きもとさん

    1: 2019/08/28(水) 19:31:45.23 ID:7ymxuKcb9
    no title


    「上祐自身がFBを調べたんですが、友達が2000人ほどいるので確認できませんでした。ただ、彼女の名前が載っているのであれば、『友達』として繋がっているのでしょう」

    「ひかりの輪」広報が言う “彼女” とは、「あおり運転男」宮崎文夫容疑者(43)とともに逮捕された、喜本奈津子容疑者(51)。宮崎容疑者を自宅マンションにかくまったとして、犯人蔵匿・隠避の疑いでの逮捕だ。

     彼女が、上祐史浩氏と “ネット友達” だったとは――。彼女もひかりの輪の会員なのか?

    「我々の行事に参加したこともないし、会員ではありません。上祐自身も、『会ったことはない』と言っております」

     つまり、彼女が上祐氏に興味を抱き、FB上で友達申請を送ったところ、上祐氏は面識がないにもかかわらず承認していたということのようだ。

     ただ彼女は、以前にもスピリチュアルな世界にハマった過去があった。10年ほど前、ある占い師に心酔し、連日のように通っていたという。占い師の娘が、当時を述懐する。

    「礼儀正しい、どちらかというとおとなしい方でした。ただ、思い込みが激しく、『内弟子にしてほしい』と2日に1回のペースで訪ねてくるようになり、母も『相談がないなら来ないように』と注意していました」

     逮捕後、知人らは『彼女の言動に、エキセントリックなところがあった』と証言するが、占い師の娘は、兆候は当時から見受けられたと続ける。

    「友人を紹介してくれるのはありがたいのですが、その友人が母の鑑定に対して、少しでも疑問を口にすると、『偉い先生の言うことが聞けないなら友達をやめる』などと激高することがあって困りました。鑑定を受け入れるか受け入れないかは、本人の意思だといくら言っても、聞き入れてくれませんでした」

     宮崎・喜本両容疑者は移送の際、「一緒の車に乗りたい」と訴えたという。“魔性の熟女” は、男の人生をも狂わせた。

    8/28(水) 6:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190828-00010001-flash-peo

    【【あおり運転殴打】喜本奈津子容疑者「内弟子にしてほしい」”ひかりの輪”の上祐氏とネッ友だった】の続きを読む

    1: 2019/08/22(木) 05:54:16.45 ID:gcr2ldBk9
    茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された大阪市の会社役員宮崎文夫容疑者(43)が「力を込めて殴った。やり過ぎたと反省している」と供述していることが21日、捜査関係者への取材でわかった。

    宮崎容疑者は常磐道の傷害事件の前に、数キロにわたり急な車線変更や減速を繰り返した疑いがあり、県警はあおり行為についても、暴行容疑での立件を視野に調べている。

    捜査関係者によると、犯人隠避容疑などで逮捕された交際相手の喜本奈津子容疑者(51)は「ネットのニュースを見て指名手配を知った。外に出ると捕まるので、コンビニで食べ物を買ってきた」と供述。県警は同日、傷害容疑で喜本容疑者が借りていた東京都品川区のアパートを家宅捜索した。

    宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、被害者男性(24)の車を停止させ「殺すぞ」などと怒鳴りながら顔面を複数回殴打したとして傷害の疑いで、喜本容疑者は指名手配後も宮崎容疑者を自宅にかくまったとして犯人隠避容疑で、いずれも18日に逮捕されていた。(共同)

    [2019年8月21日19時45分] 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/news/201908210000723.html
    no title

    【【あおり運転】宮崎文夫容疑者「力を込めて殴った。やり過ぎたと反省している」と供述】の続きを読む

    1: 2019/08/21(水) 03:12:28.26 ID:tvKlale49
    茨城県内で起きた煽り運転による事件で、宮崎文夫容疑者(43)と同乗者の喜本奈津子容疑者(51)に厳罰を求める声が、ネット上で相次いで寄せられている。
    宮崎容疑者は、他県でも煽り運転を繰り返したとされるが、余罪も含めてどの程度の罪に問われるのだろうか。

    ▼「危険な運転をしたつもりはない」と供述

    「車をぶつけられ、頭にきて殴った」。報道によると、傷害の疑いで逮捕された宮崎容疑者は、常磐自動車道で停車させた車の男性ドライバーの顔を殴ってケガをさせた動機について、こう供述したという。
    しかし、宮崎容疑者とのもみ合いでドライバーの足がブレーキから離れたとも報じられており、元々の原因は宮崎容疑者にあるとみられている。
    煽り運転については、ドライバーの車が遅く、妨害されたと感じたとし、暴行容疑での立件もありうるとされているが、「危険な運転をしたつもりはない」と供述したという。

    一方、交際相手の喜本容疑者は、宮崎容疑者をかくまった犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕され、殴る様子を携帯電話で撮影するなどしていたことから、傷害ほう助容疑での立件もあると報じられている。
    ニュースのコメント欄などでは、「悪事を働いたものには厳罰を」と宮崎、喜本両容疑者への非難が相次いでおり、中には、「殺人未遂が適用されてもいい」との意見もあった。

    両容疑者は、いくつかの罪に問われる可能性があるが、量刑の見通しはどうなのだろうか。
    元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は8月20日、J-CASTニュースの取材に次のような見方を示した。

    ▼3つの罪で懲役2年前後...でも執行猶予?

    「被害者の方が1~2週間ぐらいのケガの場合、執行猶予中でなければ、普通は罰金で終わります。
    しかし、世間で騒ぎになり、警察や検察も懲役刑を視野に捜査しているでしょう。
    『殺すぞ』と言っていたので、ほかに脅迫罪が考えられ、期限を越えて代車を乗り回していた横領罪もありうると思います。
    この3つの罪で、懲役2年前後になる可能性があります」

    NHKなどの報道によると、宮崎容疑者は2018年3月、タクシー運転手に対する監禁容疑で逮捕されたが、起訴猶予になっている。
    また、その内容ははっきりしないが、10年前に別の監禁事件を起こしたという週刊誌報道もある。

    こうした点について、若狭弁護士は、「起訴猶予は、前科ではなく前歴なので、裁判官の心証に若干関わる程度。
    懲役・罰金刑の前科が多いと量刑に響きますが、普通は執行猶予が付くでしょう」と言う。

    つまり、宮崎容疑者は、実刑にならない可能性があるということだ。
    煽り行為による暴行罪は、極端な幅寄せなどの要件が必要でハードルが高く、殺人未遂はもちろん、危険運転致傷罪の可能性も低いという。

    現状では、罰金の可能性も高いとし、実刑になるかどうかは余罪次第だとみている。
    喜本容疑者については、逮捕容疑の犯人蔵匿・隠避は、懲役3年以下と重い罪になるが、宮崎容疑者より重い刑罰になることはないのではないかとした。

    no title

    https://news.livedoor.com/article/detail/16955467/

    【【あおり殴打】”量刑や如何に!?”宮崎文夫容疑者、まさかの「実刑なし」も 罰金・執行猶予で自由の身? 】の続きを読む

    1: 2019/08/20(火) 23:02:14.68 ID:OiMtfrmC9
    宮崎文夫容疑者(中央)
    no title


    茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された大阪市の会社役員宮崎文夫容疑者(43)が、犯人隠避容疑などで逮捕された大阪市の会社員喜本奈津子容疑者(51)と交際するようになった今年初めから「奇行」や「変装」が目立つようになったことが20日、分かった。宮崎容疑者が所有する大阪市東住吉区の会社兼自宅マンションの住民や近隣住民が証言した。茨城県警は同日、両容疑者を送検した。

       ◇   ◇   ◇

    同じマンションの、別々の部屋で暮らしていた宮崎容疑者と喜本容疑者。2人は周辺で迷惑行為を繰り返していただけではなく、たびたび「奇行」も目撃されていた。

    マンションに住む住民は、宮崎容疑者について「今年に入り、あの女の人(喜本容疑者)を見かけるようになってから雰囲気が変わった。髪の毛を染め、サングラスをかけ、香水をつけるようになった。エレベーターに乗ったら、きつい香水のにおいが残っていて、(宮崎容疑者が)帰ってきたんだなと分かるほどだった」と話した。

    住民らによると、宮崎容疑者は昨年の冬に母を亡くしたという。「それまでは普通にあいさつをしていた。母を亡くし、落ち込んでいる様子はなかったが、次第に雰囲気が変わっていった」。さらに今年に入って喜本容疑者と交際するようになり、「奇行」が目立つようになった。夜中に奇声を上げたり、住民との接触を避けるようになったという。

    近所に住む男性(43)は「早朝や深夜に大きなキャリーバッグを押して、外出する姿を見かけた。夜なのにサングラスをかけて…」と振り返った。マンションの一室で暮らすようになった喜本容疑者について、住民は「真夜中にマンション玄関の植木をハサミで刈っていた。普通の時間ではないので怖かった」と話した。別の住民は「住民の玄関扉の前を水浸しにしたこともあった」と明かした。【松浦隆司】

    8/20(火) 20:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08200791-nksports-soci

    【【あおり運転殴打】宮崎文夫容疑者の奇行や変装、”喜本奈津子容疑者を見掛けるようになってから変化した”との声】の続きを読む

    1: 2019/08/20(火) 19:56:18.19 ID:mrKwlXGn9
    近隣の住人「2人はずっと一緒」

    宮崎容疑者と喜本容疑者が住んでいる大阪市内のマンションの近くに住む80代の女性は「2人は数か月前からずっと一緒にいました。2人とも帽子をかぶってマスクとサングラスを身につけていたので、表情はうかがえませんでした。先月末にマンションのガレージから白い乗用車を出す際に女の人が手で合図をしているのを見かけました」と話していました。

    2019年8月20日 14時50分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190820/k10012041461000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

    【【あおり運転】宮崎文夫、喜本奈津子容疑者…近隣の住人「2人はずっと一緒」 】の続きを読む

    このページのトップヘ