにならないから大丈夫だよ」「学校に行くのが常識という考え方がすでに非常識」などと反論している。

     しかし、これらの中村氏の発言を「暴言」と取るネットユーザーも多く、「ゆたぼんよりパパさんの方がやばい」「心理カウンセラーなのに人に『死にたい』『ゴミ』とか言っていいの?」「もともと印象悪かったのがもっと最悪になった」という声が殺到。一方で、「これだけ粘着されれば誰でもキレたくなるかもね」という擁護の声も集まっている。

     6月には「『弱い犬ほどよく吠える』と言うが、自分に自信がない人ほど批判家になる」「匿名でしか批判できないアンチは特にそんな人ばかりで哀れですね」などと呟いていた中村氏だが、これに対し「ブーメラン」と指摘する声もある。アンチファンと中村氏の攻防はまだ続きそうだ――。

    記事内の引用について
    中村幸也ツイッターより https://twitter.com/yukiya_mind

    2019年09月03日 15時08分 リアルライブ
    https://wjn.jp/article/detail/0522890/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【YouTuber】ゆたぼん父「マジで学校なんて行く必要ない」と激怒  ネットでは「ゆたぼんよりパパさんの方がやばい」との声】の続きを読む

    yurei_youngman1_smile
    1: 2019/07/25(木) 23:29:35.76 ID:YVmkfQ/S9
    https://front-row.jp/_ct/17290321
     過激な動画をライブ配信していた男性が死亡した。
    世界各国で、フォロワーを増やしたいSNSユーザーの行き過ぎた行為が悲劇を招いている。

    ■有毒な虫を食べた男性が死亡
     中国東部に住む35歳の男性は、中国の動画共有サイトDouyuで1万5,000人のフォロワーを持ち、毎晩ライブ動画を配信することが日課だったそう。
    しかしある日、連絡が取れない男性の様子を見にきた恋人と警察が、彼の部屋で横たわる男性を発見。すでに息絶えた状態だったという。
    さらに警察が部屋を見渡すと、男性のパソコンがライブストリームモードの状態であることを確認した。

     男性は亡くなる前に動画のライブ配信をしていたそうで、ルーレットに様々な食べ物や飲み物の名前を書き、矢印が止まったところに書かれているものを
    口にするというゲームを実行していたという。
    そのリストには、お酢、卵やお酒といった通常の食品の名前とともに、ムカデ、ヤモリやミールワームといった虫の名前も書かれており、
    男性はムカデとヤモリを生きたまま口にしたそうで、その2つには毒があったと見られている。
    警察は、ライブストリーミング中に男性が食べたとみられる物体を机の上に発見したという。

    ■増え続けるSNS上での危険行為
     YouTubeやインスタグラムなどのSNSでフォロワーや視聴数を増やしたいという理由から、過激な行為を行なう人が増えている。
    2017年にはアメリカで、あるカップルがYouTube動画を撮影。彼氏が胸の前に持つ本を目掛けて彼女が拳銃を発砲。
    本が銃弾を止めると考えたうえでの行為だったけれど、銃弾は彼の身体まで到達し、男性は死亡した。
    彼女は6ヵ月服役したのちに出所。
    現在もYouTubeやインスタグラムへの投稿を続けている。

     また2017年には中国で、高層ビルの上から動画を発信することで知られていた男性が、62階の高さから転落し死亡。
    その様子は動画に収められ、インターネット上で拡散した。

     アメリカ国立医学図書館の調査によると、2011年から2017年の6年間で、行き過ぎた自撮りで亡くなった人は259人にのぼる。
    また、この調査は英語で報道されたニュースだけを対象としているため、全世界での死亡者数はさらに多いと見られる。

    【【フォロワー増狙い?】有毒な虫を食べた男性が”ライブ配信中”に死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ