アメリカ

    5005
    1: 2020/07/12(日) 22:36:22.09 ID:qpb88sBe9
    Texas hospital says man, 30, died after attending 'COVID party' The man, 30, told his nurse, 'I think I made a mistake'

    A Texas hospital says a patient who was a healthy young man died from coronavirus after attending a “COVID” party.

    The unidentified 30-year-old man died at Methodist Hospital in San Antonio, according to the hospital’s top doctor, Jane Appleby.

    “This is a party held by somebody diagnosed with the COVID virus, and the thought is people get together to see if the virus is real and if anyone gets infected,” Appleby said, NBC 4 San Antonio reported Friday.

    “Just before the person died they looked at the nurse and they said, ‘I think I made a mistake. I thought it was a hoax but it's not,” she said, according to the station.

    “This is just one example of an avoidable death in a young member of our community,” she said. “I can’t imagine the loss of the family."

    Appleby said the hospital is treating other COVID-19 patients in their 20s and 30s who are “severely ill,” the station reported.

    Earlier this month, reports out of Tuscaloosa in Alabama quoted government officials as saying college students there were holding COVID parties with cash prizes being offered. Attendees put money in a pot that was awarded to the person who became infected first.

    July 11, 2020 FOX
    https://www.foxnews.com/us/texas-hospital-died-covid-party.amp

    【【新型コロナ】「デマと思ってたのが間違いだった…」テキサスでコロナを移し合うパーティに出席した30才男性死亡】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60
    1: 2020/07/09(木) 21:08:43.99 ID:dQhXIyjl9
     各地で人種差別への激しい抗議デモが続く米国で8日、少年用更生保護施設で入所者の黒人少年が職員に窒息させられて意識を失う場面を捉えた動画が、遺族の代理人弁護士によって公開された。動画は拡散され、怒りを呼んだ。

     事件が起きたのは、ミシガン州カラマズー(Kalamazoo)にある更生保護施設「レークサイド・アカデミー(Lakeside Academy)」。
    コーネリアス・フレデリクス(Cornelius Fredericks)さん(16)は4月29日、カフェテリアで別の少年にサンドイッチを投げ付けたことで職員らに組み伏せられ、体重をかけられ、押さえつけられた。

     監視カメラの映像によると、フレデリクスさんは10分後、意識を失ったようだった。職員らは心肺蘇生法を試みた後、医療の助けを求めた。フレデリクスさんは2日後の5月1日に死亡した。

     遺族の代理人弁護士ジェフリー・ファイガー(Geoffrey Fieger)氏は7日、動画を公開し、フレデリクスさんが窒息する場面を捉えた「恐ろしい映像」は、
    「懲罰という形で(入所者を)窒息させることが慣行となっていた」レークサイド・アカデミーの「恐怖と虐待の文化」を明らかにしたと述べた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6ab1c23e5ded2a00543c9914fec36af7c3f80df

    【【事件】サンドイッチ投げつけた黒人少年が職員に押さえつけられ死亡】の続きを読む

    1: 2020/06/16(火) 23:19:02.45 ID:ZPSdIcWS9
    黒人男性が5月25日、偽ドル札使用容疑で警察官に拘束され、膝で首を押さえつけられて窒息死させられた。この事件をきっかけに、警察官の暴力と人種差別に抗議するデモが全米に広がり、暴動や放火、商店から大量の品が略奪されるなどした結果、40以上の都市で夜間外出禁止令が出されることになった。

    米国での暴動の様子は日本でも報じられているが、殺害されたジョージ・フロイドさんがどんな人物だったかについてはあまり知られていない。実はフロイドさんはキリスト教と深いつながりがあったのだ。

    フロイドさんは過去に5回も刑務所に入れられた過去があると「デイリー・メール」紙は報じている。

    初めて収監されたのは、1998年に窃盗罪で捕まった時のこと。2002年には不法侵入罪で30日間を刑務所で過ごし、同年と05年にはコカイン不法所持でも捕まっている。そして、07年には拳銃を手にして強盗に押し入り、09~14年までの5年間、服役した。

    身長193センチのフロイドさんは、過去の犯罪歴だけを見たら、荒くれ者の薬物中毒者に見えるが、彼を知る者は「心優しき巨人」と呼ぶ。

    「ジョージ・フロイドは、この地域に福音を伝えるために主が遣わした平和の使者でした」と語るのは、フロイドさんが育ったヒューストン第3区にあるヒューストン復活教会のパトリック・ゴウォロ牧師だ。

    米国第4の都市であるテキサス州ヒューストンは、石油産業と米国航空宇宙局(NASA)で知られる航空宇宙産業の中心地である近代都市だが、低所得者層のアフリカ系米国人が多く住む第3区は、さまざまな犯罪が蔓延(まんえん)しているため、「よそ者」が近づかない場所だった。

    ゴウォロ牧師は、そんな第3区に教会を開拓するよう示されたのだが、そこで受け入れられるためには、地域に根ざした協力者の存在が必要不可欠だった。「よそ者」が足を踏み入れても、地域住民の心を開かせるのは難しく、敵対心を抱かれてしまうからだ。

    そこで、「助け手が与えられますように」と祈っていた時に出会ったのがフロイドさんだ。ヒューストン第3区で生まれ育ち、そこで暮らし、地域の人々に大きな影響力を与える人物だった。

    「第3区には、父親を失った非行少年がたくさんいるが、ジョージは、そんな若者たちの父親代わりとなり、『自分がたどった道を歩むな。銃と暴力は何の解決にもならない』と、若者が誤った道に進まないよう見守っていたんだ」

    「クリスチャニティー・トゥディ」によると、フロイドさんはゴウォロ牧師にこう告げたという。「あなたの働きは素晴らしい。この地域の人々が必要としている働きだ。あなたが神様のために働いているのであれば、それは私の働きでもある。手助けできることはどんなことでもするので、遠慮なく何でも言ってくれ」

    フロイドさんは教会のミニストリーの中心的人物として働き、地域住民と教会の橋渡し的役割を担ったという。

    続きはsourceで
    https://www.christianpress.jp/https-en-wikipedia-org-wiki-george_floyd/ 
    【【5回の服役経験…?】殺された黒人男性を知る者「ジョージ・フロイドは心優しき巨人。主が遣わした平和の使者だった」】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60

    1: 2020/06/14(日) 07:40:39.01 ID:JO08YzOI9
     【ニューヨーク共同】米南部ジョージア州アトランタで12日夜、ハンバーガー店のドライブスルーエリアで、飲酒運転を摘発しようとした警官が、黒人男性レイシャード・ブルックスさん(27)を射殺する事件があり、アトランタで13日、警察の対応は行き過ぎた暴力行為だとして抗議するデモが行われた。

     米メディアによると、地元警察トップは13日、事件を受けて辞任を表明した。中西部ミネソタ州での白人警官による黒人男性暴行死事件への抗議活動が各地に広がる中、デモ拡大に拍車が掛かる可能性がある。

     州当局は周囲の監視カメラを確認するなどして、警察対応が適切だったかどうか調べている。


    共同通信 2020/6/14 07:36 (JST)
    https://this.kiji.is/644664951478617185

    【【本文に動画リンクあり】アトランタで警官が黒人男性を射殺】の続きを読む

    1: 2020/06/08(月) 00:10:00.91 ID:ReBb5ijJ9
    ウルヴァリンの「刀」を装着した白人、Black Lives Matter参加の若者たちを襲撃

    Black Lives Matter(ブラック・ライヴズ・マター)に参加していた若者たちが、手にナイフをつけた白人に襲撃される事件が発生した。(フロントロウ編集部)

    ※中略

    車から降りた白人の手にはナイフが
     事件に遭遇した人物が撮っていた映像では、車道を走っていた男が、車の窓から身を乗り出し、「殺すぞ!」と叫んでいるのが確認できる。その後歩道からと車からで、言い争いになったところ、男は車を急にUターンさせ、少年少女がいた歩道の横に乗りつけ、車から降りて彼らを襲撃。

     しかもその手には、巨大なナイフのような、刀のようなものが複数本取りつけられた武器が。

    SEE IT: Man gets out of his car with a knife contraption and tries to attack #BLM protestors in Whitestone, Queens. Police say “no arrests at this time and the investigation is ongoing.” pic.twitter.com/r1bWnSJlgV

    ? Myles N. Miller (@MylesMill) June 3, 2020
     襲撃は数秒で終わったものの、現場にいた人の証言によると、その後男は車で歩道に突っ込んだという。幸いなことにケガ人は出なかったけれど、男の身元は判明しておらず、警察が調査中。

     この事件の一部始終を映した映像はSNS上で拡散され、男が身につけていた武器が、『X-MEN』シリーズのウルヴァリンに似ていることから、ツイッター上でウルヴァリンという言葉が一時トレンド入りする事態となった。

    別の現場では“ジョーカー”が逮捕された
     シカゴでは、抗議デモの現場でジョーカーのマスクを被ってパトカーに火をつけた男が、その後身元を特定され、逮捕された。

    ※以下略。全文はソースから
    ※ソースに動画あります

    no title


    https://front-row.jp/_ct/17367850
    2020-06-06 FRONTROW
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【ソースに動画】ウルヴァリンの「刀」を装着した白人、Black Lives Matter参加の若者たちを襲撃】の続きを読む

    このページのトップヘ