タレント

    1: 2019/12/13(金) 20:32:27.87 ID:tyDDViea9
     
    FAX全文
    ご報告

    あびる優が、才賀紀左衛門さんと離婚していたことをご報告申し上げます。

    少しずつ、生活のすれ違いや価値観の違いをお互いに感じるようになり、今年に入り、何度も話し合った結果、離婚という結論に至ったそうです。

    12月4日、都内の区役所に離婚届を提出しました。

    慰謝料等はありません。

    長女についてですが、親権は才賀が持ちますが、あびるはこれまでと同様の愛情を持って育てていきま。

    この件に関する会見の予定はありません。

    皆さまにおかれましたは、今後とも、あびる優をよろしくお願い申し上げます。


    詳細はリンク先をご覧ください。

    【Not Sponsored 記事】

    あびる優・才賀紀左衛門、離婚していた 長女の親権は才賀へ<コメント全文>
    https://mdpr.jp/news/detail/1912293
    モデルプレス 2019.12.13 18:41


    ★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

    【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★246
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576204294/
    ・悪意のあるスレッド
    ・誤解を招くスレッド
    ・ほぼ同じ話題の重複スレッド
    ・政治や災害それ自体のスレッド
    など、お気軽にご報告ください。
    スレッド検索にこちらもご活用ください。
    http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%AC%E3%A9%E3%AC%E3%A9+%E9%AB%E9%BD%A2%E8%85%E5%91%E3%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8

    【【コメント全文】タレント・あびる優(33)と格闘家・才賀紀左衛門(30)、離婚していた 長女の親権は才賀へ】の続きを読む

    1: 2019/12/11(水) 23:08:02.57 ID:cGEzxxPl9
    タレント・ダレノガレ明美が11日、ツイッターを更新。「アンチ」のコメントに対し、「擦り傷より痛くないからな!!」と反撃した。

     ダレノガレは10日のツイッターで、箱根の商店街にイノシシが出現したというニュースについて取り上げ、「イノシシの居場所をとってしまってるのは人間だよね。悲しいね。食べるものがないから街に行くしかないのよね。イノシシだって人間の住む街に行きたいわけじゃないはず。だから、危ないけれどもイノシシを殺さないでほしいな。」という意見を記した。

     この投稿にさまざまな意見が寄せられたようで、翌11日には「殺さないでほしい!と個人的意見を言ったら じゃあ、お前がイノシシ育てろよ!は さすがだな!って思った!さすが私のアンチ!!」とツイート。「アンチがどんなに私を叩いても擦り傷より痛くないからな!!私のSNSくらい書きたい事書かせなさい!」と胸を張った。

     この投稿には「色々な考え方があるのは当然」という意見をはじめ多数の反応があり、「強い」「さすがです」「頑張れ」などと応援のメッセージも続々と届いている。

    写真
    no title


    12/11(水) 22:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000143-dal-ent

    【【イノシシ騒動で炎上?】ダレノガレ明美「アンチがどんなに私を叩いても擦り傷より痛くないからな!」 】の続きを読む

    1: 2019/12/10(火) 22:45:56.52 ID:Ok4fIVP+9
    タレントの加藤紗里(29)が10日、自身のインスタグラムを更新。麻薬取締法違反罪で起訴され、6日に保釈された女優の沢尻エリカ被告(33)について触れた。

     加藤はストーリー機能を使って、アカウントに届いた質問に返信。“薬物する芸能人をどう思う?クラブよく行くでしょ?”という問いに「クラブは仕事でしか行かない。薬物やるとか芸能人としての意識低すぎでしょ。芸能界やめたら??」と答えた。

     また、“沢尻エリカさんはこの後どうなると思いますか”という質問には「うーん、別に紗里には関係ないけど、芸能人としての意識低すぎてびっくり。自業自得だよね」とバッサリ。

     「自分が影響力のある人間ならクラブで毎晩遊んだりしないよ普通」と投稿した。

    12/10(火) 18:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00000178-spnannex-en

    写真
    no title

    【【沢尻エリカ騒動に言及】加藤紗里「意識低すぎ」「影響力ある人間ならクラブで毎晩遊んだりしない」 】の続きを読む

    1: 2019/12/08(日) 22:11:21.32 ID:e7wtoxT69
    「“棚からぼた餅”の感は否めませんが、ある意味、“持ってる女”なのかもしれませんね」(芸能リポーター)

     元ヤン→おバカ→人気ママタレから転落…。実姉の元勤務先のタピオカ店店長への“恫喝騒動”で炎上し、11月18日、芸能活動自粛を発表した木下優樹菜。

    「せっかく“おバカキャラ”から脱皮して、2010年にお笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史と結婚。2人の女児のママとなって、このところはずっと“好きなママタレランキング”の上位にランクインしていただけに、これは大きなイメージダウンとなってしまいました。収入面でも、億単位の損失となるようです」(芸能関係者)

     そんな木下に代わって、ママタレ枠進出をもくろんでいるのがベッキーだ。

    「ベッキーは11月9日、安定期に入ったことを確認してから、第1子妊娠を明らかにしました。来年の3月末から4月ごろが出産予定日です」(芸能ライター)

     16年、『ゲスの極み乙女。』川谷絵音との“ゲス不倫”が発覚したベッキー。

    「川谷夫人の存在を無視するかのようなメールのやり取りも暴露され、ベッキーは一時、休業に追い込まれました」(ワイドショー関係者)

     追い打ちをかけたのが、驚く額の違約金だ。

    「推定5億円といわれる違約金が発生しましたが、そのほとんどがCMに関するものでした。多い時で、CMの契約本数が14本もありましたから、このくらいの額になってしまうのは仕方ありません」(広告代理店関係者)

     そこで、ヘアヌード写真集の出版も取り沙汰された。

    「しかしベッキーは、自腹で払ったようです。普通、事務所とタレントで折半するものですが、彼女は責任を痛感し全額支払ったようです。テレビのレギュラーも10本ありましたし、“貯金が趣味”と公言していましたから、それくらいの額はコツコツと貯めていたようです」(前出の芸能ライター)

     そして、昨年あたりから少しずつ露出が増え始め、今年1月、巨人の片岡治大二軍内野守備走塁コーチと結婚。
    「最近は、バラエティーやドラマに出るなど復調気配にありました。もともと、好感度抜群タレントだっただけに、ママタレとして再ブレークする可能性は十分にあります。来年のベッキーには注目です」(芸能レポーター)

     禍いを転じて福と為す。

    no title

    https://wjn.jp/sp/article/detail/4263777/

    【【タピオカ騒動で棚ぼた?】ベッキー虎視眈々! 第一子妊娠で木下優樹菜に代わりママタレ枠進出か 】の続きを読む

    IMG_0145

    1: 2019/12/05(木) 20:54:40.78 ID:To+PynfK9
    タレントの中川翔子(34)が4日に出演したNHK総合「ニュース シブ5時」(月~金曜後4・50)で中学時代に遭ったいじめ体験と、支え続けてくれた母への感謝の思いを語った。

     絵を描くことが大好きだった中川。「幼い頃から父がよく漫画をくれた。『ゲゲゲの鬼太郎』全巻とか。幼稚園の頃に“これを読まないと大人になれないぞ”と全巻渡された」と俳優、歌手として活躍した父・勝彦さんとのやり取りを語った。

     父・勝彦さんは94年、中川が9歳の時に亡くなるが、「一緒に絵を描いてました。絵を描くのが楽しいという気持ちは小さい頃からずっとあった。白い紙があったら絵を描いたり、雑誌を丸ごと模写したりして友達と絵を交換していた」と小学校では楽しい生活を送っていた。

     だが、中学に進学すると楽しかった学校生活が一変。いじめの対象になってしまう。「絵を描いていると“アイツ絵ばっかり描いてキモい。オタクじゃね”と陰口が聞こえてくる感じで。絵を描いていることはオタクでキモいのかと怖くなってしまった」。

     絵がきっかけで始まったいじめは徐々にエスカレート。クラスメートに侮辱されるようなアダ名をつけられ、無視されるなど深刻化。そして中3の2学期以降、不登校になってしまう。「“私なんて…”と思い込んだり、固まってしゃべっている人たちを見ると“どうせ私の悪口を言っているに違いない”と妄想でワーってなっちゃって。中学時代が凄くしんどかった」とつらかった心境を吐露。

     「ある時、学校に行かなくなって。“行けない、行かない。嫌だ”と鍵をかけて部屋に閉じこもって。母には“何言ってんの。学校行かないとダメ人間になるぞ”と言われ、怒鳴り合いになった。でも、私が何で行きたくないかを言わなかったんです。言えなかった。親には言えなくて…」と打ち明けた。

     そんな娘の気持ちを察した母・桂子さんは、旅行に誘うなど娘に寄り添った。「勉強しろとか言わなくて母親らしくはなかったけど、友達っぽく何でも話せる存在として隣にいてくれた」。

     その後、桂子さんが通信制の高校を探してくれたといい「“自分のペースで行けるからいいじゃない”と。だんだん学校に行けるようになって。同じように不登校でいじめられている子もたくさんいたけど、そういう子もそこで居場所を見つけたり、やりたいことを見つけて大学進学したりした子がたくさんいた。それぞれ合う合わないがあるんだなと、そういう問題に直面してから分かることでした。母が諦めずにそういう道もそっと用意してくれたことはありがたかった」と感謝した。

     いじめを乗り越えた中川は大好きな絵を描くことを通じてたくさんの人々に夢と希望を与える活動をしている。

     「悩んでいる時間は無駄じゃなくて、いつか生きてきてよかったと思える瞬間で上書きできることもある。30代になってからやっとそう思えるようになったかもしれない。涙も別れもたくさんある。だからこそ人生って尊い。小さい頃は必死に今の環境と戦うことしかできないから分からなかったけど、間違いなく好きなものは裏切らないなと思います」と微笑んだ。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/05/kiji/20191205s00041000400000c.html

    【【昔話】中川翔子「親には言えなくて…」中学時代のいじめ体験告白】の続きを読む

    このページのトップヘ