コロナウイルス

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60
    1: 2020/05/26(火) 04:38:19.96 ID:ZOByXkm+9
    取材に応じた男性の病室での様子。最初は倦怠感がある程度だったが、急激に熱が上がり意識不明に陥った


    「最初は倦怠感と咳が出る程度でした。その後、39度の熱が出たので保健所に電話すると、『自宅で様子を見て』と言われました。しかし、2日ほど経って熱が40度を超えたので、以前、別の病気でお世話になった主治医に電話をしたんです」

    そう語るのは、1ヵ月に及ぶ闘病の末、新型コロナウイルスからの生還を果たした大阪市内のヘアメイクアーティスト・矢島雄二さん(仮名・30代)だ。

    矢島さんが感染を疑い、国立病院「大阪医療センター」の主治医に電話したのは4月6日。すぐに病院に来るように言われ、PCR検査を受けると、陽性という結果が出た。その後、熱は41.5度まで上昇し、意識不明に陥ったという。
    「3日間、人工呼吸器をつけていましたが、幸いにも意識は戻った。すると、すぐに市内の別の病院に転院することになり、救急車で運ばれました」

    転院後も、なお意識は朦朧とし、予断を許さない状況は続いた。そんな矢島さんを救ったのは、抗インフルエンザ薬「アビガン」だ。 「『副作用によって男性の精子に影響が出る可能性がある』と説明された上で、服用するか選んでください、と。死の恐怖を感じていた私は迷わず服用を決めました。すぐに9錠飲んで、次も同じ量。翌日からは一日2回4錠ずつでした。それでも、熱はなかなか下がらず、意識も朦朧。1週間以上経ってようやくまともに会話ができるようになりました」

    アビガンの他にも、矢島さんはまれな体験をしている。コロナの検査といえば、PCR検査が知られているが、他の方法も行っていたというのだ。

    「『LAMP法』というものです。事前に検査に協力するよう依頼されて、同意書にサインしました。毎日、両方の検査を受けましたね。やり方は同じで、鼻の奥の粘膜と痰を採る。PCRは6~8時間かかる一方、LAMP法は1時間ほどで結果が出ました」

    医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師がLAMP法について解説する。 「PCRと同様、DNAを増幅させて検査します。PCRのようにDNAの温度を調整する必要がないので、検査は簡単で結果は早い。しかし、まだ研究段階であり、感度はPCRのほうが上です」
    実際、矢島さんもPCRでは陽性だがLAMP法では陰性という結果が出ることもあったという。生死の境をさまよった矢島さんが、しみじみと語る。 「陰性が2度続いて出た後、5月2日にようやく退院しました。

    とにかく、体調が悪いと感じたら、どうにかして検査を受けるべきだと思います。重症化してからでは、遅いですから……」

    『FRIDAY』2020年5月29日号より
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bb9131abd147a86e4734f9ab8d77523e2c6c45fe
    5/23(土) 11:02配信

    【【新型コロナ】30代の重症化患者「私はアビガンに救われた」独占告白】の続きを読む

    1: 2020/05/26(火) 00:41:30.36 ID:UOiUSpXJ9
    解除喜び、レインボーブリッジが虹色に

    緊急事態宣言の解除を受け、七色にライトアップされたレインボーブリッジ=東京都港区で2020年5月25日午後8時10分、本社ヘリから
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200526-00000000-maiph-soci.view-000
    毎日新聞 5/26(火) 0:06配信


    【【画像】緊急事態宣言の解除を喜び、レインボーブリッジが虹色に】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60
    1: 2020/05/25(月) 20:06:39.04 ID:RWWUvy0v9
    安倍総理、新型コロナ「ほぼ収束させることができた」記者会見で。

    [2020/05/25 18:13] テレ朝ニュース
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000184751.html 
    【【記者会見】安倍首相「(新型コロナを)ほぼ収束させることができた」】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60

    1: 2020/05/25(月) 09:21:18.86 ID:RWWUvy0v9
    政府は二十四日、埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏四都県と北海道で継続している緊急事態宣言を二十五日に全面解除する方針を決めた。西村康稔経済再生担当相が記者会見で明らかにした。新型コロナウイルスの感染状況や医療体制が改善したと判断した。二十五日に専門家でつくる諮問委員会に諮った上で政府対策本部会合で決定。安倍晋三首相は記者会見を開き、解除する理由や今後の対応を説明する。

    首相は二十四日夕、西村氏や加藤勝信厚生労働相らと官邸で会い、感染や医療体制の状況などについて報告を受けた。西村氏はこの後の会見で「首都圏、北海道の五都道県の緊急事態宣言解除に関し、二十五日午前九時半から基本的対処方針に関する諮問委員会を開催し審議してもらう」と明言した。

    緊急事態宣言は新型コロナウイルス特措法に基づく措置で、今回の解除により全都道府県で解除されることになる。

    政府は宣言を解除する目安の一つとして「直近一週間の新規感染者数の合計が人口十万人当たり〇・五人程度以下」を挙げ、医療、検査体制の状況なども加えて総合的に判断するとしている。目安とする数値がクリアできなくても、十分な医療、検査体制が確保でき、感染経路も追えるような状態であれば解除できるとの立場だ。

    北海道と神奈川はこの目安を超えているが、西村氏は「減少傾向にあることには変わりがない。感染経路不明の割合、クラスター(感染者集団)、院内感染などの状況を分析し、全体として判断していく」と強調した。

    加藤氏はNHK番組で「日に日に新規感染者数が減少し、宣言下の地域でも同様の傾向だ。医療状況の逼迫(ひっぱく)はかなり緩んできている」と述べた。

    2020年5月25日 朝刊 東京新聞
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020052502000128.html

    【【いよいよ解除へ】埼玉、千葉、東京、神奈川、北海道 緊急事態宣言を本日25日に全面解除 安倍首相会見へ】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60
    1: 2020/05/25(月) 01:40:49.66 ID:J/i7jRoE9
    イギリスでタクシーの乗客に「これでお前もコロナだ」と言われてつばを吐かれた運転手の男性が死亡していたことが分かりました。

     ロンドンで3月下旬、タクシー運転手の61歳の男性が乗客から「自分は新型コロナに感染している。これでお前も新型コロナに感染した」と言い掛かりを付けられ、つばを吐かれました。乗客は1200円ほどの運賃の支払いを拒んで逃走しました。数日後、男性運転手は呼吸困難などの症状が出たため入院して新型コロナウイルスの検査を受けたところ、陽性反応が出ました。男性運転手は先月18日に死亡したということです。新型コロナの流行以来、イギリスでは「自分はコロナだ」と主張したうえで警察官らにつばやせきを浴びせる事件が週に200件ほど起きているということです。

    ソース ANN
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200525-00000009-ann-int 
    【【事件】「これでお前も新型コロナに感染した」乗客からツバを吐かれたタクシー運転手が死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ