テレビ朝日

    1: 2019/08/15(木) 12:01:27.25 ID:8wcVW1ZH9
    人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎ役や「新世紀エヴァンゲリオン」の葛城ミサト役などで知られる声優の三石琴乃さんが、女優の沢口靖子さん主演の連続ドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜午後8時)の第14話(8月22日放送)に出演することが8月15日、明らかになった。三石さんはこれまで、声のみのドラマ出演はあったが、女優として出演するのは初めて。

     第14話は、元病院長の男性が殺害される事件が発生。被害者は、葬儀プランナー・神城峰子(中島ひろ子さん)と生前契約を結んでいたことが判明。事件の真実を追い求める榊マリコ(沢口靖子さん)と、被害者の秘密をかたくなに守り抜こうとする峰子は激しく対立し……という展開。三石さんは、事件のカギを握る謎の美女を演じる。

     三石さんは、ドラマ出演について「『科捜研の女』といえば誰もが知る国民的ドラマですので、光栄に思いましたが、不安もありました」と明かし、「謎の女というト書きのシーンでは感情を出さないように演じました」とコメント。ドラマでは沢口さん、蒲原刑事役の石井一彰さんと対立するシーンもあり、「沢口さん、石井さんとの1シーンは、最高に緊張しました。マリコさんは、可愛らしく美しくとても真面目な方でした。撮影後は握手してくださって、もうすっかりファンです(笑い)」と振り返った。

     ◇三石琴乃さんのコメント

     ――オファーを受けたときの気持ちは?

     以前、声だけで犯人を担当したことはありましたが、実際にテレビドラマに出演するのは人生初です。なぜオファーをいただいたのかは、クライマックスに明らかになる、役柄の設定を聞いて納得しました。「科捜研の女」といえば誰もが知る国民的ドラマですので、光栄に思いましたが、不安もありました。でも新しいことにチャレンジすると何か人生が広がると思い、お受けしました。
    (以下ソースで)
    まんたんウェブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000026-mantan-ent
    画像 連続ドラマ「科捜研の女」にゲスト出演する三石琴乃さん =テレビ朝日提供
    no title

    【【事件の鍵を握る謎の美女】人気声優の三石琴乃さん、「科捜研の女」でドラマ初出演】の続きを読む

    1: 2019/07/31(水) 13:00:49.01 ID:GmHxR5Oi9
    29日、Abemaビデオにて公開された『ひろなかラジオ』#2の中で弘中綾香アナウンサー(テレビ朝日)が、ファンからのお悩み相談をメッタ斬りする場面があった。

    no title


    弘中は自身のInstagramのストーリー機能を通じてファンから”人に相談するほどでもない小さいお悩み”を募集していた。

    今回紹介されたのはペンネーム・ぽぽぽさんから届いた「自分に自信が持てず人の目を気にしちゃう」というお悩み。

    この内容を読み上げた弘中は即座に「ダサイ」とコメント。
    続けて、「気にしちゃうのダサイよね、今の時代。本当にダサイと思う。気にしちゃうのはわかるんですけど、私は”そういう自分だっさいわー”と思って、
    自分を強く持つってことをいつもやっている」とコメントしてから、「そうやって常に自分を高めていくことが私はいいかなと思いますよ」
    「1日1つでもいいから自分の事を褒めてあげるのもいいかもですね」「税金払ってるだけでもすごいと思う」と説いていた。

    またペンネーム・ゆいぽんさんからの「朝起きるのが苦手。どうしたらいいですか?」という悩みに対しては、
    「もう、これは甘えですね。甘えとしか言いようがない。早く寝ましょう、それしかない」と鮮やかに回答。弘中の芯の強さを感じさせる一コマだった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16857097/
    2019年7月31日 10時15分 AbemaTIMES

    no title

    no title

    no title

    【【お悩みバッサリ】「本当にダサイ」「甘えとしか言いようがない」弘中綾香アナ、ファンからのお悩み相談をメッタ斬り】の続きを読む

    IMG_1145
    1: 2019/07/30(火) 19:26:42.19 ID:KUKo778Z9
     テレビ朝日は30日、闇営業問題で吉本興業から処分を受けた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が出演する「アメトーーク!」(木曜後11・20)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が出演する「ロンドンハーツ」(火曜後11・20)についての声明文を発表。10月以降の放送継続を明かした。

     「10月以降の『アメトーーク!』『ロンドンハーツ』に関して、基本は現在の形態のまま、演出面を強化して放送を継続、営業活動も行ってまいります。ただ事態が流動的な面があるため、吉本興業、関係先と競技しながら対応して参ります」と説明した。

     本件に関して、同局側から吉本興業ホールディングスの株主として、コンプライアンス遵守の体制強化と、ガバナンス構築などを求める申し入れ書を26日付けで吉本興業側に送付したことも発表。「吉本興業ホールディングスに設置される予定の経営アドバイザリー委員会による反社会的勢力排除のための体制構築について独立性のある公正な議論がなされるよう注視して参る」とした。

     【吉本興業HDへの申し入れ書のポイントについて】

    (1)本件の事実関係の調査および特殊詐欺の被害者に対する真摯な対応

    (2)反社会的勢力との関係を遮断するための具体的な施策

    (3)コンプライアンス違反の事象が生じることを防止するためのガバナンスの徹底


    7/30(火) 18:57配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000157-spnannex-ent

    【【スポンサー問題は?】”テレ朝”「アメトーーク!」「ロンドンハーツ」10月以降も放送を継続 吉本興業には申し入れ書】の続きを読む

    kaden_tv

    1: 2019/06/25(火) 19:47:06.44 ID:XegCqcW29
     反社会的勢力の忘年会に、会社を通さない「闇営業」で出席した芸人がギャラを受け取ったと認められたため、吉本興業は24日、「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)ら11人の芸人を、当面の間、謹慎処分とすると発表した。各テレビ局が対応に追われるなか、最も注目されたのは「アメトーーク!」を放送するテレビ朝日だったが、なんとも歯切れが悪い説明に終始するしかなかった。その理由とは――。

     吉本が謹慎処分にしたのは宮迫、亮、HGに加え、「ガリットチュウ」福島善成、ムーディ勝山、くまだまさし、「天津」木村卓寛、「ザ・パンチ」パンチ浜崎、「2700」ツネと八十島、「ストロベビー」ディエゴの11人だ。

     吉本は、マスコミ各社に送った文書で「複数回にわたり、該当タレントへのヒアリングや各自の記憶の整理、確認を丁寧に行った結果、該当する芸人において、反社会的勢力主催の会合であるとの認識はなく、また、報じられていたような金額ではありませんでしたが、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められました」と金銭授受があったことを認めた。

     処分について「今回の事実確認結果は、重大な問題であると考え、今回の処分に至り、弊社としてもその責任を痛感するものであります」と続けた。

     この問題は、7日発売の写真週刊誌「フライデー」が報じたもの。大規模振り込め詐欺グループが、2014年12月27日に東京都内のホテルで開いた忘年会に、「カラテカ」の入江慎也(42)の仲介で芸人が出席した。入江は吉本から契約を解除されたが、他の芸人は厳重注意にとどまった。

     宮迫と亮はツイッターで「ギャラはもらっていない」と主張したが、その後、ギャラは支払われたとする報道が相次いだ。今回、吉本も認めざるを得ない状況となった。亮に対しては、相方の田村淳が「お前を軽蔑する!」と怒りに任せて言ったことをツイッターで明かしている。

     本紙の取材に吉本は、宮迫らがウソの説明をしていたことについて「5年前の話を聞いてますし、ウソをついていたという意識はなかったと思います。ヒアリングで記憶を整理整頓していく中で、金銭の享受があったのではないかということに対して、社が判断しました」と説明した。

     謹慎という決定を受け、各テレビ局は対応を協議し、一様に当該芸人の出演見合わせを決定。さらに収録済み番組から出演場面をカットしたり、中には番組差し替えを決める局もあった。そうしたなかで、最も注目されたのがテレビ朝日だ。

    「11人といっても、最近はほとんど芸能の仕事をしていない芸人もいる。注目されるのは最も売れっ子の宮迫ですから」(芸能プロ関係者)

     宮迫がMCを務める「アメトーーク!」、亮が出演する「ロンドンハーツ」を放送するテレ朝広報部は「当該出演者に関しましては、今後の出演を見合わせることといたしました」と発表。ただ収録済みの番組については「対応を慎重に検討しております」と述べるにとどまった。出演場面のカットや差し替えを決めた他の局に比べると、歯切れの悪さが目立った。

    「アメトーーク!」は今週、27日に「ネタ書いてない芸人」、さらに来週、7月4日には「パクりたい―1GP」のオンエアが予定されている。

    「宮迫も出演しているが、出演場面をカットしようにも宮迫がMCだし、難しい。それで『対応を慎重に検討』という歯切れの悪い表現になったのでは」(同)

     本紙でも既報したように、今回の問題を受け「アメトーーク!」からスポンサーが降りる事態に発展している。だが「それでもテレ朝は打ち切りたくないのが本音」だとか。

    「人気企画である『絵心ない芸人』で描かれた絵は、LINEのスタンプやマグカップになってグッズとして売り出されている。また毎年夏に行われる『テレ朝夏祭り』でも、『アメトーーク!』は人気コンテンツの一つで絶対欠かせない。テレ朝にとってはいまや、ただの番組ではない」(テレビ局関係者)

     ただ、宮迫が復帰するとなれば「またスポンサー離れが起きかねない」(同)。

     打ち切りも地獄、続行もまた地獄――テレ朝にとって「宮迫謹慎」のダメージは計り知れない。

    2019年06月25日 17時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1447062/

    【【闇営業の影響】宮迫謹慎でテレ朝地獄…「アメトーーク!」にのしかかるスポンサー問題 】の続きを読む

    no title
    1: 2019/06/24(月) 23:41:55.05 ID:gOac86ek9
     吉本興業は24日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属タレント11人が詐欺グループの忘年会に参加して金銭の受領があったと判断し、「当面の間」謹慎処分にすると発表した。
    これを受け、宮迫がMCを務めるテレビ朝日「アメトーーク」(木曜、後11・20)の公式ツイッターには「打ち切りはいや」など熱心な番組ファンから切実な声が届いた。

     続行を望むフォロワーは「MC替えたらいけそうです」「終わらないでください」「絶対終わらせないでほしい」
    「アメトーークが芸人の面白さが見られる一番の番組だと思います 終わるのはもったいない」「無くさないで ホトちゃんで乗り切ってください」などと投稿。

     他方、「事が事だけに仕方ない」「もう無理よ」などとあきらめ半ばに心配する声も見られた。

     同番組のホームページには、「アメトーーク」との番組名に接するように雨上がり決死隊のコンビ写真が添えられている。

     テレビ朝日は同日、同番組について「当該出演者に関しましては、今後の出演を見合わせることに致します。
    また、収録済みの番組につきましては、対応を慎重に検討しております」とした。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/24/0012457238.shtml

    【【続行を望む声】「終わらないで」「ホトちゃんで乗り切ってください」 ”アメトーーク”公式ツイッターにコメント多数】の続きを読む

    このページのトップヘ