テレビ朝日

    text_news
    1: 2020/05/11(月) 21:08:41.04 ID:2Gy6xk9z9
    ※警察が現に出動し事情聴取してる「事件」スレ
    ※コロナでDV、虐待が増加していることと密接に関連する「社会問題」スレ

    前略
    「お前は脳みそが腐ってんだよ!」近隣住民もビックリ

    「『だからお前は脳みそが腐ってんだよ!』という、富川さんの奥様の怒鳴り声が聞こえてきたのです。ビックリして外を見てみると、富川さんの奥様がご自宅の屋上で、中学生のほうのお子さんを叱っていたんです。

    中略

    児相職員は「防護服」を着て事情聴取

     複数の近隣住民が同様の証言を寄せた。富川一家が越してきてから3年もの間、近隣住民たちはその騒音を我慢しているのだという。富川アナが新型コロナウイルスに罹患して少しは落ち着くかとも思われたが、退院して自宅に戻ってきてからは、さらに拍車がかかった。

     警察沙汰となった5月3日は、警察官だけでなく児童相談所の職員も駆け付けている。児相職員はコロナ対策として白い防護服を着用しての聞き取りとなり、心配した近隣住民たちはその物々しい雰囲気に緊張しながら、様子を見守っていたという。

    「虐待の疑いがあると通報が入っています」

    「警察官は富川さんの家のピンポンを押すと『近隣の方から虐待の疑いがあると通報が入っています』と伝えていました。それに対して、奥様が『子供が寝ないから注意していただけです』と答えていた。
     警察官に玄関先まで出てくるように促され、奥様が玄関に出てきたタイミングで、パトランプを回したパトカーと、児童相談所の方も駆け付けてきたのです。そこで『奥様はコロナ濃厚接触者だ』という話になり、児童相談所の方々が5分くらい席を外し、頭の先から足の先まで覆うことのできる白い防護服を着て、もう一度、玄関先で聞き取りをしていました」(前出・一部始終を見ていた近隣住民)

     30分ほど、玄関先で富川アナの妻と児童相談所の職員は話を続けていた。
    「児童相談所の方が『ご長男を呼んでください』と伝えると、奥様が家の中からお子さんを呼んでいました。児童相談所の方は、お子さんから10分ほど玄関先で聞き取りを行っていました。最後はまた、奥様と児童相談所の職員の方が10分ほどお話しして、児童相談所の職員と警察官は帰っていきました」(同前)

    富川アナ退院の3日後も警察官が出動

     実は、富川家の警察沙汰は初めてのことではない。富川アナが退院した3日後、4月24日の13時頃にも警察官が駆け付けている。富川アナが自宅玄関前で警察官と話している姿が目撃されている。
    「この日も奥様の怒鳴り声がかなり聞こえていたので、誰かが通報したのでしょう。警察官はマスクをした富川さんと立ち話をしていました。彼はコロナで療養中なのに……。その様子をお子さんが屋上から覗いていましたよ。5分くらいで警察官は立ち去っていきました。その日は、その出来事があったので一時的に静かになったのですが、次の日にはまた怒鳴り声が聞こえてきました」(別の近隣住民)

     静けさも束の間だった。翌25日の13時頃には、また同様の絶叫が近隣に響いたという。子供の安否を不安視した近隣住民がその一部始終を録音していた。その音声を確認したところ、妻はこんな言葉でまくし立てていた。
    「また馬鹿が散らかしてるわ。ここ! 頭悪ッ!」
    「いい加減にしろよ馬鹿! どこまで頭悪いんだよ!」

     子供が泣きじゃくる声も入っている。富川アナの声も聞こえるが、叱責を止める様子はない。
    「富川さんが退院して家で療養するようになってからは、声は一層激しくなっていますね。バシッと何かを叩いているような音も聞こえて、子供は泣きわめいていて。警察官に来てもらっても、何も変わりません」(同前)
     別の近隣住民は「通報を考えた」と話した。

    「虐待されているのでは、と誰もが疑う」

    「窓を閉めていても声は聞こえてきます。あの怒鳴り声と子供の泣き声を聞けば、虐待されているのでは、と誰もが疑うと思いますよ。私も何か事件があったらまずいと思い、児童相談所のホームページを調べましたから。

    中略

    「通報されたような事実はなかった」
     取材班は警視庁や担当の児童相談所に対し、これらの日に出動した記録について問い合わせたが、ともに「個別の事案には答えない」という回答だった。テレビ朝日広報は書面でこう回答した。
    《ご指摘の日時に警察の方などが富川アナウンサーの自宅を来訪した事実はありましたが、いずれの日についても、通報されたような事実はなかったことが、その場で確認されたと聞いております》

    後略

    略部分や続きはソースで
    https://bunshun.jp/articles/-/37743

    【【コロナ療養中の悲劇】テレ朝・富川悠太アナ宅に警視庁・児相が防護服で事情聴取=児童虐待の疑い】の続きを読む

    text_news
    1: 2020/04/15(水) 22:40:45.41 ID:dLMXWlIb9
     メインキャスターの富川悠太アナウンサー(43)の新型コロナウイルス感染が発表されたテレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)が
    15日の放送で、富川アナのコメントを発表した。

     富川アナは12日に感染が発表され、現在入院中。これに伴い同番組の全スタッフが自宅待機になり、他番組のスタッフを緊急動員して番組の放送を
    続けるなど大きな影響が出ている。

     さらにこの日の放送で、同番組スタッフ2人の感染を発表。局内の感染拡大に対し、富川アナは「番組で繰り返し感染予防を呼び掛けていた立場にも
    かかわらず、このような事態を招き、視聴者の皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をおかけしました。申し訳ございません」と謝罪コメントを発表。
    「すぐに平熱になったことから、発熱を軽視してしまい、上司や会社に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」と自身の行動を悔やんだ。

     「視聴者の皆様からは、多数のお叱りの電話やメールを会社にいただいていると聞いています。これらを真摯(し)に受け止めたいと思っております」と
    重ねておわび。「なお、3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」とした。

     富川アナは今月3~4日に38度の発熱。すぐ熱が下がり、平熱が続いたことから6日に通常出勤した。しかし7日の本番中にたんが絡み、かすれ声に。
    翌日から息切れを感じるようになったが、9日まで出演を続けた。10日に息苦しさが続き、東京都内の病院に入院。CT検査で肺炎の症状が見られ、
    11日にPCR検査を受け、陽性が確認された。

    スポニチ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000217-spnannex-ent

    【【新型コロナ】報ステ・富川アナ「発熱を軽視してしまった」「(感染経路は)思い当たることがありません」】の続きを読む

    5005

    1: 2020/01/10(金) 07:18:27.89 ID:3HdOUtBH9
    1月7日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で行われた「ロンハーに時々呼ぶかもしれない女性タレントオーディション」の内容に対して、「不快感極まりない」「非人道的な企画」とネット上で批判が続出している。

    ロンドンブーツ1号2号の田村淳がMCを務める『ロンドンハーツ』は、今回、“時々番組に呼べる”準レギュラーを発掘しようと女性タレントオーディションを開催。新番組のオーディションと偽り出演者を募ったところ、81名が集まった。そこから、元アイドルや劇団員、グラビアアイドルなどの12名を面接会場に呼び出し、3つのグループに分け4名ずつの集団面接を実施。その様子を別室で田村、有吉弘行、FUJIWARA・藤本敏史がモニターでチェックするという内容だった。

    「面接官からの質問は、別室にいる田村からの指示だったのですが、田村は『ジャグリングが得意』とアピールしていた女性に『失敗したら失格』などの厳しい条件を突き付けて追い込み、半泣き状態にさせていました。また、『逆さ立ちで蕎麦を食べられる』とアピールした女性が実際に披露すると、麺を口に運ぶサポート役のスタッフへ『もっと(口に)入れて入れて』と指示を出し、女性が苦しむ姿を見て爆笑するシーンもありましたね」(芸能ライター)

    真剣な面持ちでオーディションに取り組む女性を追い込む言動に、ネット上では「やりすぎ」「口に詰め込むのは危険すぎる」「女性タレントいじめ」という声が上がっている。

    「また、“セクシー空手”ができるという女性が現れると、別室の3人はほかの女性タレントにもセクシー空手を強要。突然のムチャ振りを受け、胸元をはだけて男性スタッフにアピールする女性や、同スタッフの至近距離まで顔を近づける女性もいました。これにネット上では、『どう見てもセクハラだよね。みんな可哀想』『おっさん3人が集まって、女性を鑑賞とかキモイ』との言葉が集まっていました」(同)

    番組公式Twitterにも、「人の弱みにつけこむようなクソみたいな内容でしたね」「オーディションではなく女性虐待」といったコメントが投稿されている一方、「面白かった」「嫌なら見なければいい」という声もネット上で散見される。さらには、そうした「楽しかった」という感想にも、「笑えるのは女性のことを下に見てる証拠」「こういうのを面白いと思っている男性が気味悪い」との指摘が上がり、波紋は広がっているようだ。

    これまで多くの番組で同様の批判が巻き起こっているにもかかわらず、依然として変化がみられないバラエティ番組。「時代に合わない」「時代遅れ」という視聴者の声はテレビ局側に届くのだろうか。

    https://www.cyzowoman.com/2020/01/post_265160_1.html
    2020/01/08 19:17

    【【テレ朝】『ロンドンハーツ』の女性オーディション企画に「いじめ」「非人道的」と批判続出】の続きを読む

    1: 2019/08/15(木) 12:01:27.25 ID:8wcVW1ZH9
    人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎ役や「新世紀エヴァンゲリオン」の葛城ミサト役などで知られる声優の三石琴乃さんが、女優の沢口靖子さん主演の連続ドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜午後8時)の第14話(8月22日放送)に出演することが8月15日、明らかになった。三石さんはこれまで、声のみのドラマ出演はあったが、女優として出演するのは初めて。

     第14話は、元病院長の男性が殺害される事件が発生。被害者は、葬儀プランナー・神城峰子(中島ひろ子さん)と生前契約を結んでいたことが判明。事件の真実を追い求める榊マリコ(沢口靖子さん)と、被害者の秘密をかたくなに守り抜こうとする峰子は激しく対立し……という展開。三石さんは、事件のカギを握る謎の美女を演じる。

     三石さんは、ドラマ出演について「『科捜研の女』といえば誰もが知る国民的ドラマですので、光栄に思いましたが、不安もありました」と明かし、「謎の女というト書きのシーンでは感情を出さないように演じました」とコメント。ドラマでは沢口さん、蒲原刑事役の石井一彰さんと対立するシーンもあり、「沢口さん、石井さんとの1シーンは、最高に緊張しました。マリコさんは、可愛らしく美しくとても真面目な方でした。撮影後は握手してくださって、もうすっかりファンです(笑い)」と振り返った。

     ◇三石琴乃さんのコメント

     ――オファーを受けたときの気持ちは?

     以前、声だけで犯人を担当したことはありましたが、実際にテレビドラマに出演するのは人生初です。なぜオファーをいただいたのかは、クライマックスに明らかになる、役柄の設定を聞いて納得しました。「科捜研の女」といえば誰もが知る国民的ドラマですので、光栄に思いましたが、不安もありました。でも新しいことにチャレンジすると何か人生が広がると思い、お受けしました。
    (以下ソースで)
    まんたんウェブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000026-mantan-ent
    画像 連続ドラマ「科捜研の女」にゲスト出演する三石琴乃さん =テレビ朝日提供
    no title

    【【事件の鍵を握る謎の美女】人気声優の三石琴乃さん、「科捜研の女」でドラマ初出演】の続きを読む

    1: 2019/07/31(水) 13:00:49.01 ID:GmHxR5Oi9
    29日、Abemaビデオにて公開された『ひろなかラジオ』#2の中で弘中綾香アナウンサー(テレビ朝日)が、ファンからのお悩み相談をメッタ斬りする場面があった。

    no title


    弘中は自身のInstagramのストーリー機能を通じてファンから”人に相談するほどでもない小さいお悩み”を募集していた。

    今回紹介されたのはペンネーム・ぽぽぽさんから届いた「自分に自信が持てず人の目を気にしちゃう」というお悩み。

    この内容を読み上げた弘中は即座に「ダサイ」とコメント。
    続けて、「気にしちゃうのダサイよね、今の時代。本当にダサイと思う。気にしちゃうのはわかるんですけど、私は”そういう自分だっさいわー”と思って、
    自分を強く持つってことをいつもやっている」とコメントしてから、「そうやって常に自分を高めていくことが私はいいかなと思いますよ」
    「1日1つでもいいから自分の事を褒めてあげるのもいいかもですね」「税金払ってるだけでもすごいと思う」と説いていた。

    またペンネーム・ゆいぽんさんからの「朝起きるのが苦手。どうしたらいいですか?」という悩みに対しては、
    「もう、これは甘えですね。甘えとしか言いようがない。早く寝ましょう、それしかない」と鮮やかに回答。弘中の芯の強さを感じさせる一コマだった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16857097/
    2019年7月31日 10時15分 AbemaTIMES

    no title

    no title

    no title

    【【お悩みバッサリ】「本当にダサイ」「甘えとしか言いようがない」弘中綾香アナ、ファンからのお悩み相談をメッタ斬り】の続きを読む

    このページのトップヘ