モデル

    no title
    1: 2019/11/24(日) 21:44:20.77 ID:df1jVaS+9
     タピオカ店恫喝騒動によって木下優樹菜が芸能活動を自粛することとなり、芸能界でもさまざまな反応が出ている。ネット上でも、反省を経てからの復帰を待つファンの声があれば、もう見たくないといった厳しい声も相変わらず目立ち、いまなおいろいろな意見が飛び交っている状況。所属事務所は他のタレントの活動が好調で層も厚いことから、木下の復帰まではそれなりの時間を要するのではないか、との見方もある。

    本人もあらためて陳謝 当面の活動自粛を発表

     木下の活動自粛については今月18日付で所属事務所プラチナムプロダクションが、同事務所の公式サイトの企業情報内で「弊社所属タレント 木下優樹菜に関するご報告」として発表。木下の言動によって迷惑をかけた関係各方面に対し、事務所として陳謝するとともに、事態を真摯に受けとめ、本人とも協議を重ねた結果、当面の間、木下の芸能活動を自粛するという。決定まで時間がかかったのは、本人を含め仕事関係の人々とさまざまな協議を重ねたからとのことだ。

     また、同サイトでは事務所発表に続いて木下本人も「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」とコメントを発表した。

    所属タレントたちの好調ぶりが木下復帰を遅らせる?

     「同じサイト内に『社員・タレントを対象にした違法薬物に関する講習会』や『反社会的勢力の取引排除に対する基本方針』といった報告もあるように、所属事務所さんはクリーンな運営に取り組む健全な姿勢を推進してきただけに、木下の恫喝騒動は水をさされたと言っていい。到底看過できるものではありません。ただ、一部には解雇したほうがいいんじゃないかという声も聞きますが、重大な刑事事件でも起こしたなら別ですが、何か問題を起こしたタレントは即解雇、ではマネージメントにならない。しっかり反省させて、きちんと再起できるまでに持って行くのがプロダクションの責務です」と話すのは、別の大手芸能プロダクション幹部の60代男性スタッフだ。

     一方で、木下の復帰はしばらく難しいのでは、との声もある。

     「木下が所属するプラチナムプロダクションは所属タレントの層が厚く、菜々緒や中村アン、筧美和子、佐久間由衣など女性タレントや女優もドラマにCMに好調です。言ってみれば、木下がいなくても戦力的には困らないのです。そういう状況では事務所も無理をして復帰を急がせる必要はないし、本人に猛省を促しながらほとぼりが冷めるのを待って、じっくり復帰のタイミングをうかがえばいい。復帰までは半年、あるいは年単位になるかもしれません。いずれにしろ、相当の時間を置くとみています」とは、スポーツ紙の40代男性記者。

     芸能界での反応も、まだ収まりそうにない。24日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、もともと木下と夫でお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史夫妻が好きだという泉ピン子が今回の騒動に言及、問題となった木下の言動について「でも今聞いてたらチンピラですよ。ダメですよね、やっぱり。言い方よね、やっぱり。事務所総出でっていうのはさ、マズイでしょ、やっぱり。ちょっとね」と擁護したくてもしようがないといったコメント。

     活動自粛がどのぐらいの期間になるのかはまだわからないものの、少なくともこうした反応が一通り出尽くすまでは冷却期間を置く必要がありそうで、長期化も避けられない情勢といえるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00010001-wordleaf-ent

    【【タピオカ店恫喝騒動】木下優樹菜の活動自粛、長期化へ】の続きを読む

    20190401s00041000268000p_view
    1: 2019/11/23(土) 19:20:19.37 ID:jnADnxm79
    シングルマザーとして4人の子どもを育てるモデルのMALIA.(36)が、4度の離婚について「私の努力不足」と反省をつづった。

    MALIA.は18日、ブログを更新。13歳の誕生日を迎えた第3子長女を祝福するとともに、2度目の離婚後に3歳になる長女ら3人の子どもを連れて七五三参りをした当時を振り返り、「目が回りそうなくらいみんながうろちょろ大変だったけど、ちゃんとお詣りができた事、母としての仕事を遂行できた事、それがとてもうれしかったのを今でも鮮明に覚えてる この頃の26歳だった私にはわからない事が沢山あったの…いまでも何でも分かるのか。って言ったらどうか分からないけど、あの時よりは確実に分かる事がある それはね、"母としての仕事"を辞めなかった事。どんな事があっても諦めないで努力した事。これは17年子育てさせてもらって最近気づいた事かも知れない」とつづった。

    続けて「"妻としての仕事"は続かなかった」と、4度の離婚に言及し、「これは私の努力不足。これに尽きる。覚悟も足りなかったんだろうし、振り返ってみればさ、、、って、今だから分かるいろんなこと」とMALIA.。「とにもかくにも、そんなわたし、こんなわたし、あんなわたし、誰が気付かせてくれたんだろ。自分自身の経験ももちろんあるけど、一番はそこじゃなくて、子供達なんだ 子育てに決まりもルールもない、だけど、一生懸命向き合ってたら そっぽ向く子はいないと思うんだ」と育児に関する持論を述べ、「ウザいかもね、うるさいかもね、だけど、いつか終わっちゃう子育て、とことん向き合わせて頂きます」とつづった。

    MALIA.は02年、19歳でJリーガー田中隼磨と結婚、長男を出産したが04年に離婚。翌05年、格闘家の山本徳郁さんと再婚し、次男と長女をもうけるも09年に再び離婚した。15年にはJリーガー佐藤優平と再々婚し、17年3月に離婚。同年11月に元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人と結婚したが、今年4月に離婚を発表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-11180198-nksports-ent

    【【バツ4】MALIA.4度の離婚「私の努力不足」育児で持論 】の続きを読む

    1: 2019/11/19(火) 22:52:38.39 ID:xaBwGG/k9
     19日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)では、「タピオカ店どう喝騒動」を起こし、ネットで大炎上したタレントの
    木下優樹菜(31)が無期限で芸能活動を自粛することを報じた。

     この騒動は実姉がアルバイトとして働いたタピオカ店でオーナー夫妻との間でトラブルが勃発し、木下が店長へ「いい年こいたばばあ」「弁護士たてて、法的処理、
    いくらでもできるから(原文ママ)」と暴言メッセージを送信。店長の知り合いがSNSに投稿し、騒動が発覚した。

     番組では独自の情報として、木下が10月9日に自身のインスタグラムに謝罪のメッセージを投稿した同じ日に、DMでタピオカ店の店長にもメッセージを送っていたことを
    明かし、“口止め”を要求した全文を放送した。

     メッセージの全文は以下の通り。

     先日は、突然のDMで失礼なことを申し上げてしまい、大変申し訳ございませんでした。

     姉から事情を聞き、一時非常に感情的になってしまい、突発的にメッセージをおおくりしてしまいました。事務所と相談し、冷静になって先日のメッセージを読み返して
    みたところ、●様に対し非常に失礼な表現がございました。深く反省しております。

     お店のことについては、●様と姉との間で少し行き違いがあったものと伺っております。姉にも言い分があるようですが、一方で姉も経営のことに関しては知識がなく、
    ●様に任せきりになっていた部分があると思います。その意味では、姉も含め、円満に本件を解決したいと思っております。

     ●●●親同士ですので、今回のことがずっと尾を引くようなことは、子供のためにもよくないと思います。私の至らないメッセージがあった中恐縮ですが、
    今回の件については、お店のことも含め「お互いに、誹謗中傷をしない」、「お互いに、第三者に話をしない」ということで解決させていただけないでしょうか。
    私も、インスタの記事は全て削除しましたし、今後一切お店や●様に関することは掲載しません。

     あらためまして、私のメッセージについては大変申し訳ございませんでした。今後とも、姉をよろしくお願い申し上げます。

     木下 優樹菜

    報知新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-11190121-sph-ent 
    【【恫喝の末に口止め…?】木下優樹菜「『お互いに、第三者に話をしない』ということで解決」グッディ!独自取材】の続きを読む

    1: 2019/11/18(月) 21:53:43.39 ID:xiJQeQ0z9
    18日午後7時、タレントの木下優樹菜さんが活動自粛を発表した。
    木下さんが実の姉の勤務先の関係者に送った発言を巡ってトラブルになっていた。

    木下さんは所属事務所を通じて、
    「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。
    自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。
    改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。 誠に申し訳ございませんでした。 」とコメントしている。

    所属事務所がHPでコメント発表

    所属事務所がHPで発表
    弊社所属タレント 木下優樹菜に関するご報告

    平素は格別のご高配を賜わり厚く御礼申し上げます。

    一部報道にございます、弊社所属タレント・木下優樹菜の不適切な言動に関しまして、多大なるご迷惑をおかけしている全ての関係者の皆様に、所属事務所として深くお詫び申し上げます。

    木下優樹菜本人としましては、自身の軽率な言動により、相手の方、関係者の皆様、及びファンの皆様にご迷惑をおかけしたことを深く反省をしており、引き続き相手の方に対して、誠心誠意対応していく所存でございます。

    また、弊社としましても、木下優樹菜の所属プロダクションとしての社会的責任を真摯に受け止め、木下優樹菜本人とも協議を重ねた結果、当面の間、木下優樹菜の芸能活動を自粛することといたしました。

    弊社としましては、タレントマネジメント会社としての責務を改めて見つめ直し、今後二度とこのような事態を起こさぬように全力で努めて参ります。

    この時期に自粛を決定いたしました経緯については、本人含め、仕事関係の方々と様々な協議を重ねた結果、このタイミングに至った所存です。

    改めまして、この度は、皆様にご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。

    謹んでお詫び申し上げます。

    2019 年 11 月 18 日

    株式会社 プラチナムプロダクション

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00010011-fnnprimev-ent

    【【タピオカ店恫喝騒動】木下優樹菜、無期限の芸能活動自粛を発表】の続きを読む

    1: 2019/11/16(土) 17:56:33.66 ID:Mwe4eIKY9
     女優の沢尻エリカ容疑者が、16日、東京都内で合成麻薬のMDMAを所持していたとして、警視庁に逮捕されたことが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は、午後6時から詳しいいきさつについて説明することにしています。

     トカナでもイニシアルで報じていた通り、沢尻は以前からドラッグパーティーの常連で知られていた。

     しかし、実は沢尻以上に薬物逮捕が近いといわれていたのが、沢尻とも面識のある大物女優のXだった。

    「以前から女優のXにはコカイン中毒の噂があった。いつ捕まってもおかしくない」

    こう語るのは長年薬物事案を追っている芸能記者だ。

     Xは長身のプロポーションを活かし、若い頃からモデルとして活躍。その後、数多くの人気ドラマに出演し、現在でもテレビ番組のレギュラーを持つ人気芸能人である。

     そんなXに薬物疑惑が浮上しているというが、その理由とは…。

    「実はちょうど1カ月ほど前の9月末に『マトリが芸能人宅をガサ入れに入った』という情報がマスコミ中に出回ったんです。その中で名前が出たひとりが女優のXだったのです。彼女に関しては、以前から六本木界隈で派手に遊びまわっているという話が入ってきていました。しかも、その遊び相手の“筋が悪い”ことも有名だった。

     ちなみに、9末に流れたガサ入れ騒動に関しては、結局逮捕者は出なかったので、ある人間が“意図的に流したガセ情報”だったのではとも囁かれたのですが、マスコミの中では「X」だったら今後逮捕もありえるのではないかと囁かれています」(前出芸能記者)

    「Xの遊び仲間タレントのMも、薬物疑惑が囁かれる人脈のすぐ近くにいます。半グレとの付き合いもあるとされ、彼女自身が手を出していても何の違和感もありません」(前出記者)

     実際にXが手を染めているとされるのは、今年ピエール瀧が使用して逮捕された「コカイン」だ。

    「実は数年前のことになるのですが、マトリが逮捕した売人が『Xにコカインを売った』と供述しているんです。以来Xは捜査対象になっており、行動がマークされるようになりました」彼女など芸能人がコカインを使用するのは、限られた人間しか出入りすることのできない会員制バーのVIPルームであることが大半。酒を飲みながらハイになって楽しむわけです。コカインはセックスドラッグの一面もありますから、そういう使い方をしている可能性も否定できません」(前出記者)

     コカインの効果は30分ほどと、抜けるのが早いことで知られ、実際ピエール瀧は仕事前に“気付け薬”として使用していた。覚醒剤と違い、表面上はヤク中であると分かりづらいため、仕事も普通にこなすことが可能なわけだ。

     沢尻の逮捕でまたもや芸能界の薬物汚染が明らかになったかたちとなるが、今後も逮捕劇はおさまるどこか芋づる式に拡大するとみられている。タレントXやMらは戦々恐々としていることだろう。

    https://tocana.jp/2019/11/post_124101_entry.html

    【【芋づる式】沢尻エリカの次は、あの大物人気女優が薬物逮捕か  「パリピ常連のエリカ様以上に注目されていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ