スポーツ

    1: 2020/09/07(月) 05:18:51.30 ID:CAP_USER9
    NOVAK DJOKOVIC HAS BEEN DEFAULTED

    He pled his case to no avail after hitting a ball (out of play) which struck a linesperson in the throat.

    The world no. 1 is OUT of the

    https://twitter.com/livetennis/status/1302701604433539076?s=21
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【全米オープンテニス】ジョコビッチ、失格(動画あり)】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60

    1: 2020/06/22(月) 09:17:41.08 ID:xAxCUyKG9
    米プロレスWWEの人気選手で「地獄の墓堀人」と呼ばれるジ・アンダーテイカー(55)が自らのドキュメンタリー動画で引退を表明した。

    20日にWWEネットワークで配信中の「ラストライド」のラストエピソードが公開。そのインタビューの中で「リングに戻る意欲がない」と現役引退を明かし、米英メディアが一斉に現役引退を報じた。約30年間、WWEの歴史を築く活躍をしてきた達成感を口にし「もうやることは何も残っていない。ゲームが変わった。新しいメンバーが登場する時が来た。ちょうどいいタイミング」と続けた。

    WWE王座4回、WWE世界ヘビー級王座3回、WWF(現WWE)タッグ王座獲得6回、WCWタッグ1回、ハードコア王座1回の戴冠を誇る。07年ロイヤルランブルも優勝した。年間最大の祭典となるレッスルマニアでは25勝2敗の記録的な勝率を誇った。

    アンダーテイカーは「このドキュメンタリーは全体像に目を向け、自分自身の発見を助けた。過去数年間、自らが厳しいと判断していなかった。私はリング内よりもリング外の方が良いことができる。それを受け入れることができる場所にようやく到達した」と淡々と話した。

    アンダーテイカーは今年4月のレッスルマニア36大会で、AJスタイルズとボーンヤード(墓場)マッチで対戦。墓地に生き埋めにし、勝利を飾ったのが最新の試合だった。「もし(WWE)ビンス・マクマホン会長がピンチに陥ったら戻ってくるか」との問いに対し「緊急の場合は(封印の)ガラスを割ってアンダーテイカーを引き出すことを検討するだろうが、決して言わないでくれ。私の人生とキャリアは今の時点でリングに戻ることを望んでいない」と念押しした。

    日刊スポーツ 2020.6.22
    https://www.nikkansports.com/battle/news/202006220000096.html

    【【WWE】「地獄の墓堀人」アンダーテイカーが現役引退】の続きを読む

    1: 2020/06/18(木) 01:01:49.55 ID:+hZmv96f9
    2020年6月17日 16時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18430936/

    柔道男子90キロ級の東京五輪代表に内定している向翔一郎(24)が、YouTubeで喫煙シーンや特定の人物を中傷するような動画を掲載していたことが
    分かった。
    向は昨年の世界選手権で銀メダルを獲得するなどして代表入りを果たす。
    キックボクシングの要素も取り入れるなど独自の柔道スタイルを築き上げ、「東京五輪でも金メダル候補」と目されている。

    向は今年5月、東京五輪柔道60キロ級代表の高藤直寿(27)のYouTubeチャンネルで、高藤と対談。
    その中で向は、YouTubeでの活動について「バックに全日本柔道連盟と(所属先の)ALSOKがいる。めっちゃ重たいんよ」とこぼす。
    高藤が「チャンネル登録者数100万人目指すために(所属を)辞める?」と問うと、「ALSOKやめられない理由が、(中略)家賃手当があるから……
     家賃手当大きい(笑)」などと語った。
    さらに向は対談中に電子タバコも吸っていた。
    この動画を問題視した元バルセロナ五輪柔道男子代表・丸山顕志氏(54)は、自身のFacebookに、「電子タバコを吸いながら現役柔道家が、
     それも東京五輪内定選手としてYouTubeで全世界に配信をしているではないか!(中略)もし我が息子だったら猛省させケジメとして確実に東京五輪は
     辞退させる」と書き込んだ。
    この後、高藤は動画から喫煙シーンをカットして再掲載した。

    一方、向は自身のYouTubeチャンネルに、「f××k ○ MOUNTAIN」と題したラップの動画をアップ。
    歌詞は「おいカス お前引きずり回すラップ」「アンチの先頭 子が笑われる 親の在り方 今 問われる」「五輪出場 値しないとかアラばかり探してても
     無駄」といった内容だった。
    丸山氏は「○ MOUNTAIN」というタイトルが“丸山”を指していることに気づき、向と電話で直接会話。
    謝罪の言葉はなく、「柔道を普及させるためにやっていることに対して、誹謗中傷をやられたので、面白くありませんでした」と言われたという。
    動画の真意を聞くべく、向の携帯に電話をすると、「ALSOKを通してください」と返答。
    ALSOKは「動画について弊社は全く関与していないため、公開理由等は把握しておりません。所属選手に対して、それぞれの立場に相応しい品位ある
     行動をするよう指導しております」と回答した。

    高藤の所属先企業は高藤の動画について、「未成年者の喫煙を助長する恐れがあることから、喫煙シーンは映らないようにしております。
     本動画については編集漏れがあったため、該当シーンを削除する編集を行いました」と回答。
    全日本柔道連盟は向の動画に関して、「当連盟は公開に関与しておらず、公開の理由も把握しておりません。SNSの具体的な運用に関しては慎重を
     期すよう指導しています」と答えた。

    no title

    名門道場「講道学舎」出身の向選手


    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592384245/
    前スレ(★1 2020/06/17 17:57:25.34)

    【【柔道界に暗雲】「おいカス お前引きずり回すラップ」東京五輪柔道代表・向翔一郎が「喫煙」「暴言」動画を公開していた】の続きを読む

    5005
    1: 2020/06/03(水) 21:21:23.84 ID:Kb2r9ndO9
    6/3(水) 18:55配信 ABEMA TIMES
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9a8f6dd46c176575afdca2e980f5cd8ea78d4884

     プロ野球・巨人は全選手を対象に行った新型コロナウイルスの抗体検査で陽性反応が出た選手・関係者4人に対してきのうPCR検査を行い、きょう坂本、大城の両選手に陽性反応が出たと発表した。二人の選手は無症状ということだ。

     球団によるとこの二人の新型コロナウイルスの遺伝子量(CT値)は微量で、正常値ギリギリの「微陽性」にあたるうえに、ともに回復を示す抗体を持っていることから、専門家は二人に対して「回復してかなりの時間が経過している」との認識を示している。

     なお二人は3月下旬以降、体調に何の問題もなく、味覚・臭覚の異常も感じていない。さらに検査から2週間前までさかのぼった行動履歴として、坂本は5月29日に友人と昼食をとった以外、大城に関しても5月28日にチームメイト二人と2時間、夕食をとった以外は外食も夜の外出も一切ないという。

     二人との濃厚接触者について管轄の保健所が特定を急いでおり、念のため幅広く検査を受けるべきとされた26人について、きょう夕方、医療機関にてPCR検査を実施する方針だ。

    【【新型コロナに新基準?】巨人・坂本、大城は「微陽性」で夜の外出なし 専門家「回復後かなりの時間が経過」との見解】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60

    1: 2020/05/29(金) 09:55:38.89 ID:COKS6xME9
    毎日新聞2020年5月29日 09時29分

     北秋田市立鷹巣中に今春入学した女子生徒が軟式野球部への入部届を出したのに監督の男性教諭から拒絶されたとして、女子生徒の保護者が学校に抗議し同市教育委員会が経緯を調査していることが分かった。女子生徒は入部をあきらめ、毎週末、秋田市のクラブチームに通って野球の練習を続けているという。【田村彦志】

     女子生徒の父親によると、女子生徒は小学4年から学童野球を始め、鷹巣中には野球部に入る前提で進学。学校側と野球部親の会は、野球グラウンドの隣接地に女子トイレを設置するなどの準備を進めていたという。

     しかし、女子生徒は4月20日に野球部の監督を務める男性教諭から「迷惑だ」などと言われ入部を拒絶されたという。同日夕には教諭から父親の携帯電話に連絡があり、「練習について来られなくなった時はどうする」「前例がない」などと言われたという。

    ソース https://mainichi.jp/articles/20200529/k00/00m/040/024000c

    【【部活】女子生徒の軟式野球部入部を認めず 北秋田の中学監督「迷惑」「前例がない」】の続きを読む

    このページのトップヘ