社会

    1: 2020/10/18(日) 01:39:36.42 ID:LKEX9Zfi9
    青森県は17日、新たに17人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。
    弘前保健所管内14人、五所川原管内2人、青森市1人。

    17人中10人がクラスター(感染者集団)となった弘前市の飲食店「シャモン」の客と従業員で、ほか7人も関連する感染者。
    飲食店クラスターは計52人(客31人=県外在住4人含む、従業員21人)に拡大した。

    大規模な集団感染に発展したことにより、県内の感染確認は12~17日の6日間で63人増え、
    一気に累計100人に達した。県は依然として拡大局面にあるとみている。

    県によると、感染する恐れがある期間(9月28日~10月10日)に同店を利用した客約180人は、検査済みの約30人以外ほとんど特定できていない。
    感染した従業員で他店と兼業していた人が1人確認されたが、このほかに複数いることも判明。人数や関係先は把握できていない。

    県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は「利用客の特定が進んでおらず、厳しい状況。
    今後も相当数、感染者は増え、新たなクラスターの発生や市中感染が起こる可能性はかなり高い」との見方を示した。

    利用客の中に検査を受けていない人もいるとし、「我慢しないで検査を受けてほしい。ほかにも感染の懸念のある人はとにかく早く、保健所に連絡を」と呼び掛けた。

    飲食店クラスターは、新たに客9人と従業員1人を確認。16日判明分で行動歴などを確認中だった男性3人(65、66、83例目)も新たに利用客と判明し、
    前日の39人から計13人増えた。

    従業員は25人全員が検査を終え、陽性21人、陰性4人。陽性率は84%となった。

    客や従業員以外の新規感染者5人は、いずれも感染した客や従業員の同居人か知人。
    このほか86例目と98例目の女性2人は行動歴などを確認中だが、飲食店クラスターに関連する可能性が高いとみられている。
    https://www.toonippo.co.jp/articles/-/425263

    【【新型コロナ】青森の飲食店クラスター計52人(客31人、従業員21人)に拡大・・県感染症対策コーディネーター「市中感染が起こる可能性はかなり高い」】の続きを読む

    image
    1: 2020/10/15(木) 20:47:55.05 ID:QCcUhQD39
    マイボイスコム 調査期間2020年9月1日~5日 回答件数は10,223件

    https://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_2139971/


    伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコムは10月15日、14回目となる「スマートフォン」に関するインターネット調査結果を発表した。
    次にスマートフォンを購入する場合、「現在と同じ携帯電話会社、通信事業者にしたい」と回答した人が57.4%にものぼり、特にNTTドコモとauの利用者は継続利用の希望が7割前後と高かった。
    ケータイ料金値下げの議論がなされているが、利用者の間では「料金を安くするためにほかのキャリアも比較検討する」という意識があまり広まっていない様子がうかがえた。

    調査期間は2020年9月1日~5日で、回答件数は10,223件。
    7~9問の設問による回答結果となる。
    調査結果によると、現時点でのスマートフォンの所有率は82.2%で、過去調査と比べて増加傾向にある。
    所有率は若年層で高く、10~20代で約98%、30~50代で8割強~9割、60~70代でも7割強という所持率となった。

    スマートフォンの利用者に、次にスマートフォンを購入する場合のキャリアについて聞いたところでは、同じ携帯電話会社 / 通信事業者にしたいと回答した人は57.4%だった。
    なかでも、NTTドコモとauの利用者は継続利用を希望するが7割前後だった。
    携帯電話会社 / 通信事業者にはこだわらないは18.0%で、楽天モバイルなど大手キャリア以外の利用者では3割前後と高くなっている。

    スマートフォンで利用している機能/サービスは、通話が9割弱、カメラ / 時計 / アラーム、スマートフォン用Webサイト閲覧が7~8割、Webメール / パソコンメール / フリーメール / 電卓 / 電話帳 / アドレス帳が6割前後となっている。
    過去の調査と比べて、スマホ決済 / オンラインショッピング / Bluetooth機能の利用は増加傾向にある。
    逆にパソコン用のWebサイト閲覧は減少傾向だった。

    スマートフォンを選ぶ時に重視する点を尋ねたところ、本体価格 / バッテリの保ち時間が利用意向者の各6割弱を占めた。
    通信料金 / 画面サイズ / 大きさは各40%台で、多機能は男性や若年層に多く、女性若年層はデザイン / 色などで選ぶ傾向がある。
    60~70代では、機能がシンプルであること、カメラ機能を重視する結果となった。

    【【スマホ事情】「次も同じキャリアでいい」 NTTドコモとauの利用者、7割が継続利用を希望 スマホ料金引き下げへの意識は高まらず】の続きを読む

    1: 2020/10/14(水) 04:00:26.57 ID:F2w/y8uk9
    Apple、5G対応の「iPhone 12」発表 価格は8万5800円から【更新中】
    米AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 12」を発表した。iPhoneシリーズ初の5G対応機種となり、ディスプレイサイズは6.1インチ。処理チップはA14 Bionicを搭載している。
    [ITmedia]

     米Appleは10月13日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 12」を発表した。iPhoneシリーズ初の5G対応機種となり、ディスプレイサイズは6.1インチ。カラーバリエーションは5色。処理チップはA14 Bionicを搭載している。価格は8万5800円(税抜)から。上位モデルの「iPhone 12 Pro」にはセンサーに光学式の手ブレ補正機能を搭載している。

     上位モデルの「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」はそれぞれ、10万6800円、11万7800円(それぞれ税抜き)から。iPhone 12とiPhone 12 Proの2機種は10月16日から予約を開始し、10月23日発売。iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 miniは11月6日から予約を開始し、11月13日から発売する。
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2010/14/news060.html


    5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n38、n40、n41、n66、n71、n77、n78、n79)
    https://www.apple.com/jp/iphone-12-pro/specs/

    ※日本のミリ波はn257
    no title
    no title

    【【画像】iPhone 12は8万5800円から Lightning続投 全機種、日本のミリ波5G非対応】の続きを読む

    1: 2020/10/12(月) 22:27:45.34 ID:jyBx20sr9
    QRコードを掲載したパネルを設置する東本願寺の僧侶=京都市下京区
    no title


     真宗大谷派の本山、東本願寺(京都市下京区)は12日、御影堂(ごえいどう)や阿弥陀堂などで、賽銭(さいせん)についてQRコードやクレジットカードによるキャッシュレス決済を始めた。新型コロナウイルス感染拡大防止の一環。京都市内の主な本山寺院で賽銭に電子決済を導入するのは初めてという。

     この日、境内6カ所をはじめ、飛び地境内地の庭園「渉生園」(同区)と大谷祖廟(東山区)の計9カ所にQRコードを記載したパネルを設置。クレジットカードの専用端末も4カ所計5台を設置した。従来通り現金も使用できる。

     10月末からは、読経や祖廟での納骨などの際や、掛け軸などの販売時もキャッシュレス対応を導入する。

     キャッシュレス決済をめぐっては昨年6月、京都仏教会(理事長・有馬頼底(らいてい)相国寺派管長)が「参拝者や信者の(賽銭や拝観、法要の布施などの)宗教活動や個人情報が第三者に把握されるなど信教の自由が侵害される」として反対を表明。真宗大谷派は、京都仏教会には加盟していない。

     同派財務部の史陀(しだ)浩輝主事(34)は、「コロナ禍での新しい生活様式として、参拝者が安心してお参りできる環境を整えた」と話した。

    10/12(月) 20:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201012-00000580-san-bus_all

    【【時代の流れ】東本願寺、賽銭のキャッシュレス決済スタート 京都仏教会は反対を表明】の続きを読む

    image
    1: 2020/10/10(土) 23:06:22.20 ID:mXvdzeP/9
    2020年10月09日20時13分

    アミューズメント施設でクレーンゲームを操作する店員。後ろには2人の警察官が控え、じっと様子を見つめている――。こんな異様なシーンを収めた画像が、ツイッターで3万5000以上もリツイート(拡散)されている。






    200回以上プレー

    投稿したのは、このクレーンゲームに挑戦した20代の男性だ。

    取材に応じた男性によれば、2020年10月8日に東京都内にあるセガのアミューズメント施設を訪れ、クレーンゲームに興じた。しかし、何度やっても一向に景品が取れない。店員を呼んで50回以上プレーしてもらうも成果がなく、おかしいと思った男性は警察に通報した。

    駆け付けた警察官2人の立ち合いの元、店員がふたたび挑むもやはりだめだったという。200回以上やってついに断念し、景品の位置を取りやすい位置にずらしてようやく獲得できた。この男性も同じ設定でプレーし、後に続くことができた。ことの顛末を見届けた警察は民事不介入の原則を理由に、特段の対応はしなかったという。

    投稿に対しては、他のゲームセンターでの同様の体験談や、警察を呼ぶことの是非などについて、多くの声が飛び交っている。投稿動画は9日夕現在、ツイッターで3万5000以上リツイートされている。

    セガ広報部に9日、投稿内容を確認すると、概ねの状況は把握しているといい、困惑しながら次のように話した。




    「クレーンゲーム全般はそうですが、お客様の力量や運がどうしてもあり、それを楽しんでいただけるためのゲームなので、お金を入れたら必ず景品が出てくるわけではない状況で遊んでいただいております。もちろん、店員も常にお客様の状況を把握させていただいているので、あまりにもおかしいと思えばお声がけさせていただいて、少しアシストさせていただくのが弊社の基本的なオペレーションになります」
    https://www.j-cast.com/2020/10/09396334.html

    【【話題】 クレーンゲームで景品が取れない! ...と警察呼んだ動画が話題、運営社に話を聞いた★3 [記憶たどり。★]】の続きを読む

    このページのトップヘ