社会

    couple_date
    1: 2019/09/22(日) 19:13:23.97 ID:c0Xs3kWx9
    2019年9月21日 5時30分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17115032/

    昨今、ネットの世界で急速に多様化を見せている“女性向け性サービス”の実態とはどのようなものなのでしょうか。書籍『男を買ってみた。~癒やしのメソッド~』を上梓した、女性専門生活カウンセラー・鈴木セイ子氏が解説します。

    急増する「女性向け性サービス」

    レンタル彼氏、女性専用性感マッサージ、出張ホスト……ネット検索すると、女性をターゲットにしたさまざまな性的サービスが出てきます。

    私が約1年半前に「レンタル彼氏」とネット検索した時は、3件ほどしか出てこなかった記憶がありますが、今や何ページかにわたるコンテンツ数に膨れ上がっています。2019年はまさにその過渡期にあると言えるでしょう。

    人知れず、こっそり利用する女性がそれだけ増えたということです。

    「プロを使うようになったらもう人生終わる気がする……」

    正直、私も以前まではそう思っていました。

    しかし今回、私自らいくつかのサービスを利用してみましたが、ある意味期待を裏切るほど、皆さんイケメンばかりでした。しかも優しい! 秋の空に似た“女心”をよく研究され、お勉強しているプロたちでした。

    彼らのホスピタリティーに触れ、これは女性たちが前向きに生きていくための1つのコンテンツになる、いやすでになっているのではないかと感じるようになりました。

    いったいどんなサービスなのか、ざっくり言えば以下のようなかんじです。

    ◎レンタル彼氏……本物の彼氏になりきって、食事やテーマパーク、ショッピングなどへデート。

    ◎女性専用性感マッサージ……ホテルや自宅などへ出張、アロマオイルなどを使用したボディートリートメント並びに、ハンド、大人のおもちゃを使用した性感マッサージ。

    以下ソースで

    【【闇】「レンタル彼氏」を利用したら驚きの連続だった 】の続きを読む

    sensou_senjou
    1: 2019/09/21(土) 21:56:36.59 ID:4BZsekyE9
    研究者たちは、米国/ NATOとロシア間の核戦争の激化がどうなるかを示す恐ろしいシミュレーションを開発しました。

    このモデルは、核力の姿勢、目標、および因果関係の推定に関する現実的なデータに基づいており、3,410万人が数時間以内に死亡すると予測しています。

    壊滅的な紛争により、さらに5,590万人が負傷します。これには、核の放射性降下物による死亡やその他の影響は含まれていません。

    最初の3時間だけで、ヨーロッパは荒廃し、推定260万人が死亡または負傷します。

    次の90分間で、米国とロシアの両方の主要都市でそれぞれ5?10発の核爆弾が発生し、さらに8870万人が死亡または負傷しました。

    モデルの多くの国は、南半球やスコットランドのように、核の直接の標的であることを免れているようです。

    しかし、核の放射性降下物の影響と地球の気候、人口、食料生産への長期的な影響は、幅広い影響を及ぼします。

    ビデオの背後にあるチームは、シミュレーションが2つのブロック間の核戦争の終末論的な結果と人道へのコストを強調することを望んでいます。

    4分間のビデオは、プリンストン大学の工学および国際問題の専門家であるAlex Glaserと同僚によって作成されました。

    「計画A」と呼ばれるこのシミュレーションは、現在の米国およびロシアの軍事姿勢、核戦争計画、および対応する武器の目標に関するさまざまな独立した評価に基づいて作成されました。

    それには、現在配備されている核兵器の数、爆弾の収量、およびそのような戦争が進行する可能性のある順序に関する広範なデータが含まれていました。

    核戦争は、戦術的標的設定の初期段階から、各陣営の攻撃的核能力を奪うことを意図した戦略的期間まで発展する可能性が高い。

    最後に、野党の回復を妨げるために主要都市を対象とするフェーズが開始されます。

    「紛争の最初の数時間以内に9000万人以上が死亡し、負傷するだろうと推定されている」と研究者たちは書いた。

    シミュレーションは、従来の非核紛争のコンテキスト内で開始されます。

    このシナリオでは、ロシアは黒海にあるカリーニングラードの近くの基地から、米国とNATOの前進を止める目的で核警告を発します。

    それに応じて、NATOはロシアを単一の戦術核空爆で攻撃し、そこから紛争はヨーロッパ全体で戦術核戦争に拡大します。

    この時点で、シミュレーションは、ロシアがNATO基地と前進する軍隊に対して、航空機または短距離ミサイルのいずれかによって運ばれる約300の核弾頭を配送することを予測しています。

    その後、国際軍事同盟は、約180機の航空機核で対応します。

    この段階では、3時間以内に死傷者が約260万人に達すると予想され、ヨーロッパは本質的に破壊されたままです。

    これに続き、NATOは米国大陸および原子力潜水艦隊から行動し、ロシアの核能力を奪うことを目的として、約600発の核弾頭の戦略的核攻撃を開始します。

    このストライキがヒットする前に、ロシアはミサイルサイロ、潜水艦、モバイル発射台の補完から核を発射します。

    このモデルでは、戦争のこの段階から340万人の犠牲者が出ており、45分間しか続かないと予測されています。

    紛争の最終段階では、両国はお互いの30の最も人口の多い都市と経済センターを目指し、それぞれに5?10個の核を配備し、戦争からの両国の回復を阻止しようとします。

    研究者は、このような動きは45分以内に8,530万人の犠牲者を出すと結論付けています。

    このシナリオでの即時の死亡者総数は3410万人を超え、核の放射性降下物やその他の関連する長期的な影響の結果として必ず生じる後続の死亡は含まれていません。

    ▼動画
    https://videos.dailymail.co.uk/preview/mol/2019/09/17/2706942380074187439/636x382_MP4_2706942380074187439.mp4

    https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7473199/Horrific-simulation-shows-Earth-obliterated-carpet-atomic-bombs.html

    【【米露】アメリカとロシアが戦争をしたら45分以内に8530万人の犠牲者が出ることがシミュレーションの結果で判明 】の続きを読む

    1: 2019/09/20(金) 20:44:50.94 ID:zh/aIxpp9
    https://news.livedoor.com/article/detail/17111441/

    「抱っこひも」近づいて背中のバックル外し!イタズラか?「赤ちゃん落ちそうになった」とお母さん真っ青

    J-CASTテレビウォッチ
    2019/09/20

    お母さんが赤ちゃんを胸に抱く「抱っこひも」の背中のバックルを外す「いたずら」が横行しているという。SNSでいくつもの体験談が投稿されている。「混雑しているバスで、途中から乗ってきたおばさんが、お母さんの抱っこひもの背中のバックルを外した」「カチッと音がしたら、娘が落ちてきて慌てた。知らない女の人に、抱っこひものバックルを外されてた」

    30代の女性の被害はこうだ。6か月の娘を抱っこひもで抱いて、デパートのエスカレーター(下り)に乗っていたら、後ろから手が伸びてきて背中に当たり、痴漢かなと思ったら、抱っこひものバックルに触ったのがわかったという。「子どもの命が危ないと、震えがきてパニックになりました」

    急いでエスカレーターを降りて難を逃れたが、後にいたのは50代くらいの男性で、知らん顔で通り過ぎていった。店から警察に通報してもらったが、男は見つかっていない。

    バックル守るゴムの補助ひもで自衛
    抱っこひも安全協議会も「抱っこひも外しは認識していなかった」という。

    近藤春菜キャスター「危険な行為ですよね」

    犬山紙子(エッセイスト)「迷惑行為ではなく、殺人行為にもなりますよ。赤ちゃんは動きますから、(落ちたら)死んでしまうかもしれない。いたずらでは済まないと思う」

    菊地幸夫(弁護士)「赤ちゃんが落ちちゃって傷を負ったら、傷害罪で最高15年の懲役。バックルを外しただけでも、暴行罪に該当するかもしれません。2年以下の懲役(罰金もあり)」

    加藤浩次が夏休みできょうは司会の水卜麻美アナ「そもそも、やる人がおかしいんですが、お母さんは身を守らないといけない。上着などを羽織るほか、バックルを守るゴムの補助ひももあるということです」

    春菜「周りも見たら、止めないといけない」

    止めるだけでなく、とっ捕まえよう。 
    【【危険】「娘が落ちてきて…」抱っこひものバックルを外すいたずらが横行 傷害罪や暴行罪に該当 最高15年の懲役】の続きを読む

    1: 2019/09/18(水) 14:11:07.75 ID:CAP_USER
    Appleから2019年9月20日に発売されるiPhone 11、iPhone 11 Pro Max。これらのカメラ機能について、iPhone XS Maxを使ってきた筆者がファーストインプレッションをお届けします。

    ......と、正直なところ、楽しすぎて、写真を撮り歩く時間もお伝えする紙幅も足りないくらい。ぜひEngadgetさんには、海、山、都会と、一緒にiPhone 11フォトウォークのイベントシリーズを開催していただきたいほどです。

    さて、今回のiPhone 11 / 11 Proシリーズでは5G対応こそ省かれましたが、実際に手にしてみるとモノとしても非常に魅力的な仕上がりで驚かされました。

    iPhone 11のカラーは、どれも淡い色合いで和風の趣を感じますし、iPhone 11 Proシリーズに至っては新たに用意されたミッドナイトグリーンがまるで飲み方によって濃さを変える抹茶のような雰囲気です。日本人だからか、なんとなく和風テイストを取り入れた新しさの演出に頼っている印象すらありますが、いずれにしても、所有欲をそそられる飽きのこないカラーと、流石の質感を実現した製品、という第一印象を持ちました。

    特にiPhone 11 Proシリーズの背面はマット仕上げとなっており、ゴールドやシルバーを見ると、金属なんじゃないか、と思わせられるほど重厚感のある質感。ケースを装着せずに使いたい、そんなリスクを取りたくなるほどです。

    少なくとも2年は処理性能で競合に追いつかれることはなさそうですし、大幅向上したバッテリー持続時間、iPhoneのみに供給される、コインが削れるほどの硬いガラスなどの性能と相まって、先述の第一印象は手に入れてからもずっと続いていくことでしょう。

    カメラで選ぶiPhone 11とiPhone 11 Pro Max
    もはやスマートフォンの重要機能であるカメラ。スマホそのものとカメラ、どちらが本体だか分からないほどに進化を続けています。

    iPhone 11 / 11 Proシリーズでは、機械学習処理を大幅に強化したことで圧倒的な処理性能を誇るA13 Bionicが写真とビデオ撮影にフル活用されます。iOS 13を背後にiPhoneのカメラシステムが構築されており、すでにカメラメーカーのアドバンテージはセンサーサイズと光学的レンズ性能のみと言えるでしょう。

    それでもAppleのiPhoneはスマホカメラ競争の中で、ハードウェア的な進化について保守的でした。それが今年、スタンダードモデルでデュアルカメラ、プロモデルでトリプルカメラへと進化させてきました。カメラ視点で新モデルを分類するとこうなります。

    iPhone 11:
    1200万画素 26mm相当(35mm判換算) / f1.8 新設計広角カメラ(アウト)
    1200万画素 13mm相当(35mm判換算) / f2.4 超広角カメラ(アウト)
    1200万画素 23mm相当(35mm判換算) / f2.2 新設計広角カメラ搭載TrueDepthカメラシステム(イン)

    iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max:
    1200万画素 52mm相当(35mm判換算) / f2.0 新設計望遠カメラ(アウト)
    1200万画素 26mm相当(35mm判換算) / f1.8 新設計広角カメラ(アウト)
    1200万画素 13mm相当(35mm判換算) / f2.4 超広角カメラ(アウト)
    1200万画素 23mm相当(35mm判換算) / f2.2 新設計広角カメラ搭載TrueDepthカメラシステム(イン)

    こうしてみると、カメラとしての違いは望遠カメラのみとなります。簡単に言えば、iPhone 11は超広角~広角ズーム、iPhone 11 Proシリーズは超広角~標準ズーム、というイメージ。

    また、iPhone 11でも超広角カメラが採用されたため、人物以外のポートレート撮影に対応しています。その一方で、iPhone 11 Proシリーズでは広角カメラを用いたポートレート撮影にも対応し、望遠カメラとの使い分けができるようになりました。
    以下ソース
    https://japanese.engadget.com/2019/09/17/iphone-11-pro-max/

    【【新製品】iPhone 11 Pro Maxは「まるで高級コンデジをポケットに入れる感覚」 】の続きを読む

    1: 2019/09/13(金) 21:21:21.07 ID:GuAOpeBx9
    心が汚れた大人には解けない問題があった――。ツイッターに投稿された、小学生向けの「並び替え問題」が、大人たちを苦戦させている。

    その問題が、こちらである。

    こちらは、ツイッターユーザーのみねうぉ(@minewo_Ci)さんの投稿。妹が小学校で解いたという並び替え問題の一部である。例題にあるように、「い・か・す」から「すいか」と食べ物の名前に並び替える。いたってシンプルなつくりだ。

    しかし妹は3問目の

     「ち・お・ん・ま・こ・さ・ら」

    の並び替えは分からなかったという。

    投稿者も挑戦するが「心が汚れているので分かりませんでした」と匙を投げた。この問題は2019年9月11日に投稿され、リツイートが5000件(13日正午時点)を超えた。今なおリツイート数を増やし、そして大人たちを悩ませている。

    ■先入観を捨てよう

     「妹が小学校で出された言葉の並び替え問題で3番が分からないと言われました。心が汚れているので分かりませんでした。」

    この問題に挑戦した大人たちからは、投稿のリプライ欄に次のような回答が。

     「幸子 on 魔羅 …?」
     「マサラオチンコ」

    心が汚れ切った大人だらけだ。

    しかし思い出してほしい。問題文の条件には「食べ物」とある。

     「問題文に『食べ物の名前』って書いてあるから、ここに先に気づけば先入観で……」

    先入観をなくせば、答えは導きだせるのだ。

     「わかった。おまん…、おこさまらんち!」

    正解は「おこさまらんち」であった(筆者は最後まで分からなかった...)。

    2019年9月13日 13時15分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/17076705/

    画像
    no title

    【【難題?】心の汚れた大人には解けない? 小学校の「並び替えクイズ」が難問すぎると話題に 】の続きを読む

    このページのトップヘ