政治

    text_volunteer_bosyu
    1: 2019/11/13(水) 23:57:10.69 ID:HdjbXr1d9
    中学高校にボランティア参加人数を割りふり 東京五輪・パラ
    2019年11月13日 21時09分
    社会

    強制ではないということですが、果たしてボランティアといえるのでしょうか。

    来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都は、ボランティア体験を希望する中学生と高校生を募集していますが、実際は具体的な人数が学校ごとに割りふられ、学校によっては半ば強制的に参加を求められていることがわかりました。専門家は「ボランティアに大事なのは、自発性だ」と批判しています。


    東京オリンピック・パラリンピックの期間中は「大会ボランティア」や、「都市ボランティア」として、合わせて10万人を超えるボランティアが活動します。


    こうした中、東京都は町なかで観光案内などをするボランティア体験として、都内の中学2年生から高校3年生を、およそ6000人募集する計画を立てています。

    これについて都の教育委員会は、あくまで任意の参加と説明していますが、実際は中学校の場合、5人の生徒と引率する教員1人が割りふられていて、学校によっては半ば強制的に参加を求められていたことが関係者への取材でわかりました。

    11万人のボランティアが活動の見込み


    東京オリンピック・パラリンピックでは、合わせて11万人余りのボランティアが活動する見込みです。

    内訳は、競技会場や選手村などで案内や、セキュリティーチェックの手伝いなどをする大会ボランティアが8万人、会場周辺や駅、それに空港などで、観光案内などを行う都市ボランティアが3万人となっています。

    この2つのボランティアはいずれも18歳以上です。今回、都教育委員会が公立中学校と高校に募集を呼びかけている「中高生ボランティア体験」は合わせて6000人ほどを想定し都市ボランティアと、ほぼ同じ役割と位置づけられています。

    活動内容の詳細は未定ですが、学校に配布された資料には、大会期間中に、1日3時間から4時間ほど、羽田空港や銀座などの街なかで観光客に声かけや資料の配付などを行います。

    参加を希望する生徒は、学校を通じて申し込みを行い、交通費のほか、ポロシャツや帽子などが、支給される予定です。

    教員「割ふりは動員では」

    取材に応じた都内の教員が勤める学校は、先月、校長から「区内の校長が集まる場で都教委が指定した人数を必ず出すように通達された」と説明を受けたということです。

    その場で、教員からは「必ず出すというのでは、ボランティアの趣旨に反するのではないか」といった意見が出されたということですが、すでに校長会の決定事項だとして生徒5人をボランティアとして出すことを決めたということです。

    この教員は「興味がある生徒が参加するのはとても貴重な経験なので、活動自体は否定しません。ただし、それが強制的となると趣旨は変わると思います。このやり方だと無償で使える人間を効率的に集めるために学校が使われていると感じ、動員じゃないかという疑念が拭えません」と話していました。

    ツイッターには戸惑いや批判の声が


    SNSのツイッターには、東京オリンピック・パラリンピックの中高生向けのボランティア活動に、戸惑いや批判の声が投稿されています。

    「とりあえず書いて全員出して!って言われたんだけど都立高の闇でしょ」といった声や「記名は断れない雰囲気、我が子は嫌な感じがしたそうです」という声、さらに「『留意事項』に『親の同意を得た上で』とはっきり書いてある。学校はそれを知った上で、その場で書かせて出させていた」といった書き込みが寄せられています。

    専門家「そもそもの順番が違う」


    ボランティアの実態に詳しい東京大学大学院教育学研究科の仁平典宏准教授は「ボランティアで大切なのは自発性や主体性で、ボランティア教育の名の下、それらが保証されずに行うのは奉仕活動だ。各校5人とか、割り当てるというのが、そもそもの順番が違う。上から強制という形でやるとか、創意工夫がない形でやらされると、やらされた受動的な経験となってしまう。子どもたちの自主性をベースとして、側面支援するのが、本来の教育の在り方だ」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191113/amp/k10012176171000.html

    【【オリンピック】中学生・高校生、東京五輪ボランティア強制参加へ】の続きを読む

    1: 2019/11/05(火) 11:24:57.74 ID:+MJdIfCQ9
     元モーニング娘。の市井紗耶香が5日、フジテレビ系「ノンストップ!」のインタビューに応じ、今夏の参院選に出馬時に話題となったタトゥーについて、消さなかった理由を語った。

     番組では、今夏の参院選に出馬し、落選した市井にインタビュー。友人との食事会に偶然議員がいたことがきっかけで出馬の話が飛び込んできたといい「最初はお断りしたが、子育て当事者の声を国会に届けて行きたい」と4人の子を持つ母として、できることがあればという思いがあったと告白。

     「保育無償化でこれだけ楽になるよといってくれるのはわかるが、根本的にそこではないよねって。解決すべきは保育士さんの賃金挙げたり待遇良くしたりと保育士さんのケアが大事と思っている」と、しっかり自分の考えも述べた。

     だが現実は甘くなかった。客寄せパンダという声や、4人の育児と政治活動が両立できるのかといった声も市井自身の耳に入っており、特にSNSでは猛バッシングを浴びた。また、話題となったのが市井のタトゥー。左耳の後ろに彫られているが「なんで消してでないんだという声もいただいた」と振り返る。

     タトゥーは、亡くなった母への思いを込めたものだというが「別に消したところで何になるのかなと言うのが素直な感想」と市井は語る。

     「人それぞれいろんな生き方があっていいと思っていて、もちろんタトゥーに関して偏見だったり、いろんな気持ちをお考えの方もいらっしゃると思うが、気持ちを一つにするのはとても難しいことだと思う」と容認派がいれば否定派がいるのは仕方が無いことととらえており「タトゥーの意味だったり、なぜ入れたか、きっかけに関しても私はその時の心情の中で特に理由を言う必要はないのかなと思って、あとは消す必要もないのかなと思った」と振り返っていた。

     今後は子供食堂など、地域コミュニティーに参加し、母親の意見などを聞きブログなどで積極的に発信していきたいとした。

    2019年11月5日 10時32分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17334400/

    写真
    no title

    【【タトゥー消さずに参院選出馬】市井紗耶香「別に消したところで何になるのかなと言うのが素直な感想」】の続きを読む

    1: 2019/11/04(月) 00:39:48.57 ID:R7p+LM3C9
    26分あたり

    小池知事が定例会見(2019年11月1日)
    https://youtube.com/watch?v=LN-FgmFSfBs&t=1560


    【【動画あり】小池知事「マラソンを見るためにマンションを買った方もいる」東京五輪マラソン、東京開催への主張 】の続きを読む

    sports_marathon_man
    1: 2019/10/26(土) 21:23:26.13 ID:EFOJqq8+9
    都は来年の東京五輪のマラソンと競歩を札幌で開催するとした国際オリンピック委員会の案を巡り、
    都に寄せられた意見の9割近くが札幌案に反対するものだったと明かしました。 
    移転案が明らかになった翌日の10月17日から24日にかけて電話やメールで多くの意見が寄せられ、
    この中で札幌案の賛否に関するものは約400件ありました。 

    このうち88%が反対意見で「都の税金が無駄になる」といった主張があったということです。
    一方、リサーチ会社を通じて都民約2000人を対象として実施したアンケートでは、賛成と反対どちらも35%前後で拮抗していました。 

    ただ都に十分な説明がないまま会場変更が発表されたいきさつは、回答者の80%近くが「妥当ではない」としました。

    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12249-447555/

    【【賛否】五輪マラソン札幌案への意見は”反対”が88%を占める結果に】の続きを読む

    1: 2019/10/21(月) 17:41:38.91 ID:t/cGQm9P9
    「パンケーキおじさん」に思わぬ批判――?

    菅義偉官房長官の馴染みの飲食店がテレビ番組で紹介され、3000円のパンケーキをよく頼んでいると紹介されたところ、「おやつに毎度3000円・・・」と金銭感覚の欠如が指摘されている。

    ■大の甘党

    2019年10月19日放送の「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)では、東京・赤坂見附が特集された。

    その中で、ホテルニューオータニ内にあるレストラン「SATSUKI」が取り上げられ、常連客の1人として菅氏が紹介された。大の甘党であるという菅氏は、「ニューオータニ特製パンケーキ」(税込3080円)をよく頼むという。

    菅氏は『週刊文春WOMAN 2019夏号』のインタビューで、店には1、2か月に1回程の頻度で事務所のスタッフや記者と訪れていると明かし、「自宅に近い、横浜の『bills』(パンケーキ専門店)には妻と行列に並んだこともあります」とのエピソードも披露している。

    これに同日、夏の参院選比例区で「れいわ新選組」から出馬し、落選した渡辺てる子氏がツイッターで噛みつく。「いつも食すのが『3000円超えのパンケーキ』。宴会のコース料金でもなければ、食事の料金でもない。つまり『おやつ』だ。おやつに毎度3000円・・・」とし、「かの政府の閣僚たちの一人の経済感覚のほどが知れる」と苦言を呈すと、5000以上リツイートされ注目を集めた。

    ■「ケチつけらてて可哀想...」

    渡辺氏のツイートに対しては、

    「自分で稼いだお金なのにケチつけらてて可哀想...」
    「閣僚が3000円のパンケーキも食えないような貧しい国なんて嫌ですよ僕は」

    などと反発が少なくなかったが、一方、作家の室井佑月氏は

    「ふぉぉ?! ふつうのおうちではホットケーキは子どもの友達がきゅうにたくさんやってきたときの、安くできる腹持ちのいいおやつですよ」
    「この値段の感覚の感じ方の開きがあると、大勢の人がなにを食ってるか、ってほんとの意味で知ろうとしない。規制緩和とかやっちゃっても、本人と、その子どもは、そんなもん食べるわきゃないし、どういうことなのか理解できないと思われ」

    などと暗に菅氏を批判した。

    2019/10/21 12:40 J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2019/10/21370549.html?p=all
    no title


    【【批判の的に!?】おやつに毎度3000円…令和おじさんは「高級パンケーキ」が大好物 大の甘党 #菅官房長官 の「金銭感覚」に賛否両論】の続きを読む

    このページのトップヘ