オリンピック

    image
    1: 2021/01/07(木) 00:27:45.58 ID:QgBC6tgH9
     【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド委員(カナダ)が、東京五輪を実現させるためには選手に新型コロナウイルスのワクチンを優先的に接種させるべきだと主張した。英スカイスポーツが6日報じた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210107-00000005-kyodonews-spo

    【【東京五輪】「選手へワクチンを優先的に」とIOC委員】の続きを読む

    1: 2020/06/18(木) 01:01:49.55 ID:+hZmv96f9
    2020年6月17日 16時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18430936/

    柔道男子90キロ級の東京五輪代表に内定している向翔一郎(24)が、YouTubeで喫煙シーンや特定の人物を中傷するような動画を掲載していたことが
    分かった。
    向は昨年の世界選手権で銀メダルを獲得するなどして代表入りを果たす。
    キックボクシングの要素も取り入れるなど独自の柔道スタイルを築き上げ、「東京五輪でも金メダル候補」と目されている。

    向は今年5月、東京五輪柔道60キロ級代表の高藤直寿(27)のYouTubeチャンネルで、高藤と対談。
    その中で向は、YouTubeでの活動について「バックに全日本柔道連盟と(所属先の)ALSOKがいる。めっちゃ重たいんよ」とこぼす。
    高藤が「チャンネル登録者数100万人目指すために(所属を)辞める?」と問うと、「ALSOKやめられない理由が、(中略)家賃手当があるから……
     家賃手当大きい(笑)」などと語った。
    さらに向は対談中に電子タバコも吸っていた。
    この動画を問題視した元バルセロナ五輪柔道男子代表・丸山顕志氏(54)は、自身のFacebookに、「電子タバコを吸いながら現役柔道家が、
     それも東京五輪内定選手としてYouTubeで全世界に配信をしているではないか!(中略)もし我が息子だったら猛省させケジメとして確実に東京五輪は
     辞退させる」と書き込んだ。
    この後、高藤は動画から喫煙シーンをカットして再掲載した。

    一方、向は自身のYouTubeチャンネルに、「f××k ○ MOUNTAIN」と題したラップの動画をアップ。
    歌詞は「おいカス お前引きずり回すラップ」「アンチの先頭 子が笑われる 親の在り方 今 問われる」「五輪出場 値しないとかアラばかり探してても
     無駄」といった内容だった。
    丸山氏は「○ MOUNTAIN」というタイトルが“丸山”を指していることに気づき、向と電話で直接会話。
    謝罪の言葉はなく、「柔道を普及させるためにやっていることに対して、誹謗中傷をやられたので、面白くありませんでした」と言われたという。
    動画の真意を聞くべく、向の携帯に電話をすると、「ALSOKを通してください」と返答。
    ALSOKは「動画について弊社は全く関与していないため、公開理由等は把握しておりません。所属選手に対して、それぞれの立場に相応しい品位ある
     行動をするよう指導しております」と回答した。

    高藤の所属先企業は高藤の動画について、「未成年者の喫煙を助長する恐れがあることから、喫煙シーンは映らないようにしております。
     本動画については編集漏れがあったため、該当シーンを削除する編集を行いました」と回答。
    全日本柔道連盟は向の動画に関して、「当連盟は公開に関与しておらず、公開の理由も把握しておりません。SNSの具体的な運用に関しては慎重を
     期すよう指導しています」と答えた。

    no title

    名門道場「講道学舎」出身の向選手


    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592384245/
    前スレ(★1 2020/06/17 17:57:25.34)

    【【柔道界に暗雲】「おいカス お前引きずり回すラップ」東京五輪柔道代表・向翔一郎が「喫煙」「暴言」動画を公開していた】の続きを読む

    5005

    1: 2020/03/23(月) 21:13:49.76 ID:7/9hCRqK9
    国際オリンピック委員会(IOC)が新型コロナウイルス感染拡大に伴い、東京五輪・パラリンピックについて延期を含めて検討に入ったことを受けて、
    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)と、武藤敏郎事務総長(76)が23日、都内で報道陣の取材に応じた。
    会見で、選手から「アスリートのことを考えていない」という声が出ていることに、不快感も示した。

    森会長は「アスリートのことを考えているからわれわれは苦しんでいるわけですね。それがアスリートの諸君たちからアスリートを考えてくれないという意見が出るというのは、はっきり申し上げて非常に遺憾です。
    アスリートなくしてオリンピックはないんです。それぐらいのことは百も承知で我々もやっています」と、語気を強めた。

    会見冒頭で、中止は前提にせず、延期を含めた検討を今後行い、4週間でシナリオを精査することでIOCと合意したことを明かした。
    森会長は延期の判断になった場合でも容認する意向を示した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000075-dal-spo

    【【新型コロナで延期?】"東京五輪"森喜朗会長、「アスリートのことを考えていない」という選手からの批判にブチ切れ】の続きを読む

    1: 2020/03/21(土) 08:03:50.13 ID:HpDG2K+t9
    2020年03月20日20時44分


    no title


    聖火到着式で遅れて来た参列者を手招く組織委員会森喜朗会長(右)とJOC山下泰裕会長(撮影・滝沢徹郎)

    JOCの山下泰裕会長は20日、聖火到着式の行われた自衛隊松島基地で「今は安心安全な大会の開催に向けてみんなで力を尽くしている時」と、東京オリンピック(五輪)の通常開催を目指す姿勢を強調した。19日にはIOCとアジア各国五輪委員会(NOC)のテレビ会議に出席。「協力しながらやっていこうと確認した」と話した。

    JOC理事の中からも延期を求める声が出始めていることについても「さまざまな意見があることは理解しているし、そういった考えも当然だと思う」と話しながらも「みんなで力を尽くしていこうという時に、そういう発言は極めて残念」と困惑気味だった。
    https://www.nikkansports.com/m/olympic/tokyo2020/torch-relay/news/amp/202003200000898.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp&__twitter_impression=true
     
    【【オリンピック開催強行?】JOC・山下泰裕会長「みんなで力を尽くしていこうという時に、そういう発言(延期を求める声)は極めて残念」と困惑中】の続きを読む

    1: 2020/03/20(金) 23:59:36.63 ID:fIAG8cs79
    種火さんが消えた瞬間
    no title

    no title



    聖火リレーの「トーチ」強風でも大雨でも消えない炎
    https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20191225-OYT1T50234/
    > 秒速17メートル以上の風や1時間50ミリ以上の雨でも炎が消えないようになっている。



    https://www.jma.go.jp/jp/warn/f_0420200.html
    石巻市 [発表]暴風警報 18m/s 
    【【画像】来日した聖火さん、強風により予備含め種火ごと消えてしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ