海外

    1: しじみ ★ 2018/08/17(金) 14:34:41.80 ID:CAP_USER9
    10人に1人が「ソーシャルメディアに写真をアップするために衣服を購入し、撮影後は返品していること」を認めていると、クレジット会社のBarclaycardが発表した調査で判明しました。
    no title


    Snap and Send Back
    https://www.home.barclaycard/media-centre/press-releases/snap-and-send-back.html

    Shoppers are buying clothes just for the Instagram pic, and then return them — Quartzy
    https://qz.com/quartzy/1354651/shoppers-are-buying-clothes-just-for-the-instagram-pic-and-then-return-them/

    イギリスで2002人を対象に実施された調査でわかったのは、「撮影して返品」という行動を取るのは35~44歳の人で、女性よりも男性が多いということ。なお、調査から10代は省かれており、多くの人がInstagramの利用者だったとのこと。

    オンラインショップで「購入前に試着」という制度が取り入れられるようになったことが、この傾向を加速させているとBarclaycardはみています。

    このような行動は、SNSによって「有名人だけなく一般人も自分の生活についてオンラインで発信するようになった」という状況が大きく関わっています。
    自分の生活を発信している以上、同じ衣服を着た写真が別々に投稿されることは受け入れがたいと考える人が多く、「#ootd(Outfit of The Day/今日の服装)というタグが流行していることもあり、「同じ服装」を避けるべく「撮影して即返品」という行動を取る人が続出しているようです。
    オンライン通販サイトのFashion Novaはこのような現象を逆手にとり、「インスタグラマーのための洋服」を扱っているといいます。
    「これらの服は、ソーシャルメディア用の服なので、一度か二度着て写真を撮ったら捨てられます」と 作家のAllison P Davis氏は語っています。

    Fashion Nova | Fashion Online For Women | Affordable Women's Clothing
    https://www.fashionnova.com/
    no title


    また、服のレンタルを行う「Rent the Runway」も返品ポリシーを取り入れており、ソーシャルメディア用の衣服に焦点を当てているといわれています。

    Rent the Runway - Rent Designer Dresses, Apparel & Accessories
    https://www.renttherunway.com/
    no title


    一方で近年は、毎日の洋服を「制服化」させることで、女性を「服を選択する煩わしさ」から解放させる動きがあり、また流行を追って安い服をたくさん買うのではなく、上質な服を少しだけ購入する「カプセル・ワードローブ」という概念も注目を集めています。

    ファストファッションが環境に甚大な被害を及ぼすという指摘もされており、ミシェル・オバマ氏も「同じ服を二度着る」という行動を何度も取っているとのことです。

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180817-clothes-for-instagram-pic/

    【【インスタ映え】<クレジット会社が調査>Instagramのために服を買い撮影後に返品するケースが続出、10人に1人は”SNS目的” 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/08/09(木) 22:32:28.25 ID:CAP_USER9
    ◆ドミノの世界記録挑戦、ハエが台無しに

    ドミノの世界記録挑戦が、1匹のハエによって台無しにされたという。
    ドイツのドミノチームが2013年に自ら打ち出したギネス記録を更新しようと、2週間をかけて59万6229個のドミノを並べていたところ、小さなハエがそのうちの1つにとまり、倒してしまったそうだ。

    この小さなドミノは8月3日の第10回ドミノデーを目指してピンセットで並べられていた。
    ハエによって台無しにされた後、大会前にもう一度やり直す時間はなかったという。

    ナリナリドットコム 2018/8月8日(水)13時28分
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0808/nrn_180808_3947792300.html

    【【ドミノ】2週間かけて並べた59万6229個 小さなハエに倒されて台無しに】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/08/08(水) 20:12:14.27 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/business/35123754.html

    プラスチック製品「追放」で紙製ストローに熱視線、売り上げ50倍
    2018.08.08 Wed posted at 15:34 JST

    ニューヨーク(CNNMoney) 環境への配慮からプラスチック製ストローの使用を廃止する動きが広がるなか、米国内で唯一の紙製ストローメーカー「アードバーク」が老舗メーカーの傘下に入り、生産を拡大する見通しとなった。

    アードバークを買収したのは、使い捨ての食卓用品で知られる米ホフマスター・グループ。買収金額などの条件は公開されていない。

    アードバークの売上高は昨年の50倍に増え、それでも需要に追いつかない状態が続いていた。同社は声明で「今後数カ月のうちに生産能力を積極的に強化し、加速する紙製ストローの需要に対応する」と述べた。

    使い捨てのプラスチック製品による海洋汚染の深刻化などを受けて、スターバックスやディズニー、マクドナルドなどの米大手企業が最近、プラスチック製ストローの使用を制限したり、廃止したりする動きを見せている。

    米シアトルなど市全体で、あるいは国を挙げてプラスチック製ストローを禁止する取り組みも出てきた。
    アードバークには注文が殺到し、出荷が12週間も遅れる事態となっていた。今後はホフマスターの傘下で製造装置を増設し、生産体制を強化して収益拡大を図る。

    同社のほかに、米ミシガン州デトロイトでガラス製のストローを作っている新興企業「ストローサム」でも、今年1~3月期の売上高が15年の年間合計に並ぶほどの伸びを示した。

    創業者のデイドラ・スロウィク氏は「世界は何が起きるか分からない」と、驚きを隠せない表情で語った。


    プラスチック製品「追放」の動きを受けて、紙製やガラス製のストローが売り上げを伸ばしている/John R. Coughlin/CNN
    no title

    【【ストロー】プラスチック製品「追放」で紙製ストローに熱視線、売り上げ50倍 】の続きを読む

    1: 動物園 ★ 2018/08/07(火) 19:47:16.38 ID:CAP_USER9
    2018年8月7日 18:31 発信地:シカゴ/米国 [ 米国 北米 ]

    【8月7日 AFP】米シカゴで先週末から週明けにかけて銃撃事件が相次ぎ、12人が死亡、数十人が負傷した。警察によると3日から5日の間に計66人が被弾したという。

     警察は銃撃のほとんどがギャングによるものとみている。シカゴ西部・南部の最貧困地区やマイノリティーが多く暮らす地域の一部ではギャングの活動が活発化している。

     米紙シカゴ・トリビューン(Chicago Tribune)によると7時間で40人が撃たれた時間帯もあり、ギャングのメンバーとみられる者のみならず、居合わせた一般人も被害に遭った。

     また、警察によると屋外に集まっていたいくつかの集団に向けて実行犯らが無差別に乱射する事件もあったという。

     事件を受け警察は46人を逮捕し、銃器60丁を押収。ラーム・エマニュエル(Rahm Emanuel)市長は犯人につながる情報提供を住民に求めた。また、シカゴ警察のエディ・ジョンソン(Eddie Johnson)署長は「市として、そして地域としても私たちはもっと良くすることができる」と呼び掛けた。

     シカゴの今年の殺人事件の件数は全米トップの320件超となっており、ニューヨークとロサンゼルスの二大都市をはるかにしのいでいる。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3185212

    【【恐怖】シカゴでギャングが大暴れ 3日間で12人死亡66人被弾 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/08/06(月) 19:06:10.06 ID:CAP_USER9
     【パリ共同】フランスのメディアによると、世界的に有名なフランス料理のシェフ、ジョエル・ロブション氏が6日、死去した。73歳だった。

    2018/8/6 18:53
    c一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/399138659510535265

    【【訃報】ジョエル・ロブション氏(73)死去 世界的フランス料理シェフ 】の続きを読む

    このページのトップヘ