スポーツ

    document_sojou
    1: 2019/12/10(火) 23:14:16.35 ID:idS62GGq9
    横浜市内のホテルで女子高校生にみだらな行為をしたなどとして、横浜区検は10日、県青少年保護育成条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の罪で、プロ野球横浜DeNAベイスタ-ズの綾部翔元投手(22)を略式起訴した。

     起訴状などによると、元投手は昨年1月9日、同市のホテルで、高校1年の女子生徒(16)にみだらな行為をし、その様子をスマ-トフォンで撮影した、とされる。女子生徒とは会員制交流サイト(SNS)で知り合ったとみられ、県警が今年10月に書類送検した。

     元投手は、茨城・霞ケ浦高校から2015年のドラフト5位で入団。事件発覚後の今年7月に球団から無期限謹慎処分を受け、今季の1軍登板はなかった。球団は同投手と来期の契約を結ばないことを既に通告している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00000016-kana-l14

    【【プロ野球】元DeNA綾部投手を略式起訴 女子高生にみだらな行為 】の続きを読む

    olympics_2020tokyo
    1: 2019/12/09(月) 20:36:24.20 ID:cf/kgHV09
     
    【速報】ドーピング問題でロシア処分 東京五輪など主要スポーツ大会の出場を4年間禁止
    https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1203993448929316865
    テレ朝news

    サッカーロシア代表、ドーピング問題で東京五輪・2022ワールドカップから除外へ。EUROは出場可能

    ロシアの組織的ドーピング問題でWADAが4年間の追放を決めた。サッカーロシア代表も大きなダメージを受けることは避けられないようだ。

    https://t.co/87a1i8FwT3
    https://twitter.com/foot_ch/status/1203996978964623361
    FOOTBALL CHANNEL


    【【速報】ドーピング問題でロシア処分 東京五輪など主要スポーツ大会の出場を4年間禁止 サッカーEUROは出場可能 】の続きを読む

    bc6d8_929_spnldpc-20191207-0228-001-p-0
    1: 2019/12/07(土) 23:02:13.92 ID:4eO52/1y9
    ◆フィギュアスケート GPファイナル ◆最終日(7日、イタリア・トリノ)

     男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位で、12・95点差から逆転Vを狙った羽生結弦(25)=ANA=は4回ルッツを含む4回転ジャンプを5本、
    着氷するも後半にミスがあり、194・00点、合計291・43で2位。3年ぶり5度目の優勝とはならなかった。SP首位のネーサン・チェン(20)=
    米国=がノーミスの演技で224・92点、合計335・30点と自身の持つ世界最高を更新し、大会3連覇。

     ◆羽生に聞く

     ―振り返って

     「まあでも、一つのステップとしてまず、最後まで怪我しなかったっていうのは大きいなっていうのと、やっぱり4回転ルッツに関しては、かなり自分も思い入れがありますし、
    いろんな意味で。そういうものをちゃんときれいなループと一緒に跳び切れたのはすごく大きかったなと思います」

     ―06年トリノ五輪で荒川静香さんか金メダルを取ったリンク

     「理想の形ではないですけど、ショートも含めてやっぱり、まだまだだなって思いは強くあります。やっぱりここまで応援して下さった方々がたくさんいてこうやって
    スケートを滑ることができていますし、やっぱり荒川さんのおかげで、スケートができていると僕はやっぱりリンク含めてそう思います。こうやってここまでこれて、
    まだ多分、小さい頃の僕は許さないと思いますけど、今できることはやり切ったんじゃないかなというふうには思います」

     ―チェン選手が世界最高を出した

     「もう、練習したいです、早く。本当に今日疲れるましたけど、でもこれが世界最高に向かって行かなくてはいけない過程なんだなと思った。もうめちゃくちゃ練習します

     ―今、キラキラしているように見えるが

     「もうねえ、楽しむしかないですよ。旧採点の(自分の)点数まで抜かれてもうめちゃくちゃ悔しいです。もう、今に見とけ!って思ってます」

    報知新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-12070243-sph-spo

    【【男子フィギュア】2位の羽生結弦「めちゃくちゃ悔しい。『今に見とけ!』って思ってます」3連覇チェンと43・87点差に 】の続きを読む

    1: 2019/12/06(金) 13:10:24.48 ID:/8PcEu449
    Jリーグの松本山雅FCに所属していた元選手・武藤友樹のブログでのある発言が、波紋を広げている。

     問題となっているのは、武藤が2日にブログの一形態であるnoteに投稿したあるエントリー。その中で、武藤は「本当のモテってもんを教えてやる。それはオスとして魅力があるか無いか」と切り出し、「俺はモデルや女優を抱くためだけにJリーガーになったが抱くことはできなかった」と告白した。その後、持論の“モテ術”について語りつつ、「プロになれば金持ちになれる、モテる、人生勝ち組だと信じてやってきた」「プロになった時点で俺の目的は達成されたため1年でJリーガーを辞めた」と肩書きだけではモテないと力説。最後には「ブスとおばさんを抱けるやつに道は拓ける」とつづっていた。

     しかし、このブログについてサッカーファンからは、「プロサッカーへの侮辱」「一生懸命やってプロになれなかった人に失礼」「もう山雅にいたって名乗らないでほしいレベル」など批判の声が相次いでいる。

     「現在、マンションの1室を改造したパーソナルジムを経営しているらしい武藤ですが、ブログの中ではしきりに、『ナンパ師』を名乗る男性の情報商材に誘導。いわば炎上商法だったようですが、サッカーファンからの怒りはすさまじく、今もなおバッシングが起きている状態。とは言え、武藤は2018年に入団し、たった1年で引退。その1年間で天皇杯に1回出場しただけということもあり、『1回の出場じゃ、そりゃモテないでしょ』といった厳しい声も上がっていました」(芸能ライター)

     「自己啓発セミナーとかやろうとしてるの?」といった疑いも浮上している今回の騒動。今後の“やらかし”を懸念する声も見受けられた。

    2019年12月06日 12時20分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/70768436/

    写真
    no title

    【【サッカー】<女優を抱くためだけにJリーガーに>元選手のブログが炎上!たった1年で引退に「そりゃモテない」と批判の声も... 】の続きを読む

    1: 2019/11/30(土) 21:14:33.57 ID:iQqlO9us9
    2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場が30日、完成した。
    建設費の膨張で当初案が白紙撤回されるなどの混乱を経て、36カ月の工期が終了。

    56年ぶりに東京で開かれるスポーツの祭典の舞台が整った。
    整備費は1569億円。東京大会では開閉会式と陸上の他、五輪のサッカーの会場となる。

    工事を担った大成建設などの共同企業体(JV)が同日、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)に引き渡した。
    今後の名称は「国立競技場」となる。

    設計には建築家の隈研吾氏らが携わった。
    木と緑にあふれた「杜(もり)のスタジアム」をコンセプトに、緑豊かな明治神宮外苑の景観に配慮して高さは約47メートルに抑えた。
    ドーナツ形の屋根部分には国産木材を活用し、コンコースや競技場の周辺は約4万7000本の植栽が施された。

    約6万席を設け、木漏れ日を意識して白、黄緑、茶などの5色をモザイク状に配置した。
    屋根の付け根部分には暑さ対策として、外部からの風を取り込む機能を設けた。

    陸上の走路には、海外メーカーの高速トラックを採用。無線LAN(Wi-Fi)を1300台ほど設置し、大勢の観客がスマートフォンで会員制交流サイト(SNS)に写真や動画を投稿する事態にも備えた。
    12月21日にオープニングイベントを開催し、スポーツでは来年1月1日のサッカー天皇杯全日本選手権の決勝が最初の大会となる。

    当初案は世界的な建築家ザハ・ハディド氏が手がけたが、近未来的なデザインと巨額の工費が問題となり、15年7月に白紙撤回された。
    東京大会後に民営化する方針だが、計画の策定時期は20年秋以降に先送りされた。

    ■写真
    no title

    no title


    https://www.nikkansports.com/sports/news/201911300000240.html

    【【画像】東京五輪・新国立競技場が完成】の続きを読む

    このページのトップヘ