ドラマ

    1: 2019/08/15(木) 12:01:27.25 ID:8wcVW1ZH9
    人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎ役や「新世紀エヴァンゲリオン」の葛城ミサト役などで知られる声優の三石琴乃さんが、女優の沢口靖子さん主演の連続ドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜午後8時)の第14話(8月22日放送)に出演することが8月15日、明らかになった。三石さんはこれまで、声のみのドラマ出演はあったが、女優として出演するのは初めて。

     第14話は、元病院長の男性が殺害される事件が発生。被害者は、葬儀プランナー・神城峰子(中島ひろ子さん)と生前契約を結んでいたことが判明。事件の真実を追い求める榊マリコ(沢口靖子さん)と、被害者の秘密をかたくなに守り抜こうとする峰子は激しく対立し……という展開。三石さんは、事件のカギを握る謎の美女を演じる。

     三石さんは、ドラマ出演について「『科捜研の女』といえば誰もが知る国民的ドラマですので、光栄に思いましたが、不安もありました」と明かし、「謎の女というト書きのシーンでは感情を出さないように演じました」とコメント。ドラマでは沢口さん、蒲原刑事役の石井一彰さんと対立するシーンもあり、「沢口さん、石井さんとの1シーンは、最高に緊張しました。マリコさんは、可愛らしく美しくとても真面目な方でした。撮影後は握手してくださって、もうすっかりファンです(笑い)」と振り返った。

     ◇三石琴乃さんのコメント

     ――オファーを受けたときの気持ちは?

     以前、声だけで犯人を担当したことはありましたが、実際にテレビドラマに出演するのは人生初です。なぜオファーをいただいたのかは、クライマックスに明らかになる、役柄の設定を聞いて納得しました。「科捜研の女」といえば誰もが知る国民的ドラマですので、光栄に思いましたが、不安もありました。でも新しいことにチャレンジすると何か人生が広がると思い、お受けしました。
    (以下ソースで)
    まんたんウェブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000026-mantan-ent
    画像 連続ドラマ「科捜研の女」にゲスト出演する三石琴乃さん =テレビ朝日提供
    no title

    【【事件の鍵を握る謎の美女】人気声優の三石琴乃さん、「科捜研の女」でドラマ初出演】の続きを読む

    1: 2019/07/31(水) 05:05:38.50 ID:KpVGtlpR9
    2019-07-31 05:00 オリコン
    田中みな実、“パンチラ”武器のお色気女泥棒に変身「これほど露出することになるとは…」
    https://www.oricon.co.jp/news/2141250/full/

    木曜劇場 『ルパンの娘』第5話に出演する田中みな実 (C)フジテレビ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



     フリーアナウンサーで女優としても活動する田中みな実が、8月8日放送のフジテレビ系木曜劇場『ルパンの娘』(毎週木曜 後10:00)第5話にゲスト出演することがわかった。田中が演じるのは、甘い言葉とパンチラを武器に男を誘惑し、金品を奪う女泥棒・双葉美羽(ふたば・みう)。大胆な衣装を着こなした田中は「30歳を過ぎて、これほど露出することになるとは思いませんでした。お見苦しいところも多いかと思いますが、そこは作品の世界観として大目に見て頂けたら幸いです(笑)!」とお茶目に呼びかけている。

     主人公・三雲華(深田恭子)ら“Lの一族”を敵対視する美羽は、自分の狙っていた獲物をことごとく“Lの一族”に横取りされているいら立ちを隠せず、復讐(ふくしゅう)のため“Lの一族”の情報を探っているというキャラクター。“Lの一族”の泥棒スーツに負けず劣らずのインパクト大な衣装のほかにも、初挑戦となるアクションシーン、華との女泥棒対決、加藤諒演じる巻栄一を誘惑するシーンなどみどころが数多く用意された。

     自身が演じる美羽について田中は「ただ色気を振りまくだけのキャラではなくて、“強さ”もあるけど男性不信のような“弱さ”もあって、複雑な思いを抱えているのかなって」と分析。「ストーリー自体はファンタジーだけど、女性の等身大の悩みを投影しているのではないでしょうか。だけど美羽のむき出しの感情を、深田さんとのシーンで感じ取っていただけたらうれしいです」とアピールする。

     今回、深田とはドラマ初共演となるが「深田さんが出演されている作品が大好きで、自分が青春時代にみていたドラマの多くに出られている女優さんを前に、内心すごく緊張していました。撮影では、お会いしてすぐにバチバチやり合うシーンだったのですが、本当は敵対関係なんて嫌でした(笑)」と本音をポロリ。「俳優さんは、まとってる空気が違うと改めて感じました。こんな私をサポートし支えてくださって、本当に救われました」と周囲の環境に感謝した。

     また、アクションシーンについては「難しかったです。2~3時間しか練習する時間が無く、その間ムチを振り回しすぎて、手に力が入らなくなりました。まず、こんなにも体力が衰えていることにショックを受けました(笑)」と反省。「元々、器械体操をやっていたし、ジムにも通っているから体力には自信がある方だと思っていたんですけどね、アクションは全く別物だと感じました。今後もしアクションをする機会があれば、今回の経験を生かして、もっとうまくできるよう頑張りたいです!」とリベンジを誓っていた。

    (おわり)

    【【画像多数】田中みな実「これほど露出することになるとは…」“パンチラ”武器のお色気女泥棒に変身 】の続きを読む

    1: 2019/07/12(金) 08:24:04.13 ID:oEHe6AIa9
    目撃!ハリコミ24

    恵比寿 14時55分


    ジムでのトレーニングを終え、送迎車に戻る松嶋。スレンダーな体躯は若い頃とまったく変わらない

    朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインの育ての母を演じ、40代半ばにしていまだ衰えない美貌に注目が集まっている松嶋菜々子(45)。
    そんな彼女の貴重なオフショットを目撃したのは、6月中旬のお昼前。恵比寿駅(渋谷区)近くのビルに入る松嶋は、Tシャツにパンツ、サンダルという超リラックススタイル。スッピンにもかかわらず肌はツルツルだ。

    このビルには、女性のアンチエイジングに長(た)けたパーソナルトレーニングジムがある。松嶋の美貌は、日々の鍛錬の賜物なのだろう。
    この日もみっちりトレーニングしたようで、松嶋がビルを後にしたのは3時間以上後だった。

    ビルを出た松嶋は、送迎車を探しているのか、怪訝(けげん)な表情を浮かべて左右をキョロキョロ。
    かと思ったら、なぜか舌をペロリと出したのだった。しかめっ面(つら)も、お茶目な表情も魅力的なのは、圧倒的な美貌とオーラのなせるわざか。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16761721/
    2019年7月12日 8時0分 FRIDAYデジタル

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=jcSqJ8nUgAM


    斉藤和義 - やさしくなりたい

    【【画像多数】松嶋菜々子(45)美貌とオーラを維持するジム通い「スッピン姿」】の続きを読む

    1: 2019/06/22(土) 05:11:34.11 ID:QTEstVFT9
    2019年6月21日 5時45分 ナリナリドットコム
    “ショートカットの川口春奈”大絶賛
    https://www.narinari.com/Nd/20190655095.html

    no title

    no title


    [haruna_kawaguchi_official]
    https://www.instagram.com/haruna_kawaguchi_official/


    女優の川口春奈(24歳)が6月20日、自身のInstagramで、ショートヘア姿の写真を披露。ファンの絶賛を浴びている。

    今回投稿したのは、2020年新春に放送される木村拓哉主演のドラマ「教場」(フジテレビ系)のオフショット。19日に、川口もキャストに名を連ねていることが発表されたが、同作では警察学校の生徒役を、工藤阿須加、林遣都、葵わかならと共に演じる。

    川口はInstagramに「日日是好日」とのコメントと共に、制服に身を包んだ格好でのソロショットを披露。ファンからは「ショートすごく良いですね!」「か、か、かわいい」「ベリショ超似合う~」「ショート最高やな」などのほか、かつて川口がショートカットで演じたドラマ「桜蘭高校ホスト部」(TBS系/2011年/連ドラ初主演作)の藤岡ハルヒ役を思い出すファンも少なくないようだ。

    (おわり)

    【【画像】“ショートカットの川口春奈”大絶賛】の続きを読む

    1: 2019/05/27(月) 01:50:53.94 ID:Q7AD+asW9
    5/27(月) 0:05配信
    まんたんウェブ
    <白い巨塔>“財前”岡田准一の最期に涙…! 「何度見ても名作」と反響 “里見”松山ケンイチとの絆も

     人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の「5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』」(テレビ朝日系)の最終話となる第五夜が26日に放送された。同話では、岡田さん演じる財前五郎の“最期”が描かれ、SNSでは「白い巨塔やばい。涙腺崩壊しまくってる」「白い巨塔、涙が止まらん」「岡田くんの演技が迫真すぎる」「白い巨塔はやっぱり名作」「たとえ主役が代わっても本当に何度見ても素晴らしい作品」と反響があがった。


     同話では、財前が、信頼をしている里見脩二(松山ケンイチさん)に自身の病気の診断を頼む場面など二人の絆も描かれ、「財前先生と里見先生のやりとりがいい」「『僕だったらお前に切ってもらう』(里見のせりふ)で涙が止まらない」「財前先生と里見先生の関係がすごく好き」「財前も里見も死ぬほどきれいでかっこよかった」といったコメントも並んだ。

     ドラマは、山崎豊子さんの不朽の名作が原作で、大学病院という組織の中の権力争いを軸にした人間ドラマが描かれる。物語の設定を2019年に置き換え、現代の最新医療ならではの新たな世界が展開する。同局の開局60周年を記念した大型ドラマスペシャルとして、5夜連続で放送された。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000015-mantan-ent 

    【【感動のラスト?】<白い巨塔>"財前"岡田准一の最期に涙…!「何度見ても名作」と反響 "里見"松山ケンイチとの絆も】の続きを読む

    このページのトップヘ