お笑い

    1: 2019/08/09(金) 20:50:22.10 ID:vMHsvKxL9
    吉本興業は9日、反社会的勢カの宴会に出席して金銭を受け取るなどした、いわゆる「闇営業」問題で、謹慎処分などになっている所属芸人11人について、8月19日をもって謹慎処分を解き、復帰することを正式に発表した。

    復帰することが発表されたのは、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、

    ストロベビー・ディエゴ(41)、パンチ浜崎(38)、スリムクラブ・(真栄田賢/43・内間政成/43)、2700(八十島宏行/35、常道裕史/36)。

    書面では「弊社所属のレイザーラモン・HG、ガリットチュウ・福島善成、くまだまさし、ザ・パンチ・パンチ浜崎、天津・木村卓寛、ムーディ勝山、スリムクラブ、ストロベビー・ディエゴ、2700の11名は
    6月24日付で謹慎処分としておりましたが、8月19日をもって謹慎処分を解き、順次、弊社運営の劇場にて仕事へ復帰することと致しました」と報告。

    「11名は謹慎処分以降、それぞれが今回の件を重大な問題として捉え猛省し、7月末からは、自らの意思により社会貢献活動を行ってまいりました」とし
    「11名は活動再開後も被害防止の為の啓蒙活動等の社会貢献活動を行っていく所存です」と伝えた。

    最後は「弊社としましては、こうした状況を勘案し、活動再開時期に関して関係各所と相談の上で上記判断を致しました」といい
    「関係各位、ファンのみなさまには多大なるご迷惑をおかけしましたことを改めてお詫びすると共に、二度とこのような事態が起こらないよう全社一丸となってコンプライアンス遵守の一層の強化、徹底を図ってまいります」と誓った。

    吉本は6月24日、反社会的勢力の宴会に出席したと『FRIDAY』で報じられた所属芸人の謹慎処分を発表。6月27日には、スリムクラプ・2700の反社会的勢カとの接触が判明。同日中に無期限謹憶処分としていた。
    吉本はきのう8日、一連の騒動を受けて設置した『経営アドバイザリー委員会』の第1回会合を行い、マネジメントやスケジュール管理、ギャラ交渉などをタレントが自ら行う「専属エージェント契約」を導入することを発表した。

    8/9(金) 20:31配信 オリコンスタイル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000378-oric-ent

    写真
    no title

    【【茶番でした】吉本興業、謹慎芸人11人の処分19日に解除 順次劇場にて仕事復帰 活動再開後も「社会貢献活動を」 】の続きを読む

    IMG_1466

    1: 2019/08/06(火) 21:26:32.99 ID:NS/d8mx/9
    8月1日、ネプチューン・名倉潤が、うつ病治療のため2カ月間休養することを公表した。これを受け、8月4日のバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、出演者の指原莉乃がコメントしたという。

    「名倉の事務所によれば、昨年、頚椎椎間板ヘルニアの手術を行い、経過は良好だったものの、手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症。
    今回、2カ月の休養を決めたそうです。この話題に、指原は『本当に精神的なものって(2カ月で)治せるのかなって』
    『一般的な方がもしも精神的な病で倒れたときに“2カ月で大丈夫だよね”って間違った情報が広まりそうで、そこは気になりました』と、
    休養期間を決めたことに対して懸念の気持ちを明かしました」(テレビ誌記者)

    この意見に対し、視聴者やうつ病経験者からは「確かに期間を決めずにゆっくり休んでほしい」「言ってくれてありがとう」と、反響の声が多く飛び交った。

    そんな中、8月5日に放送されたバラエティ番組「ネプリーグ」(フジテレビ系)では、休養前の名倉の様子に心配の声が相次いだという。

    「出演者がペンを持ち、漢字を書いていくコーナーでのこと。チームで最後の出番だった名倉は、解答席に移動するも無言。
    そして、漢字を解くことができず不正解になると、その際も表情をほとんど変えず、ノーリアクションだったのです。この姿には視聴者から、
    『名倉さん、問題間違えても全然喋らないね』『表情が冴えない。つらそう』『ゆっくり休んでほしい』と、心配の声が相次ぎました」(テレビ誌記者)

    その後の番組では、トークや笑顔を時折見せたものの、うつ病報道の直後だっただけに、名倉の体調を気遣う視聴者が多かったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1953518/
    2019.08.06 18:00 Asagei Biz

    【【鬱】うつ病公表の名倉潤、「ネプリーグ」で見せた様子に視聴者から心配の声】の続きを読む

    1: 2019/07/11(木) 21:45:58.02 ID:OYp9N/gT9
    日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜・後7時56分)で4度目の“クビ”になっているナインティナイン・矢部浩之(47)が11日、復帰をかけた大一番に臨んだが、条件を満たすことが出来ず、待望の復帰はお預けとなった。

    今回のテーマは「檄辛四川料理ゴチ」で設定金額は2万2000円。復帰できる条件は「1位以上の成績」で、別室でゴチに参戦した。

    結果が発表され、1位は2万2100円で「Sexy Zone」の中島健人(25)。矢部が復帰するには「2万1900円~2万2100円まで」と厳しい条件がつきつけられ、相方の岡村隆史(49)は「無理ちゃうの。帰してあげたほうが…。(ピタリの可能性も)あるけど、そんなわけないやん」と苦笑した。

    そして、矢部が別室から姿を現すと「もう嫌やのよ、食材ロケは」と本音をポロリ。「1位の人、えらい抜け方したなっていう」と顔をしかめた。

    運命の瞬間…。羽鳥慎一アナ(48)から「2万100円」と発表され、残念ながらゴチ復帰はかなわず。「恥ずかしい。映さないで」と顔を手で覆い、心境を問われると「恥じる。こんな大チャンスを…」と嘆いた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16760276/
    2019年7月11日 21時15分 スポーツ報知

    【【ぐるナイ】ナインティナイン矢部浩之「恥じる。こんな大チャンスを…」”ゴチ”復帰ならず】の続きを読む

    1: 2019/07/07(日) 11:01:39.15 ID:EYceSJ4Z9
    7/7(日) 10:50配信
    爆問・太田「吉本芸人なんて全員ヤクザですから」に相方・田中「謝罪して訂正します」

     「爆笑問題」の太田光(54)がMCを勤めるTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)が7日、反社会的勢力の会合に出演したとして、吉本興業の芸人が謹慎処分を受けた闇営業問題について私見を語った。

     現在、吉本興業に所属する芸人について「吉本も芸人がみんなシリアスな感じになっちゃってるからね。笑い飛ばせばいいと思うけどね」と話すと、相方の田中裕二(54)が「笑い飛ばすと多分、また叩かれるみたいな事なんでしょうけどね」となだめた。

     しかし、太田がすぐに「だって吉本芸人なんて全員ヤクザですから」と発言すると、再び田中が「それは違うでしょ」と間に入り、「謝罪して訂正します。早くやります」とすみやかに番組を進行していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000099-sph-ent

    【【サンジャポ】爆笑問題・太田光「吉本芸人なんて全員ヤクザですから」】の続きを読む

    1: 2019/06/26(水) 16:10:28.52 ID:btFJGYkw9
    詐欺グループが主催するパーティーでの「闇営業」問題により謹慎処分となった、雨上がり決死隊・宮迫博之(49才)。そんな彼の長男が、お笑い芸人として歩み始めていることがわかった――。

    「今日はこの車で行こうか」「すっごーい、ベビーカー!」「そんなわけねぇダロ! オマエ!」。

     軽快なツッコミに客席は揺れる。6月中旬の週末、東京郊外にある小さなカフェバーの舞台で、若手お笑いコンビがライブを行っていた。30~50人ほどの客席はしっかり埋まっている。

    「彼らは大学のお笑いサークルに所属していて、高校時代からマニアの間で名の知れたコンビです。勢いがありますし、今はいろいろな舞台で修業中ですが、メジャーデビューも近いと思います。ただ、ツッコミの彼の父親が有名芸人ということもあって扱いが難しいところはある。本人は親の七光りは嫌だとひた隠しにしているんですが、風貌も似ているんですよ。公にしたらもっとウケると思うんですが(笑い)」(芸能事務所関係者)

     その日、小気味よくツッコミを入れていたのは、とあるお笑いコンビの陸くん(18才)だ。彼こそ宮迫の実の息子である。

     6月24日、吉本興業は宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47才)、レイザーラモンHG(43才)ら、「闇営業」にかかわった芸人11人を「当面の間、活動を停止し、謹慎処分とする」ことを発表した。

     彼らは2014年12月末、所属事務所を通さずに都内のホテルで開かれたパーティーに出席。それが、後に逮捕される詐欺グループ主催のものだったことが報じられ、大問題になった。

     なかでも宮迫が自身のヒット曲を熱唱して会場を盛り上げ、司会を務める『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に詐欺グループの主犯格とその妻を「招待します」とまで話していたことが動画と共に報じられると、世間の風当たりは一気に強まった。

     仲介役でパーティーの司会を務めたカラテカの入江慎也(42才)は契約解除になったが、宮迫らほかの参加者は「反社会的勢力とは知らなかった」「金銭は受け取っていない」などと釈明し、厳重注意にとどまっていた。しかしその後、吉本興業の聞き取り調査により、金銭の授受を本人たちが認めたことから処分が下された。

    「事務所は“当面の間”と表現していますが、事実上の無期限謹慎です。予定されていたイベントなどはすべてキャンセルになるし、レギュラー番組の降板も検討されるでしょう。特に冠番組を持つ宮迫さんはダメージが大きい。多額の損害賠償が発生するのは間違いありません」(芸能関係者)

     所属事務所、芸人本人にとっても大きな代償を払う結果となった。そして、こんな声も。

    「今回の件で宮迫さんが何よりも気にしているのは陸くんのことですよ…」(宮迫の知人)

     宮迫は1998年に結婚、2001年に、長男の陸くんが誕生した。2011年には映画『リアル・スティール』のテレビCMの吹き替えで父子共演を果たしている。

    「親子の絆をテーマにした映画で、陸くんと主人公の息子が同い年だったことから、宮迫さん親子にオファーがあった。その時彼は10才。宮迫さんは悩みながらも仕事を受けたそうですが、ちょうどその頃から『お父さんと同じ世界に入りたい』と芸能界に興味を持ち始めたそうです」(別の芸能関係者)

     中学2年生の時には友人とお笑いコンビを結成。めきめきと頭角を現し、高校生の時には知られた存在に。高校生の全国漫才大会にも出場し、トップクラスの人気を集めた。高校3年生の時には150人収容のホールを満席にした“実績”もある。

     今年4月、大学に進学するとお笑いサークルに所属。今では月に3~5本のペースでお笑いライブに出場し、腕を磨いているという。

    「3月のライブを見ましたが、このキャリアで王道の漫才と凝った設定のコントを披露していたのには驚かされました。将来、有望だと思います」(芸能事務所スタッフ)

    ※女性セブン2019年7月11日号
    6/26(水) 16:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00000015-pseven-ent

    【【2世爆誕!?】宮迫博之の息子が芸人になっていた!「将来有望」の評価(画像・動画リンクあり) 】の続きを読む

    このページのトップヘ