テレビ

    1: ストラト ★ 2018/05/15(火) 17:12:17.91 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明がミッツ・マングローブとともにMCを務め、4月からスタートしたフジテレビ系の新番組『石橋貴明のたいむとんねる』が苦戦を強いられている。

    同番組は、「大人のノスタルジーを刺激するトーク番組」をコンセプトに、アイドルやテレビ、歌謡曲、漫画、菓子、野球などさまざまなテーマに関する“ちょっと前の話”をゲストとともに盛り上げるトークバラエティー番組。

    石橋にとっては、20年以上続いた「とんねるず」による冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同局系)の打ち切り後にスタートとした初のレギュラー番組とあって、放送前から話題を集めていた。

    第2回の平均視聴率は2.9%
    そんな同番組だが、午後11時からの深夜帯の番組とはいえ、4月16日放送の第1回の平均視聴率は3.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)、23日放送の第2回の平均視聴率が2.9%と視聴率の面では厳しい状況となっている。

    インターネット上では「視聴率なんて関係ない。普通に面白かった」、「懐かしかった~」という好意的な意見がある一方、「さすがにこの視聴率はまずい」、「昔の自慢話がしんどい」といった厳しい声も出ているが、バラエティー番組を手掛ける放送作家同番組について話す。

    「視聴者のノスタルジーを刺激する番組といえば、テレビやCMに特化し、80年代末から90年代にTBS系で放送された『テレビ探偵団』をはじめ、古くから番組の企画としてはよくあるもの。最近では雑誌や音楽の世界でも、80年代や90年代を振り返る企画が盛んに展開され、それなりに人気を集めていますしね。『石橋貴明のたいむとんねる』に関しても、番組の狙いやコンセプトは分かります」

    「とんねるず」といえば、テレビ黄金時代の80年代半ばにブレークし、長年テレビ業界の最前線で活躍し続けてきたが、「番組もコンセプトといわゆる“業界ネタ”を得意とするMCの石橋さんとの相性も良く、トークによるテーマの掘り下げ方も面白くて、いち視聴者としては楽しく見ています」(同放送作家)とか。

    リアルタイム視聴率は期待できない!?
    だがその一方で、こうした意見も……。

    「ただ、こうした企画の番組はターゲットとなる視聴者の年齢層を限定するうえ、リアルタイムで視聴する必然性があまりない。番組を気に入った視聴者の中には時間による時に録画視聴でゆっくりと番組を楽しみたいと考える人も多いのではないでしょうか。まして放送時間帯が月曜日の午後11時スタートですからね。これがせめて金曜日や週末であれば、もう少し視聴率も良くなるとは思うのですが……。長寿冠番組の打ち切り直後の今の石橋さんにとっては、否が応でも“数字”は気になるでしょうけど、視聴率では今後もかなりの苦戦が予想されます」(前出の放送作家)

    また、テレビ誌編集者はこう語る。

    「フジテレビさんは、テレビやテレビ業界が世間の憧れの対象だったテレビ黄金期から変わらぬバラエティー番組などでの内輪ウケの業界ノリや大掛かりなセットを駆使したバブルノリが、一部の視聴者から反感を買い、近年は視聴率で苦戦を強いられています。“昔を懐かしむ”という今回の番組も、メインターゲットとなる視聴者層以外、とくに若い世代の視聴者層からすると、置き去りにされている観を抱かれる可能性はありますよね。逆にもっと深い深夜帯での放送やBSやCS向きの番組という印象もあります」

    果たして今後の同番組の巻き返しはなるか?

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000002-wordleaf-ent&p=1

    『石橋貴明のたいむとんねる』
    no title

    【【悲報】『石橋貴明のたいむとんねる』視聴率初回3.9%、第2回2.9%…苦戦のワケとは?】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/05/15(火) 19:18:20.79 ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/15/kiji/20180515s00041000213000c.html

     NHKは同局に保存されていない番組を主に家庭用VTRのビデオテープから探し出す「番組発掘プロジェクト」で、1979~82年放送の人形劇「プリンプリン物語」(全656回)の未発掘分が残り1本になったと15日までに発表した。

     15歳の少女プリンプリン(声・石川ひとみ)が、まだ見ぬ故郷と両親を探し求め、仲間たちと旅をするミュージカル風の人形劇。

     未発掘分が残り3本(総集編を含めると残り11本)になってから「全く進展がなく、これ以上は見つからないのだろうか…そう思っていたところに、驚きのビッグ情報です」。長野県在住の男性から「実家(三重県)の母が放映当時録画していたものです。ベータ方式(3倍速)・オープニングカット有り・状態不明ながら、第132回以降、第656回まで、欠番もありますが、約248回分(テープ24本分)を保管しているようです」と公式サイトに連絡が入った。
    「番組発掘プロジェクトのスタッフは皆、色めき立ちました!」と興奮。スタッフがテープを確認した結果、冒頭や末尾が欠落している回もあるが、一気に計10本が発掘された。

     これにより、未発掘は第265回「マンガン王国編 ねらわれたプリンプリンの命2」(80年5月27日放送)の1本分、欠落回は5本分(第66回、第314回、第317回、第408回、第411回)となった。ついに、あと1本。番組発掘プロジェクトは「皆さん!最後の一押しに是非ご協力をお願いいたします!」と呼び掛けている。

     番組発掘プロジェクトにより、昨年7~12月にはBSプレミアムでファン待望の再放送が実現した。

    no title

    【【ラスト1本】NHK「プリンプリン物語」一気に10本見つかり残り1本に!「最後の一押しにご協力を」 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/05/12(土) 13:27:18.07 ID:CAP_USER9
    https://www.j-cast.com/2018/05/12328432.html
    2018/5/12 13:00

    「ネットがめちゃくちゃ荒れていて、、涙 びっくりしました」――お笑いタレントのキンタロー。さん(36)が、こう嘆く。 披露したものまねが「ふざけるにも程があります」「本当にやめてください」などと、ひんしゅくを買っているためだ。

    キンタロー。さんは、所属事務所の松竹芸能が結成した女性芸人ユニット「SBK48(松竹ブサイク48)」の選抜メンバーから構成されるチーム「松木坂46」の一員だ。その松木坂46は、2018年5月11日放送のバラエティ番組「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(フジテレビ系)に出演し、アイドルグループ「欅坂46」に扮して代表曲を歌った。
    物議をかもしているのは、キンタロー。さんが披露した、欅坂46・平手友梨奈さん(16)のものまね(?)だ。平手さんを意識してか、軽快なダンスの合間に愛嬌たっぷりの顔芸をはさみ、笑いを誘った。

    放送終了後、ツイッターでは視聴者から、「笑いました(≧▽≦)」「欅坂の名を世間により広めてくれてありがとうございます!ファンとしてこれ以上嬉しいこと無いです」

    などと好意的な声が寄せられた一方、「欅坂46のみんなに謝罪してください。ふざけるにも程があります。少し嫌な気持ちになりました」「平手を、欅を侮辱してるようにしか見えない。踊ってる途中に顔芸とかまじいらないから。不愉快だわ、こんなの」などと批判も少なくなかった。

    キンタロー。さんは12日、「荒れた、、涙」と題したブログを更新。批判的な意見は予想外だったようで、「ものまね紅白歌合戦ありがとうございました 一生懸命やったんですがネットがめちゃくちゃ荒れていて、、涙びっくりしました。実は、結構忠実にやったつもりだったのですが、、」と慌てた様子。
    「少しでも少しでも多くの人が喜んでくれるように!楽しんでいただけるように、、これからも精進していきますので(><)お許しくださいませ 皆さんの楽しい団欒を彩る役目が出来る様に頑張りますので宜しくお願いします」と誓った。


    番組では愛嬌たっぷりの顔芸も披露した。キンタロー。さんの公式ブログでも、その様子が紹介されている
    no title

    【【悲報】欅坂ファン「欅坂46のみんなに謝罪してください」キンタロー。ものまねで大ヒンシュク】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★ 2018/05/12(土) 23:00:00.50 ID:CAP_USER9
     元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(52)が11日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、学生時代は常に母親から100万円を振り込まれていたと明かした。MCのダウンタウン浜田は「わっるい育てられ方されたな」と一茂の目をじっと見た。

     番組では、「一茂ボンボン伝説」として、「学生時代は常に母親から100万円を振り込まれていた」とのエピソードを披露した。浜田は「おい!おい、こら!」と大声で怒鳴りつけた。一茂は「これは僕がやったんじゃないです」と釈明するも、浜田は「わっるい育てられ方されたな、お前は。お前が偉いんちゃうで!親父が偉いんやで!」とツッコんだ。

     一茂は100万円について「たくさん食事をしていたので、学校の食事だけではまかなえなかったんです」と説明。「おふくろが気付くとお金を入れてくれてたんです」と述べた。ダウンタウン松本が「減ったら100万円に戻るということ?」と尋ね、一茂は「そうです」と応じた。また、一茂は「プロで契約金8000万円もらったんです。それは全部母親に返しました」と付け加えた。

    2018.05.12.
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/12/0011249098.shtml

    画像
    no title

    【【驚愕】長嶋一茂、学生時代は母親から100万円。浜ちゃんから「悪い育てられた方をされた」と苦言 】の続きを読む

    1: 金魚 ★ 2018/05/10(木) 12:09:56.21 ID:CAP_USER9
    “冬ソングの女王”の異名を持つ歌手の広瀬香美が、5月9日にフジテレビ系列で放送されたバラエティー番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に出演した。現在、広瀬はアメリカのロサンゼルスにある高級住宅街に住んでおり、その豪華な生活ぶりなどが紹介されたが、視聴者からは批判が相次ぐ事態となった。

    ロサンゼルスの高級住宅街のなかでも有数の豪邸に住む広瀬は、毎日夜明け前から3時間にわたり歌の練習をし、その後は1時間の筋トレしているという。その様子を取材に訪れたスタッフにも披露し、歌のために努力を惜しまない様子をうかがわせた。

    取材スタッフから「練習そんなに必要ですか?」と問いかけられた広瀬は、「一番わたしが刺激的で、本当に生きてるなって感じられるのは練習してるとき。練習だけでいいなぁって。究極、わたし人の前で歌わなくてもいいのかなって思っちゃったりするときある」と練習に並々ならない力の入れようだということをアピールした。その後、密着取材中に「(取材を受ける期間が)4日があったらもっと(歌が)成長できたのに」とスタッフに嫌味を言う場面もあった。

    さらに、広瀬が日本で活動しているところにも密着取材した様子が放送され、『広瀬香美音楽学校』で日本の一般人向けに歌の授業をしているところが公開された。そのときに広瀬が、生徒に「音程が悪すぎる。何なんだ、あなたたちは」と悪態を付き、舌打ちする様子もあった。


    「高いキーに魅力を感じない」

    この取材の模様を見たあとに、スタジオでは梅沢富美男や長嶋一茂が広瀬のストイックさをほめたたえていたが、ツイッターでは広瀬の態度に批判が集中した。

    《練習したいならはなから取材OKするなよ。お金のためにOKしたんだろう?なのに文句言ってんじゃねーよ》
    《広瀬香美をディスったらだめなルールとかあるのテレビ界?》
    《レッスン中に舌打ちするのはどうかと》

    日本で開いたコンサートではヒット曲『ロマンスの神様』のキーを2つ上げて歌う姿を披露。トレーニングの成果で歌えるようになったというが、広瀬の生活ぶりを見た視聴者からはこれにも批判が寄せられた。

    《なんでそこまで高い声をだすことにこだわるんだろう。全く魅力を感じない》
    《キー2つ上げとか言ってるけど、高けりゃいいってもんじゃないような。キンキン響いて耳障りなんだよ》

    さらには50歳を超えた広瀬の顔に対しても、《整形が失敗したのでは》、《顔の劣化がひどい》といった投稿があった。言われたい放題だった。

    「80歳になっても『ロマンスの神様』を原曲キーで歌いたい」と今後の抱負を語った広瀬。それまでニーズがあればいいのだが…。

    https://myjitsu.jp/archives/50931

    【【批判殺到?】広瀬香美の密着取材の時の「ひどい態度」】の続きを読む

    このページのトップヘ