テレビ

    1: 2019/12/14(土) 20:17:13.09 ID:qdUXGiCg9
    評論家 スージー鈴木


    「#いだてん最高じゃんねぇ」というハッシュタグがある。
    NHK「いだてん」後半の主人公=田畑政治(阿部サダヲ)の口癖をもじった「いだてん」応援タグである。

    12月15日の最終回に向けて、このハッシュタグが、ここ数日かなり盛り上がっている。
    世間的には盛り上がらなかったという烙印を押された格好の「いだてん」だが、
    コアな層はいよいよピークを迎えつつあるという「2層構造」になっているのだ。

    今回は、最終回を目前にしたこのタイミングで、この「2層構造」の実態を総括したいと思う。
    「いだてん」の1年間を冷静に振り返りつつ、最終回に向けた期待を述べてみたい。


    視聴率の低迷にあえいだ「いだてん」


    正直、「いだてん」の1年間は苦闘の1年間だった。視聴率が低迷し続けたのだ。
    初回こそ15.5%を記録するも、だんだんと高度を下げ、2月10日放送の第6話で9.9%と初の1ケタ台に落ち込み、
    それから12月8日の第46話に至るまで、実に41話連続で1ケタ台が続いている(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    それどころか、不幸にもラグビーワールドカップ(日本対スコットランド戦)の裏で放送されることになった第39話は何と3.7%で、
    大河ドラマ史上最低視聴率を更新することとなる(第39回「懐かしの満州」はいわゆる「神回」だっただけに惜しかった)。

    視聴率低迷の原因は、すでに多く語られているが、まずは「大河(ドラマ)らしくなさ」だろう。

    「ある1人の歴史的英雄の人生を、1年間かけてじっくりと追っていく」のが「大河らしさ」とすると、
    金栗四三や田畑政治という(西郷隆盛や明智光秀に比べたら)無名の2人を主人公としたことは、大河ファンの需要と合わなかったはずだ。

    また、今年2月の段階で筆者が本連載「大河『いだてん』からそれでも目が離せない理由」で指摘した、
    「情報洪水」とでも言うべき、展開がやたらと忙しい濃密な脚本も、シニア層を多く含有する大河ファンから忌避されたと思われる。

    さらに、競合の脅威にもさらされた。そう、テレビ朝日「ポツンと一軒家」である。こちらの視聴率は絶好調で、10%台後半を安定的にたたき出し、
    9月29日放送分では史上最高の20.8%を記録している。

    「いだてん」から流出した大河ファンのシニアが、「ポツンと一軒家」の視聴者として収容された感がある。
    わかりやすい番組名や(参考:本連載「『ポツンと一軒家』の人気に貢献する番組名の妙」)、番組内容が、
    単なる「一軒家めぐり」にとどまらず「一軒家に住む人の数奇な人生めぐり」となっていて、
    ある意味、大河ドラマ的な要素を含んでいたことも、「いだてん」にとっては不幸だったろう。

    しかし、筆者が考える最大の視聴率低迷理由は、「視聴率低迷という報道の過熱」である。

    毎週月曜日にネット上で拡散される「『いだてん』また視聴率低迷」という文字列が、
    新規層、特にヤング~ミドル層の新規流入を阻害するに十分な(逆)効果をもたらしたと思うのだ。

    「『今売れてます』という情報がさらなる『売り』を生む」(ゆえに多くの広告が「今売れてます!」と主張する)という傾向は、
    今に始まったことではなく、むしろ沈静化してきていると思われるのに対し、「今売れてません」というネガ情報は、SNSの普及の中で、さらに影響力を強めている。

    「視聴率低迷という情報がさらに視聴率を低迷させる」――「視聴率が低迷しているのだから、どうせつまらないドラマなんだろう」
    と表面的に解釈された結果、新規流入が滞った。

    「いだてん」視聴率低迷の背景には、このような「風評被害」の部分も大きいと見るのだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00318813-toyo-soci

    ★1が立った日時:2019/12/14(土) 10:35:50.81

    前スレ
    【大河ドラマ・いだてん】 評論家 「私が考える最大の視聴率低迷理由は、視聴率低迷という報道の過熱だ。 風評被害のせいだ」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576287350/

    【【いだてん低視聴率の理由とは?】 評論家 「私が考える最大の視聴率低迷理由は、視聴率低迷という報道の過熱だ。 風評被害のせいだ」】の続きを読む

    1: 2019/12/13(金) 22:14:23.61 ID:Snzcwo179
    12月27日(金)にテレビ朝日系で放送される音楽特番「テレビ朝日開局60周年記念 ミュージックステーション ウルトラ SUPER LIVE 2019」の出演アーティストが追加された。

    最終発表でラインナップに加わったのは石丸幹二、小沢健二、THE YELLOW MONKEY、スキマスイッチ、菅田将暉、東京スカパラダイスオーケストラ、
    Toshl、秦基博、BARBEE BOYS、平井大、MISIA、和楽器バンド。さらにディズニーメドレーやミュージカル「刀剣乱舞」の刀剣男士によるパフォーマンスも
    披露されることが決定した。

    ■ テレビ朝日系「テレビ朝日開局60周年記念 ミュージックステーション ウルトラ SUPER LIVE 2019」
    2019年12月27日(金)12:00~23:10
    <出演者>
    AI / aiko / 嵐 / E-girls / いきものがかり / 石丸幹二 / EXILE / AKB48 / A.B.C-Z / m-flo / 荻野目洋子 / 小沢健二 / Official髭男dism / KAT-TUN / 関ジャニ∞ /
    Kis-My-Ft2 / 木村カエラ / きゃりーぱみゅぱみゅ / KinKi Kids / King & Prince / King Gnu / 倉木麻衣 / KREVA / CHEMISTRY / 欅坂46 / 倖田來未 / ゴールデンボンバー /
    ゴスペラーズ / コブクロ / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / THE YELLOW MONKEY / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE /
    椎名林檎 / ジェジュン / GENERATIONS from EXILE TRIBE / ジャニーズWEST / Superfly / スキマスイッチ / 菅田将暉 / SixTONES vs Snow Man / SEKAI NO OWARI /
    Sexy Zone / DA PUMP / DEAN FUJIOKA / 東京スカパラダイスオーケストラ / Toshl / NEWS / 乃木坂46 / 秦基博 / BARBEE BOYS / Perfume /
    HIKAKIN&SEIKIN / 一青窈 / 日向坂46 / 平井堅 / 平井大 / V6 / Foorin / BLUE ENCOUNT / Hey! Say! JUMP / BABYMETAL / MAN WITH A MISSION /
    MISIA / 三浦大知 / 三浦祐太朗 / 宮本浩次 / milet / 森山直太朗 / 山下智久 / ゆず / LiSA / Little Glee Monster / LUNA SEA / 和楽器バンド / WANIMA

    音楽ナタリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000183-natalien-musi

    【【年末特番】「Mステ」年末特番に小沢健二、イエモン、MISIA、菅田将暉、スカパラ、刀剣男士ら[最終発表]】の続きを読む

    1: 2019/12/11(水) 23:37:01.69 ID:z2oEqVPx9
    『ガイアの夜明け』(テレビ東京 12月10日放送回)が、定食チェーン「大戸屋」に密着し、ネット上で話題となった。残業時間の削減に取り組む様子を紹介したが、「密着に見せかけた告発回」「むしろブラックイメージを植え付けた」といった感想が相次いだ。

    大戸屋の山本匡哉社長は全国の店長が集まる「店主会」で、100時間近くに及ぶ残業時間をとがめ、

    「(残業削減に)本気になってる?いや目が死んでるんだけど」

    などと店長ひとり一人を問い詰めていた。飲食業は人手不足を店長が補うことが多く、長時間残業が常態化。今年4月から始まった大企業の残業規制で残業時間は原則45時間以内に規制され、業界では大きな課題となっている。(文:okei)

    ■「空回りなんだって努力が。このままじゃお店なくなるよ?」と詰められる店主

    番組で紹介されたのは東京都内の3店舗で、40代の店長たち。1人目は仕事が好きでむしろ残業したいモーレツ店主。2人目の店長はマンションのローンと私立に通う子ども2人の学費を抱え、「残業代がなくなると生活費が回らない」と心配する。

    ツイッターで特に注目を集めたのが3人目の43歳の店長だ。もともと「残業で自分が倒れては意味がない」という残業否定派で、人手不足は単発バイトを雇えるサービス「タイミー」を利用し解消できると考えていた。ところが、単発バイトは店長が1から毎回同じことを教えなくてはならず、却って余計な仕事やコストが増えてしまうという落とし穴があった。

    その結果、残業が80時間を超えてしまい、山本社長に呼び出され説教されるはめに。

    「店に活気があると自信持てる?」
    「空回りなんだって努力が。このままじゃお店なくなるよ?」
    「今まで頑張っていようが店主を降ろすしかないよ」

    ガンガン指摘された店長は、神妙な表情で説教を聞き「それは嫌です」と決意表明していた。

    そこで山本社長指揮のもと取り組んだのが、朝2時間かけていた「仕込み時間の短縮」だ。「さつまいもを揚げている間に豚汁を終わらせる」など、山本社長は極限まで作業を効率化する指示を出し、結果、半分の1時間に短縮できた。

    これにネット上では、「怖いよ…作業の時短強要は気持ちを追い詰める結果になりやすい」など、心配や批判的な声が多数上がっている。正直、家庭で毎日料理をしている筆者も揚げ物をしながら急ピッチで他の作業をすることに危うさを感じた。これで残業時間が短縮できたとして、得をするのは人件費を削減できる企業のみで、労働者は疲弊し収入が減るのでは……という心配がよぎってしまう。

    ■残業時間が削減できた、めでたしめでたしのように終わったが…

    それでも様々な努力の結果、残業は削減され、山本社長は「社員たちも苦しんでいますが、それをみんなで乗り越えた時に人という部分で成長できて、企業として強くなっていける」と語った。

    これに対してネット上では、バイトから叩き上げでのぼり詰めた社長が、まだ社員の熱意に甘えて精神論や根性論を説いていると捉えた人が多かった。「そうじゃないでしょ。本部主導で統一して変えないと」といった批判が続出している。

    とはいえ、すべて現場まかせというわけではなく、時給アップに応えたり、店舗で切っていた肉をカット肉にしたり、支援員を派遣するなど、本部も何もしていないわけではない。店主たちは、残業削減によって本屋に立ち寄る余裕や、子どもと遊ぶ時間、犬の散歩をする時間ができるなど、それぞれ良い結果もあり、めでたしめでたしの様相で番組は終わっている。

    ただ、山本社長は「頑張ったら給料が減ったという仕組みには絶対ならない。そこは安心してください」と語っていたものの、具体的にどうするか明言はなかった。確実な昇給や賞与アップなどを聞いて安心したかった、と考えたのは、筆者だけではないだろう。

    okei2019.12.11
    https://news.careerconnection.jp/?p=83920
    no title

    https://youtu.be/203HcPRh02Q


    【【ブラック現場を公開?】”ガイアの夜明け”「大戸屋」特集で社長の説教シーンが放送され「密着に見せかけた告発回」と話題に 】の続きを読む

    1: 2019/12/09(月) 23:59:47.46 ID:50ccZu4b9
    https://www.oricon.co.jp/news/2150482/full/
    2019-12-09 22:51

    女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W』が日本テレビ系で9日に生放送され、3時のヒロインが3代目女王に輝いた。ゆめっち(25)・福田麻貴(31)・かなで(27)による結成3年目のトリオが、エントリー総数627組の頂点に立ち、優勝賞金1000万円と「女芸人No.1」の称号を獲得した。

    決勝は、Aブロックにそのこ、にぼしいわし、123☆45(イズミヨーコ)、ハルカラ、3時のヒロインの5組、Bブロックにおかずクラブ、はなしょー、阿佐ヶ谷姉妹、つぼみ大革命、紺野ぶるまの5組が出場。ファーストステージは「勝ち残りノックアウト」方式で行われ、Aブロックは3時のヒロイン、Bブロックははなしょーが勝ち残った。

    最終決戦は直接対決が行われ、審査票7票のうち6票を獲得した3時のヒロインが優勝し、賞金1000万円と副賞として同局の10番組への出演権も獲得。3人「やったー!」「マジっすか!?」と大喜びし、福田が「本当に悔しい思いをしてきたので、ここからがスタートと思って、もっといろいろとお笑いを…」と語ったところで、ゆめっち&かなでが「アッハーン!」とネタのフレーズで笑わせた。

    審査員は久本雅美、ヒロミ、田中卓志(アンガールズ)、清水ミチコ、哲夫(笑い飯)、ハイヒール・リンゴの6人。それに視聴者投票による1票が加わり、勝敗が決められた。MCは後藤輝基(フットボールアワー)と水卜麻美アナウンサー、「大会サポーター」はお笑いコンビ・EXITとりんごちゃんが務めた。

    2017年にスタートした同大会は「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を取って命名。女性という参加条件を満たせば、プロアマ、芸歴、人数、年齢を問わない、自由度の高い“女芸人の祭典”。漫才、コント、一人芝居、モノマネ、パフォーマンスなどジャンルは何でもアリの異種格闘技戦を展開する。初代王者はゆりやんレトリィバァ、2代目女王は阿佐ヶ谷姉妹。

    no title

    【【お笑い】『女芸人No.1決定戦 THE W』3時のヒロインが優勝 627組の頂点に 】の続きを読む

    1: 2019/12/07(土) 21:22:02.30 ID:Sinbhfpe9
     志村けん(69)が園長を、嵐・相葉雅紀(36)が飼育係を務める「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)に出演中の白井家で、“馬の違法解体”が行われていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

    「白井家」は、子どもたちから“神”と呼ばれる母親の白井由紀子氏が中心となり、家族5人が浜松市にある自宅で約40匹の動物の飼育に悪戦苦闘する様子が人気を博している、「天才!志村どうぶつ園」の準レギュラーコーナーだ。なかでも長男・鴻明氏、次男・迅氏は「イケメン大学生兄弟」としてファンも多い。

    白井家に新たに浮かび上がった“愛馬の違法解体”疑惑
     しかし今までにも白井家が多くの問題を抱えていることが明らかになっている。「不適切飼育」や「近隣トラブル」、「疑惑の蹄鉄販売」など、その飼育姿勢には疑問を禁じ得ない。

     そこで今回持ち上がったのが“愛馬の違法解体”だ。白井家をよく知るAさんが、ショックを隠せない様子で語る。

    「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ死体。由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」

     その死体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。

    「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」(同前)

     しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。自分たちの成長を家族のように見守ってくれたフルハートの死を、長男の鴻明氏や次男の迅氏がカメラに向かって涙ながらに語っている。

     由紀子氏自身も「フル君には相当お世話になった。いろんなことがあったときに悩みを聞いてもらってフルの前で泣いたこともある。母子家庭だったし、色々決めるのにフルに相談したよね」と、まるで自身のパートナーを亡くしたかのようにその死を悼んでいた。

     だが、その愛馬の弔い方に、同家の運営に関わるボランティアから疑問の声が挙がっているという。白井家には、動物の飼育や壊れた設備の修繕などを手伝うボランティアが複数人いる。彼らは既報の通り、交通費なども支払われず、無償で白井家に尽くしているのだ。

     別の白井家の知人Bさんによると、フルハートは馬房で亡くなり、その後、扉を締め切った状態でしばらく放置されていた。そして、死後4日が経った頃、白井家を手助けするボランティアに由紀子氏から声がかかったのだという。

    フルハートの傍らで佇む、ナタを手にした年配の男性
    「1月21日、由紀子さんは『フルハートを運びたいので力のある人に手伝ってほしい』とボランティア数人を呼び出しました。ボランティアらも生前のフルハートの優しさを知っているし、フルのためならと駆けつけたそうです。そこで彼らは衝撃の現場を目の当たりにしました」

     ボランティアらが白井家に到着すると、見知らぬ2トントラックが駐車されていた。傍らでは素手でナタを持った年配の男性が1人で何やら作業をしていたという。

    「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。そしてフルハートらがのんびりと歩いていた砂利の庭に、頭や四肢、尻尾が切断された状態の馬の胴体だけが横たわっていたのです」(同前)

     ボンティアらは、その現実離れした光景に言葉を失ったという。フルハートの生前の姿を知る彼らにとっては耐え難い状況だった。

    「胴体からは、まだ血が滴っていたそうです。ボランティアの人々は『まさかそんな状態だとは思ってもみなかった。顔も足もないフルハートを直視できなかった』と憔悴した様子で話していました」(同前)

     立ち尽くすボランティアに、男性は「馬の脚にロープをくくりつけて馬房から引っ張り出して、1人で解体したんだ」と語ったという。荷台には切り離された頭や四肢、尻尾がすでに積み込まれていた。男性はフルハートの胴体をトラックの荷台に積み込むように指示したという。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17493363/
    白井家の皆さん
    no title

    【【衝撃】志村どうぶつ園出演の「白井家」愛馬を庭でバラバラに解体か 】の続きを読む

    このページのトップヘ