お金

    1: 2020/03/18(水) 08:42:08.66 ID:kWfPs1x39
    政府・与党は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて4月にも策定する緊急経済対策として、国民1人ずつに現金を配る「現金給付」を盛り込む調整に入った。リーマン・ショックを受けた景気刺激策として、2009年に1人当たり1万2000円の「定額給付金」を配布したケースがあるが、今回は低迷する消費の底上げに向け、それを上回る金額の給付を検討する。

     安倍晋三首相は17日、首相官邸で自民党の岸田文雄政調会長と会談し、経済対策について協議した。岸田氏は会談後、記者団に「首相の意向をうかがい、大筋の方向性では一致した」と説明。首相は16日に経済対策の取りまとめを岸田氏に指示しており、党主導で現金給付を実現したい考えだ。

     麻生内閣時の09年に配布した定額給付金は、1人当たり1万2000円(18歳以下と65歳以上は2万円)で、総額約2兆円規模となった。ただその際には…

    no title

    (最終更新 3月18日 03時02分)
    https://mainichi.jp/articles/20200317/k00/00m/010/334000c 
    【【新型コロナ対策】全国民に現金給付へ 「リーマン対策」の1万2000円超す額で検討】の続きを読む

    5005

    1: 2020/03/07(土) 04:22:32.73 ID:9N7voZus9
    https://this.kiji.is/608690199487480929


    休業時に10万円を特例融資
    政府、非正規やフリーに
    2020/3/7 00:56 (JST)3/7 01:09 (JST)updated
    ©一般社団法人共同通信社



     新型コロナウイルス感染症拡大で、政府が低所得者の生活を支援する「生活福祉資金貸付制度」に特例を設け、収入が減った非正規労働者やフリーランスの世帯を対象に休業した場合に10万円を融資する方向で調整していることが6日、分かった。返済期間も延長する。10日に決定する経済対策に盛り込む方針。

     社会保険に加入していない非正規労働者やフリーランスで働く人が感染症の影響で休業せざるを得なくなったり、職を失ったりするケースが出ていることから、特例的に支援する。 
    【【新型コロナの影響】日本政府、非正規やフリーランス世帯へ休業時に10万円を特例融資 】の続きを読む

    1: 2020/03/06(金) 06:50:12.55 ID:jhurmy5n9
    サッカー元ブラジル代表で、スペインのFCバルセロナなどでも活躍したロナウジーニョ元選手が4日、訪問先の南米のパラグアイで偽造パスポートを所持していた疑いで逮捕されました。

    パラグアイの警察によりますと、ロナウジーニョ元選手はチャリティー活動のため、兄とともにパラグアイを訪れていましたが、4日、警察が宿泊先のホテルを調べたところ、本人と兄の偽造パスポートが発見されました。

    ロナウジーニョ元選手は2015年に、自身が運営する団体の建物を自然保護区内に違法に建設し、2億円余りの罰金の支払いを命じられましたが支払いに応じず、ブラジル政府から国外逃亡を防ぐためパスポートを没収されていました。

    ロナウジーニョ元選手はサッカー元ブラジル代表で、2002年のFIFAワールドカップではブラジルの優勝に貢献したほか、2004年と2005年には2年連続でFIFA最優秀選手賞を受賞しました。

    スペインのFCバルセロナなどで中心選手として活躍し、華麗なドリブルやパスなどその独創的なプレーは日本でも人気を集め、日本のCMにも出演していました。

    しかし、引退後は奔放な私生活で現役時代に稼いだお金をほとんど使い切ったとも言われていて、地元メディアによりますと、2015年に逮捕され罰金刑を言い渡された際には、預金額が日本円で600円余りしかなく、国外にも出られない状態だったということです。

    2020年3月6日 6時01分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200306/k10012316541000.html
    no title

    【【転落人生】サッカー元ブラジル代表、ロナウジーニョを逮捕 偽造パスポート所持の疑い 引退後は稼いだお金を使い切り預金額は一時600円に...】の続きを読む

    1: 2020/02/29(土) 01:02:02.97 ID:zayQ07+S9
    2月28日、4人組ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎(34)が、Twitterで新型コロナウイルスによるツアー中止の可能性について言及。ファンからは応援の声が殺到している。

    野田は《自然災害等と違ってウィルスは興業の保険適用外となる。ドーム4カ所を含む今回のツアー、全部中止にした場合ウチのような個人事務所が生き残る可能性はどのくらいあるんだろうかと考える》とツイート。

    《安全、安心、リスク。あれこれ頭に巡らせながら毎日リハをしています》と、現時点ではツアー開催を諦めていないことを示唆した。
    さらに《もし自己破産したらさぁ次は俺何して生きていこうかとほんの少し本気で考えてみたりもする》とまで言及している。

    RADWIMPSの所属事務所「有限会社ボクチン」は、RADWIMPSだけを扱う個人事務所だ。ツアーは3月20日から5月24日まで、4大ドーム含む7か所で予定されている。全て中止になった場合、損害は莫大な額に上ると考えられる。

    野田のツイートに、ファンからは《もしもどうしても中止しなくちゃいけないならチケット代の返金はいらないです。だからRADWIMPSを続けてください》《ライブが中止になっても本気でチケット代いらない
    RADWIMPS応援金として活用してほしい》《自己破産するくらいなら払い戻しとかしなくていいです チケット代戻ってこないよりRADWIMPSが戻ってこない方が路頭に迷う》など、「チケット代は返金しなくていいい」の声が相次いだ。

    また《クラウドファンディング検討してみてください。絶対助けたいと思ってる人いっぱいいるので!!》《スタジオからチケット保持者限定のライブ配信など、出来ないでしょうか? 
    そして、返金したい人のチケットをリセールするとか》と、救済策を提案するファンも。

    新型コロナウイルスの影響で、既に2社が倒産している。個人事務所所属のアーティストたちは、この波を乗り越えられるだろうか。

    WEB女性自身 / 2020年2月29日 0時9分
    https://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_1836658/

    写真
    no title

    【【コロナでドーム公演中止か?】RADWIMPS・野田洋次郎「もし自己破産したら俺何して生きていこうか」⇒ファン「返金いらない」】の続きを読む

    IMG_0845
    1: 2020/02/17(月) 19:49:41.37 ID:zVnFHaej9
    出場者に参加料や寄付金の返金なし 東京マラソン
    [2020年2月17日19時2分]
    東京マラソンを主催する財団は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月1日のレースは一般ランナー抜きで実施すると発表した。

    東京マラソンの定員はフルマラソンの部と10キロの部を合わせて約3万8000人だが、大幅に規模が縮小される。

    措置内容として「翌年の大会に出場可能」とする。しかし、エントリーする場合は「別途参加料の入金が必要」という。また今大会の「参加料及びチャリティー寄付金は返金いたしません」としている。

    同財団は1月末に新型コロナウイルスに関する対策チームを立ち上げ、対応策を練ってきた。希望者へのマスクの配布、ゴールウエットティッシュの配布、コース途中に出す補食の見直しなどを決めていた。14日には中国在住のランナーに参加の自粛を呼び掛け、出場資格を持ちながら出なかった中国在住ランナーに対しては、来年の大会の出場権を与え、参加料を免除するとしていた。ただ国内でも新型コロナウイルスの感染者は増加の一途。都心に大勢の人が集まるのは、感染の拡大を招くリスクがあるとして、一般ランナーのレースは苦渋の決断に至った。

    都庁をスタートし、東京ドーム、日本橋、浅草、銀座、東京タワーなど観光名所を巡るコースは人気が高い。人気の芸能人やアナウンサーが走るのも定番だった。今年の一般申込者数は29万3275人。一般募集の定員は2万6370人で、抽選倍率は11・1倍だった。東京マラソンはエリート選手の争いだけでなく、国内最大の都市型市民マラソンでもある東京の今回の判断を受け、開催を見送る判断を下す他の市民マラソン大会が増える可能性もある。

    残り1枠の東京五輪男子マラソンの日本代表選考を兼ねたエリートランナー部門は予定通りに開催され、大迫傑(28=ナイキ)、設楽悠太(28=ホンダ)、井上大仁(27=MHPS)らが出場を予定する。エリートランナーの部門では男女合わせて国内外の約176人の出場が発表されている。

    https://www.nikkansports.com/m/sports/athletics/news/202002170000767_m.html?mode=all

    【【参加費1万6200円】”東京マラソン”運営「一般参加者は中止になりましたが、参加料も寄付金も、一切返金いたしません。」】の続きを読む

    このページのトップヘ