社会

    1: 2020/01/21(火) 17:13:32.22 ID:KSxE/ckM9
    〈持続的な安定成長を志向〉

    「のりたま」などのふりかけ製品や「麻婆豆腐の素」「釜めしの素」で知られる丸美屋食品工業が、このほど20期連続の増収を成し遂げた。

    1月15日に都内で開いた新年懇談会の席上、阿部豊太郎社長が報告したもの。2019年12月期の総売上高は514億9500万円(前期比2.4%増)となり、20期連続の増収を成し遂げた。

    阿部社長は、「一昨年に総売上高が500億円を超えた。昨年は500億円企業としての初年度だったが、20年連続の増収となり、堅実な安定成長を続けている」と報告。基幹3群(ふりかけ・中華・釜めし)はトータル2%増となったが、ふりかけ・釜めしは好調で過去最高売上を記録したものの中華は不調で、明暗を分けた。

    今年発売60周年のふりかけ「のりたま」は、50億円を売り上げた。

    総売上高のうち市販品は438億7300万円(2.4%増)、OEMを含む業務用・その他は76億2200万円(1.9%増)で共に増収。特に、期中に発売した新製品の売り上げが寄与。売上構成比で約5%(市販品売上高に占める割合)に迫り、過去最高レベルに達した。利益は非公表だが、物流費や人件費、製造原価の上昇で減益となったもよう。

    商品群別の実績は、ふりかけ4%増、中華1%減、釜めし4%増、お茶漬け3%減、キャラクター9%増、セット米飯27%増となった。ふりかけの内訳は「味道楽」11%増、「すきやき」2%減、「混ぜ込みわかめ」シリーズ6%増、ソフトふりかけシリーズ3%増、ミニパック(20袋入り)7%減、その他ふりかけ14%増。中華は、「麻婆豆腐の素」1%減、「麻婆茄子の素」4%減、春雨シリーズ1%減、麺用ソースシリーズ15%増、「贅を味わう」シリーズ2%減。また、主な釜めしの実績は、「鶏釜めしの素」1%減、「五目釜めしの素」8%増、その他(牛めしの素・鶏めしの素・豚めしの素等)18%増、期間限定品6%減だった。

    2020年度について阿部社長は、「オリンピックによって消費が喚起された後の状況が懸念されるが、家庭の食品については大きく左右されることはないだろうと考え、計画を組んだ。足元をさらに固める年とし、持続的な安定成長を志向していく」と述べ、総売上高533億円(前年比3.5%増)の目標を示した。

    1/21(火) 16:20
    食品産業新聞社ニュースWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010004-ssnp-bus_all
    no title

    【【のりたまで50億の売り上げ】丸美屋食品、20期連続増収達成…ふりかけ・釜めしは過去最高売上を記録】の続きを読む

    1: 2020/01/21(火) 19:18:04.77 ID:xsPAo0hU9
    くら寿司は1月21日から、世界で活躍するクリエイティブディレクターである佐藤可士和氏の協力を得て、新ロゴを導入した。同日オープンした「くら寿司浅草ROX店」を皮切りに、随時店舗にも反映する。

    2020年を「第二の創業期」と位置づけ、国内のみならず海外進出を加速する一環。今年は、訪日外国人観光客の最大化が予測され、日本の文化と和食が世界に再注目される。回転寿司のすばらしさを日本のみならず海外への進出を通じて伝えるとともに、2030年中の「売上高3000億円」の達成を目指す。

    これまで、くら寿司のロゴは、日本、アメリカ、台湾と、現地の親しみやすさも意識してあえて統一していなかった。

    しかし、さらなるグローバル展開に向けて、「くら寿司ブランド」に対する認知の統一化をはかるべく、名だたるグローバル企業のブランディングに携わってきた佐藤可士和氏にロゴデザインの監修を依頼した。

    新ロゴ導入を通じて、日本国内や来日観光客へのブランド認知を強化。「海外出店」にもより注力する。統一されたロゴを基に、米国に続きアジアでも出店を拡大する。

    新しい「くら寿司」のロゴは、日本伝統の江戸文字をベースに現代的にデザインし、アルファベットの「KURA」を組み合わせることにより、グローバル展開の際にも、瞬間的に日本の回転寿司チェーン「くら寿司」の記号だと、わかりやすく認識できることを意識した。

    新たに開発したくら寿司の新しい紋章は、蔵を見て「中には何があるんだろう」とワクワクして夢が膨らむ思いがしたことから、お客に夢や楽しみを持って来店してもらいたいと、「くら寿司」という屋号を掲げた田中邦彦社長の思いを継承し、「く」「ら」の文字をモチーフに蔵に用いられるなまこ壁のイメージを踏襲してデザインした。

    日本の食文化のクオリテイや楽しさ、素晴らしさを世界に届けていく第二創業にあたり、創業精神を忘れないというくら寿司の決意を、この紋章に込めた。
    no title

    https://www.ryutsuu.biz/strategy/m012146.html
    佐藤可士和さんといえばデザインの敗北で有名に
    no title

    no title

    no title

    【【画像】”佐藤可士和デザイン”無添くら寿司、ロゴ変更で「無添」を消す】の続きを読む

    1: 2020/01/21(火) 08:23:37.72 ID:xsPAo0hU9
     本田技研工業は、1月18日にリニューアルオープンする「ホンダウエルカムプラザ青山」において「ホンダ社食のカレーうどんの素」のレギュラー販売を開始。また、2月14日に発売される新型「フィット」全5タイプを先行展示する。

     ホンダウエルカムプラザ青山は、同社青山ビル1階のパブリックスペース。リニューアルオープンする施設内にはホンダオリジナルグッズを購入できるショップが用意され、これまで限定的にしか販売されていなかったオリジナルグッズのレギュラー販売が開始される。

     その中の商品で、ホンダの各事業所にある社員食堂において金曜日限定で提供されるカレーうどんを再現したホンダ社食のカレーうどんの素が登場。全5種類を同時にラインアップする。また、ホンダ社内向けに販売されていたホンダオリジナル狭山茶「TEAM Honda!赤の緑茶」も一般向け販売が開始される。
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1229/873/amp.index.html
    no title

    【【世界のホンダ】本田技研工業が"カレーうどんの素"販売】の続きを読む

    smartphone
    1: 2020/01/20(月) 00:41:06.98 ID:FE8adQSL9
     大学入試センターは19日、今回の試験でスマートフォンを使った不正行為が1件あったと発表した。スマホの不正使用は、過去の試験で4件発覚しており、今回が5件目となる。

     不正行為があったのは、埼玉県の試験場。18日の「地理歴史・公民」で、受験生が試験開始から約45分後、ポケットからスマホを取り出し、両足に挟んで電源を入れたところを
    複数の試験監督が目撃した。受験生は「分からない問題があったので検索しようとした」と、不正を認めた。外部との通信はなかったという。この受験生は全教科を無効とされた。

    読売新聞

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00050119-yom-soci

    【【カンニング行為】センター試験で不正1件、スマホを両足に挟んで電源入れる…「検索しようと」】の続きを読む

    このページのトップヘ