海外

    1: 2019/05/17(金) 02:41:26.61 ID:YU061jPp9
    https://www.afpbb.com/articles/-/3225335?act=all

    農機に巻き込まれた米男性、ナイフで脚切断して生還
    2019年5月16日 16:54 
    発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

    【5月16日 AFP】米ネブラスカ州で先月、農業を営む男性が農機に巻き込まれ、ポケットナイフで片脚を切断して生還する出来事があった。

     農業一筋に生きてきたカート・ケーザー(Kurt Kaser)さん(63)は、一人で農作業中にトラックから降りた際、トウモロコシ用農機の「小さな穴」に誤って巻き込まれてしまった。

     ケーザーさんは米ABC系列の地元テレビ局KETVに対し、「脚を吸い込まれた。抜こうとしたが、吸い込まれる一方だった」「一度は諦めかけた。するとそれ(農機)が私を再び引き込み始めたのが分かった」

     残された選択肢は、ポケットの中にあった小型ナイフを使って脚を切るしかないと悟ったという。ケーザーさんは「だから、のこぎりで切るように、脚を切り始めた」と事もなげに語った。

     身の毛もよだつ救命行為を終えると、ケーザーさんは自宅にはって帰り、電話で助けを呼んだという。地元紙オマハ・ワールドヘラルド(Omaha World-Herald)が15日朝に報じたところによると、最初に駆け付けたのは息子のアダムさんだった。偶然にも、アダムさんは地元の救急隊員だった。

     同紙によると、ケーザーさんは病院で1週間、リハビリ施設で2週間過ごし、10日に帰宅した。再び普通に歩けるようになると楽観しているという。

     ケーザーさんは「急いでいて、よく注意していなかった」と述べ、自分の身に降りかかった出来事が農業に携わる他の人々への教訓になればいいと語っている。

     地元メディアは、車いすに乗ったケーザーさんの写真を掲載。左脚はひざから下が切断され、包帯を巻かれていた。(c)AFP/Ian Geoffrey TIMBERLAKE

    ケーザーさん
    no title

    【【ネブラスカ魂】農機に巻き込まれた米男性(63)、ナイフで脚切断して生還】の続きを読む

    1: 2019/05/10(金) 16:09:28.23 ID:AEuy2Qey9
    Potential new cure found for baldness

    もともと骨粗鬆症の治療を目的とした薬を使用して、ハゲの新しい治療法が発見されました。

    研究者らは、この薬が実験室の毛嚢に劇的な効果をもたらし、成長を刺激していることを発見しました。

    それは発毛のブレーキとして作用し、ハゲの原因となるタンパク質を標的として作用します。

    プロジェクトリーダーのホークショー博士は、治療が人々に効果的かつ安全であるかどうかを確認するために臨床試験が必要であるとBBCに語った。

    ハゲ(男性型脱毛症)の治療に現在使用可能な薬剤は2つだけです。

    ミノキシジル、男性用および女性用
    フィナステリド、男性専用
    両方とも副作用があり、大きな効果があるわけではないので、ハゲはしばしば諦めてしまいます。

    PLOS Biologyで発表された最先端ハゲ研究は、40人以上の男性の毛髪移植患者からの頭皮毛包を含むサンプルで、実験室で行われました。

    マンチェスター大学の研究者らは、1980年代以降移植臓器拒絶反応を予防し自己免疫疾患の症状を軽減するために使用されていた古い免疫抑制薬シクロスポリンAを最初に使用した。

    研究者たちは、この薬が毛包を含む多くの組織に影響を与える重要な成長調節物質であるSFRP1と呼ばれるタンパク質の活性を低下させることを発見しました。

    しかし、その副作用のために、シクロスポリンAはハゲ治療としては不適切でした。

    チームは続けてSFRP1を標的とする別の薬剤を探し、WAY-316606がタンパク質の抑制にさらに優れていることを見出しました。

    ホークショー博士は、この治療は「ハゲに苦しむ人々に大きな効果をもたらす」と述べた。

    この研究発表に、英国皮膚科学者協会のスポークスマンはBBCにこう語った

    これは非常に興味深い研究です。研究者が言うように、ハゲは一般的な障害であり、それは自尊心の喪失や自信の喪失を含む、精神的健康にかなりの損害を与えます。

    ただ、この薬がハゲによって使用される前に、いま少しの研究と臨床試験を行う必要があるでしょう。でなければ、一縷の望みをかけたハゲにとって、治療法は大打撃を受け、失敗する可能性があります。どのような薬でも、普遍的に有効なものはありません。

    新しい治療法は、効果的かもしれない治療法の選択肢をハゲに与えるので、エキサイティングです。いろいろ試すことができる時代はすぐそこに迫っています。

    なお、若ハゲはデブよりも心臓病の危険因子が高い、と研究結果は他人事のように述べている

    https://www.bbc.com/news/health-44038756
    ついに生えるかもと期待をよせる男性
    no title

    【【英国で発見】ミノキ、フィナスを越えたハゲ治療法が発見される】の続きを読む

    1: 2019/05/08(水) 21:59:55.13 ID:t1jCa9uG9
    ロンドン(CNN) 東アフリカのマラウィで密猟者の摘発に当たっていた英国の兵士が、活動中にゾウと遭遇して死亡した。英国防省が発表した。

    近衛歩兵隊に所属していた兵士のマシュー・タルボットさんは、5日に死亡した。実戦配備されたのはマラウィが初めてだったという。地元住民とも交流を深めて現地の言葉も覚えるなど、明るく親しみやすい性格だった。

    ペニー・モーダント英国防相は、タルボットさんの勇気とプロ意識をたたえ、「野生生物を殺戮(さつりく)して利益を稼ごうとする犯罪者から絶滅危惧種を守る活動において、我が軍が直面している危険を改めて思い起こさせる」と指摘した。

    野生のゾウは密猟や生息地の減少によって、アフリカ全土で個体数が急減している。

    2016年にアフリカ全土で実施された調査によると、ゾウの個体数は1979年の130万頭から、35万頭にまで減っていることが判明。予想以上の減少だった。

    徒歩によるパトロールや監視活動は、密猟を防ぐ一助になっている。

    2019.05.08 Wed posted at 09:13 JST
    https://www.cnn.co.jp/world/35136605.html
    no title

    【【悲報】アフリカで密猟と戦った英兵士、ゾウに遭遇して死亡 】の続きを読む

    1: 2019/05/04(土) 18:35:12.86 ID:poGdK1sM9
    https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2019/05/03/torukonoenziniatatiga3kayue-deguang-xian-chong-wokai-fa-1194103
     50人から成るチームによって軍の要請を受けて3か月間でプロトタイプとして製造されたライフル取り付け型光線銃は、
    国産自動小銃MPT-76に取り付けての使用が可能である。

    イスタンブール県で開催された国際防衛産業見本市(IDEF)で紹介され、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が視察したライフル取り付け型光線銃は、
    カバンに入れての携帯が可能で、30分間で充電できる構造で開発された。

    光線中は、100-150メートルの距離から厚さ1ミリメートルの鋼鉄を打ち抜くことができる。
    レーザー出力によってのみ作動し、銃のそのほかの機能に一切影響を与えることはない。
    標準コネクターを使ってほかの銃に追加が可能である。レーザーシステムもバックパックに収納が可能である。携帯でき、かつ充電できる。

    光線銃の次モデルではサイズは小さくされ、強度は上げられる。

    画像
    no title

    【【夢のビームライフル実現?】トルコのエンジニアたちが3か月で光線銃を開発 ライフル取り付け型でカバンに入れての携帯が可能、30分間で充電できる 】の続きを読む

    1: 2019/05/02(木) 19:41:13.55 ID:xzUu9kzS9
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201905026217006/

    中国でジェットコースターから墜落 2人死亡
    災害・事故・事件
    2019年05月02日 16:02

    中国南西部四川省成都市にある遊園地のジェットコースターが墜落事故が起き、2人が死亡、子ども6人を含む12人が負傷した。地元当局が発表した。
    スプートニク日本

    コースターの安全バーがあったのに乗客が落下した理由や落下した高度は伝えられていない。コースターの全長は200メートルを超えている。

    【【恐怖】ジェットコースターが墜落 2人死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ