コンビニ

    1: 2021/03/05(金) 22:20:01.56 ID:Fwx8Pzd/9
    2021年3月5日 17時51分
    マイナビニュース

    ファミリーマートは、3月2日から全国で「クリスピーチキン」(プレーン・ハバネロホット)(145円)を発売。しかしながら一部店舗にて品切れとなり、発売を順次休止することを発表した。

    「クリスピーチキン」は発売以来、想定を上回るペースで販売が続き、販売開始2日間で、合計200万食を突破した。想定を上回る販売に、製造が一時的に追いつかないことから、「クリスピーチキン」(プレーン・ハバネロホット)の発売を順次休止するという。数量限定として発売した“ハバネロホット”は、現在の生産在庫を持って販売終了となるとのこと。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19800008/
    no title

    【【品薄商法?】ファミマ「クリスピーチキン」販売好調で製造追いつかず休止へ 2日で200万食突破】の続きを読む

    1: 2020/12/09(水) 21:00:17.68 ID:kKtjx5SG9
    炒飯カツカレー

    炒飯とスパイシーなカレーにロースカツをトッピングした食べ応えのあるお弁当です。
    ※東北地方の一部、宮崎県、鹿児島県では取り扱いがございません。

    発売日:2020年11月10日
    ファミリーマート通常価格

    500円(税込540円)
    https://www.family.co.jp/goods/obento/0616553.html
    no title

    【【画像】ファミマの新商品「炒飯カツカレー」 税込540円】の続きを読む

    1: 2020/10/21(水) 23:32:15.29 ID:huYpvD6y9
    箱や器などの底を少し上げて、実際よりも中身が多く見えるようにする「上げ底」は昔からある手口ですが、コンビニ弁当などで上げ底に出くわすと、お腹がいっぱいにならなかったりして残念な気持ちになりますよね。

    Twitterでは、こんなツイートが注目されています。


    kou(17)
    @kou17
    セブンだけはこんな事しないと思ってたのに……
    no title

    no title


    投稿者さんが「セブンだけはこんな事しないと思ってたのに…」というツイートとともにアップした1枚の写真には、サンドイッチの切り口(陳列した時に見える部分)には、中身がギッシリ詰まっているように見える細長い玉子焼き配置され、奥には小さな玉子焼きが挟まっている衝撃的な写真。これは残念ですね…。

    この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

    きゃめ*わんこそば🐶
    @kya_melon
    返信先: @kou17さん
    わたくしめのも供養させてください🙏🏻
    セブンのいちごサンド🍓
    サンドすらされてませんでした😇

    no title

    no title

    no title


    色々な「残念商品」の写真がアップされていますが、セブンイレブンに限らず、これって“コンビニあるある”なんでしょうか?わざわざ入れ物を二重にして上げ底にしているお弁当もありますし。消費者にとっては、何だか騙されたようでイヤな気分ですよね。

    自分が食べるのにちょうどいい分量だと思って買ったのに、上げ底でお腹が満たされなかったら「二度と買うか」という気持ちになってしまいます。こんなことをされるぐらいなら、少しぐらい値段を上げてもいいので中身をギッシリ詰めて欲しいですよね。今度セブンイレブンでサンドイッチを買ったら、食べる前に開いて確認してみたいと思います!

    抜粋詳細はソースにて
    https://ima.goo.ne.jp/column/article/8985.html 
    【【画像複数】セブンのサンドイッチがセコすぎると話題に…→ネット民「これは酷い」「もはや芸術」の声…】の続きを読む

    1: 2020/08/11(火) 21:12:40.83 ID:J43X3CiK9
    https://news.livedoor.com/article/detail/18718472/

    店の入り口に出された貼り紙
    no title



    山形県内のデイリーヤマザキ店舗で、「当店 マスク不要です」などと強調した貼り紙が入り口に貼られていたと、ツイッターに写真が投稿されて話題になっている。

    運営する山崎製パンは、「当社の感染対策と異なる」として店のオーナー側に撤去してもらったうえで、「お客さまに心配をかけた」と謝罪した。

    「マスク取るのが作法やったんやろか。。。」
    この店は、鶴岡市内にある。
    貼り紙は、ガラス扉に貼っており、マスク不要の部分には、赤い蛍光ペンで下線が2重に引かれていた。

    続けて、その理由として、こう印刷されていた。

    「あなたの免疫力を下げます 顔に水虫ができる原因になります 高炭酸ガス症を発生し癌の原因になります 何より熱中症になります」
    暑い中でマスクをし続けると、熱中症の恐れがあることは、医療関係者も様々な機会に注意を呼びかけているが、それ以外の出典ははっきりしないようだ。

    店内には、さらに別の貼り紙がいくつか出されていた。

    子供が熱中症にかかりやすいと注意を呼びかけるもののほか、アルコール除菌やワクチン接種の危険性についての解説や、コロナは風邪だとしてマスクもPCR検査も不要だとする主張もあった。
    これらは、ツイッター投稿や一部の新聞記事にあったものだ。貼られた下には、なぜかマスクを置いて販売していた。

    これら貼り紙の写真は、溶接ギャル粉すけさん(@KONA_neruneru)が2020年8月8日にツイッターに投稿した。
    2万件以上もリツイートされるほどの反響を集めている。
    粉すけさんは、「マスクして入っちゃったんだけどマスク取るのが作法やったんやろか。。。」とそのときの戸惑いを明かしていた。

    山崎製パンの広報担当者「当社の感染対策と異なる内容」
    貼り紙の内容に対しては、ツイッターやネット掲示板で、「自己主張強い」「何の根拠があって言うてるのか教えて欲しい」「もっと違う伝え方がありますし売り場づくりとしては少しどうかと...」といった声が出ていた。

    一方で、「店長の言ってることは一理ある」「こういうお店もあってもいい」と理解を示す向きもあった。
    また、貼り紙が出されたことについて、その内容をツイッターで投稿した団体メンバーからは、感謝する声もあった。

    デイリーヤマザキを展開する山崎製パンの広報担当者は8月11日、貼り紙について、「今回、ツイッターに投稿があった貼り紙は、フランチャイズ店のオーナー様のお考えで掲示されたものです」とJ-CASTニュースの取材に説明した。

    マスクが免疫力を下げるなどの根拠や、なぜこんな貼り紙をしたのかについては、「分かりかねます」と話した。

    同社では、従業員はマスクを着用して接客しているといい、客の着用までは言及していないが、客の安全・安心を最優先にしているという。
    貼り紙については、「当社の感染対策と異なる内容」だとして、粉すけさん投稿翌日の9日中に投稿にあったすべての貼り紙を撤去してもらったとした。

    貼り紙があったとき、店のアルバイトなどがマスクをしていなかったかは、分からないという。
    ただ、「お客さまにはご心配をかけたことは、お詫び申し上げます」と言っている。

    (J-CASTニュース編集部 野口博之)

    【【画像】「当店 マスク不要です」「癌の原因になります」山形のデイリーヤマザキが貼り紙 運営の山崎製パンが撤去要請】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60

    1: 2020/05/26(火) 09:09:04.76 ID:JMUkSlnp9 BE:656475691-2BP(1000)

    2020年5月26日 6時18分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012444911000.html

    コンビニ大手のファミリーマートは、24時間営業を行わず深夜から早朝にかけて店を閉める時短営業を、来月から全国の780店余りで始めると発表しました。

    ファミリーマートは、深刻な人手不足で24時間営業を続けることが難しい店が出ているとして、加盟店の意向に応じて時短営業を認めることを決め、ことし3月、希望するオーナーを募集しました。

    その結果、すべての店のおよそ5%に当たる787店が来月から24時間営業を取りやめることになりました。

    このうち▽514店は毎日、▽このほかの273店は日曜日のみ、いずれも午後11時から翌朝7時までの間でオーナーが設定する時間に店を閉めます。

    ファミリーマートによりますと、当初は1000店余りから時短営業の希望がありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大で仕事を求める人が増え、人手不足が解消したなどとして、およそ200店が時短営業を見送ったということです。

    コンビニ各社では24時間営業の見直しを進める動きが相次いでいて、セブン‐イレブンやローソンでも深夜営業を行わない店が増えています。

    【【新型コロナの影響?】ファミリーマートで深刻な人手不足、全国787店で時短営業へ】の続きを読む

    このページのトップヘ