タレント

    1: 2019/08/22(木) 19:15:36.36 ID:hSku7K5s9
    https://sirabee.com/2019/08/22/20162148092/
    2019/08/22

    アイドルグループ「チェキッ娘」の元メンバーで、現在台湾で生活している嶋野蘭が、家族で北海道旅行に出掛けている様子をブログで公開中。20日に投稿されたショッキングな内容が、波紋を広げている。

    「2日目~入店拒否」のタイトルでブログを更新した嶋野。夕飯を外で食べようと、午後の営業時間に合わせて店に向うと、「うちは、2人で営業しているので~5名の大勢は難しい~ごめんね! ごめんね!」と、入店を断られてしまったという。

    さらに、店員は台湾人である嶋野の母に向かって「NO」のジェスチャーを繰り返していたそうで、嶋野は「どう考えても…外国人に対しての人種差別? としか思えない」と感じてしまったそう。

    しかし、「だけど、こんなことは私たちからしたらじつは、昔からよくあること。母が台湾人だとこうなるんです」と嶋野。気を取り直し、この日は宿泊しているホテルでカップラーメンを食べたという。

    「外国人だからという理由で断られたように感じた」という嶋野の言葉に、日本のブログ読者からは複雑な声が書き込まれている。

    「確かに、小さなお店だとしたら、拒否されることもある…前もって行くお店が分かっているのならば、予約をする…と、言う意見もでるかもしれない。しかし、外国人だからって拒否するって、あり得ない。同じ日本人として、恥ずかしい。しかも、今までも、よくある話って、情けない。お母様には本当に、申し訳ない気持ちで、いっぱいになった。本当にごめんなさい」

    「初めまして。日本でも外国人差別をして入店断られる事あるのですか?! 同じ日本人として恥ずかしいです。ごめんなさい」

    本当に人種差別的な理由で入店を断られたのであれば、「日本人として恥ずかしい」「お母様に申し訳ない気持ちになった」との声が目立つ。その翌日以降は、旅行を満喫できている様子の嶋野一家。今後、日本で悲しい思いをせず帰国できることを願いたい。

    no title


    【【元チェキッ娘】嶋野蘭「外国人に対しての人種差別?」「母が台湾人だとこうなる…」北海道旅行で“入店拒否”され家族でカップ麺】の続きを読む

    1: 2019/08/22(木) 21:34:41.36 ID:9OqGBq/a9
    タレントの中川翔子が、23日発売の雑誌『ゼクシィ Premier』AUTUMN2019の表紙を飾る。

    丸顔と肩回りのたくましさがコンプレックスだという中川。それをカバーしようと、髪型はずっと変えずにきたそう。

    服装も自然とスタイルが固定してきたというが、今回の撮影では「プロに身を委ねます!」とイメチェンを決意。おでこを出し、大胆に肩が出るドレスを着用した大人ブライズスタイルの「エレガントしょこたん」に大変身した。

    その変貌ぶりに、中川本人も一瞬「えっ!これは誰!?」と思ったほど。「シンプルなものを美しいと感じる年齢になったこともあり、今回のスタイリングは本当に素敵でした。生きた証が残せて良かったです!」と満足した様子。

    今回、中川を表紙に起用した経緯に関しては、編集長・横田佳子氏が「歌手やバラエティなどマルチに活躍されている中川翔子さん。かわいい印象が強かった中川さんに今回は『普段は見せない大人の一面をぜひ見せてください!』と出演をお願いしました。表紙ではモードなヘアメイクにベールをまとった神秘的な大人の女性を見せてくださいました。インタビューページでは大胆なドレスでスタイリッシュな大人ブライズスタイルを表現してくださり、中川さんの新たな魅力を読者の方にぜひ楽しんでいただければと思います」とコメントしている。

    ■中川翔子「令和中に結婚したい」

    令和中に結婚したいと話す中川は、理想の結婚相手について「最低限譲れないのは、猫に優しい人。もはや猫に優しい人であればいいです」との回答が。

    結婚観については年を重ねるにつれて変化があったそうで、「最近までは顔に傷があるような人がいいと思っていましたが、今は似たような感性があることが大事。ゲームとかしない人でいいから、お互いに無理をしない自然な関係が理想です」と明かした。

    実はすでに子どものためにしていることもあるそうで、「気が早いんですけど、まだ見ぬわが子のために色々と買いそろえています。最近は宇宙や深海生物の図鑑を購入しました。紙書籍ではなく電子書籍なら末代まで受け継げると思って、そちらの購入も検討中です」と中川らしい未来の計画を話した。

    ■結婚式は両親と同じ海外で…中川翔子「できれば歌いたい」

    結婚式は海外で、と語る中川だが、その理由はご両親にあるとのこと。「父が歌手でデビューしたとき、両親はほぼ駆け落ち状態でグアムに行き、式を挙げたみたいなんです。そこまで思い切るのは私にはできないけれど、両親からグアムの式の写真を見せてもらったときに、素敵だなと思ったんです」と憧れを口に。

    結婚式ではできれば彼とデュエットがしたいそうだが、「相手も歌える人じゃないと困りますね。ものすごく音程を外してズッコケとか困るなぁ」と茶目っ気たっぷりに語った。(modelpress編集部)

    2019.08.22 00:00
    https://mdpr.jp/news/detail/1862259
    no title

    no title

    no title

    【【しょこたん】中川翔子、大胆肩出しウエディングドレス姿で変身「これは誰!?」 結婚観に変化 】の続きを読む

    mark_syuku
    1: 2019/08/11(日) 18:37:02.28 ID:tnrqIYls9
     元モーニング娘。でタレントの矢口真里(36)が9日、第1子となる男児を出産した。11日、自身のインスタグラムで報告した。

     矢口は愛息子の写真を添え「令和元年8月9日 第一子となる元気な男の子を無事出産いたしました」と報告し
    「私の産後の回復が遅くて少し遅れた報告になってしまいましたが、母子共に健康です!」と伝えた。

     「妊娠中からずっと応援してくださった皆様本当に励みになりました!! 心から感謝の気持ちでいっぱいです」とつづり
    「とにかく可愛くて愛しい小さな命。こんな幸せな感情は初めてです。全力で守り大切に育てていきたいと思います」と決意を新たにし
    「これからもどうぞよろしくお願い致します」と結んだ。

     矢口は2018年3月に元モデルの男性と約4年の交際を経て再婚。4月2日深夜の生放送の番組で妊娠したことを発表。
    先月25日に産休入りし、ブログを通じて「何を言われても凹まない強い母になる!! 頑張ります!! 元気な赤ちゃん産んで
    パワーアップして戻ってきます」と母になる決意を表明していた。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000343-oric-ent

    【【祝】矢口真里「こんな幸せな感情は初めてです」第1子男児出産を報告 】の続きを読む

    1: 2019/08/11(日) 06:46:32.95 ID:61wcCTHm9
     まっすぐで熱血漢、そして前向きで涙もろい。松岡修造(51才)を評する言葉は「日本一アツイ男」だ。一方、超亭主関白だということも知られ、家庭における“修造ルール”は絶対である。

    「“すっぴんを見せるな”“料理は炊き立て、焼き立てを用意しろ”といったことから、“太ったんじゃない?”と嫌みを言うのは当たり前です」(松岡家の知人)

    「仕事場では常に冷静で怒ることはないが、家族には感情的になってしまう」 ――そう松岡が言うように、家庭内では爆発することも少なくない。

    「たしかに自分の考えを押しつけがちです。夫妻で食事に行っても松岡さんは奥さんの惠美子さん(53才)の話を聞かず、黙々と食事をする。惠美子さんが“聞いているの?”と尋ねると、料理に集中している松岡さんはカッとなって言い争いになるそうです。

     ただ、修造さんは“妻なくして自分の存在はない”、“仕事が楽しめているのは妻のおかげ”と公言しています。だからこそ、おしどり夫婦といわれてきました」(芸能関係者)

     しかし、今、夫婦を心配する声が上がっている。

    「家賃が3桁の部屋も多い」(不動産関係者)という、都内の超高級マンションの一室が松岡の自宅である。

    「“日本一”審査が厳しいといわれ、ちょっとした芸能人では入居は困難です。著名人をはじめ、各界のセレブが入居しています」(前出・不動産関係者)

     マンションの住民が話す。

    「松岡さん宅の騒音が問題になっているみたいです。近隣住民のかたが、マンションの管理室に通報されたようで、それも1度や2度のことではありません。いったい、何があったんでしょうか…」

     松岡は1997年にテレビ東京のアナウンサーだった惠美子さんと結婚。その時のプロポーズの言葉である「結婚したらおれは100%幸せになれる自信があるけど、きみを幸せにする自信はない」は有名だ。

     惠美子さんはアメリカ・ハーバード大学大学院修士課程を修了後、1991年にテレビ東京に報道記者として入社。『ワールドビジネスサテライト』のキャスターとして活躍したが、結婚後、専業主婦となって松岡を支えた。

    「惠美子さんは真面目でインテリのようなイメージがありますが、非常にフレンドリーな人です。お受験をはじめバレエや習い事など、子育てをしっかりこなしていました」(前出・松岡家の知人)

     夫妻には3人の子供がいるが、家での子育ての方法は夫婦で異なるという。

    ※中略

    ◆「相当な騒ぎだったはず」

     しかし、ここ最近は夫妻一緒の姿を見かけないという。

    「恵さんの宝塚音楽学校の卒業式も惠美子さんだけ出席しました。修造さんは仕事のために欠席したそうですが、お子さんの晴れの舞台ですからなんとか調整はできたはずです」(前出・芸能関係者)

     また、前出のマンション住民も「最近、夫婦で一緒に出かける姿は見ません」と話す。

     そして、前述した“騒音”事件である。

    「食器が割れるような音に、低い怒鳴り声まで聞こえたそうです。ここのマンションはそうそう音が漏れないので、相当な騒ぎだったはず。しかも、今年に入ってから何度も同じような音が聞こえたそうです」(別の住民)

    “騒音”事件について、自宅マンションから出てきた松岡に質問したが無言のままだった。代わりに、一緒にいた事務所関係者が対応した。

    ──近所で、松岡さんの自宅から怒号やお皿の割れる音が聞こえてくると話題になっていますが。
    「申し訳ないですけど、これから局に行かないといけないので」

    ──夫婦げんかではないかと話すかたもいますが?
    「そう言っているかたに、取材されたのですか?」

    ──はい
    「…」

    ──騒音問題について、近所のかたがしかるべきところに相談をしていると聞きました。
    「そのこと(騒音問題)については、認める、認めないということも含め、発言は差し控えさせていただくのがいちばんだと思うので、すみません」

     結婚22年目の夫婦生活は、どうなっていくのか。

    2019年8月9日 7時0分
    NEWSポストセブン
    https://news.livedoor.com/article/detail/16902946/
    no title


    【【プライベートの姿】松岡修造宅から食器が割れる音や怒鳴り声か…近隣住民は心配「相当な騒ぎだったはず」 】の続きを読む

    1: 2019/08/07(水) 04:54:04.14 ID:OB2+dw0O9
    2019年8月7日 0時49分 ナリナリドットコム
    内山信二、発売前の「ゲームボーイ」持ってこさせる
    https://www.narinari.com/Nd/20190855808.html

    no title



    タレントの内山信二(37歳)が、8月4日に放送されたバラエティ番組「マルコポロリ!」(関西テレビ)に出演。子役時代、発売前の「ゲームボーイ」(任天堂)をスタッフの大人に“持ってこさせた”話を披露した。

    内山は最高月収3000万円という超売れっ子だった子役時代、全ての感覚がマヒしていたそう。あるCM撮影のとき、ワガママぶりを発揮していた内山は、スタッフに「ゲームボーイ、今すぐ持ってきてくれないと、オレやらない!」「ゲームボーイないと今日はもう仕事できないよ。帰りたい」と要求したことがあったという。  

    このとき「ゲームボーイ」はまだ発売1週間前で、どこにも売っていなかったが、「今すぐ持って来てよ!」と凄む内山のため、大人たちが方々に掛け合った結果、2時間後には「目の前のテーブルに」あったとのこと。こうした経験から、「大人たちは誰でも自分の思い通りになると思っていた」そうだ。

    そうして手に入れた「ゲームボーイ」。次の日に学校へ持って行くと、発売前ということで「ゲームボーイじゃない!?」と騒然となったそうで、「『え? 持ってないの?』って言うのが快感だった」と振り返る内山だった。

    (おわり)

    【【昔話】内山信二、発売前の「ゲームボーイ」持ってこさせる】の続きを読む

    このページのトップヘ