海外

    1: 2018/11/10(土) 21:55:12.10 ID:CAP_USER9
    飼い犬3頭と狩猟へ向かう途中にとんでもないアクシデントが起こってしまった。
    飼い犬の1頭が誤って軽トラック内に載せてあった散弾銃の引き金を引き、飼い主を撃ってしまったのである。
    『ABC News』『indy100』などが伝えている。

    米ニューメキシコ州在住のテックス・ハロルド・ジリガンさん(74歳)は、同州ラスクルーセス西部にある砂漠へ野ウサギを狩りに行くために、チャーリー、スクーター、カウボーイという3頭の飼い犬を連れて軽トラックに乗り込んだ。
    軽トラック内に置かれていた散弾銃は、銃口がテックスさんのいる運転席に向けられていたようだ。
    そしてこれが思わぬアクシデントを招くことになってしまった。

    前の座席にいた体重54kgほどになるロットワイラーのミックス犬チャーリーが、体を滑らせた。
    その瞬間、チャーリーの足が銃の引き金に引っかかり、銃弾が放たれてしまったのだ。

    突然体に銃弾を受けたテックスさんは、すぐに車を止めてあたりを見回した。
    はじめは飼い犬が自分を撃ったなどと思えるはずもなく、どこからか狙撃手に撃たれたと勘違いし「一体誰が…」と恐怖に慄いた。
    だが周りには誰の姿もなく、ようやく飼い犬に撃たれたと気付いたテックスさんは、携帯電話で911に緊急通報した。

    テックスさんは普段、猟に出かける時は携帯電話を持って行かないという。
    しかしこの日は少し前に豪雨だったこともあり、万が一雨が降って戻れなくなった場合には子供たちへ連絡するつもりで携帯電話を持参したそうだ。

    通報を受けて駆けつけたドニャアナ郡保安官事務所の保安官やニューメキシコ州警察、アメリカ合衆国税関および国境警備局の職員らは、軽トラックのそばで胸を撃たれて横たわっているテックスさんを発見し、テキサス州エル・パソ大学医療センターへ搬送した。
    この時、テックスさんは飼い犬を庇おうとしたのか「自分で誤って銃を撃ってしまった」と話していたようだ。

    医師の診察によると、テックスさんは肋骨3本を骨折、肺には穴が開き肩甲骨が損傷していたが、医師はこれ以上肺を傷つけないためにも銃弾を体内にそのまま残しておくほうが最善であると決断した。
    その後、少し元気を取り戻したテックスさんはこのように語っている。

    「胸に穴が開いて、大量に出血していたんだ。犬が人間を撃つなんてことが、まさか起こると思ってもいなかったよ。
    もちろんチャーリーは撃つつもりなんてなかったから、許すよ。とてもいい犬だからね。」

    なお、今回の件は事故として処理されている。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/15575937/

    【【悲報】74歳男性「もちろん許すよ。とてもいい犬だからね」 飼い犬の足が散弾銃の引き金に接触し、撃たれる】の続きを読む

    1: 2018/11/09(金) 22:27:48.41 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35128409.html

    ドバイ警察、「空飛ぶオートバイ」での訓練を開始
    2018.11.09 Fri posted at 15:15 JST

    (CNN) アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの警察が、空飛ぶオートバイ「ホバーバイク」を使った訓練を開始した。

    開発を手掛けたのは米カリフォルニア州に拠点を置く新興企業「ホバーサーフ」。昨年の技術展示会で、ドバイ警察仕様の白と緑の塗装を施したホバーバイクを発表していた。

    ホバーサーフは今回、新モデル「S3 2019」の初回生産分をドバイ警察に引き渡し、警官の飛行訓練も始めている。
    ドバイ警察の人工知能部門責任者によれば、ホバーバイクはアクセスが難しい場所への緊急対応に使われる予定で、2020年までの運用開始を目指す。既に2人が訓練を始めており、現在その数を増やしている段階だという。

    ホバーサーフのジョセフ・セグラコン最高執行責任者(COO)は、オートバイを運転できてドローンの操縦経験もある候補者が理想的だと説明した。
    ホバーバイクの価格は15万ドル(約1700万円)で、一般市民も注文可能。ただしセグラコン氏は、買い手は新技術の取り扱いが可能な場合に限定されると注意を促している。

    航空宇宙誌「エアロスペース」の編集長、ティム・ロビンソン氏は警察業務への応用可能性について「ごく限定的」との見方を示しつつも、「楽しそうだ」と付け加えた。
    現状のバッテリー技術では限界があるものの、将来的にはバッテリーエネルギー密度の向上や新素材の導入で航続時間が増える可能性もあるという。

    ホバーサーフとドバイ警察はこうした目標を見据え、バッテリー技術の開発や推進システムの効率化に取り組んでいる。

    ドバイの警察が、空飛ぶオートバイ「ホバーバイク」を使った訓練を開始/Hoversurf
    no title

    【【画像】ドバイ警察、”空飛ぶオートバイ”での訓練を開始】の続きを読む

    1: 2018/11/04(日) 15:45:43.59 ID:CAP_USER9
    自撮りをしようとして女性が誤って作品を倒す出来事があった=10月27日、ロシア・エカテリンブルク/Russian Ministry of Internal Affairs
    no title


    (CNN)ロシア中部エカテリンブルクで、美術館を訪れた女性グループが誤って展示用スタンドを倒し、名画を傷付けてしまったことが分かった。グループの1人が作品をバックに自撮り写真を撮影していたという。

    ロシア内務省と国営タス通信によると、この出来事が起きたのは先月27日。スタンドにはスペイン近代絵画の巨匠ゴヤの版画集「ロス・カプリチョス」の1作品と、これを20世紀の代表的画家ダリが彩色した作品がかけられていた。

    館内の監視カメラには、作品を鑑賞する人々が映っている。スタンドが突然倒れ、その背後に1人の人物の姿が見える。

    タス通信は、両作品の額縁と保護ガラスが壊れ、ダリのほうはさらに作品自体も損傷したと伝えている。

    内務省が特定した女性3人のグループは調べに対し、自撮り写真を撮ろうとした時、誤ってスタンドに触れてしまったと話している。3人は中西部チェリャビンスクからツアーで訪れていた。

    エカテリンブルク当局は女性らの刑事責任を問わない方針だという。

    2018年11月4日 14時23分 CNN
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15545844/

    【【悲報】ロシアの美術館、女性が自撮り中にスタンドが倒れダリの作品に傷 】の続きを読む

    1: 2018/11/03(土) 21:43:01.49 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/usa/35128066.html

    ホットヨガ練習場で銃撃 2人死亡、4人重体 米
    2018.11.03 Sat posted at 15:12 JST

    (CNN) 米フロリダ州タラハシーの警察は2日、市内にあるホットヨガの練習場で同日、銃撃事件が発生し、撃たれた2人が搬送先の病院で死亡し、4人が重体状態にあると発表した。別の1人が短銃で殴られた。

    銃撃犯とみられる容疑者も自らを撃ったとみられる傷で死亡した。発砲の経緯などは伝えられていない。

    地元警察によるフェイスブック上の発表文によると、現場は「ホットヨガ・タラハシー」。練習場には銃撃犯に反撃して戦ったり、他人を助けようとした形跡があったという。

    事件発生直後の現場には警官が約3分で急行していたが、容疑者は既に死亡していた。単独犯の可能性が強いとしている。

    【【恐怖】ホットヨガ練習場で銃撃 2人死亡、4人重体】の続きを読む

    1: 2018/11/03(土) 21:27:04.38 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/travel/35128065.html

    村を丸ごと売り出す、値段3億円余 NZ南島
    2018.11.03 Sat posted at 14:57 JST

    (CNN) ニュージーランド(NZ)の南島にある村落がこのほど、280万米ドル(約3億1640万円)の値段で丸ごと売り出された。

    同島ダニーデンから北へ約180キロ離れた「ワイタキ湖村」で、1980年代後半から無人状態となっている。ただ、荒れ果てた景観とはなっておらず、建物などの保存状態も極めて良いという。

    村には民家8棟、レストラン、ビリヤード室や台所、複数車両が入れられる車庫などが備わったロッジもある。

    村は1930年代、近くのダム建設工事に従事する作業員や家族らのために造られた。しかし、ダムの運用が自動化され、日常の人力業務が不必要となったため1980年代後半から廃れ始めていた。多くの国民が地方での生活に見切りを付け、都市部への移住が加速する時代背景とも重なっていた。

    同国に拠点がある不動産業者によると、同村周辺の観光地としての潜在力が認知され始めたのはごく最近のこと。山岳から海につながる自転車での旅に好適なコースが開設され、訪問客が増え出していた。

    ただ、外国人がワイタキ湖村を買うのは今年成立した国内法により不可能となっている。同法の背景には、国内の不動産価格が急上昇し、地元住民が生まれ育った地域に居住することが難しくなる現状があった。

    同法が可決された今年8月、パーカー貿易相は「ニュージーランド人がニュージーランドで住宅を購入するのは生得権」とも強調していた。

    ワイタキ湖村は1930年代、近くのダム建設工事に従事する作業員や家族らのために造られた/Michael Brady/Getty
    no title

    no title

    【【リアルシムシティも…?】村を丸ごと売り出す、値段3億円余 】の続きを読む

    このページのトップヘ