海外

    5005
    1: 2020/07/12(日) 22:36:22.09 ID:qpb88sBe9
    Texas hospital says man, 30, died after attending 'COVID party' The man, 30, told his nurse, 'I think I made a mistake'

    A Texas hospital says a patient who was a healthy young man died from coronavirus after attending a “COVID” party.

    The unidentified 30-year-old man died at Methodist Hospital in San Antonio, according to the hospital’s top doctor, Jane Appleby.

    “This is a party held by somebody diagnosed with the COVID virus, and the thought is people get together to see if the virus is real and if anyone gets infected,” Appleby said, NBC 4 San Antonio reported Friday.

    “Just before the person died they looked at the nurse and they said, ‘I think I made a mistake. I thought it was a hoax but it's not,” she said, according to the station.

    “This is just one example of an avoidable death in a young member of our community,” she said. “I can’t imagine the loss of the family."

    Appleby said the hospital is treating other COVID-19 patients in their 20s and 30s who are “severely ill,” the station reported.

    Earlier this month, reports out of Tuscaloosa in Alabama quoted government officials as saying college students there were holding COVID parties with cash prizes being offered. Attendees put money in a pot that was awarded to the person who became infected first.

    July 11, 2020 FOX
    https://www.foxnews.com/us/texas-hospital-died-covid-party.amp

    【【新型コロナ】「デマと思ってたのが間違いだった…」テキサスでコロナを移し合うパーティに出席した30才男性死亡】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60
    1: 2020/07/09(木) 21:08:43.99 ID:dQhXIyjl9
     各地で人種差別への激しい抗議デモが続く米国で8日、少年用更生保護施設で入所者の黒人少年が職員に窒息させられて意識を失う場面を捉えた動画が、遺族の代理人弁護士によって公開された。動画は拡散され、怒りを呼んだ。

     事件が起きたのは、ミシガン州カラマズー(Kalamazoo)にある更生保護施設「レークサイド・アカデミー(Lakeside Academy)」。
    コーネリアス・フレデリクス(Cornelius Fredericks)さん(16)は4月29日、カフェテリアで別の少年にサンドイッチを投げ付けたことで職員らに組み伏せられ、体重をかけられ、押さえつけられた。

     監視カメラの映像によると、フレデリクスさんは10分後、意識を失ったようだった。職員らは心肺蘇生法を試みた後、医療の助けを求めた。フレデリクスさんは2日後の5月1日に死亡した。

     遺族の代理人弁護士ジェフリー・ファイガー(Geoffrey Fieger)氏は7日、動画を公開し、フレデリクスさんが窒息する場面を捉えた「恐ろしい映像」は、
    「懲罰という形で(入所者を)窒息させることが慣行となっていた」レークサイド・アカデミーの「恐怖と虐待の文化」を明らかにしたと述べた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6ab1c23e5ded2a00543c9914fec36af7c3f80df

    【【事件】サンドイッチ投げつけた黒人少年が職員に押さえつけられ死亡】の続きを読む

    1: 2020/07/01(水) 22:12:30.44 ID:4Wtx/Rbu9
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000187406.html
    空を覆うバッタの大群VSドローン 「60%退治した」

    空を飛んで農作物を食い荒らすあの大群にドローンで立ち向かいました。

     空を覆い尽くす大量の黒い物体はサバクトビバッタです。5月から東アフリカを中心に大量に発生しているサバクトビバッタの大群は南西アジアのインドにも到達しました。サバクトビバッタは雑食で大群を作ると広い面積の農作物なども食べ尽くすため、食糧難を引き起こす恐れがあります。

    インド政府はドローンを使って大群に殺虫剤をまくなど必死の対応に追われていて、「バッタの60%を退治した。退治するため4機のドローンを配備したが、非常に役立っている」とドローンの効果に期待を寄せています。

    2020/07/01 19:03 テレ朝

    【【大量発生】バッタVSドローン「60%退治した」 インド政府が発表】の続きを読む

    1: 2020/07/01(水) 10:43:59.89 ID:KoVBeClX9
    29 6月 2020

    2006年発表の「Pop, Lock & Drop It」が大ヒットを飛ばした米ミズーリ州出身のラッパー、ヒューイが、現地時間で6月25日の午後11時頃、自宅の前で銃撃に遭い死去した。31歳だった。

    ミズーリ州セントルイスの郡警察が発表した声明によれば、ヒューイ(本名:ローレンス・フランクス・Jr.)は25日の午後10時55分頃、体に少なくとも1発の銃弾を受けた状態で地元の病院へと担ぎ込まれた。しかし、病院に到着後まもなくしてヒューイは息を引き取ったという。

    また郡警察は、その直後に21歳の別の犠牲者もファーガソン警察署に到着したと説明しており、この人物はすぐに病院へと送られたが、命に別状はなかったとされている。

    警察は、キンロックの同じブロック内で発生した銃撃事件がヒューイの一件と関連しているとみており、当時現場には他にも10人ほどの人々が居合わせたとされている。警察は現在この件を殺人事件として捜査を進めており、事件の目撃者には情報を共有して欲しいと捜査への協力を呼び掛けている。

    ヒューイは、2006年に発表したデビューシングル「Pop, Lock & Drop It」が全米公式シングルチャート「Billboard Hot 100」で6位を記録する大ヒットとなった。

    過去にヒューイと一緒に仕事をしたことがあるウィリアム・"クェイショウン"・カーターは、ピッチフォークに次のような声明を発表し、訃報を伝えている。

    「ヒューイはいい奴だった。彼はストリートで育ち、何か違うことをする道を選んだ。彼はちょうど、新しいビジネスを始めたばかりだったんだ――高級な服を売るビジネスで、上手くいっていたから彼も幸せそうだった。彼の死は、ヒップホップ界にとっては悲劇的な喪失だよ。彼はヒップホップの歴史の一部だったから」

    http://www.mtvjapan.com/news/m8xwyk/200629-04

    【【訃報】アメリカのラッパーの「ヒューイ」、銃撃に遭い31歳で死去】の続きを読む

    D0DE75F9-3C9B-44C6-92E8-1CDAD35D3F60
    1: 2020/06/28(日) 22:04:52.12 ID:YovtmUxx9
     2020年6月28日 事件

    コロナウイルスに苦しむ男性が家族の手違いで・・・

    6月15日、インド北部にあるマハラオ・ビムシン病院にて入院していたコロナウイルス感染者の男性が、家族のある”間違い”によって死亡してしまった。



    入院していたのは、当時40歳の男性。この日、彼の家族が見舞いに訪れており、病院は暑いだろうと空調機を持参してきていたという。

    その際、つかえるコンセントが見つからなかったため、他の機材で使用していたプラグを抜いたという。

    ところが、その機械というのが人工呼吸器だった。家族は愛する人を助けるものであるとはつゆ知らず、そのまま空調機を設置。

    約30分後、人工呼吸器の電力が不足し、やがて心肺停止。スタッフが蘇生を試みたものの亡くなってしまったという。

    地元保健局には委員会が設置され、事故当時の詳しい状況について調査が行われている。

    病院によると、当時訪れていた家族は5名。電源プラグを抜く許可を得ずに勝手に家族が行なったものと主張している。

    家族に悪意はなかったとはいえ、過失に問われてもおかしくはない出来事であった。家族が機材を勝手にいじるだなんて言語道断である。



    参照元:Yahoo! news、Facebook

    https://edmm.jp/106615/

    【【新型コロナ】入院中だった男性、見舞いに来た家族に勝手に人工呼吸器を切られ死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ