映画

    IMG_0176

    1: 2020/01/16(木) 08:07:43.56 ID:HS8WR1KR9
    俳優で歌手、木村拓哉(47)が映画「ドラえもん のび太の新恐竜」(今井一暁監督、3月6日公開)にゲスト声優として出演することが15日、分かった。

     木村は2004年に「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)のハウル役で鮮烈な声優デビュー。10年の「REDLINE」(小池健監督)に続き、10年ぶり3度目のアニメ映画出演となる。

     「ドラえもん」初参加で任されたのは、白亜紀に存在するはずのない怪しい猿の姿をした謎の男・ジル役。神秘に包まれた島に関する秘密を握っており、のび太たちの行動を監視。彼らの運命のカギも握る大切な役どころだ。

     今回、ドラえもん生誕50周年&映画40作目となるメモリアルな節目を飾るべく、出演が決まった木村は「最初はもし『映画ドラえもん』の出演依頼が来たら、木村拓哉はどんな反応をする? というドッキリ企画かと思ったほど、驚きました」と感激。ドラえもんのキャラクターに自分を置きかえるなら? との質問には「理想はジャイアン。でも、ジャイアンにはなりきれないので、のび太とスネ夫のミックスの『のび夫』って感じですかね」と笑わせた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000505-sanspo-movi

    【【キムタク】木村拓哉、ドラえもん映画の声優に抜擢】の続きを読む

    1: 2020/01/03(金) 08:21:40.36 ID:3RrYxCHX9
    【【完成度高】"動画あり"『超電磁マシーン ボルテスV』(1977)がフィリピンで実写化】の続きを読む

    1: 2019/12/27(金) 18:12:33.77 ID:uRZGeMCg9
    http://amass.jp/129704/
    2019/12/27

    米国のエンタテインメント系メディアPasteが「ゴジラ映画全32作品」をランク付け。

    32. Godzilla (1998, American remake) GODZILLA
    31. Godzilla’s Revenge (1969, alternatively All Monsters Attack) ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃
    30. Godzilla Raids Again (1955, alternatively Gigantis, the Fire Monster) ゴジラの逆襲
    29. Ebirah, Horror of the Deep (1966, alternatively Godzilla vs. the Sea Monster) ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
    28. Son of Godzilla (1967) 怪獣島の決戦 ゴジラの息子
    27. Godzilla vs. Gigan (1972) 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
    26. Godzilla vs. SpaceGodzilla (1994) ゴジラvsスペースゴジラ
    25. Godzilla vs. Megalon (1973) ゴジラ対ヘドラ
    24. Godzilla vs. Hedorah (1971, alternatively Godzilla vs. the Smog Monster)
    23. The Return of Godzilla (1985, alternatively Godzilla 1985) ゴジラ
    22. Godzilla vs. Megaguirus (2000) ゴジラ×メガギラス G消滅作戦
    21. Ghidorah, the Three-Headed Monster (1964) 三大怪獣 地球最大の決戦
    20. Godzilla vs. Mothra: The Battle for Earth (1992) ゴジラvsモスラ
    19. King Kong vs. Godzilla (1962) キングコング対ゴジラ
    18. Godzilla: King of the Monsters (2019) ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    17. Godzilla: Tokyo S.O.S. (2003) ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
    16. Godzilla (2014) GODZILLA ゴジラ
    15. Godzilla vs. Mechagodzilla 2 (1993) ゴジラvsメカゴジラ
    14. Godzilla Against Mechagodzilla (2002) ゴジラ×メカゴジラ
    13. Terror of Mechagodzilla (1975) メカゴジラの逆襲
    12. Godzilla 2000 (1999) ゴジラ2000 ミレニアム
    11. Godzilla: Final Wars (2004) ゴジラ FINAL WARS
    10. Shin Godzilla, aka Godzilla Resurgence (2016) シン・ゴジラ
    9. Gojira (1954, alternatively Godzilla, King of the Monsters) ゴジラ
    8. Godzilla vs. Monster Zero (1965, alternatively Invasion of Astro-Monster) 怪獣大戦争
    7. Destroy all Monsters (1968) 怪獣総進撃
    6. Mothra vs. Godzilla (1964, alternatively Godzilla vs. The Thing) モスラ対ゴジラ
    5. Godzilla vs. Biollante (1989) ゴジラVSビオランテ
    4. Godzilla vs. Mechagodzilla (1974) ゴジラ対メカゴジラ
    3. Godzilla vs. Destoroyah (1995) ゴジラvsデストロイア
    2. Godzilla, Mothra & King Ghidorah: Giant Monsters All-Out Attack (2001) ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
    1. Godzilla vs. King Ghidorah (1991) ゴジラvsキングギドラ
    no title


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.pastemagazine.com/articles/2019/12/every-godzilla-movie-ranked-monsters-kaiju.html

    【【あの作品は何位?】米Paste 「ゴジラ映画全32作品」をランク付け 1位はゴジラvsキングギドラ (1991)】の続きを読む

    1: 2019/12/20(金) 00:39:54.00 ID:5NTNV90K9
    https://www.oricon.co.jp/news/2151417/full/
    2019-12-20

     俳優の佐藤健が主演を務める大人気シリーズ映画『るろうに剣心』最終章のタイトルと公開日が決定した。タイトルは『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で、第1部の『The Final』が来年7月3日、第2部『The Beginning』が来年8月7日にそれぞれ公開される。

     2012年8月に公開された『るろうに剣心』、14年8月公開の『るろうに剣心 京都大火編』、同9月公開の『るろうに剣心 伝説の最期編』の3作の累計興収は125億円、観客動員数は980万人を突破した。日本だけでなく、北米、イギリス、香港、韓国、台湾など世界100ヶ国以上で配給もされた。

     『The Final』は、中国大陸の裏社会を牛耳る武器商人で、志々雄真実に武器や軍艦を送り込んで操っていた、剣心の義理の弟・縁(えにし)との戦いをアクションとドラマで描く。“日本転覆”を目論んでいた志々雄との死闘を終え、神谷道場で穏やかな生活を送っていた剣心たち。しかし、何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及んでいく――。

     その戦いは、剣心が自らの手で斬殺してしまった妻・雪代巴と過ごした幕末時代に大きく関わっており、消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。そして、これまで語られることのなかった十字傷に迫る第2部『The Beginning』へと続き、動乱の幕末と明治維新後の新時代が描かれる。

    no title

    no title

    【【縁は誰?】佐藤健主演「るろうに剣心 最終章」タイトル&公開日決定 2部作で雪代縁との戦いから十字傷の謎に迫る 】の続きを読む

    1: 2019/12/14(土) 15:32:09.67 ID:qdUXGiCg9
     特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」(2021年公開予定)に登場するウルトラマンのデザインが12月14日、公開された。同日、東京都内で開幕した円谷プロ史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2019」のオープニングセレモニーで発表された。「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラ セブン」などでウルトラマンをはじめとするキャラクターや怪獣、メカ、防衛隊のコスチュームや基地のセットまでをデザインした故・成田亨さんが1983年に描いた絵画「真実と正義と美の化身」がコンセプトになっているという。また、タイトルと「空想特撮映画」と書かれた新ロゴも公開された。

     企画・脚本を務める庵野秀明さんは「成田亨氏の描いた『真実と正義と美の化身』を見た瞬間に感じた『この美しさを何とか映像にできないか』という思いが、今作のデザインコンセプトの原点でした」とコメントを寄せている。カラータイマーや目の部分ののぞき穴などを排したデザインになっているという。

     「シン・ウルトラマン」は円谷プロダクション、東宝、カラーが製作。配給は東宝。企画・脚本を庵野さん、監督を樋口真嗣さんが務め、2016年公開の大ヒット怪獣映画「シン・ゴジラ」(庵野総監督・脚本、樋口監督・特技監督)を手がけた2人が再びタッグを組む。俳優の斎藤工さんが主人公の“ウルトラマンになる男”を演じ、女優の長澤まさみさんが主人公の相棒役として出演。西島秀俊さん、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さん、早見あかりさん、田中哲司さんらも出演する。

     この日のセレモニーには、斎藤さん、樋口監督が登場。斎藤さんは「まさか、本当にウルトラマンに変身する人生とは思ってなかった。“壁ドン”とかしてきた人間なので、まさかウルトラマンになるとは、夢のようでしたね」と心境を明かし、今回公開されたウルトラマンのデザインについては「足が長い。美しさがありますよね。ずっと見ていられるというか。すごく自然な生命体な気がします」とコメント。また樋口監督は「ひな型と呼ばれるものの1号、2号です。まず型を作って、模様や色をどういうふうにするかを検討するためのものです」と説明し、「最初に作った型を抜いた彫刻の複製が残っていまして。よく見ると左右非対称で、人間的なものを感じて。人の手が作った素晴らしいものなんだ、と。どんどん洗練されてくるけど、一番最初に作ったものにもう一回戻りたい、そういうところからすべて始まりました」と明かした。

    >>2以降に続きます

    2019年12月14日 アニメ 映画
    https://mantan-web.jp/article/20191214dog00m200002000c.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像大量】映画”シン・ウルトラマン” ウルトラマンのデザイン公開 成田亨さんの絵画がコンセプト カラータイマーなし 】の続きを読む

    このページのトップヘ